Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 日経平均株価

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価の2017年9月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 日本企業は好業績だが、FRBの金融政策には要注意! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:9月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想! 8月21日(月)発売のダイヤモンド・ザイ10月号から抜粋して紹介する。

今年のマザーズ市場は、暴落してもすぐに反発する? 東証マザーズ指数先物を使った「売りヘッジ」が、 大幅安のマザーズ市場を回復させるエネルギーに! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東証マザーズ指数がこのところ冴えません。6月27日のザラバ高値1204.80ポイントが今のところ指数のピーク。7月末までは1150ポイント辺りを維持していたのですが、8月に入った途端、今年最大の下落率「3.95%安」を記録。そして週初14日(月)に、安値で1053ポイントまで下げました。とはいえ、今年の東証マザーズ指数は上昇しています。年初からで見れば、8月14日時点で13.23%上昇。日経平均株価の2.21%、TOPIXの5.30%をアウトパフォームしているため、好調な市場といえます。

ドバイ・ショック(2009年)前後の日経平均株価チャート

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2009年11月25日(水)に、アラブ首長国連邦 (UAE) ドバイのドバイ政府が、政府系持株会社ドバイ・ワールドの債務返済繰り延べを要請すると発表しました。ドバイから投資マネーが逃げ出し世界で株安が進行、11月27日(金)の日経平均株価は前日比-301.72円(-3.22%)と大幅安になりました。

タグ: ブログ更新 kapok 2009年 チャート ドバイ・ショック 日経平均株価
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/dubai-debt-crisis-n225/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/08/16 16:30:46 投稿番号: 25081

東京オリンピック(1964年)前後の日経平均株価チャート

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:東京オリンピック(1964年)前後の日経平均株価チャートを作成しました。オリンピック景気で日経平均株価は、オリンピック開催の1年半前の1963年4月5日に、高値1,634.37円をつけましたが、その後、株価は下落し、証券不況が訪れました。

日経平均株価&マザーズ指数は下落トレンドに突入? イナゴ銘柄が暴落中の今は、安易な押し目買いを控え 底値で買える「セリングクライマックス」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月の株式市場は、多くの個人投資家にとって厳しい環境になっています。8月9日の日経平均株価は前日比257.30円安の1万9738.71円と大幅続落し、ついに、それまで狭いレンジでの値動きに留まっていたボックス相場から、下放れてしまいました。また東証マザーズ指数についても、短期・中期的な下落トレンドに入ったと見ていいでしょう。そうしたなかで新興市場ではイナゴタワーが倒壊し、イナゴ銘柄は底なし沼に落ちてしまっている状態です。

日経平均株価の1カ月の変動率が36年ぶりの低さに! マザーズ指数も75日平均線を割り込んでいるため、 今週は大人しく「休むも相場」を決め込むのが正解! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月は、海外勢はサマーバケーション、国内勢はお盆休みのため、東京株式市場では市場参加者が激減、ボリュームが低下し、例年、相場が膠着します。これを一般的に「夏枯れ相場」と呼びます。しかしながら、今年に関しては、多くの投資家が夏休み入りしているはずの米国で、株式市場が非常に強い動きを続けています。実際、8月7日のNYダウは10日続伸、前週末比25.61ドル高の2万2118.42ドルと、9日続けて過去最高値を更新しました。ところで、日本については、今年は、「7月相場」で既に「夏枯れ相場」入りしているという感じです。

トレイダーズやドリコム、レナウン、enishなど、 実態の伴わないイナゴ銘柄が27日後場に次々と暴落! こういうときは堅実な「機関投資家銘柄」に逃げろ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外国為替市場でのドル安・円高基調が続き、日経平均株価は調整色を強めています。米国では、物価指標の弱さから利上げ観測が後退しているため、主要通貨に対するドル売りが加速しているのです。加えて、足元では日本の主力企業の4~6月期決算発表が本格化し、その内容を見極めたいとのムードも強いため、積極的な日本株買いが見込めない状況です。一方、日本株全体の先高観はないにもかかわらず、日銀が粛々とETF買いを続けているため、日経平均等株価の下値は限定的です。ちなみに、日銀のETF累積買い入れ額は7月31日時点で13兆523億円に達しています。

