投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「日本株」で勝ち抜くための“投資の心得”を伝授! 2020年・夏までは積極派は半導体など「景気敏感株」、 慎重派は配当+株価上昇も狙える「高配当株」を狙え! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年秋以降、波乱が予想される相場環境でうまく立ち回り、株式投資で利益を得るための心得を3つ紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。また、特集内では「2019年8月~2020年7月までの一年間の勝利の兵法」として、「波乱相場で勝ち抜くための心得」を3つ紹介している。今回は、3つの心得をすべて公開するので、投資の参考にしてほしい!

消費税の「軽減税率」のルールをわかりやすく解説! 10%に増税後も8%の「軽減税率」が適用される範囲、 ケンタッキーなど大手外食チェーンの対応方針も紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:消費税の増税に伴って実施される「軽減税率」のルールとは?「『オロナミンC』は8%なのに、『リポビタンD』は10%」「ホテルの冷蔵庫内の飲み物は8%だけど、ルームサービスは10%」など、わかりづらい部分もたくさんあるので、整理しておこう! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ10月号から、「10月の消費税増税後の『軽減税率』はどうなる⁉」と題した記事をピックアップ! 2019年10月1日に消費税が8%から10%に増税されるが、食料品や新聞の一部では消費税が8%のままの「軽減税率」が適用される。しかし、この「軽減税率」の適用の範囲やルールは複雑で、わかりにくい部分が多い。そこで、記事では「軽減税率」のルールを整理し、同じ“食料品”でも8%のままのもの、10%に上がるものを一覧表にまとめている。また、大手の外食チェーンの「軽減税率」への対応方針も紹介。増税前に「軽減税率」の複雑なルールを確認しよう!

一家ダイニングプロジェクト、株主優待の変更後も、 優待利回り4.8%超を維持! 株式分割に伴う変更に加 えて、食事券の利便性向上&有効期限の延長も実施! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:一家ダイニングプロジェクト(9266)が株主優待を一部変更すると、2019年8月13日に発表した。一家ダイニングプロジェクトの株主優待は、毎年9月末と3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて『食事優待券』を年2回贈呈」というもの。今後もこの内容に変わりはないが、2019年10月1日を効力発生日として1株⇒2株の株式分割を実施予定であることから、配布基準が一部変更される。(一家ダイニングプロジェクト、コード:9266、市場:東証マザーズ)

ツナググループ・ホールディングス、「QUOカード」 などの株主優待を「プレミアム優待倶楽部」に変更! 最低限の保有株数で比較すると利回りは以前の2倍に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ツナググループホールディングス(6551)が、「QUOカード」やオリジナルグッズの株主優待を「プレミアム優待倶楽部」に変更することを、2019年8月13日に発表した。ツナググループ・ホールディングスの株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に『QUOカード』500円分を贈呈。200株以上を半年以上保有する株主には、『QUOカード』に加えてオリジナルグッズを贈呈」というものだった。今後は、「200株以上の株主を対象に、保有株数に応じて『プレミアム優待倶楽部』のポイントを贈呈」と変更される。(ツナググループ・ホールディングス、コード:6551、市場:東証1部)

2020年・夏までの日経平均株価の値動き予想を公開! “2万3000~4000円に上昇”がプロの共通見解だが、 消費増税や米中貿易摩擦で一時的には“2万円割れ”も!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年秋から2020年夏までの日経平均株価の予測と、2019年秋以降の株式市場のリスク要因・シナリオを、ストラテジストやエコノミストなど、相場のプロが分析! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、ストラテジストやエコノミストによる2019年秋以降の株価予測や、これからの相場の不安要因の分析を抜粋。投資をするうえでは、今後の相場にどんな不安要因があるのか、あるいは相場の方向感などを、ある程度認識しておくことが重要だ。記事では、4人のプロに聞いた、今後の相場で考えられるシナリオを詳しく紹介するので、投資の参考にしてほしい!

