投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


シンガポールのインターナショナルスクールで、 親に必要な英語力やPTA活動のリアルな実態とは? 日本の学校との違いやメリット・デメリットも紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールのインターナショナルスクールに子どもを入学させたFPの花輪陽子さんが、リアルな体験談を紹介! シンガポールに家族で移住したFPの花輪陽子さんは、今年8月から子どもをインターナショナルスクール(以下、インター校)の幼稚園に通わせている。日本でも教育熱心な人の間で人気があるインター校だが、良い面がある一方で、実際に関わってみると日本の学校と違う点もあり、戸惑うことも多いとか。そこで、花輪さんに、実体験に基づいたインター校の魅力と、日本の学校との違い、また、親に求められる語学力のレベルなどについて教えてもらった。

シンガポールの全寮制インターナショナルスクールに 子どもだけを留学させる、という選択肢も! シンガポールの全寮制スクールの費用や内容を紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールで子どもにハイレベルな教育を受けさせることが可能な「全寮制のインターナショナルスクール」の費用や教育内容を紹介!「親子留学」が無理なら「子どもだけ海外留学」という手も!? 富裕層を中心に、子どもを小学生くらいから海外の一流校に単身で留学させる例は多い。親としては寂しいようだが、子どもに一流の教育や常識・マナーを身に付けさせるには、早い段階から一流校に入れるのがベストと考えられているようだ。シンガポールにも、そんな子どもたち向けの全寮制インターナショナルスクールがある。そこで、現在シンガポールに移住し、子どもの受験をリアルに体験しているFPの花輪陽子さんに、現地の寮付き学校事情を教えてもらった。

シンガポールでインターナショナルスクールに通うと 幼稚園~高校までの15年で学費4000万円も必要! ただし、個性を尊重する教育は日本にはない魅力あり - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールで子育てするなら、学費はいくら必要? 家族でシンガポールに移住中のFP・花輪陽子さんが、子どもを持つ親なら気になるシンガポールの学校問題と、学費事情をリポート。シンガポールで子どもに高度な教育を受けさせたければ、インターナショナルスクール(インター校)に通わせる場合が多い。そこで、シンガポールのインター校にはどんな種類があり、通わせるメリットはどんなものか。さらに、気になる学費がどの程度になるのかも、花輪さんに解説してもらった。

子どもの「教育費」は大学卒業までにいくら必要? 700万~2000万円もかかる教育費を準備するために 「学資保険」と「預貯金」ではどちらがベストか? - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:子どもの教育費は最終的にいくらかかる? 貯めるのは「学資保険」と「預貯金」のどちらが有利なのか?など、子どもの「教育費」に関する疑問をFPの風呂内亜矢さんが解決! 2016年9月24~25日に開催された「Rakuten mama fes 2016 Autumn」に、FPの風呂内亜矢さんが登場。森三中の大島美幸さんと共に『子どもの教育費、いくら必要?~知らないと損する!? ママと子どものお金のハナシ~』と題して、教育費に関するトークイベントを行った。今回はその内容を中心に、改めて教育費を準備するために知っておきたいこと、最適な方法などを紹介する。

シンガポールでは幼児もバイリンガル教育が常識! 幼少期の英語教育が充実するシンガポールを見ると、 英語教育のための早期の“投資”の必要性を実感! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールの進んだ英語教育の実態と、日本での早期の英語教育への投資の必要性について、家族でシンガポールに移住したFPの花輪陽子さんがリポート。今回は、バイリンガルが当たり前というシンガポーリアンの英語教育について取り上げる。また、日本にいながらでもシンガポール並みにハイレベルな英語力を身に着ける方法と、そのコストについても紹介してもらった。

シンガポールの幼児教育が充実しているおかげで 幼稚園と習い事で月15万円以上の教育費が必要に! 「子供の教育=投資」と考える国では妥当な金額? - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「教育=投資」と考える人も多い、シンガポールでの早期教育事情を紹介! 普通に幼稚園に通わせるだけで毎月10万円以上かかり、さらに複数の習い事をさせる外国人家庭の多いシンガポール。そんな環境の中で2歳の子どもを育てるFPの花輪陽子さんに、実際にシンガポールでどんな早期教育が行われており、どんなメリットがあって、具体的にいくらくらいのコストが発生するのか教えてもらった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.