Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 日経平均株価

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価がいよいよ2万3000円の大台を突破! 長らく低迷していた新興市場にも資金が戻りはじめ、 積極的に「小型株の値幅取り」ができる相場に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月21日の日経平均株価は、前週末比72.01円高の2万3002.37円と、2月2日以来およそ3カ月半ぶりに大台を回復しました。日米株式市場が上昇した主因は、前週末にかけて開かれた米中の貿易協議で、中国が米国製品の輸入を増やし、双方が追加関税の発動を保留することとなったため、米中貿易摩擦への懸念が後退したからです。また、日本については、ドル高・円安も追い風になっています。国内政局が一段と混迷したり、米朝会談がご破算にならない限り、日経平均株価は上を目指すでしょう。心配していた新興市場を中心とした小型株ですが、ここにきてようやく明るさが戻りつつあります。

日経平均株価は海外投資家の買い戻し&地政学リスクの 低下で下値は堅いが、株価上昇のシナリオもなし! ノーポジションでゴールデンウィーク明けに備えよ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。主因は、海外勢の買いが継続して入っていることに加え、朝鮮半島の地政学リスクが低下していることです。ただし、足元の海外勢の買いはあくまでも、短期筋の買い戻しであり、腰が入った中長期資金ではないというのが大方の見方です。それでも、海外勢が日本株を買い越し、朝鮮半島の地政学リスクが低下している状況を踏まえれば、日経平均株価の下値は堅いとみてよいでしょう。ですが、下値は堅いから、上がるということでもありません。

日経平均株価は堅調ながら、マザーズ指数は暴落中! GW明けの「セリングクライマックス」に備えて、 「決算またぎ」を避け、早めの利食いを意識しよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は堅調ながら、東証マザーズ指数に象徴される個人投資家の関与率の高い小型株は酷いことになっています。主たる理由は、日経平均構成銘柄のような大型株には海外投資家の買い、新年度入りで株式の組入比率を上げたい国内機関投資家の買い、そして、下がれば日銀のETF買いが入る一方、小型株にはそのような買いが入らないからです。現時点で、現金比率を高めにして、買いチャンスを虎視眈々と狙っている投資家については、もう少し買いは待った方がよさそうです。なぜなら、マザーズ銘柄などについては、早晩、高い確率で「セリングクライマックス」が訪れるとみているからです。

湾岸戦争(1991年)前後の日経平均株価チャート

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:湾岸戦争(1991年)前後の日経平均株価チャートを作成しました。湾岸戦争は、1991年1月17日のイラクへの空爆から始まり、2月28日に終わった戦争です。湾岸戦争の期間に、日経平均株価は2,962円(12.63%)上昇しました。

タグ: ブログ更新 kapok 1991年 チャート 戦争 日経平均株価 湾岸戦争
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/gulf-war_n225/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2018/04/14 19:25:30 投稿番号: 31367

日経平均株価は、底堅いものの上昇トレンドへの回帰 は当分先! 焦らず、4月下旬から本格化する主力企業 の決算発表を待って「買える銘柄」を見極めよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米株安でも、4月9日の日経平均株価は、前週末比110.74円高と非常に底堅く、強い値動きでした。4月6日のNYダウは、前日比572.46ドル安の23932.76ドルでした。トランプ米大統領が「中国への制裁関税を1000億ドル積み増すことを検討する」と発表し、中国商務省の報道官が6日、「中国は最後まで付き合う。必ず反撃する」などとする声明を発表したことに加え、ムニューシン米財務長官が6日午後、「貿易戦争になる可能性はある」と述べたことが嫌気された結果です。9日の値動きをみる限り、日本株は、外部環境の悪材料に対して鈍感になったし、下値が限定的な底堅い状況になった、そんな感じがします。海外勢の日本株売り圧力が弱まる中、新年度入りした国内機関投資家の買い圧力が勝っているのかもしれません。

日経平均株価が週足で「デッドクロス」を形成! 7〜9月まで調整が長引くリスクが高まった今は、 「高値を更新中」「信用需給が良好」の銘柄を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相変わらず、日米株式市場共に冴えない相場が続いています。4月2日の日経平均株価は、前週末比65.72円安の21388.58円と、3日ぶりに反落しました。小幅安でしたが、引け味は非常に悪かったです。なぜなら、一時2万1597.47円まで買われたのに、大引けにかけ失速し安値引けだったからです。確かに、日経平均株価は、3月26日の2万0347.49円を目先底にして、4月2日に2万1597.47円まで戻る場面がありました。しかしながら、その高値を付けた2日に、対面営業の証券マンや投資顧問の知り合いなど市場関係者にヒアリングしてみたところ、「個人信用客や投資顧問の客のうち積極的に売買する人はほぼ全員、満身創痍で余力無く、手の内もマインドもボロボロ」だということでした。

