投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2020年3月期の注目銘柄は「東映アニメーション」や 「クイック」など“内需で稼ぐ成長株”! 今期の業績も 好調で、世界経済の影響を受けづらいメリットあり! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来期(2020年3月期)の注目株は「内需で稼ぐ成長株」の「東映アニメーション(4816)」と「クイック(4318)」だ! 2019年3月期決算企業の第3四半期決算を見ると「内需で稼ぐ」企業は、世界景気の影響を受けないために業績が好調な銘柄が目立つ。そんな「内需で稼ぐ成長株」の中でも注目の2銘柄を紹介!2019年1月下旬から始まった3月期決算企業の第3四半期決算発表では、米中貿易戦争の業績への影響が表面化した一方、内需関連には堅調な銘柄も目立った。そこで2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「最新決算でわかった本命株16」では、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」8銘柄と「売り叩かれて割安圏&底値チャンス株」8銘柄の「本命株」16銘柄を厳選して紹介。さらに、「トヨタ自動車(7203)」「ソニー(6758)」など、注目株15銘柄の2019年3月期の第3四半期決算についても併せて分析している。今回はその中から、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」2銘柄を抜粋して紹介しよう!

“最強の最高益銘柄”は、営業利益の伸び率(=増益率) が拡大する「利益成長銘柄」! 3期連続2ケタ増益の 「インフォメーション・ディベロプメント」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最高益を更新している株は多数あるが、なかでも狙い目は、営業利益の伸び率(増益率)が高い株だった! 増益率が加速&2ケタ増益で最高益を更新する「最強の最高益株」を1銘柄紹介!2018年3月期の決算発表が出そろったが、上場企業全体では、6期連続で増益、2期連続で最高益を更新して着地した。もっとも、株価にとって大事なのは実績よりも今後の見通し。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では「最新決算でわかった、今こそ

2018年春おすすめの「3大テーマ株」15銘柄を紹介! 外部環境リスクに負けない"内需関連"株、業績好調の "最高益更新"株、"中期経営計画が強気"の株に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年春に注目の「3大テーマ」に関連する銘柄の中から、投資のプロが「買い」「強気」と評価する15銘柄をピックアップ! 乱高下の相場に負けず、中長期的な上昇が狙える株とは?発売中のダイヤモンド・ザイ5月号では、「人気の株500激辛診断+買いの株100≪株価急落につき緊急拡大版!≫」を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、さまざまな視点からプロが厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。今回は、2~3月の急落相場を受け、人気500銘柄以外の今買うべき株100銘柄も公開!今回はその中から、今マーケットで注目されている3つのテーマの関連株で、プロが「買い」「強気」と評価したおすすめ銘柄を、5銘柄ずつ(計15銘柄)公開する!

ZOZOTOWNで買い物するよりスタートトゥディの株 を買え!2018年3月期に2ケタ成長で「過去最高益」 の達成を狙う「本当に強い企業」2銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月決算企業の業績発表が出そろったが、総じて日本企業の2017年3月期は好調だった。もっとも、肝心なのは「その企業の業績が将来どうなるか」で、すでに株式市場は2018年3月期の業績見通しに熱い視線を注いでいる。果たして、これから選ぶべきはどのような銘柄なのか? ダイヤモンド・ザイ7月号では、「最新決算でわかった本当に強い株」を特集。企業側が発表した期初予想とその傾向などを手掛かりに今こそ買いの「本当に強い株」を18銘柄選抜した。今回はそのなかから抜粋して、「高値更新株を発掘する4つのポイント」と「最高益更新株」を2銘柄ピックアップして紹介する。

配当利回り3%超で、株価も上がる株の2つの条件は? 「過去最高益の株」か「増配期待が高い株」なら  高利回りと値上がり益の両方が狙える可能性が高い! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株式市場に不透明感が強まる中、持ち株の中心にしたいのが、株価が安定している「高配当株」だ。ただし、高利回りを確保しながら値上がり益を狙いたいなら、「高配当株」というだけでは不十分。「過去最高益」や「増配や自社株買い」で現金収入の期待を併せ持つ、高配当株を狙うのがおすすめだ。

10万円台で買える将来有望な「中小型株」を探せ! プロの目が届かないため、最高益を更新しても割安で ライバルが少ない、注目の「中小型株」2銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ大統領の就任以降、株式市場には不透明感が増し、いつ「トランプショック」が勃発するか戦々恐々としている状況。こんなときは、安定感のある「高配当株」や、成長性が高く業績も好調、しかも手ごろに買える「10万円株」を狙いたい。2月21日(火)に発売されたばかりのダイヤモンド・ザイ4月号では、そんな「高配当株」と「10万円株」の注目銘柄を特集している。ここでは、「10万円株」のなかでも、ニッチ業態で一人勝ちが続く銘柄を抜粋して紹介しよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.