投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「信用売り」の買い戻しによる“踏み上げ”で株価上昇 が期待できる29銘柄を紹介! 昨年末の株価急落から 半年が経過して期日を迎える「売り残」の解消を狙え - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月25日の安値から6カ月が経過する来週に向けて、「踏み上げ」が起こる銘柄が出てくることが期待できます。そうした信用取引による需給状況に注目したスクリーニングを、アナリストの村瀬智一さんが解説! 株が安値をつけると、さらなる下落を予想した投資家による信用売りが積み上がりやすくなりますが、その後株価が持ち直すと、それらの信用売り残は買い戻しのタイミングを失って“塩漬け状態”のまま持ち続けられます。そうした大量の信用売り残は、6カ月の信用期限を目前にして、一気に処分(買い戻し)されることが予想できます。

老後2000万円が必要? 人生100年時代に必要な 資産の形と10年で資産を10倍にする方法を考える! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:夫婦の老後に2000万円の蓄えが必要とした金融庁の金融審議会の報告書が話題になっています。今回は、人生100年時代にどう備えればよいのかを考えてみました。

ティラド、プレミアム優待倶楽部の株主優待を廃止! 優待利回り2.7%がゼロになり、“自社株買い”を同時に 発表したものの、株価は夜間取引で8.6%超も下落! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ティラド(7236)が株主優待を廃止すると、2019年6月18日に発表した。ティラドの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を1年以上継続保有する株主に、保有株数に応じて『プレミアム優待倶楽部』のポイントを贈呈」というものだった。ティラドの株主優待は、2019年3月末から2020年3月末まで、1年以上継続保有した株主への贈呈を最後に、廃止となる。(ティラド、コード:7236、市場:東証1部)

日経平均株価は、先高感が高まらない一方で下値不安 も薄い“膠着状態”が継続! 7月のETFの分配金捻出 による売りで一時的に形成される「押し目」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日経平均株価は膠着感を強めています。日経平均株価は、6月4日の2万289.64円で底入れを果たした後、12日の2万1259.70円でいったんピークアウトしました。その後は2万1000円を挟んで、もみあっています。商い低迷の主因は、多くの投資家が様子見スタンスを崩さず、積極的な売買を手控えているからです。売買を手控えている背景は、日本株の先高観が強まらない一方で、下値不安も強まっていないことです。

シンシア(7782)、自社コンタクトレンズの割引券が もらえる株主優待を新設! 2019年6月末の株主を 対象に「QUOカード」1000円分の記念優待も実施! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コンタクトレンズを製造・販売するシンシア(7782)が、株主優待を新設することを、2019年6月17日に発表した。シンシアの株主優待は、毎年12月末時点の株主が対象となり、内容は「200株以上保有する株主に、保有株数と保有期間に応じて、自社ブランド商品の公式販売ウェブサイトで利用できる『割引券』を贈呈」というもの。2019年12月末時点の株主から適用される。(シンシア、コード:7782、市場:東証1部)

ラ・アトレ(8885)、QUOカードの株主優待を改悪! 利回りは最大14%超となるが、必要な株数が10倍に、 優待品もQUOカード⇒宿泊優待券になって利便性悪化 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ラ・アトレ(8885)が、「QUOカード」の株主優待を変更することを、2019年6月11日に発表した。ラ・アトレの株主優待は、毎年6月末時点と12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上500株未満を保有する株主に、『QUOカード』(500円分)を年2回贈呈。500株以上を保有する株主に、『QUOカード』(1000円分)を年2回贈呈」というものだった。今後は、優待品が「QUOカード」から「宿泊優待券」に変更され、必要株数も1000株以上に。具体的には、「1000株以上を保有する株主に、2019年9月開業予定のホテル『Randor Residential Hotel Kyoto Suites(仮称)』の『宿泊優待券』(最大5万円相当)を贈呈」に変更される。(ラ・アトレ、コード:8885、市場:JASDAQスタンダード)

フェイスブックがつくる仮想通貨「リブラ(libra)」 の全貌が明らかに! リブラの将来性やメリットから イーベイやウーバーなどの参加企業まで徹底解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フェイスブック(Facebook)が新たにつくる仮想通貨「リブラ(libra)について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! リブラ(libra)とは、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)を中心とする企業グループが推進している仮想通貨プロジェクトです。リブラの参加企業は、は以下の通りです。この仮想通貨は、ステーブルコイン、つまりドルなどの現在世界に流通している通貨バスケットに1:1でリンクされるものと予想されます。実際に通貨バスケットの中身がどうなるかは、現時点では判然としていません。詳細は6月18日(火)にホワイトペーパー(概要書)が出るので、そこで明らかにされると思います。サービス開始は来年になると思われます。