フルテック(6546)、QUOカードの株主優待を拡充! 従来は一律で1000円分だったが、配布基準の変更で、 保有株数&期間に応じて1000~4000円分にアップ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フルテック(6546)が「QUOカード」の株主優待の配布基準を変更することを、2019年8月7日に発表した。この株主優待の変更は、2019年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。フルテックの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、『QUOカード』(1000円分)を贈呈」というものだった。変更後も「QUOカード」が贈呈される点に変わりはないが、配布基準が変更され、「100株以上を保有する株主に、保有株数と保有期間に応じた額面の『QUOカード』を贈呈」となる。(フルテック、コード:6546、市場:東証1部)

日経225銘柄の「入れ替え」で、新たに“採用”される 銘柄は「ZOZO」や「エムスリー」が本命! 一方で、 “除外”候補は流動性が低下している「東京ドーム」 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価を算出する255銘柄の定期入れ替えで、新たに採用されそうな「本命」銘柄とは? 新規採用される銘柄を“先回り買い”して、株価の上昇を狙おう! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ10月号から、「どうなる⁉ 日経平均株価の採用銘柄」と題した記事をピックアップ! 日経平均株価は毎年10月1日に定期的に銘柄の入れ替えを行っており、採用銘柄の正式発表が9月に迫っている。新規に採用銘柄される株価が上昇しやすいので、“先回り買い”ができればベストだ。そこで、この記事では大手証券会社3社が事前に予想した「採用」銘柄と「除外」銘柄の候補を紹介。アナリストなどのプロの意見も交えながら、本命株の絞り込みを試みているので、ぜひ投資の参考にしてほしい!

ダイヤモンド・ザイ10月号は「【最強日本株】2019 年・夏の陣」「サラリーマンの副業トレード術」「最 新決算でわかった”好スタート株”」など特集が満載! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月21日(水)発売のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」「忙しいサラリーマンの副業トレード術」「最新決算でわかった”好スタート株”12銘柄」「10月の消費税増税後の『軽減税率』はどうなる⁉」など、盛りだくさんの内容です! 今年後半、株式市場は波乱相場が続くと予想されますが、こんなときこそ「絶好の買い時」です! 大特集「【最強日本株】2019年・夏の陣」では「2019年後半に儲けるための投資戦略」をはじめ、27人のアナリストが、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルごとに、注目すべき銘柄を格付けして紹介! 利回り4%超の株がゴロゴロ登場します!それに続く特集は「忙しいサラリーマンの副業トレード術」。すき間時間を使って、株で儲けているサラリーマン投資家15人に直撃! 投資ワザや時間の使い方を伝授してもらいました。さらに全国各地の株の勉強会やオフ会にも潜入取材しています。また、巻頭特集は「最新決算でわかった好スタート株12銘柄」。2~3月期決算企業の第1四半期を速報! 先行き不透明感が漂う日本株市場の中でも、昨年より明らかに頑張っている「業績加速株」、中間決算に向け期待が膨らむ「高進捗率株」に注目しました! 別冊付録は「元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資を徹底調査」! ダイヤモンド・ザイでしか読むことができない「お金」の情報が、今月も満載です! 

初心者でも買いやすい「10万円株」で注目の2銘柄を 紹介! 7万円台で買えて業績好調の「北の達人コーポ レーション」、医療系に強い「オリンパス」が狙い目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:比較的少額の資金で買える「10万円株」で、アナリストなど相場のプロからも注目される2銘柄は「北の達人コーポレーション(2930)」と「オリンパス(7733)」!8月21日発売のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株 】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、「10万円株」の注目株を2銘柄紹介! 初心者でも手軽に買えるほか、少額で買えて分散投資にも向いているので、ぜひチェックを!

