投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


楽天証券では「楽天証券ポイントコース」よりも、 「楽天スーパーポイントコース」のほうがおすすめ! 楽天市場の「SPU」で+1倍のポイントが貯まって得! - クレジットカードおすすめ最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入すると、楽天市場の「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」で+1倍のポイントを獲得できてお得! ただし、楽天証券と楽天アカウントを紐付ける「SPU設定」をしていないと、楽天市場での獲得ポイント倍率は増えないので注意。楽天証券の「楽天スーパーポイントコース」と「楽天証券ポイントコース」の違いや、「SPU設定」の手続き方法をわかりやすく解説しよう。

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン 楽天証券 ポイント クレジットカード おすすめ 比較
参考URL: http://diamond.jp/articles/-/184203
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/11/28 11:00:00 投稿番号: 34991

楽天証券の「ハッピープログラム」と「投資信託資産 形成ポイント」はどっちが得? 投資信託の保有残高が 少額なら「ハッピープログラム」のほうがおすすめ! - クレジットカードおすすめ最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券の「ハッピープログラム」と「投資信託資産形成ポイント」の違いとは? 投資信託の保有残高によって、それぞれのプログラムで獲得できるポイントを比較! 楽天スーパーポイントが貯まる「ハッピープログラム」を登録するために、楽天証券と楽天銀行の口座連動サービス「マネーブリッジ」を活用しよう!「マネーブリッジ」を活用すれば楽天銀行の普通預金金利が0.1%に大幅アップするうえに、楽天証券の「ハッピープログラム」も利用できてお得!

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン 楽天証券 楽天銀行 クレジットカード おすすめ 比較
参考URL: http://diamond.jp/articles/-/184200
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/11/24 11:00:00 投稿番号: 34922

楽天証券の「マーケットスピードⅡ」の優れた機能や 使い方、具体的な活用方法などをわかりやすく解説! 進化した注文方法、情報ツールで成績アップを狙え! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券が2018年10月14日にリリースする取引ツール「マーケットスピードⅡ(MARKETSPEEDⅡ)」の新機能や進化したポイント、実践的な使い方などを解説。【進化ポイント1】基本画面の情報量が飛躍的に向上!画面を切り替えることなく、あらゆる情報をチェックできる。【進化ポイント2】ひと目で複数の銘柄の値上がり・値下がり傾向がわかる「ヒートマップ」と「マルチチャート」。【進化ポイント3】他の証券会社では難しい複雑な自動注文が可能に「アルゴ注文」。

投資信託で儲けたいなら、銀行ではなくネット証券で 投資しろ! 金融庁が導入した「共通指標」によると 手数料の安さもリターンの高さもネット証券が完勝! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資信託を買うなら、銀行よりもネット証券のほうが儲かりやすいことが、金融庁が導入した「共通指標」によって判明! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はそのうちの1本「投資信託はどこで買うとよい?」をピックアップ! ご存じのとおり、投資信託は銀行や証券会社で取り扱われている。どこで買っても同じだと思っている人もいるかもしれないが、実は銀行よりもネット証券を選んだ人のほうが、利益を出している割合が高いことが判明した。気になるその理由とは?

楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済& 積立額の1%分のポイント還元を開始! ポイントの 再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券は、2018年10月27日より、投資信託の積立購入で楽天カードを使ったクレジットカード決済ができるなり、その際、楽天スーパーポイントが貯まるようになる。その他、「投信積立でのポイント利用サービス」や「買付手数料全額ポイントバック」、「SPU(スーパーポイントアッププログラム)に『楽天証券でのポイント投資利用で+1倍』の追加」など、楽天スーパーポイントを使った楽天証券のお得なサービスを解説する。

楽天スーパーポイントで投資する最大のメリットは、 ポイントの貯めやすさと投資できる投資信託の多さ! 楽天カードでポイントをザクザク貯める方法も紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「楽天スーパーポイント」を利用して投資信託が買える「ポイント投資」の魅力や、「楽天スーパーポイント」を賢く貯める方法を解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「ポイント投資の始め方」を掲載。ポイント投資とは、買い物などで貯まったポイントを運用して、投資体験ができるサービスだ。特集では、サービスの基本や種類、オススメの活用法などを紹介している。ここでは、「楽天スーパーポイント」のポイント投資の解説を抜粋! その魅力や貯めワザなどを紹介するので、参考にしてみてほしい!