今週の日本市場は「為替感応度」の高い銘柄に注意! 急騰する小型材料株の初動に乗り遅れたときは、 1回目ピークアウト後の「振るい落とし」も狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相変わらず、「強い米国株・弱い日本株」、「強い日本円・弱い米ドル」という流れが続いています。日本でも、7月24日の日経平均株価は2日続落し、前日比124.08円(0.62%安)の1万9975.67円と2万円大台を割り込みましたが、日経ジャスダック平均は4日続伸し、1990年8月21日以来、ほぼ26年11カ月ぶりの高値を付けました。個人を中心に、値動きの鈍い大型株を避けて、値動き良好な小型株を物色している様子が窺えます。つまり、弱いのは主力の大型株で、新興市場に代表される小型株は強い動きを続けています。

日経平均株価は上昇トレンドを形成中で、急落すれば 押し目買いのチャンス! 一方、米ドル/円は上値を 追う展開で、1米ドル=119円台まで急伸の可能性も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年7月~9月の日経平均株価、米ドル/円はどう動く? ダイヤモンド・ザイでは、過去のチャート分析から3ヵ月先を予想する連載を毎月掲載している。今回は7月21日(金)発売のダイヤモンド・ザイ9月号から、日経平均株価と米ドル/円の予想を抜粋。日経平均株価はインベストラスト代表取締役の福永博之さんに、米ドル/円はチャートリーディング代表取締役の井上義教さんに予想してもらった。

日経平均株価の2017年8月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 第1四半期決算で上方修正が多ければ株価は上昇へ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想! 7月21日(水)発売のダイヤモンド・ザイ9月号から抜粋して紹介する。

トレイダーズホールディングスなど、「イナゴ」が 群がって高騰していたテーマ株が次々に急落! 当面は大型株や業績の裏づけのある堅実な株を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:7月12日の米下院金融サービス委員会でイエレンFRB議長が行った議会証言をきっかけに、米国で長期金利が低下。外国為替市場でドル安・円高が進み、「強い米株・弱い日本株」という関係が続いています。イエレン議長は、「経済が想定通りなら、比較的早く保有資産の縮小を開始する」と表明した一方で、「今後数カ月は物価動向を見極める」とも述べ、追加利上げは慎重に判断するスタンスをみせました。

ヒアリ関連銘柄のアース製薬、フマキラー、アサンテ が年初来高値を更新! 日経平均の値動きが重い中、 FRB議長の議会証言など今週のイベントは要注目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮の挑発行為を受け、朝鮮半島の地政学リスクが高まった結果、先週末7日の日経平均株価は一時1万9856.65円の直近安値を付けました。7月7日に発表された6月の米雇用統計が好調だったことで、米国株が上昇し、外国為替市場でドル/円相場が円安に振れたため、週明け10日の日経平均株価は3日ぶりに反発し、心理的節目の2万円大台を回復しました。

日経平均は強いものの、急激な上昇トレンドは期待薄 今は、短期マネーが流入している小型株市場で 短期の回転売買を回し、利益を積み上げる時期! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月27日前場の日経平均株価は、続伸しています。始値は前日比75.77円高の2万229.12円でしたが、その後、上げ幅を拡大して一時2万250.10円と、20日に付けた終値ベースの年初来高値の2万230.41 円を上回る場面がありました。6月27日の上昇の背景は、前日26日の米国株高と円安です。また、27日は6月や12月が決算期末の企業の中間配当などの権利を得る最終売買日ですから、権利取りの買いも入ったことでしょう。

理論株価が割高→割安に転じたお買い得な株を公開! 有機EL拡大で連続最高益となるブイ・テクノロジーや 黒字転換を果たす川崎汽船など注目の26銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「お買い得サイン」が点灯したばかりの割安株を狙え! 今期の業績予想が増収かつ増益で「理論株価」が割高から割安に転じた26銘柄を紹介! 「理論株価」と実際の株価を比較して、「割安度」ランキングを公開します! ダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の「全上場銘柄の理論株価」を掲載。その中から、業績予想が増収増益で、理論株価が「割高」から「割安」に転じた3月期決算企業(時価総額1000億円以上)の割安度ランキングを紹介します!

