投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2019年末までの「日経平均株価」の値動きを10人の アナリストが予想! 強気派は年末に高値2万4300円と 予想する一方、弱気派は1万9000円まで下落と予想! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年後半の日経平均株価の動向を、アナリストら10人のプロが予測! プロの目から見た日本株の仕込み時は⁉ ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ9月号から、「プロ10人が日経平均株価を大予測!」と題した記事をピックアップ! この記事はタイトルどおり、株式市場に精通するアナリストらに、夏から年末にかけての日経平均株価の動向を予測してもらっている。今後、特に注視すべきニュースなども挙げてもらっているので、参考にしてほしい!

下落相場でも資産を増やせる「3つのルール」を伝授! 株価が下落した2018年でも資産を増やせた“億り人”の 「相場に関係なく稼ぐ売買ワザ&銘柄選び」を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:下げ相場だった2018年の日本株市場でも、20%超の利益を上げた2人の“億り人”が「相場に関係なく稼ぐワザ」を大公開! 2012年末からアベノミクス相場が始まり、長く株価は好調が続いたが、2018年の日本の株式市場は大荒れ。2019年も先行きが不透明な状況が続いている。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ6月号では、巻頭特集「日本株新予測&反撃の最強株95」で、ストラテジストやエコノミストといった”相場の目利き”が、2019年末までの日経平均株価の値動きをどう予想するか取材している。

2019年の日本の株式市場を左右する「米中貿易摩擦」 と「2019年3月期の業績」の見通しを専門家が解説! 中国経済は底堅く、企業業績も好調で日本株は堅調! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年度の日本株の動向を、「海外要因」と「業績見通し」の2点から専門家が分析! 2012年末からアベノミクス相場が始まり、長く株価は好調が続いたが、2018年の日本株市場は大荒れ。2019年も大型連休を前に、先行きを見通しづらい状況が継続中だ。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ6月号では、巻頭特集「日本株新予測&反撃の最強株95」で、ストラテジストやエコノミストといった”相場の目利き”が、2019年度の日本株市場の動向をどのように見ているか取材している。今回は、「海外要因」と「業績見通し」という2つの側面から専門家が分析した、2019年度の日本株市場の見通しを抜粋。投資計画を練るうえで参考にしてみてほしい!

2019年末までの日経平均株価の動きを5人の専門家が 予想!“強気”派は高値2万5000円超と予想する一方、 “弱気”派は安値1万8000円と予想して真逆の結果に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年末までの日経平均株価の値動きを、株の専門家たちが大予想! 2012年末からアベノミクス相場が始まり、長く株価は好調が続いたが、2018年の日本株市場は大荒れ。2019年も大型連休を前に、先行きを見通しづらい状況が継続中だ。そこで、4月20日発売のダイヤモンド・ザイ6月号では、巻頭特集「日本株新予測&反撃の最強株95」で、ストラテジストやエコノミストといった”相場の目利き”が、2019年4月~年末までの日経平均株価の値動きをどう予想するか取材している。話を聞いた専門家は5人だが、そのうち4人は今後の見通しを「強気」と予想。ただし、残る1人からは「弱気」という真逆の意見が飛び出した。ここではその理由を紹介するので、運用計画の参考にしてみてほしい!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.