株価の急落、混乱時には、業績安定の大型株や自社株 買いできるキャッシュリッチ株でリスクを軽減せよ! 「どんな相場でも儲かる投資戦略」をプロが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:どんな相場でも勝てる投資家になる方法とは? プロが授ける2つの「投資戦略」を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の巻頭特集は「日本株『新』予測」! 米国の利上げ懸念に端を発し、日本の株式市場も急落に見舞われた2月。その後も株価は乱高下を繰り返し、波乱含みだ。特集では、今後の株式市場の見通しや投資戦略を、スゴ腕のプロや個人投資家に取材している。今回はその中から、プロに聞いた「儲かる投資戦略」の一部を抜粋。本誌では、リスクを軽減しながら勝つための戦略を4つ取り上げているが、ここではそのうちの2つを紹介していこう。

株主優待名人・桐谷さん流「乱高下相場」の投資術! 利回り4%超にこだわるバリュー投資家の桐谷さんが 2月の株価急落時にすかさず投資した6銘柄を大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株価が乱高下する相場では、スゴ腕の個人投資家たちはどんな戦略で何を売買しているのか⁉発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の巻頭特集は「日本株『新』予測」! 米国の利上げ懸念に端を発し、日本の株式市場も急落に見舞われた2月。その後も株価は乱高下を繰り返し、波乱含みだ。特集では、今後の株式市場の見通しや投資戦略を、スゴ腕のプロや個人投資家に取材している。今回はその中の「成功投資家12人に聞く! 乱高下相場の乗り越え方」を一部抜粋して紹介!  あの株主優待名人・桐谷広人さんは、乱高下相場をどう乗り切っているのか。2月5~7日のような株価急落を例に、乱高下相場でどんな株を買ったのか公開するので、今後の投資の参考にしてみてほしい。

米ドル/円の2018年後半までの動きをプロが予測! 米国の金利上昇の動揺が終われば「1米ドル=115円」 程度までドル高円安が進んで、日本株に追い風も⁉ - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本株に大きな影響を及ぼす「ドル/円相場」は、2018年半ば~後半にかけてどう動く⁉ 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の巻頭特集は「日本株『新』予測」! 米国の利上げ懸念に端を発し、日本の株式市場も急落に見舞われた2月。その後も株価は乱高下を繰り返し、波乱含みだ。特集では、今後の株式市場の見通しや投資戦略を、スゴ腕のプロや個人投資家に取材している。特集内では、日本の株式市場に多大な影響を及ぼす「ドル/円」相場の予測も掲載。今回はその内容を抜粋して紹介しよう!

日経平均株価の2018年の値動きを2人のプロが予測! 「2018年末に高値2万6000円」の予測がある一方で 「2019年初から大幅に下落する」と言う専門家も… - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、ご存知のように2018年1月23日の2万4129円をピークに急落して、2万1000円台でもみ合い状態が続いている。これから日本株はどうなるのか? 株価予測に定評がある専門家の予想を紹介!これから日本株はどうなるのか? 株価予測に定評がある専門家の予想を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の巻頭特集は「日本株『新』予測」! 米国の利上げ懸念に端を発し、日本の株式市場も急落に見舞われた2月。その後も株価は乱高下を繰り返し、波乱含みだ。特集では、今後の株式市場の見通しや投資戦略を、スゴ腕のプロや個人投資家に取材している。今回はその中の「先読みのプロ6人が2018年の日経平均株価の新予測」から、一部抜粋して紹介しよう!

「株価急落」の予兆を、あの投資家はなぜ察知できた のか? 信用評価損益率や外国人投資家の動向など、 著名な投資家たちが株価急落を回避できた理由を伝授 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2月に起きたような株価の急落を、事前に察知して回避する方法を、スゴ腕の個人投資家たちが伝授!3月20日発売のダイヤモンド・ザイ5月号の巻頭特集は「

パウエル・ショック前後の日経平均株価チャート

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2018年2月6日(火)、前日のダウ平均株価の暴落を受けて日経平均株価は急落、前日比-1071.84円安の21,610.24円で引けました。この急落局面は、前日(2月5日)に米連邦準備制度理事会(FRB)の就任宣誓式を行ったパウエル新議長にちなんでパウエル・ショックと呼ばれます。この前後の日経平均株価チャートを投稿します。

日経平均株価はすでにバブル状態で、2018年末には 1万9500円に下落!? 弱気派のアナリストが解説する 「世界の株価上昇がまもなく終わる」根拠とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株式市場のバブルは、すでに始まっている!? 株価上昇の終わりが近い根拠を、専門家が分析!日経平均株価はどこまで上がるのか?「1年後に3万円」を予想する声が出る一方で、「すでにバブルが始まっている」と2018年内の株価急落を懸念する声も。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、強気派、弱気派それぞれのアナリストに、その根拠と2018年の株価予想を徹底取材している。今回は、弱気派のアナリスト3名の中から、智剣・OskarグループCEOの大川智宏さんの主張を抜粋して紹介しよう!

