Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 日経平均株価

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均は強いものの、急激な上昇トレンドは期待薄 今は、短期マネーが流入している小型株市場で 短期の回転売買を回し、利益を積み上げる時期! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月27日前場の日経平均株価は、続伸しています。始値は前日比75.77円高の2万229.12円でしたが、その後、上げ幅を拡大して一時2万250.10円と、20日に付けた終値ベースの年初来高値の2万230.41 円を上回る場面がありました。6月27日の上昇の背景は、前日26日の米国株高と円安です。また、27日は6月や12月が決算期末の企業の中間配当などの権利を得る最終売買日ですから、権利取りの買いも入ったことでしょう。

理論株価が割高→割安に転じたお買い得な株を公開! 有機EL拡大で連続最高益となるブイ・テクノロジーや 黒字転換を果たす川崎汽船など注目の26銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「お買い得サイン」が点灯したばかりの割安株を狙え! 今期の業績予想が増収かつ増益で「理論株価」が割高から割安に転じた26銘柄を紹介! 「理論株価」と実際の株価を比較して、「割安度」ランキングを公開します! ダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の「全上場銘柄の理論株価」を掲載。その中から、業績予想が増収増益で、理論株価が「割高」から「割安」に転じた3月期決算企業(時価総額1000億円以上)の割安度ランキングを紹介します!

日経平均採用銘柄で、最も割安&割高な銘柄を発表! 225銘柄の最新「理論株価」を算出し、実際の株価と 乖離している割高&割高な銘柄ランキングを公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価に採用されている225銘柄の割安度・割高度ランキングを発表!「理論株価」と実際の株価を比較して、もっとも割安&割高な銘柄を公開します! ダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の「全上場銘柄の理論株価」を掲載。その中から、今回は日経平均採用の225銘柄で、実際の株価と「理論株価」を比較して「割安度が高い銘柄」と「割高度が高い銘柄」のランキングを紹介!

毎年6月の最終日、ジャスダック市場が確実に上昇? 「数兆円規模の配当金」が再投資されることで 中小型株市場に生み出される「買い需要」を狙え! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回から、コラムを書かせていただくことになりました岡村友哉ともうします。初回は、盛り上がっている中小型株の話。基本的に、東京時間中の価格変動は、デリバティブ(先物やオプション)経由で決まる要素が強いといえます。指数のレンジが固まっている状況では、指数の狭いレンジにおけるレンジトレードを通じ、指数ウエイトの高い大型株の株価もこう着しがちです。その意味で、いわゆる“先物主導”の影響が現物株におりてくることの無い中小型株市場は、メインプレーヤーである個人投資家の動きと、それ以外の現物株を取り巻く需給がそのまま反映されるという性格があります。

日経平均株価は2017年12月に2万2000円まで上昇! プロ84人が予測した日経平均株価の値動きによると、 2017年7~11月の下落局面が投資するチャンスに! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の2017年7月~2018年6月までの行方を、投資のプロが大予測!日経平均株価は再び2万円台へ回復したが、気になるのは2017年後半から2018年以降の行方だろう。現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号は、投資のプロ84人が2017年7月から2018年6月までの日経平均株価と為替相場を大予測している。今回はそのなかから、投資のプロ84人による日経平均株価の予測を紹介しよう!

再び「2万円台回復」を果たした日経平均株価は、 堅調に推移するも力強いトレンドの見えない状態! 今は上昇トレンドを描く「マザーズ市場」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月13日~14日のFOMC、15~16日に開かれた日銀金融政策決定会合という2大重要イベントを無事に通過したことで、イベントリスクが大幅に低下しました。この結果、多くの投資家が動きやすくなり、リスクオンになりました。FRBは6月13日~14日のFOMCで、0.25%の利上げを決めました。また、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小にも着手することを表明しました。日銀は、長短金利操作付きの量的・質的金融緩和政策の維持を決めました。これら日米中央銀行の決定は、市場の事前予想通りでした。

日経平均株価の2017年7月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! アベノミクス後の高値、2万952円の突破なるか!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は6月に入り念願の2万円に到達! 米国のトランプ大統領による機密情報漏えい疑惑など政治面への警戒感は続く一方で、堅調な企業業績が株価上昇の下支えとなった。日経平均株価の次なる照準はどこなのか? 狙うは「アベノミクス後の高値更新」とアナリストは分析するが、その達成の時期についてはプロの見解も分かれている! 7月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