東京ソワール(8040)、株主優待を拡充! 従来の公式 オンラインショップのクーポンに加え、直営店「form forma」の割引券やクーポンも新たにもらえるように - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東京ソワール(8040)が、株主優待を拡充することを、2019年6月12日に発表した。東京ソワールの株主優待は、毎年6月末時点と12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、自社オンラインショップで3回まで利用可能な『割引クーポンコード』(20%割引)を贈呈」というものだった。今後は、従来の株主優待に加えて、新たなクーポンや割引券が追加に。具体的には、「100株以上を保有する株主に、自社オンラインショップで3回まで利用可能な『割引クーポンコード』(20%割引)を贈呈。加えて、直営店『formforma』の 公式オンラインストアで利用可能な割引クーポンコードを贈呈(購入合計額1万円以上の場合2000円割引)。さらに、直営店『formforma』の店舗で利用できる『割引券』(20%割引)を3枚贈呈」とされる。(東京ソワール、コード:8040、市場:東証2部)

配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」 に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄も ある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「配当金生活」を実現したいなら「日本株」より「米国株」に投資したほうがいい、というのは本当か? 個人投資家で億トレーダーの立川一さんが、「日本株」と「米国株」の違いを解説! 30~50年の長期にわたって、連続増配を記録している銘柄がゴロゴロしている「米国株」のほうが「配当生活」を実現しやすいのか?

来週(6/17~21)の日経平均株価の予想レンジは、 2万900~2万1400円! 来週は「FOMC」や「日銀 金融政策決定会合」などの重要イベントを見逃すな! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(6/17~21)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週の日経平均株価は上昇しました。トランプ米大統領が、不法移民対策に関してメキシコと合意したことを明らかにし、メキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると表明したことが好感。週明けの日経平均株価は、2万1000円を回復しました。来週の日本市場は、引き続き方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。

アーバネットコーポレーション(3242)、「プレミアム 優待倶楽部」の株主優待の廃止! 同時に今期の増配と 2020年6月からの配当性向の引き上げをトリプル発表 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アーバネットコーポレーション(3242)が株主優待を廃止すると、2019年6月13日に発表した。アーバネットコーポレーションの株主優待は、2018年に新設されたばかりで、内容は「毎年6月末時点で1000株以上を保有する株主を対象に、保有株数と継続保有期間に応じて、食品や電化製品、旅行などさまざまな優待品と交換できる『プレミアム優待倶楽部』のポイントを贈呈」というものだった。アーバネットコーポレーションの株主優待は、2019年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主への贈呈を最後に、廃止となる。(アーバネットコーポレーション、コード:3242、市場:JASDAQスタンダード)

ロック・フィールド(2910)、株主優待を一部変更!  4月と10月の年2回、デパ地下で人気の「RF1」「神戸 コロッケ」などで使える「おそうざい券」を贈呈へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ロック・フィールド(2910)が、株主優待を一部変更することを、2019年6月7日に発表した。ロック・フィールドの株主優待は、毎年4月末時点と10月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「4月末時点で200株以上保有する株主に、保有株数と保有期間に応じて『おそうざい券』を贈呈。加えて、4月末と10月末時点で100株以上保有する株主を、抽選で『ファクトリーオフィス見学会』に招待」というものだった。今後は、10月末時点の株主優待の内容が変更に。具体的には「4月末と10月末時点で100株以上保有する株主を、抽選で『ファクトリーオフィス見学会』に招待。4月末時点で200株以上保有する株主に、保有株数と保有期間に応じて『おそうざい券』を贈呈。10月末時点で100株以上を保有する株主に、一律で『おそうざい券』(1000円分)を贈呈」となる。(ロック・フィールド、コード:2910、市場:東証1部)

「Link-U」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のサーバービジネス関連企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:Link-UのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

