投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「国土強靭化」で必要な“水害対策・治水”の関連銘柄 を紹介! 国策テーマの「国土強靭化」では、ゼネコン よりも、受注増が業績に直結する中小型銘柄を狙え! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「水害対策・治水」の関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。日本政府は12月5日、新たな経済対策を閣議決定しました。この経済対策は、「災害からの復旧・復興と安全・安心の確保」「経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援」「未来への投資と東京五輪・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持向上」を3つの柱としています。日本では、各種インフラ設備の老朽化が進む中、これまでも自然災害から国土を守る「国土強靭化政策」が重要な政策課題として取り組まれてきました。特に、対策が急がれるのが「水害対策・治水」です。

来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

iDeCoを「一時金」として受け取る場合の税金の算出 方法をわかりやすく解説!「年金」や「併給」よりも 「一時金」で受け取るほうが得をするのはどんな人? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」の「一時金受け取り」が適しているのはどんな人⁉「一時金受け取り」を選択した場合の税金の計算方法や、注意点を解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号は、特集「受け取り方で節税効果に差が! iDeCoの出口戦略」を掲載! iDeCoで蓄えたお金は60歳以降に受け取れるが、受け取り方にいくつかの選択肢があり、人によってベストな受け取り方が異なる……ということはあまり知られていない。そこで、この特集では、iDeCoの受け取り方をわかりやすく解説している。今回はその中から一部抜粋し、iDeCoの「一時金受け取り」について詳しく紹介!

「つみたてNISA」でおすすめの「国内株式型」投信4銘柄 を紹介! 低リスクで信託報酬が安い「国内株式型」で、 プロが推薦するインデックスとアクティブの銘柄は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資できる「投資信託」の中から、今日は「国内株式型」を取り上げます。「国内株式型」の投資信託の特徴は?リスクは?初心者向きってホント? 「つみたてNISA」に興味のある人必見の投資先の選び方をお金のプロが伝授!

「iDeCo口座」の選び方を伝授! 全15金融機関のiDeCo 口座の「運営管理手数料」「運用商品ラインナップ」「受け 取り方法の選択肢」を比較して、おすすめ口座を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo口座を開設すべき、ベストな金融機関とは? 主要な金融機関15社のiDeCo口座の特徴を徹底比較! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号は、特集「受け取り方で節税効果に差が! iDeCoの出口戦略」を掲載! iDeCoで蓄えたお金は60歳以降に受け取れるが、受け取り方にいくつかの選択肢があり、人によってベストな受け取り方が異なる……ということはあまり知られていない。今回は特集の中から、主要な金融機関15社のiDeCo口座の特徴をまとめた一覧表を抜粋! 手数料面や年金受け取りをする際の細かい設定など、金融機関によって微妙に違いがあるので、一覧表で比較・検討してほしい!

「社債」の特徴や投資するメリット、注意点をマンガ でわかりやすく解説! 社債は原則として元本保証だが 複雑な設計で元本割れも多い「仕組み債」には要注意 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「社債」は、定期預金より高利回りで、株よりも低リスクなことから、一部では人気の金融商品。そんな「社債」の仕組みや注意点を、マンガでわかりやすく解説! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ1月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ1月号に掲載中のテーマは「ひそかに人気の社債は買ってもいいの?」。日本の企業が発行する「社債」が一部で注目を集めている。しかし、株ほど一般的ではないため、なじみがない人も多いだろう。マンガでは、そんな「社債」の仕組みを解説するほか、“買ってはいけない債券”も紹介!「社債」に興味を持っている人は、ぜひチェックを!

