Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 日経平均ボラティリティー・インデックス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均は調整中だが、投資家の下落不安は後退! 日米のアノマリーにより「上昇しやすい」と言われる 12月の市場は「IPO・直近IPO銘柄」が物色の柱に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外国為替市場での円高を背景に、日経平均株価は調整を続けています。ただし、足元では、投資家の日経平均株価に対する下値不安は大幅に後退しているようです。実際、11月27日の日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)の終値は17.72、高値は18.03、安値は17.56と、心理的節目の「20」を安定的に下回っています。「11月最終日を含む週の株価は上昇しやすい」というアノマリーが一部で指摘されているようです。また、米国では、11月23日の感謝祭の祝日を含む今週から年末にかけてのホリデー・シーズンの相場は上昇しやすいという「アノマリー」が知られています

「第4次安倍内閣相場」の上昇第1幕は、11月9日の 高値でいったん終了! だが短期的な調整局面なので 日経平均はいったん底入れしたあと、再び上昇へ!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:11月9日の日経平均株価は、一時2万3382.15円を付けた後、2万2522.83円まで一気に急落、そして急激に戻すなど、乱高下しました。日中値幅は859.32円です。この乱高下は、リスクパリティ・ファンドからの先物・現物売りが加速した結果とみられています。リスクパリティとは、ポートフォリオに占める債券、株式などの各資産のリスクの割合をおおむね均等に配分させることにより、資産全体のリスクを低減させようとする運用手法のことです。11月9日の日経平均VIの始値は17.65、高値は24.22、終値は21.25で、取引時間中に「20」を大きく超えました。これが、リスクパリティ・ファンドが売りを出す要因となりました

トランプ政権がオバマケア代替法案を撤回したことで 日経平均も下落! 中小型株を小刻みに売買しつつ、 マザーズ指数の「25日移動平均線超え」を待とう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外部環境が悪化し、日経平均株価が冴えません。背景は、米株安、ドル安・円高です。米株安・ドル安の主因は、トランプ政権の政策運営に対する不透明感を嫌気し、投資家が米株とドルを売っているからです。共和党内での調整が難航したため、トランプ政権は3月24日、最優先課題としていた医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案の下院採決を見送り、法案そのものの撤回を決めました。これで、政権の威信が低下し、信任に傷が付きました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.