投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


業績がV字回復を見せる「エヌビディア」に注目! “映画並みの迫力映像”をゲーム内でもリアルタイムに 描画できる新技術「レイトレーシング」が高評価! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 12カ月の予想1株当たり利益(EPS)に基づいたS&P500指数の株価収益率(PER)は18.9倍となっています。これは、過去5年間の平均の16.7倍を上回っています。しかし、「低金利」と「企業業績が好調」という2つの好条件に照らして、現在のやや割高なバリュエーションは十分正当化できると思います。新型コロナウイルスが今後の決算に与える影響に関してですが、決算カンファレンスコールを行った364社のうち、38%に相当する138社が新型コロナウイルスについて言及しました。特に工業セクターとハイテクセクターの企業が、新型コロナウイルスに言及するケースが多かったです。

来週(2/17~21)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4000円! 新型コロナウイルス収束後 の買い戻しを見越して、今は「押し目買い」を狙え! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/17~21)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月17日~21日)の日経平均株価は、引き続き新型コロナウイルスの感染状況を睨みながらの、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。ただし、株式市場は、当初のパニック的な状況に比べると冷静さが戻り、押し目を拾うタイミングを窺っていると考えられます。

扶桑電通(7505)、QUOカードがもらえる株主優待を 拡充で、優待利回り2倍に! 1株⇒2株の分割後も配布 基準据え置きで、最低投資額は半減、利回りは2倍に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:扶桑電通(7505)が、「QUOカード」の株主優待を実質拡充することを、2020年2月7日に発表した。この株主優待の変更は、2020年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。扶桑電通の株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、『QUOカード』1000円分を贈呈。1000株以上の株主に、『QUOカード』3000円分を贈呈」というものだった。今後もこの株主優待の内容に変更はないが、同社は2020年4月1日付で1株⇒2株の株式分割を実施する。分割後も株主優待の内容が変わらないため、実質拡充となる。(扶桑電通、コード:7505、市場:東証2部)

バブルの様相を見せる米国市場で、値上がり期待の 「ゲノム創薬」に注目! ゲノム解析の急激なコスト 低下により、「ヒトゲノム・ブーム」が再燃する! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週の米国株式市場は急反発しました。2月6日の木曜日にS&P500指数が過去最高値の3347.96を付けたほか、ナスダック総合指数もザラ場で過去最高値の9575.66を記録、ダウ工業株価平均指数(NYダウ)も過去最高値の29408.05に達しました。現在の米国の株式市場は、1990年代後半のドットコムブームのときに酷似しています。その当時は、最初インターネット株から熱狂が始まり、その後にゲノム株へ物色が広がりを見せました。その流れで考えると、今回もドットコムブームのときと同様に、「ゲノム創薬」が注目される可能性があります。

来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 積極的に上値を追う展開が 難しい中、決算内容を手掛かりとした物色が活性化! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月10日〜14日)の見通しですが、日経平均株価は今週の上昇で再び昨年来高値水準に接近してきました。直近では2万3000〜2万3500円でのもち合いが続いていたこともあり、2万4000円に接近する局面では“戻り待ち”の売りが出やすいと思われます。

ナスダック指数 最高値を更新

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米国株式市場は続伸して取引を終えた。ナスダック総合は過去最高値を更新。中国人民銀行(中央銀行)が大規模な資金供給を実施したことを受け、新型コロナウイルスによる経済への影響を巡る懸念が緩和した。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース NY株式市場
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6350263
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/05 07:06:31 投稿番号: 42360

米国株式市場が「新型コロナウイルス」で大幅下落 したが、悲観する必要はなし! 金利や企業業績を 見る限り、株価が急角度で戻る可能性は十分にある! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週の米国株式市場は新型コロナウイルスに対する懸念からS&P500指数が-2.1%と2019年8月2日の週以来、最大の下げ幅を記録しました。このため、1月の月次パフォーマンスは-0.16%になりました。「1月バロメーター」とは、「1月がプラスで終わったら、その年のパフォーマンスもプラスになる」という法則を指します。このことから、「今年の株式市場は、一筋縄では行かないかも」ということを心配する必要が出てきたように感じます。