米国株で年末年始に向けて投資すべき3銘柄を公開! 好決算を発表して注目の小型成長株「クラウドスト ライク」「ズーム」「オクタ」の魅力を詳しく解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国の株式市場では、「年末・年始に小型株が強い」というジンクスがあります。問題は「どの銘柄で勝負する?」ということです。先週、クラウドストライク(ティッカーシンボル:CRWD)とズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ティッカーシンボル:ZM)、オクタ(ティッカーシンボル:OKTA)の3社が相次いで決算発表し、それぞれ完璧な内容でした。そこで、この3銘柄を年末年始の相場に向けて中核銘柄に据えたいと思います。ひとつずつ解説していきましょう。

60歳から資産運用するなら「つみたてNISA」が最適! 「つみたてNISA」の魅力やおすすめ投信をFPが紹介! [60歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ11] - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:60代以降の資産運用は「つみたてNISA」が最適! 60代でも税金の優遇を受けながら資産運用をして、“後期高齢者時代のリスク”に備えよう! 2020年3月に定年退職となるダイヤモンド・ザイ編集部の「ハラダ部員(60歳)」が、老後のお金の不安を解消すべく奔走する様子を赤裸々に公開しているこの連載。第11回のテーマは「60歳からの【つみたてNISA】ってどうよ?」。「つみたてNISA」での運用に適したシニア向けの投資信託も紹介!

「大型経済対策」の関連銘柄に注目! 閣議決定された 事業規模26兆円もの経済対策により「公共投資」や 「Society 5.0」関連銘柄が重要な“国策テーマ株”に - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価の上値が重くなっている主因は、12月15日のトランプ米政権による対中制裁関税の「第4弾」が全面発動する前に、積極的な上値追いを手控える投資家が増えているためです。ところで、政府は12月5日、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定しました。財政支出は13.2兆円程度、事業規模は26.0兆円程度です。(1)災害からの復旧・復興と安全・安心の確保、(2)経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援、(3)未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上を3つの柱としています。

IDEC(6652)の株価は3年で2倍に。 ニッチな分野で高いシェアを確保し、 真のグローバル企業を目指す! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は、IDEC(6652)を分析します。

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン 山本潤 超成長株投資の真髄 IDEC 投資 日本株 成長株 資産運用 山本潤
参考URL: https://diamond.jp/articles/-/223111
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/12/11 17:05:00 投稿番号: 41469

ポーラ・オルビスHD、2019年12月期の株主優待を 発表 ! 100株保有時の配当+優待利回りは4.9%と 高く、化粧品などと交換できるポイントがもらえる! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ポーラ・オルビスホールディングス(4927)が、2019年12月期の株主優待の内容を、2019年12月5日に発表した。ポーラ・オルビスホールディングスの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されている。2019年12月期の株主優待の内容は、「100株以上保有する株主を対象に、保有株式数と継続保有期間に応じポイントを進呈。ポイントは、優待商品カタログの中から好きな商品と交換可能」というもので、例年から変わりがなかった。(ポーラ・オルビスホールディングス、コード:4927、市場:東証1部)

IDEC(6652)の株価は3年で2倍に。 ニッチな分野で高いシェアを確保し、 真のグローバル企業を目指す! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は、IDEC(6652)を分析します。

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン 山本潤 超成長株投資の真髄 IDEC 投資 日本株 成長株 資産運用 山本潤
参考URL: http://diamond.jp/articles/-/223111
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/12/11 17:05:00 投稿番号: 41449

ラ・アトレ、株主優待を変更し、1000株保有時の配当 +優待利回りは5.3%に下がったが、利便性はアップ! 同時に今期の業績予想の上方修正と期末の増配も発表 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産会社のラ・アトレ(8885)が、株主優待を変更することを、2019年12月5日に発表した。ラ・アトレの株主優待は、毎年6月末時点と12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「1000株以上を保有する株主に、『Randor Residential Hotel Kyoto Suites』の『宿泊優待券』(最大5万円相当)を年2回贈呈」というものだった。今後も、ホテルの「宿泊優待券」が贈呈される点に変わりはないが、利用できるホテルが拡大。具体的には、「全国の『RANDOR』シリーズのホテルで利用できる『宿泊割引優待券』(1万円割引)を贈呈」に変更される。(ラ・アトレ、コード:8885、市場:JASDAQスタンダード)

「大型経済対策」の関連銘柄に注目! 閣議決定された 事業規模26兆円もの経済対策により「公共投資」や 「Society 5.0」関連銘柄が重要な“国策テーマ株”に - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価の上値が重くなっている主因は、12月15日のトランプ米政権による対中制裁関税の「第4弾」が全面発動する前に、積極的な上値追いを手控える投資家が増えているためです。ところで、政府は12月5日、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定しました。財政支出は13.2兆円程度、事業規模は26.0兆円程度です。(1)災害からの復旧・復興と安全・安心の確保、(2)経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援、(3)未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上を3つの柱としています。