日経平均が2万円を突破した今、強気のスタンスで!  2017年の「骨太の方針」や「成長戦略」に合致する 「子育て支援」「人工知能」などの国策銘柄を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月2日の日経平均株価は、前日比317.25円高の2万0177.28円でした。日経平均株価が2万円の大台を回復したのは、2015年12月1日以来、ほぼ1年半ぶりのことです。この日は、株価指数連動型の上場投資信託(ETF)に海外投資家の大量買いが入ったということです。また、信用で空売りしていた投資家や、先物やコールを売っていた投資家が慌てて買い戻したとの声もありました。海外投資家の日本株買いは、やはり、米国株式市場が強い動きを続けているからでしょう。

ZOZOTOWNで買い物するよりスタートトゥディの株 を買え!2018年3月期に2ケタ成長で「過去最高益」 の達成を狙う「本当に強い企業」2銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月決算企業の業績発表が出そろったが、総じて日本企業の2017年3月期は好調だった。もっとも、肝心なのは「その企業の業績が将来どうなるか」で、すでに株式市場は2018年3月期の業績見通しに熱い視線を注いでいる。果たして、これから選ぶべきはどのような銘柄なのか? ダイヤモンド・ザイ7月号では、「最新決算でわかった本当に強い株」を特集。企業側が発表した期初予想とその傾向などを手掛かりに今こそ買いの「本当に強い株」を18銘柄選抜した。今回はそのなかから抜粋して、「高値更新株を発掘する4つのポイント」と「最高益更新株」を2銘柄ピックアップして紹介する。

2017年末までの日経平均株価をプロ5人が大予測! 株式市場が不透明な今こそ狙い目のおすすめ銘柄と、 その買い時をスゴ腕ファンドマネジャーが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、2017年後半にかけて2万円を大きく超えることができるか? 5人の「先読みの達人」が2017年末までの日経平均株価と日本株の行方を大予測!ダイヤモンド・ザイ7月号では、「2017年末までの日本株大予測」という特集の中で、株の買い時と投資戦略を徹底分析している。今回はその中から抜粋して、5人の「先読みの達人」の日経平均株価の予測と、達人の1人であるレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんの投資戦略を紹介しよう!

日経平均株価の2017年6月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 2万円台へ回復するかどうかは、米FOMCも焦点に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は悲願の2万1000円台に乗ることはできるのか!? フランス大統領選挙で中道系独立候補だったマクロン氏が当選した安堵感から、日経平均株価はゴールデンウィーク明けに急騰し、年初来高値を更新した。今後、日経平均株価は2万円に達し、1996年以来一度も突破できていない2万1000円台に乗ることはできるか?6月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

2万円目前の日経平均株価だが、今回の相場の天井は まだまだ先なので、今は強気で攻めるべし! 原油減産期限の延長合意で、世界的な株高の流れに! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サウジアラビアとロシアが5月15日に協調減産の延長で合意し、OPEC(石油輸出国機構)加盟国と非加盟国が、25日に開く総会で減産期限を9カ月延長する見通しとなりました。その結果、原油先物相場が上昇したことで、世界的な株高が実現しています。このような世界的な株高の影響は、日本株にもポジティブに作用するはずです。確かに、ドル/円相場がなかなか円安に大きく振れないため、日経平均株価は2万円大台を前に足踏みし、上値は重い状況が続いています。しかしながら、単純比較はできないとはいえ、5月15日時点の日経平均株価の予想PERは14.94倍と、同じく15日時点のNYダウのPER20.46倍と比べて、割安ですし、出遅れ感があります。

フランス大統領選挙を無事通過し、日経平均株価は 年初来高値を更新! 今のような上昇基調では リスク許容度を引き上げて儲けのチャンスを掴め! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フランス大統領選の決選投票が2017年5月7日、即日開票され、EU離脱を問う国民投票の実施を掲げたルペン候補を大差で破り、EUとの協調を訴えたマクロン前経済相が当選しました。フランスがユーロ圏から離脱する「Frexit(フレグジット)」懸念が大きく後退したことが好感され、ゴールデンウィーク明け5月8日の日経平均株価は、2日終値比450.00円(2.31%)高の1万9895.70円と、3月13日の1万9633.75円以来、2カ月ぶりに年初来高値を更新。2015年12月3日の1万9939.90円以来、約1年5カ月ぶりの高値を付けました。