NYダウ600ドル超安 肺炎懸念

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:31日のニューヨーク株式相場は、新型肺炎の感染拡大による世界経済への悪影響を懸念し、大幅下落した。ダウ工業株30種平均は前日終値比603.41ドル安の2万8256.03ドル(暫定値)で終了。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース NY株式市場
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6349904
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/01 06:55:13 投稿番号: 42292

来週(2/3〜7)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500〜2万3700円! 再開する上海証券取引所の 株価の動向や、日米の主要企業の決算内容にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/3〜2/7)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は中国の上海証券取引所が再開されます。1月30日に台湾の株式市場が再開したときは6%近く急落しており、現在の新型コロナウイルス関連銘柄の強さを見る限り、春節明けの上海市場でも大きな値下がりが想定されます。WHOが緊急事態を宣言したことによって、来週以降、感染の恐れのある海外からの入国者を調べる検疫態勢が強化されることは必至です。

株入門マンガ『恋する株式相場!』から“株で儲けるヒ ント”を抜粋!「PER」「バリュー株&グロース株」、 「認知の罠」まで、ホイチョイ流解説で楽しく学ぼう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ホイチョイ・プロダクションズが手掛ける“株の入門本”『マンガ 恋する株式相場! ゼロからわかる! 投資入門』が大ヒット中! 個性豊かな登場人物たちによる”ホイチョイ流”の超わかりやすい解説で、オールカラー・288ページの大ボリュームでも、あっという間に「株式投資」の基礎知識が理解できること間違いなし! 今回は、『マンガ 恋する株式相場! ゼロからわかる! 投資入門』で紹介している「株で儲けるコツ」の一部を特別公開。株価指標の「PER」や「バリュー株」&「グロース株」、投資効率を低下させる「認知の罠」などに関する、ホイチョイ流の解説を抜粋する。複雑な内容は、恋愛などの身近なテーマに置き換えて解説しているので、スイスイ頭に入りやすいのが特徴だ。一部読むだけでも脱・初心者に近づけるので、ぜひチェックを!

新型コロナウイルスによる米国株の下落は、一時的な 押し目! 再度の上昇局面に備え、要注目の「アトラ シアン」「インテル」の決算と今後の見通しを解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説!  中国の武漢市で新型コロナウイルスが発生し、これまでに患者数が1200人を超え、死者も41人に上っています。そのため、世界の投資家は、この新型肺炎が世界経済に与える影響を懸念しています。米国市場も、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-1.2%、ナスダック総合指数が-0.8%、S&P500指数が-1%下落しました。もっとも、米国株式市場は去年の10月以降、息つく暇もなく一本調子に上昇してきましたので、どこかで小休止する必要がありました。

来週(1/27~31)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 米国の「所得税の還付」で 需給が良くなれば、日本のハイテク株にも好影響あり - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/27~31)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月27日〜31日)は、国内の約700社の決算が発表されるほか、「新型コロナウイルス」関連のニュースに要注意。ただし、米国で「所得税の還付」が実施されることから、需給が良くなり米国の株式市場が堅調に推移すれば、日本の株式市場も底堅い展開に!

シンメンテホールディングス、株主優待を変更して、 優待利回りが2倍に! 1株⇒2株の分割に伴う変更で、 最低投資額は半減、100株保有時の利回りは2倍に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

MSCI kokusai インデックス

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:MSCI kokusai インデックスは、先進国23カ国の内、日本を除く22カ国に上場する大型株・中型株の値動きを代表する株価指数です。2019年末時点での、MSCI kokusai インデックスの中身を確認しておきます。

タグ: ブログ更新 kapok MSCI kokusai インデックス投資 ポートフォリオ 先進国株式
参考URL: https://kapok.mydns.jp/business/msci-kokusai-index/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2020/01/20 23:46:14 投稿番号: 42110