「ポイント投資」のサービス比較やメリット、始め方 をわかりやすく解説! カードのポイントなどを運用 できる「ポイント投資」はコストや運用商品で選べ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ポイント投資」の基本をわかりやすく解説! 買い物などで貯まったポイントを運用して、投資体験を始めてみよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「ポイント投資の始め方」を掲載。ポイント投資とは、買い物などで貯まったポイントを運用し、投資体験ができるサービスだ。特集では、サービスの基本や種類、オススメの活用法などを紹介している。今回は、特集の冒頭から「ポイント投資の基本」の解説を抜粋。今回、ポイント投資という言葉を初めて聞いた人、これから始めてみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

クレジットカードのポイントを投資で増やす時代に! 還元率1.0%のインヴァストカードや楽天カードで 貯めたポイントを運用して、還元率をアップさせよう - クレジットカード活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:クレジットカードで貯めたポイントで「投資」できるサービスを紹介! 年会費無料+高還元で人気の「楽天カード」、インヴァスト証券が発行する「インヴァストカード」、ポイントの有効期限が無期限の「永久不滅ポイント」が貯まる「セゾンカード」などで始まっている「ポイントを投資」するサービスのメリット、違い、投資する方法を、ポイント&クレジットカードの達人・菊地崇仁さんが詳しく解説します!

【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】 お得なキャンペーンを実施中の証券会社から選ぶ! つみたてNISAで得する、おすすめ証券会社はココ! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」取扱証券会社が実施している、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介!「つみたてNISA(積立NISA)」口座を開設するなら、各証券会社のキャンペーン情報もチェックしておこう。なぜなら、「つみたてNISA」口座を開設するだけでお金がもらえる場合があるからだ。もちろん、取り扱っている投資商品の豊富さなども大事だが、どうせならもっとお得に「つみたてNISA」口座を開設したいところ。そこで、今回は、各証券会社が実施している「つみたてNISA」のキャンペーン情報を総まとめ! 各証券会社のキャンペーンも参考にして、お得に「つみたてNISA」口座を開設しよう!

「岡三オンライン証券」は1日最大40万円の取引まで 「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や 株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット証券各社で、売買手数料の値下げ競争が激化している。その中でも、特に注目したいのが岡三オンライン証券だ。なんと、現物取引と信用取引を1日にそれぞれ20万円ずつ、合計で40万円まで手数料無料でトレードできるようになったのだ。今回は、この岡三オンライン証券の「1日40万円まで売買手数料無料」のすごさを解説しつつ、岡三オンライン証券のメリットも紹介していこう。以前から、松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料無料の料金プランを提供しており、人気を博していた。そこに後追いで、楽天証券とSBI証券も1日定額プランにおいて1日10万円までの売買手数料を無料化。大手ネット証券3社による三つ巴の戦いとなっていた。

【楽天証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が129本と豊富で、 「楽天カード」から積立代金の引き落しもできて便利 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめポイントを紹介! 楽天証券のつみたてNISAなら、商品ラインナップが120本以上と豊富! 毎月積立だけでなく、毎日積立もできて、きめ細かく“時間分散投資”が可能なのも魅力。また、積立代金の引き落としは「楽天カード」からも可能で便利! ここでは、楽天証券のつみたてNISAで取り扱っているおすすめ投資信託も紹介しよう!

「楽天スーパーポイント」で投資信託を買ってみた! 「楽天カード」で貯めたポイントを「楽天証券」で 運用できるので、初心者でも気軽に投資ができる! - クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券が「楽天スーパーポイント」で投資信託を購入できるサービスを開始! 「楽天カード」や「楽天市場」などで貯めた「楽天スーパーポイント」で、実際に投資信託を購入してみた! 楽天証券なら、楽天スーパーポイントを使えば、“元手0円”で投資ができるので、投資初心者にもおすすめ!

ネット証券の中で、無料で使える情報ツールが優れた 会社ベスト3を発表!「日経新聞」や「会社四季報」が 購読無料など、情報量が豊富なネット証券はココだ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:無料情報の多さや、投信情報の充実ぶりなどから、大手ネット証券を徹底比較! ストレスなく投資に必要な情報を集められる会社とは?発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、特集「売買手数料、商品数の多さ、情報発信力でメッタ斬り! ネット証券のサービスを徹底比較!」を掲載。「手数料の低さ」「商品数の豊富さ」「情報発信力」という3つの観点から、主要なネット証券8社(SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、ライブスター証券、楽天証券)を徹底比較している。今回はその中から、「情報力」に注目した記事を抜粋。投資で勝つためには情報が必須であり、質の高い情報を提供してくれる証券会社に口座を持っておきたい。ここでは、情報力に優れた会社ベスト3や、あの優待名人・桐谷さんによる、証券口座開設に関するアドバイスも紹介!

