Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 日経平均株価

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「大型経済対策」の関連銘柄に注目! 閣議決定された 事業規模26兆円もの経済対策により「公共投資」や 「Society 5.0」関連銘柄が重要な“国策テーマ株”に - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価の上値が重くなっている主因は、12月15日のトランプ米政権による対中制裁関税の「第4弾」が全面発動する前に、積極的な上値追いを手控える投資家が増えているためです。ところで、政府は12月5日、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定しました。財政支出は13.2兆円程度、事業規模は26.0兆円程度です。(1)災害からの復旧・復興と安全・安心の確保、(2)経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援、(3)未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上を3つの柱としています。

来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

ジャスダックの新興株に“大幅な株価上昇”を予兆する 「強力な買いシグナル」が点灯! 日経ジャスダック平均 のチャートに「赤三兵」が出現し、上昇相場に発展も! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価は、12月5日以降、おおむね2万3000円~2万3600円のボックス相場になっています。日経平均株価の上値が重くなった主因は、米国株の調整です。11月27日まで米国株式相場は4日続伸し、NYダウは3日続けて過去最高値を更新しjavascript:void(0)ました。しかしながら、29日のNYダウは5日ぶりに反落しました。この日は、27日の夕方にトランプ米大統領が香港人権法案に署名したことで、米中関係が悪化して米中貿易協議への悪影響がおよぶとの懸念が強まり、売りが優勢になりました。

来週(12/2~6)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3200~2万3800円! こう着が続く日経平均株価 よりも、上値抵抗線を突破したマザーズ指数に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/2~6)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月2日〜6日)の日経平均株価は、ひきつづき底堅さが見られる中で、次第に年末に向けての株価上昇、いわゆる「年末高」への意識が高まる展開が期待されます。トランプ大統領が「香港人権・民主主義法」に署名したことに対して中国は厳重に抗議したものの、中国は国内景気の下支えに向けて米国との貿易合意を望んでいるとも伝えられており、米中貿易交渉の進展期待は引き続き株価の下支えとなるでしょう。また、為替市場での円安基調も株価の下支え要因として意識されます。

「米国株高」「香港情勢の改善」「円安」「大型補正 予算」など日本株に強力な追い風が! 新興市場にも 資金が流入し始め、千載一遇の投資チャンスが到来! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株式市場は、相変わらず強い動きを続けており、NYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要な3株価指数は揃って絶好調です。11月25日は、中国政府が24日、「知的財産権の侵害に対する罰則を強化する」と発表したことや、週末にオブライエン米大統領補佐官が年内の貿易合意について「まだ可能」と述べたと伝わったことが買い材料になりました。ところで、大規模デモの混乱が続く香港では、11月24日の香港の区議会選挙で、民主派が全452議席の8割超を獲得し、全18選挙区のうち17区で民主派が過半数を得る圧勝となりました。

来週(11/25~29)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2900~2万3500円! 底堅い値動きが続くなか、 感謝祭明けから始まる「クリスマス商戦」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/25~11/29)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月25日〜29日)の日経平均株価も米中通商協議を巡る観測報道に振らされやすい状況が続くと思われるので、警戒が必要です。しかし、今週の急落後の急回復を見ると、短期筋のショートカバーのみではなく、これまでの弱気なセンチメントに対する巻き戻しが継続していると思われます。つまり、大きく調整する局面においては買い戻したいという思惑が、依然として強いと思われます。

日経平均株価は「中間配当再投資」と「リパトリ」 により、年末まで堅調に推移!? もし日本株が急落し ても、25日移動平均線を割り込まない限りは大丈夫! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 相変わらず、米国株式市場は絶好調です。NYダウ、ナスダック、S&P500種株価指数の主要な3株価指数がそろって過去最高値を更新しています。絶好調の主因は、不透明感があるとはいえ、米中貿易協議に対する根強い楽観論です。確かに、米国のCNBCは11月18日、「北京側の雰囲気は悲観的だ」と報じました。しかしながら、新華社通信は「第1段階の合意を巡り、それぞれの核心的な懸念について建設的な協議をした」と報じています。また、15日には、クドローNEC委員長が米中貿易協議について「合意に近づいている」と述べ、ロス米商務長官も「両国は詳細を詰めている」と話したと報じられています。