米中貿易協議の「第1ラウンド合意」で恩恵を受ける 「アプライド・マテリアルズ」とは!? 中国からの 半導体製造装置の買い付けは、今後さらに増加する! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国株式市場が、新年から好調なスタートを切っています。このまま1月はプラスで終わる可能性が濃厚となっています。その場合、今年1年もプラスで終わる可能性が高いことを過去のデータは示しています。そこで現在の米国株式市場のバリュエーションを点検したいと思います。まず、下のグラフはS&P500の1株当たり利益(EPS)のコンセンサス予想です。2020年は177.74ドルですから、現在のS&P500指数の3329.62をこの数字で割り算すると株価収益率(PER)は18.7倍になります。過去5年間の平均PERは16.7倍なので、これは少し割高です。上のチャートのように現在の10年債利回りは1.81%であり、これは低い位置にあると言えます。

クリエイト・レストランツ、株主優待の変更で配当+ 優待利回り3.9%に! 株式分割に伴う変更に加えて、 配布基準の新設や優待内容の変更で利回りがアップ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)が、「優待食事券」がもらえる株主優待の配布基準を変更することを、2020年1月14日に発表した。クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待は、毎年2月末と8月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数や保有期間に応じて3000~3万1500円分の『優待食事券』を贈呈」というものだった。今後も、この「優待食事券」が贈呈されることに変わりはないが、クリエイト・レストランツ・ホールディングスは2020年2月29日(土曜のため、実質2月28日)を基準日として、1株⇒2株の株式分割を予定しており、それに伴って株主優待の配布基準が変更される。(クリエイト・レストランツ・ホールディングス、コード:3387、市場:東証1部)

2020年にIPOが予想されるのは「スカイマーク」や 「ハウステンボス」! 2020年のIPO市場の予測と、 初値騰落率など「2019年IPOランキング」も発表! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年にIPO(新規上場)する注目銘柄を専門家が予想! 2020年に入り、早くもコーユーレンティア(7081)、ジモティー(7082)と2つのIPOが予定されているが、IPO投資を行う個人投資家にとって、2020年のIPO市場の動向は気になるところだろう。今回は、投資情報サービス会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析を行っている小林大純(こばやし・ひろずみ)さんに、2019年のIPO市場を総括してもらうとともに、2020年のIPO市場の動向を分析し、今年IPOが期待できる銘柄をズバリ予想してもらった。

来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3800~2万4200円! 決算発表で株価が急落した 銘柄は、冷静に「押し目買い」のスタンスで狙おう! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月20日〜24日)は、国内でも決算発表が増えてきますので、米国同様、決算を手掛かりとした物色が中心になりそうです。商いが低水準の中で決算に対して過剰に反応しやすくなっているので、イレギュラー的に下げてくる銘柄へは、冷静に押し目を拾うスタンスになりそうです。た、ゲーム株の決算が1月後半にかけて相次ぐので、ゲーム株の動向にも注目したいところです慎重な決算が続く局面においては、テーマ株にシフトしやすいと思われます。具体的なテーマとしては、TSMCの設備投資計画にから再び「5G」への関心が高まりやすい状況の中、ハイテク企業のほか、「ローカル5G」など今後本格化するサービスの関連銘柄へ物色に向かいやすいでしょう。

NY株連日の最高値 267ドル高

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:16日のNY株式市場のダウ工業株30種平均は、前日比267.42ドル高の2万9297.64ドルと、過去最高値を2日連続で更新して取引を終えた。米中貿易協議の「第1段階」合意を好感する買いが続いた。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース NY株式市場
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6348406
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/01/17 07:18:11 投稿番号: 42055

「ビヨンドミート」の株価が今年に入って急上昇! すでに全米2.8万カ所で販売され、350億ドルの潜在市 場を持つ「代替肉」市場は、今後も成長間違いなし! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! ビヨンドミート(ティッカーシンボル:BYND)は植物性タンパク質から代替肉を作る食品メーカーです。そのビヨンドミートが新年に入ってから再び騰勢を強めています。代替肉とは、食肉のたんぱく質の構造に着目し、その構造を大豆などの植物性たんぱく質で再現したものを指します。代替肉は、従来の食肉に比べて地球温暖化ガスの排出量を大幅に軽減できます。牧場を作るために木を伐採する必要もありません。つまり、環境破壊が小さいのです。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.