シノケングループ、QUOカードの記念株主優待を発表 して、100株保有時の配当+優待利回りが6.08%に! 2019年12月から半期ごとに3回の記念株主優待を実施 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シノケングループ(8909)が、「QUOカード」の記念株主優待を実施することを、2019年8月19日の15時に発表した。シノケングループの記念株主優待は、2019年12月末、2020年6月末、12月末の3回に渡って実施され、内容はいずれも「QUOカード」の贈呈。ただし、2020年6月末だけは配布基準が異なっている。なお、シノケングループは通常も毎年12月末時点の株主を対象に、「QUOカード」の株主優待を実施している。(シノケングループ、コード:8909、市場:JASDAQスタンダード)

新日本製薬(4931)、株主優待を新設して、配当+優待 利回り2.45%に!人気のオールインワン美容液ジェル 「パーフェクトワン モイスチャージェル」など贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新日本製薬(4931)が株主優待を新設することを、2019年8月19日に発表した。新日本製薬の株主優待は、毎年9月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上の株主に、化粧品の『パーフェクトワン モイスチャージェル ハーフサイズ』を贈呈。300株以上の株主に、化粧品『パーフェクトワンモイスチャージェル』1個、機能性表示食品『キオクリーフ』1個、機能性表示食品『Wの健康青汁』1個を贈呈」というもの。2019年9月末の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。(新日本製薬、コード:4931、市場:東証マザーズ)

信金中央金庫(8421)、2019年9月の優待品を発表! 3口未満は伝統工芸品「江戸硝子 富士山グラス」、3口 以上で3000~6000円相当のグルメカタログを贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:優先出資証券の「信金中央金庫」が、2019年9月末時点の優先出資者を対象に実施する優待制度の内容を、2019年8月8日に発表した。信金中央金庫の優待制度は、「1口以上保有する出資者に、オリジナルグッズを贈呈。3口以上保有する出資者に3000円相当のグルメカタログを贈呈。10口以上保有する出資者に6000円相当のグルメカタログを贈呈」というもの。2019年9月末に実施される優待もそれらの点に変わりはない。今回は、1口以上の出資者に贈呈されるオリジナルグッズが、前年の「波佐見焼 小皿5枚組」から「江戸硝子 富士山グラス」に変更される。(信金中央金庫、コード:8421、市場:東証1部)

デイトナ(7228)、株主優待を変更!「プレミアム優待 倶楽部」が導入され、300株未満は1年以上継続保有を しないと利回りが悪化、300株以上は利回りがアップ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:デイトナ(7228)が株主優待を変更することを、2019年8月6日に発表した。この株主優待の変更は、2019年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。デイトナの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上200株未満を保有する株主に、『QUOカード』(1000円分)を贈呈。200株以上を保有する株主に、保有株数に応じて(1)静岡県周智郡森町特産品(2)遠州浜名湖特産品(3)自社商品(4)カタログギフトのいずれかを贈呈」というものだった。変更後は新たに「デイトナ・プレミアム優待倶楽部」が導入され、「100株以上を保有する株主に、保有株数と保有期間に応じて、好きな家電や食品などと交換できる『プレミアム優待ポイント』を贈呈」に変更となる。(デイトナ、コード:7228、市場:JASDAQスタンダード)

ユニゾホールディングス(3258)、株主優待を廃止! TOB(公開買付け)成立が条件で、HISの敵対的TOBに 対抗する“ホワイトナイト”も登場して株価は波乱含み - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ユニゾホールディングス(3258)が株主優待を廃止すると、2019年8月16日に発表した。ユニゾホールディングスの株主優待は、3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて、自社グループホテルの宿泊割引券や無料券を贈呈」というものだった。しかし、2020年3月末の分から廃止される。(ユニゾホールディングス、コード:3258、市場:東証1部)