来週(11/18~22)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万35000円! 決算への過剰反応の修正や 足元で下落している「中小型株」の見直しに期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/18~22)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月18日~22日)の日経平均株価は、2万3000円を下値支持線とした底堅い相場展開が意識されそうです。ただし、米中貿易交渉の行方に神経質になっているほか、香港デモの影響が金融市場へ影響を与える可能性が警戒されており、これらに関する報道には敏感に反応しやすいでしょう。

株価の上昇局面では「直近高値」や「年初来高値」を更新 した強い銘柄に“順張り”して利益を伸ばせ! 日経平均 株価をこれから牽引するのは「5G」と「半導体」関連株! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「上昇相場」では、直近高値や年初来高値、上場来高値を更新している「強い銘柄」に“順張り”で投資しろ! NYダウなどアメリカの主要株価指数が史上最高値を更新して、日経平均株価も強い値動きをしている中、“逆張り”ETFの「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)」が売れているが、今のような上昇相場ではトレンドフォローの投資戦略に切り替えることが重要!

来週(11/11~15)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 底堅い動きで押し目買いの 意欲も強く、物色対象は大型株⇒中小型株にシフトか - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11月11日~15日)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月11日~15日)の日経平均株価も底堅い展開が予想されます。現在、日経平均株価は強いリバウンド基調が継続しており、短期的には過熱警戒感が意識されています。しかし、先高期待が高まる中で新規買いのポジションが積み上がっているわけではなく、これまでの弱気のセンチメントによる巻き戻しの流れが中心であると考えられますので、押し目での買い意欲は強いでしょう。

日経平均株価は、テクニカル的に見ると2万4448円 まで上昇する! 今のような上げ相場では「信用売り 残が多く、短期テクニカルが良好な銘柄」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米の株式市場が絶好調です。11月5日の日経平均株価は、今年10月29日につけた高値2万3008.43円を上回り、ザラ場中としては昨年10月以来、およそ1年1カ月ぶりの高値水準に上昇しました。この日経平均株価の上昇の主因は、前日11月4日までの米国株が非常に強い動きとなったためです。米国株が堅調に推移している主因は、米中貿易協議進展への期待と、米国の堅調な労働市場です。

来週(11/5~8)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500~2万3000円! 決算発表がピークを迎えて “模様眺めムード”が強まることで相場は膠着状態に! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/5〜8)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月5日〜8日)の日経平均株価は、値動きの少ない相場展開が見込まれます。来週・再来週には決算発表がピークを迎えるので、決算内容を見極めたいとする“模様眺めムード”が強まると思われます。決算を手掛かりとした個別の物色が中心になると考えられますが、出来高が膨らみづらい状況が続いていることもあり、決算を手掛かりとしても一部の人気銘柄に資金が集中しやすいでしょう。

日経平均株価は7日連続で「年初来高値」を更新し、 約1年ぶりに「2万3000円台」を回復! 今のような 相場では「トレンドフォローの順張り買い」で狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米の株式市場が非常に強い動きとなっています。10月28日の米国株式市場では、多くの機関投資家が運用指数とするS&P500種株価指数が前週末比16.87ポイント高の3039.42ポイントと、3カ月ぶりに過去最高値を更新しました。一方、日本は、10月28日まで日経平均株価が6日続伸し、6日連続で年初来高値を更新しました。そして、29日前場の日経平均株価は続伸し、ザラ場中としては昨年10月11日以来、約1年ぶりに2万3000円大台を回復する場面がありました。