日経平均採用銘柄で、最も割安&割高な銘柄を発表! 225銘柄の最新「理論株価」を算出し、実際の株価と 乖離している割高&割高な銘柄ランキングを公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価に採用されている225銘柄の割安度・割高度ランキングを発表!「理論株価」と実際の株価を比較して、もっとも割安&割高な銘柄を公開します! ダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の「全上場銘柄の理論株価」を掲載。その中から、今回は日経平均採用の225銘柄で、実際の株価と「理論株価」を比較して「割安度が高い銘柄」と「割高度が高い銘柄」のランキングを紹介!

毎年6月の最終日、ジャスダック市場が確実に上昇? 「数兆円規模の配当金」が再投資されることで 中小型株市場に生み出される「買い需要」を狙え! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回から、コラムを書かせていただくことになりました岡村友哉ともうします。初回は、盛り上がっている中小型株の話。基本的に、東京時間中の価格変動は、デリバティブ(先物やオプション)経由で決まる要素が強いといえます。指数のレンジが固まっている状況では、指数の狭いレンジにおけるレンジトレードを通じ、指数ウエイトの高い大型株の株価もこう着しがちです。その意味で、いわゆる“先物主導”の影響が現物株におりてくることの無い中小型株市場は、メインプレーヤーである個人投資家の動きと、それ以外の現物株を取り巻く需給がそのまま反映されるという性格があります。

日経平均株価は2017年12月に2万2000円まで上昇! プロ84人が予測した日経平均株価の値動きによると、 2017年7~11月の下落局面が投資するチャンスに! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の2017年7月~2018年6月までの行方を、投資のプロが大予測!日経平均株価は再び2万円台へ回復したが、気になるのは2017年後半から2018年以降の行方だろう。現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号は、投資のプロ84人が2017年7月から2018年6月までの日経平均株価と為替相場を大予測している。今回はそのなかから、投資のプロ84人による日経平均株価の予測を紹介しよう!

再び「2万円台回復」を果たした日経平均株価は、 堅調に推移するも力強いトレンドの見えない状態! 今は上昇トレンドを描く「マザーズ市場」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月13日~14日のFOMC、15~16日に開かれた日銀金融政策決定会合という2大重要イベントを無事に通過したことで、イベントリスクが大幅に低下しました。この結果、多くの投資家が動きやすくなり、リスクオンになりました。FRBは6月13日~14日のFOMCで、0.25%の利上げを決めました。また、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小にも着手することを表明しました。日銀は、長短金利操作付きの量的・質的金融緩和政策の維持を決めました。これら日米中央銀行の決定は、市場の事前予想通りでした。

日経平均株価の2017年7月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! アベノミクス後の高値、2万952円の突破なるか!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は6月に入り念願の2万円に到達! 米国のトランプ大統領による機密情報漏えい疑惑など政治面への警戒感は続く一方で、堅調な企業業績が株価上昇の下支えとなった。日経平均株価の次なる照準はどこなのか? 狙うは「アベノミクス後の高値更新」とアナリストは分析するが、その達成の時期についてはプロの見解も分かれている! 7月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

日経平均が2万円を突破した今、強気のスタンスで!  2017年の「骨太の方針」や「成長戦略」に合致する 「子育て支援」「人工知能」などの国策銘柄を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月2日の日経平均株価は、前日比317.25円高の2万0177.28円でした。日経平均株価が2万円の大台を回復したのは、2015年12月1日以来、ほぼ1年半ぶりのことです。この日は、株価指数連動型の上場投資信託(ETF)に海外投資家の大量買いが入ったということです。また、信用で空売りしていた投資家や、先物やコールを売っていた投資家が慌てて買い戻したとの声もありました。海外投資家の日本株買いは、やはり、米国株式市場が強い動きを続けているからでしょう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.