Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 格安スマホ

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


TOKAIホールディングス(3167)、株主優待の拡充で 配当+優待利回り6.22%に! 株主優待の選択肢に、 「格安スマホLIBMOの割引(2100円相当)」を追加! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:TOKAIホールディングス(3167)が、株主優待を拡充することを、2018年9月19日に発表した。この株主優待の変更は、2018年9月末時点の株主から適用される。TOKAIホールディングスの株主優待は、毎年9月末と3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主を対象に、(1)『天然水』(2)『天然水宅配サービス用の水(12リットルボトル)』(3)『QUOカード』(4)『自社グループレストラン(ヴォーシエル)食事券』(5)『自社グループ会員サービスのポイント』から、いずれか1種類を贈呈(選択制、保有株数に応じて分量は変化)。そのほか、100株以上の全株主に、『自社グループ結婚式場婚礼割引券(10%割引)』『自社グループレストラン(ヴォーシエル)食事20%割引券12枚』も贈呈」というものだった。今後は、現状5つの選択肢がある株主優待品に、新たに「格安SIM/スマホサービス『LIBMO(リブモ)』の月額利用料の割引」が追加される。(TOKAIホールディングス、コード:3167、市場:東証1部)

格安スマホ会社の複雑な料金体系にダマされるな! 大手キャリアから格安スマホ会社に乗り換える場合の 料金の比較術、おすすめ活用術を格安セレブが伝授! - コンサル流「格安セレブ術」

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手キャリアから格安スマホに乗り換える場合の料金の比較術、おすすめ活用術を紹介! それほどお金を使わず、優雅に暮らす「格安セレブ術」を実践する人間にとって、「大きな違いがなければ、少しでも節約できる選択肢を選ぶ」のが行動の基本だ。だが、携帯電話会社を選択する場合は、格安セレブであっても一筋縄ではいかない。なぜなら、携帯電話各社の料金プランや条件は、一見同じように見えて実際はとても複雑で、一概に比較することが難しいからだ。そこで今回は、実際に格安スマホの提供会社で格安SIMを契約した私の経験を踏まえたうえで、大手キャリアから「格安スマホ」に乗り換える場合のポイントと注意点について紹介したい。

フリービット(3843)、株主優待を変更(拡充)! 格安SIMの手数料3000円無料に加えて、10GBプランの 月額基本料金2100~2800円が3カ月分無料になる! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フリービットが株主優待の内容を変更すると、2017年5月18日に発表した。 この株主優待の変更は、すでに権利確定している2017年4月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。フリービットの株主優待の内容は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象として、自社子会社モバイル通信サービス(DTI SIM)契約事務手数料(3000円相当)が無料になる権利を贈呈」というものだった。今後もその点に変わりはないが、さらに「10GB各プランの月額基本料金が3カ月分無料になる権利」が追加で贈呈される。 (フリービット、コード:3843、市場:東証1部)

格安スマホ会社の料金とプラン、選び方を比較! 格安スマホへの乗り換えがおすすめなタイプと、 お得&簡単に乗り換えるための3ステップを紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:話題の格安スマホで、本当に通信費は安くなる? 提供会社の選び方や、気になるポイントを一気に解決!ダイヤモンド・ザイ6月号では、「格安スマホの始め方&提供会社の徹底比較!」と題した特集を掲載。ネットの利用や連絡手段として、今や手放せないスマホ。生活費の中でもスマホなどの通信費は増加するばかりだ。だが、その通信費を一気に半分にできる方法がある。「MVNO」と呼ばれる低コストのサービス会社などが提供する、いわゆる「格安スマホ」を使うことだ。ここでは、ダイヤモンド・ザイ6月号で掲載している内容の一部を抜粋。サービス内容も拡大中の格安スマホへの乗り換え術を学ぼう!

Y!mobileと楽天モバイル、格安スマホを選ぶなら? 料金、プラン内容、ポイント制度、通信速度など、 さまざまな観点で2つの大手格安スマホを徹底比較! - クレジットカード活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「Y!mobile」と「楽天モバイル」、格安スマホを選ぶなら、どちらがお得なのかを、料金、プラン内容、ポイント制度、通信品質などを比較して徹底検証! ショッピングサイト、クレジットカードなど、さまざまなビジネスで激突している「Yahoo! JAPAN」と「楽天」のバトルが、格安スマホでも本格化!ポイント制度では「楽天モバイル」に負けていた「Y!mobile」だが、2017年2月1日から月額462円(税抜)の「Yahoo!プレミアム」 に無料で入会できる「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」がスタート。「楽天モバイル」と「Y!mobile」のどちらの格安スマホがおすすめなのか、その選び方を考えてみた!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.