「ユーチューバー(YouTuber)」関連銘柄を紹介! グーグルなどが“ゲームストリーミング”を発表して、 ゲーム実況をする「ユーチューバー」の需要が増加! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国のロサンゼルスで開催中の世界最大規模のゲーム見本市「E3:Electronic Entertainment Expo」に注目! そこから連想された投資テーマ「ユーチューバー(Youtuber)」と具体的な関連銘柄をアナリストの村瀬智一さんが発掘! 2019年6月11日から13日まで、米国のロサンゼルスで世界最大規模のゲーム見本市「E3:Electronic Entertainment Expo」が開催されています。このイベントでは、数多くのゲームメーカーがブースを出展し、新規タイトルを中心に紹介しています。今回の「E3 2019」において特に注目されるのが、Google(グーグル)やマイクロソフトなどのIT大手が注力するクラウドゲームです。クラウドゲームは高額なゲーム機器がなくてもゲームをプレーできるため、人々のゲーム購入や楽しみ方を変え、ゲーム業界に新たなプレイヤーが参入させるきっかけとなることが期待できます。

トヨタ自動車(7203)の株価は、凋落した家電業界と 違いイノベーションの影響を受けにくく、 グローバルで成長余地があるため、「強気」評価! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は、日本を代表する大企業・トヨタ自動車(7203)を分析します。

サニーサイドアップ、株主優待を変更! 500株以上の 保有で、パンケーキの有名店「bills」の優待券の贈呈 枚数が増え、1人でも利用しやすくなり利便性アップ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サニーサイドアップ(2180)が株主優待を変更することを、2019年6月6日に発表した。この変更は、2020年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。サニーサイドアップの株主優待は、毎年6月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、レストラン『bills』の優待券を1枚贈呈」というものだった。今後は、サニーサイドアップが2019年7月11日を効力発生日として、1株⇒2株の株式分割を実施する影響もあって、配布基準が変更に。具体的には「200株以上500株未満を保有する株主に、レストラン『bills』の優待券を2枚贈呈。500株以上保有する株主に、レストラン『bills』の優待券を5枚贈呈」となる。また、優待券の内容も一部変更される(サニーサイドアップ、コード:2180、市場:東証1部)

日経平均株価が底入れした今、強気の「順張り買い」 がおすすめ! テクニカル的には2万1571円あたりが 戻りメドだが「5日移動平均線割れ」には注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価が4日の2万289.64円で底入れし、6月11日前場には一時2万1208.09円を付けるなど、東京株式市場の地合いが好転しました。主因は米国株の上昇です。米国株上昇の背景は、FRBによる早期利下げ期待の高まりと、「米中貿易協議再開期待の高まり&米国による対メキシコ関税引き上げの無期延期」でした。

大塚家具(8186)、「買物割引券」の株主優待を新設! 年2回、100株以上を半年以上継続して保有する株主を 対象に5~10%割引になる「買物割引券」を贈呈へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大塚家具(8186)が株主優待を新設することを、2019年6月10日の15時15分に発表した。大塚家具の株主優待は、毎年4月末と10月末時点で、100株以上を6カ月以上継続保有する株主が対象となり、内容は「保有株数と継続保有期間に応じて割引率が変わる『買物割引券』を贈呈」というもの。なお、大塚家具は今年度から決算期を12月から4月に変更する。この影響で、2019年のみ株主優待の基準日が6月末と12月末になり、初回の基準日は2019年6月30日となる。(大塚家具、コード:8186、市場:JASDAQスタンダード)

ファイバーゲート(9450)、QUOカードの株主優待を 変更! 従来は100株以上で一律2000円分だったが、 今後は株数&保有期間に応じて最大4000円分に増額! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ファイバーゲート(9450)が、「QUOカード」の株主優待を一部変更することを、2019年6月5日に発表した。ファイバーゲートの株主優待は、毎年6月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、『QUOカード』(2000円分)を贈呈」というものだった。今後は長期継続保有の優遇制度が導入され、配布基準も変更に。具体的には、「100株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』(2000円分)を贈呈。1年以上保有する株主に『QUOカード』(3000円分)を贈呈。1000株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』(3000円分)を贈呈。1年以上保有する株主に『QUOカード』(4000円分)を贈呈」に変更される。(ファイバーゲート、コード:9450、市場:東証マザーズ)

ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型 成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき 3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場で注目すべき小型成長株の決算発表を、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説し、「買い」か「売り」をズバリ判別! 今回取り上げるのは、ドキュサイン(DOCU)、ドーモ(DOMO)、ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)、リフト(LYFT)、モンゴDB(MDB)、オクタ(OKTA)、ピンタレスト(PINS)、プルーラルサイト(PS)、シルクロード(SILK)、アトラシアン(TEAM) 、トレードデスク(TTD)、トゥイリオ(TWLO)、ウーバー(UBER)、ズーム(ZM )、ズィースケーラー(ZS)の15銘柄。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.