地政学リスクが低下し、低迷していた日経平均株価も いよいよ上昇トレンドに転換か! GW後に狙いたい 「ゲーム」「アマゾン」関連のおすすめ銘柄も紹介! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:地政学リスクの低下を主因に、ゴールデンウィーク中の東京株式市場は堅調に推移しています。日経平均株価は4月17日に年初来安値1万8224.68円を付けた後、大幅に切り返しました。また、東証マザーズ指数も4月13日の962.14ポイントを安値にリバウンドをしました。テクニカル的に見ても、大型株、小型株共に、上がり易く下がり難い状況といえます。ゴールデンウィーク明けの5月8日から、3月決算企業を中心に、決算発表がピークを迎えます。

日経平均株価は1万9000円台へと一時回復、 13週移動平均線を終値で超えたら強気モードへ! 大型連休中の地政学リスクに個人投資家は要注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月24日の日経平均株価は、前日比255.13円(1.37%)高の1万8875.88円でした。4月25日前場の日経平均株価は大幅続伸したとはいえ、前場終値は1万9034.74円と、26週移動平均線(25日前場現在1万8906.90円)は超えたものの、13週移動平均線(同1万9095.24円)は下回っており、依然として、中期的に強気に転じることはできません。13週移動平均線を終値で超えたら、晴れて強気に転じることができます。

欧米要因による円高・日本株売りはしばらく継続か? 急落リスクの高い小型株投資は、現金比率を高め、 底値で買える「セリングクライマックス」」を待て! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東京株式市場では調整色の強い相場が続いています。円高・ドル安を嫌気した海外投資家の日本株売りが続いているからです。円高の主因は、米トランプ大統領の政策実行能力への懸念が強まったからです。また、FRBによる利上げのペースも緩やかになるとの見方が強まっていることも、ドル安の理由です。そして、4~5月に実施されるフランス大統領選もリスク要因であり、安全通貨の円買い要因になっています。この円高が是正されない限り、海外勢の日本株売りは継続するでしょう。

「理論株価」が割高→割安に転じたお得な株を公開! 10~12月決算の銘柄で、2017年は増収や増益になる エイチ・アイ・エスやキヤノン、楽天など7銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株の割安度が簡単にわかると評判なのが、ダイヤモンド・ザイが3カ月に1度の割合で掲載している「理論株価」。現在発売中のダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想とを反映した最新版を掲載している。今回は、今期決算予想を発表したばかりの2017年10月~12月決算企業の中から今期は増収や増益を予想しており、その結果、前回(ダイヤモンド・ザイ2017年2月号)掲載時は株価が理論株価に対して「割高」だったが、今回は「割安」に転じた7銘柄を紹介する。

「JPX日経インデックス400」の採用銘柄の中から、 「理論株価」より50%以上も割安な22銘柄を紹介! 知名度が高く「理論株価」より割高な銘柄の特徴は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイ誌上で3カ月に1度掲載している上場全3629銘柄の「理論株価」は、割安度が一発でわかると大評判! ダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想を反映した最新版を掲載している。今回は、優良企業と目され、国内外からの買いが入りやすいJPX日経400銘柄の中から、実際の株価と理論株価の乖離が大きい「割安な株」と「割高な株」を紹介する。

トランプ政権がオバマケア代替法案を撤回したことで 日経平均も下落! 中小型株を小刻みに売買しつつ、 マザーズ指数の「25日移動平均線超え」を待とう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外部環境が悪化し、日経平均株価が冴えません。背景は、米株安、ドル安・円高です。米株安・ドル安の主因は、トランプ政権の政策運営に対する不透明感を嫌気し、投資家が米株とドルを売っているからです。共和党内での調整が難航したため、トランプ政権は3月24日、最優先課題としていた医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案の下院採決を見送り、法案そのものの撤回を決めました。これで、政権の威信が低下し、信任に傷が付きました。

「理論株価」と比較して50%以上も割安な株を発見! 日経平均株価に採用されている225銘柄の中から、 東京電力やスカパーなど、割安株12銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株の割安度が簡単にわかると評判なのが、ダイヤモンド・ザイが3ヵ月に1度の割合で掲載している「理論株価」。ダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想を反映した最新版を掲載している。今回は、その中から、日経平均株価に採用されていて、実際の株価と理論株価の乖離が激しい「割高な株」と「割安な株」を紹介していこう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.