LibWork(1431)、「QUOカード」の記念株主優待で 配当+優待利回り4%超に! 2019年9月末、12月末、 2020年3月末、6月末の4回で合計4000円分を贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:LibWork(1431)が、「QUOカード」の記念株主優待を実施することを、2019年8月16日に発表した。LibWorkの記念株主優待は、2019年9月末、12月末、2020年3月末、6月末の4回に渡って実施され、内容はいずれも「100株以上の株主に『QUOカード』1000円分を贈呈」というもの。通常の配当や株主優待に加えて、8月9日に発表した「記念配当」と今回の「記念株主優待」を合計した配当+株主優待利回りは4.37%に!(LibWork、コード:1431、市場:東証マザーズ、福証Q-Board)

フリュー(6238)、株主優待を改悪! 優待の権利獲得 に必要な最低株数が100株⇒500株に変わり、必要な 最低投資額も10万円以下から46万円超に大幅アップ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フリュー(6238)が、「プレミアム優待倶楽部」の株主優待を改悪することを、2019年8月8日に発表した。フリューの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、保有株数と保有期間に応じて『プレミアム優待倶楽部』のポイントを贈呈」というものだった。今後は配布基準が変わり、必要株数が500株以上になる。(フリュー、コード:6238、市場:東証1部)

DDホールディングス、株主優待を変更! 1株⇒2株の 分割後も100株で優待の権利獲得が可能な配布基準が 新設され、最低投資額は半分に、優待利回りは2倍に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:DDホールディングス(3073)が株主優待の配布基準を変更することを、2019年8月6日に発表した。この株主優待の配布基準の変更は、2020年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。DDホールディングスの株主優待は、毎年2月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株式数に応じた相当額の『DD POINT』『株主優待券』『お米』のいずれか1つを贈呈」というものだった。変更後も、「DD POINT」「株主優待券」「お米」のいずれかが贈呈されることに変わりはないが、2019年8月31日を基準日とした1株→2株の株式分割に伴って、配布基準が変更される。(DDホールディングス、コード:3073、市場:東証1部)

プリントネット、利回り3.4%になる株主優待を新設! ただし、同時に今期2度目の「業績の下方修正」を発表 して赤字に転落したので、明日以降の株価急落に注意 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:プリントネット(7805)が株主優待を新設することを、2019年8月14日の15時に発表した。プリントネットの株主優待は、毎年10月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて2000~6000円分の『自社サービス利用ポイント』を贈呈」となっていて、株主優待利回りは3.41%に! ただし、プリントネットは2019年10月期の通期業績予想の大幅な下方修正も同時に発表しており、赤字に転落することも発表している。(プリントネット、コード:7805、市場:JASDAQスタンダード)

オープンハウス、「QUOカード」の株主優待の廃止と、 1株あたり5円の増配&業績の上方修正を同時に発表! 今後は配当性向を20%まで引き上げる計画を推進へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:オープンハウス(3288)が株主優待を廃止すると、2019年8月14日に発表した。オープンハウスの株主優待は「毎年9月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、継続保有期間に応じて、QUOカード3000~5000円分に加えて、自社の住宅購入時に10万~30万円をキャッシュバック」というものだった。オープンハウスの株主優待は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主への贈呈を最後に「廃止」となる。ただし、同時に「増配」と「業績予想の修正」も発表している。(オープンハウス、コード:3288、市場:東証1部)

プロパティエージェント、株主優待を拡充! 100株保 有時の配当+優待利回り4.4%を維持しつつ、「プレミ アム優待倶楽部」のポイントが保有株数に応じて増加! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:プロパティエージェント(3464)が株主優待を変更することを、2019年8月6日に発表した。この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。プロパティエージェントの株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に『QUOカード』(3000円分)を贈呈」というものだった。変更後は、「プロパティエージェント・プレミアム優待倶楽部」が導入され、「100株以上を保有する株主に、保有株式数に応じた、好きな家電や食品などと交換できる『プレミアム優待ポイント』を贈呈」に変更となる。(プロパティエージェント、コード:3464、市場:東証1部)

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.