60歳から資産運用するなら「つみたてNISA」が最適! 「つみたてNISA」の魅力やおすすめ投信をFPが紹介! [60歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ11] - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:60代以降の資産運用は「つみたてNISA」が最適! 60代でも税金の優遇を受けながら資産運用をして、“後期高齢者時代のリスク”に備えよう! 2020年3月に定年退職となるダイヤモンド・ザイ編集部の「ハラダ部員(60歳)」が、老後のお金の不安を解消すべく奔走する様子を赤裸々に公開しているこの連載。第11回のテーマは「60歳からの【つみたてNISA】ってどうよ?」。「つみたてNISA」での運用に適したシニア向けの投資信託も紹介!

小型株が強くなる年末年始に向け、狙い目の米国株 3銘柄はコレだ! 好決算を発表したズーム、オクタ、 クラウドストライクの将来性と買うべき理由を解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国の株式市場では、「年末・年始に小型株が強い」というジンクスがあります。問題は「どの銘柄で勝負する?」ということです。先週、クラウドストライク(ティッカーシンボル:CRWD)とズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ティッカーシンボル:ZM)、オクタ(ティッカーシンボル:OKTA)の3社が相次いで決算発表し、それぞれ完璧な内容でした。そこで、この3銘柄を年末年始の相場に向けて中核銘柄に据えたいと思います。ひとつずつ解説していきましょう。

「社債」の特徴や投資するメリット、注意点をマンガ でわかりやすく解説! 社債は原則として元本保証だが 複雑な設計で元本割れも多い「仕組み債」には要注意 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「社債」は、定期預金より高利回りで、株よりも低リスクなことから、一部では人気の金融商品。そんな「社債」の仕組みや注意点を、マンガでわかりやすく解説! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ1月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ1月号に掲載中のテーマは「ひそかに人気の社債は買ってもいいの?」。日本の企業が発行する「社債」が一部で注目を集めている。しかし、株ほど一般的ではないため、なじみがない人も多いだろう。マンガでは、そんな「社債」の仕組みを解説するほか、“買ってはいけない債券”も紹介!「社債」に興味を持っている人は、ぜひチェックを!

楽天、株主優待を変更! 保有株数と保有期間に応じて 500~最大2500円分の電子マネー「楽天キャッシュ」 と、2000円相当の「楽天トラベルクーポン」を贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天(4755)が、2019年12月末の株主優待の内容を、2019年12月3日に発表した。2019年12月末の株主優待の内容は、「100株以上保有する株主に、保有株数や継続保有期間に応じて、『楽天キャッシュ』と『楽天トラベル国内宿泊クーポン』を贈呈」となる。(楽天、コード:4755、市場:東証1部)

「iDeCo口座」の選び方を伝授! 全15金融機関のiDeCo 口座の「運営管理手数料」「運用商品ラインナップ」「受け 取り方法の選択肢」を比較して、おすすめ口座を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo口座を開設すべき、ベストな金融機関とは? 主要な金融機関15社のiDeCo口座の特徴を徹底比較! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号は、特集「受け取り方で節税効果に差が! iDeCoの出口戦略」を掲載! iDeCoで蓄えたお金は60歳以降に受け取れるが、受け取り方にいくつかの選択肢があり、人によってベストな受け取り方が異なる……ということはあまり知られていない。今回は特集の中から、主要な金融機関15社のiDeCo口座の特徴をまとめた一覧表を抜粋! 手数料面や年金受け取りをする際の細かい設定など、金融機関によって微妙に違いがあるので、一覧表で比較・検討してほしい!

「つみたてNISA」でおすすめの「国内株式型」投信4銘柄 を紹介! 低リスクで信託報酬が安い「国内株式型」で、 プロが推薦するインデックスとアクティブの銘柄は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資できる「投資信託」の中から、今日は「国内株式型」を取り上げます。「国内株式型」の投資信託の特徴は?リスクは?初心者向きってホント? 「つみたてNISA」に興味のある人必見の投資先の選び方をお金のプロが伝授!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.