日経平均株価は2年以内に「4万円」まで上昇する! 日本企業の収益力改善、米国の法人税減税&高成長で 2018年末に3万2000円、2020年に4万円との予測も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年の日経平均株価をアナリストが予測! 2018年12月末に3万2000円、2020年には4万円に!日経平均株価はどこまで上がるのか?「1年後に3万円」を予想する声が出る一方で、「すでにバブルが始まっている」と2018年内の株価急落を懸念する声も。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、強気派、弱気派それぞれのアナリストに、その根拠と2018年の株価予想を徹底取材している。今回は、強気派のアナリスト4名の中から、ウィズダムツリー・ジャパンCEOのイェスパー・コールさんの主張を抜粋して紹介しよう!

平成バブル景気(1986年12月~1991年2月)前後の日経平均株価チャート

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:1986年12月から1991年2月にかけてのバブル景気を、平成バブル景気と呼びます。円高不況の対応のため、日銀が緩和政策を継続した事が平成バブル景気を招きました。日経平均株価も高騰を続け、1989年12月29日に史上最高値38,957.44円をつけました。作成した当時の日経平均株価チャートを投稿します。

日経平均採用銘柄の「割安株ランキング」を発表!  東京電力HD、三井物産など、今期増収&増益予想で 「理論株価」よりも割安でお買い得な13銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均採用銘柄の「割安株ランキング」を、最新の「理論株価」をもとに作成!日本株の割安度が簡単にわかるのが、ダイヤモンド・ザイが3ヵ月ごとに発表している「理論株価」。発売中のダイヤモンド・ザイ2月号でも、最新の業績予想に基づいた理論株価が掲載されている。今回は、日経平均株価に採用されている225銘柄の中から、実際の株価より理論株価が高い、 お買い得な「割安株」を紹介する。

2018年の日経平均株価の高値&安値をプロが大予測! 好調な企業業績で5月に2万5000円を突破し、秋には 米利上げなどで調整も、年末に再び2万円後半に上昇! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年の日経平均株価の高値&安値を、アナリスト100人が大予想!12月21日に発売するダイヤモンド・ザイ2月号の特集「2018年『株』全予測」では、今後の日本株の動きをプロ100人が大予測! 為替や注目業種、投資信託についても徹底分析し、2018年に「買い」の株&投資信託を大公開している。今回はその中から、2018年の日経平均株価の高値&安値予想をピックアップして紹介しよう!

ジャスダック平均が、27年4カ月ぶりの高値を更新! 投資家の関心・資金が中小型株にも流入する中、 年末に向けた「節税売り」による株価下落に注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に、株式市場は好調です。12月8日のNYダウは、4日に付けた過去最高値を4日ぶりに更新しました。これを好感する格好で、週明け11日の日経平均株価は、週末比127.65円高の2万2938.73円と、約1カ月ぶりに終値ベースで年初来高値を更新しました。12月8日の米国株高は、11月の雇用統計を受け、非農業部門の雇用者数が市場予想を上回り、米労働市場が堅調であることが確認できた一方で、平均時給の伸びが予想より小さかったため、今後の利上げは緩やかなペースにとどまるとの見方が強まったことが主因です。

12月の株式市場で、値頃株を安易に買うのは厳禁! 年末に向けて「節税売り」されやすい「塩漬け株」を 現時点での「信用買い残」と「下落率」から推測! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年が始まってからここまでの日経平均株価を改めて振り返ると、11月30日(木)時点で、昨年末と比べて「3610円」も上がっています。今年の高値をつけるまでの最大の買い手は、結局は「日銀」。日銀のETF買いが無ければ、今年の上昇は実現しなかったことは疑いようがありません。次いで外国人。外国人は9月第3週から、怒涛の勢いで日本株を買い、トータルでは3.2兆円の買い越しです。ちなみに外国人は、9月第3週から11月第1週までの9週間だけで、5.3兆円も買い越しました。つまり、今回のラリー(上昇相場)が起きる前までは、2.1兆円売り越しだったということです。

日経平均は調整中だが、投資家の下落不安は後退! 日米のアノマリーにより「上昇しやすい」と言われる 12月の市場は「IPO・直近IPO銘柄」が物色の柱に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外国為替市場での円高を背景に、日経平均株価は調整を続けています。ただし、足元では、投資家の日経平均株価に対する下値不安は大幅に後退しているようです。実際、11月27日の日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)の終値は17.72、高値は18.03、安値は17.56と、心理的節目の「20」を安定的に下回っています。「11月最終日を含む週の株価は上昇しやすい」というアノマリーが一部で指摘されているようです。また、米国では、11月23日の感謝祭の祝日を含む今週から年末にかけてのホリデー・シーズンの相場は上昇しやすいという「アノマリー」が知られています

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.