来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジは 2万2500~2万3000円! 約850社が中間決算を発表 する予定なので、“出遅れ銘柄”を見直す動きに注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月28日~11月1日)は、米国では連邦公開市場委員会(FOMC)、国内では日銀の金融政策決定会合が予定されているので、金融政策に市場の関心が集まるでしょう。FOMCは、10月会合で今年3度目となる0.25ポイントの利下げが予想されています。

日経平均株価は2万4448円までの上昇を期待できる 状況に! 今は小型株に集中投資をするのを止め、 大型株にも資金を回す「ハイブリッド投資」が正解! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価は、非常に強い動きとなっています。この上方ブレイクの主因は、米中貿易協議の部分合意が市場の緊張を和らげたことによる中国関連株の上昇、アップルの新型「iPhone」効果による電子部品株の上昇、そして、半導体市況に対する底入れ期待の高まりを背景にした半導体関連株の上昇です。これら3つのテーマ性のある銘柄群の上昇が、日経平均株価を力強く押し上げました。

来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2000~2万3000円! 当面は2万2500円付近で 値固めをしつつ、さらなる「上値追い」の可能性も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 米中通商問題については、まだ第1段階であり、中国側は詳細を詰めるためのさらなる協議を今月末にも持ちたい意向を示すなど、問題が解決した訳ではありませんが、これまでの過度な警戒感は和らいでいます。そんな中、来週(10月21日〜25日)の日経平均株価は、年初来高値を更新したことにより、いったんは達成感が意識され、2万2500円での値固めの動きとなりそうです。

来週(10/15~18)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1400~2万2200円! 米国による「対中追加関税」 が延期されれば、日経平均株価のさらなる上昇も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/15~18)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月15日~18日)の日経平均株価ですが、まずは米中の閣僚級協議で部分的な合意がみられるかが重要視されるでしょう。もし、10月15日からの対中追加関税の延期が示されるようだと、リバウンド基調が強まることが期待できます。

日経平均株価は、当面2万930〜2万2256円の間を 推移! 10月10日からの米中貿易協議で合意に至れば 「外需株」が、不調に終われば「内需株」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国は、貿易問題を巡る中国との閣僚級協議を10月10〜11日にワシントンで開きます。これは足元の株式市場にとっては、最大の関心事であり、最重要イベントです。このため、7日の東証1部の売買代金は1兆5251億円と、9月3日以来、約1カ月ぶりの低水準でした。多くの投資家が、この協議を前に様子見を決め込み、積極的な売買を手控えた結果です。なお、この日は、「中国の当局者が、トランプ米大統領が求める幅広い通商協定に合意することに一段と消極的な姿勢を示している」との報道が警戒材料になりました。

来週(10/7~11)の日経平均株価の予想レンジは、 2万800~2万2200円! 米中閣僚協議の行方や「安 川電機」「ファーストリテイリング」の決算に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/7~11)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月7〜11日)の日経平均株価は、波乱含みの相場展開を意識しておく必要がありそうです。国慶節明けとなる中国市場の動向が注目されるほか、何よりも10月10日から開催される米中閣僚会議の行方に市場の関心が集まるでしょう。今回の米中閣僚会議では暫定的な合意にとどまり、米中摩擦は長期化するとの見方が大勢です。

日経平均株価は、2万1223〜2万2256円のレンジ 相場に! 一方、マザーズ指数が不調なので、当面 は「好業績の大型株」や「金融セクター」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 0月1日に発表された9月の日銀短観では、米中貿易摩擦の長期化や海外経済の減速の影響を受け、大企業・製造業のDI(業況判断指数)は前回から2ポイント悪化のプラス5でした。これは3四半期連続の悪化で、2013年6月調査のプラス4以来、6年3カ月ぶりの低水準でした。なお、10月1日の日経平均株価上昇の主因は、米中問題への警戒ムードが後退したためです。具体的には、「米国市場に上場している中国企業の上場廃止を米政権が検討している」との9月27日の報道を、米財務省報道官が否定しました。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.