TOPIXインデックスファンド(iシェアーズ TOPIX ETF:1475.jp)を購入

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:TOPIXインデックスファンドを購入しました。今回私が購入したのは、iシェアーズ TOPIX ETF(1475.jp)です。この金融商品は東証に上場されているETFで、TOPIX(東証株価指数)に連動するパフォーマンスを目指し運用されています。

ネット証券8社で、投資商品の数が多い会社ベスト3! 「投資信託」「外国株」「IPO(新規公開株)」の 3分野で、取扱商品が充実の証券会社ベスト3を発表! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:商品ラインアップや商品数からネット証券8社を徹底比較!投資の選択の幅が広がる会社とは?発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、特集「使い道で選ぶネット証券徹底比較!」を掲載。「手数料の低さ」「商品数の豊富さ」「情報発信力」という3つの観点から、主要なネット証券8社を徹底比較している。今回はその中から、「商品数の豊富さ」でネット証券を比較した記事を抜粋。普通の日本株以外に証券会社が取り扱う金融商品といえば、投資信託、外国株、それに日本株のIPO株などに関心を持つ人が多いだろう。記事では投資信託の本数、外国株の手数料や売買できる外国株のラインアップ、IPO株の取扱い本数で証券会社を比較している。新たに証券会社の口座を開きたい人、今の証券会社から別の会社に乗り換えたい人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの 証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで 比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年1月からスタートする「つみたてNISA(積立NISA)」、おすすめの金融機関は? つみたてNISA(ニーサ)とは、積立型の「少額投資非課税制度」のことで、通常は約20%の税金がかかる「株式や投資信託などの譲渡益(運用益)や配当」が、毎年40万円を上限に、最長20年間はつみたてNISA口座で購入する株式投資信託やETFの運用利益が非課税になるお得な制度だ。つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することができないため、どの金融機関(証券会社や銀行)でつみたてNISA口座を開設するかは、重要なポイントになる。

「ロボアドバイザー」を実際に使って機能を比較! 証券会社のアドバイス型「ロボアドバイザー」の 手数料や利用できる機能、使い勝手の違いを解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、国内の投資信託は約5000本以上も存在しており、その中から自分にあった投資信託を選び、ポートフォリオを作成するのは至難の業。そこで役に立つのがロボット。各証券各社は商品選びの手助けをしてくれる「ロボアドバイザー」サービスを開始している。今回は、証券会社が提供する代表的なロボアドバイザーについて、違いや特徴、使い勝手などを紹介しよう。取り上げるのは、SBI-ファンドロボ(SBI証券)、ロボのぶくん(楽天証券)、カライス(東海東京証券)、投信ロボ(岡三オンライン証券)、FUND ME(カブドットコム証券)、fund eye(SMBC日興証券)、投信工房(松井証券)の7つだ。

ネット証券の手数料競争が激化し「0円」が常識に!? 楽天証券とSBI証券は、1日10万円までの取引で 売買手数料を「無料化」したので、初心者におすすめ - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手ネット証券会社の楽天証券とSBI証券が、あいついで売買手数料の値下げを発表した。注目ポイントは、どちらも証券会社も、1日の約定代金合計が10万円までだと売買手数料が無料になった点だ。これまでは松井証券が、現物取引・信用取引ともに1日10万円までは売買手数料という料金プランを打ち出しており、それが松井証券の大きな魅力のひとつとなっていた。今回の値下げは、楽天証券とSBI証券がそこに合わせてきた形となる。まさに、大手ネット証券における“仁義なき手数料競争”といった様相を呈しているが、ユーザーである個人投資家にとっては、非常にありがたい話と言えるだろう。

iDeCoで運用できる商品「元本確保型商品」と 「投資信託」を解説! 定期預金はペイオフの対象、 投資信託は手数料が安いなど、メリットと注意点は? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoで運用できる商品「元本確保型商品」と「投資信託」についてわかりやすく解説! iDeCoでは、「元本確保型商品」である定期預金や保険タイプの商品、そして投資信託に資金を拠出して、運用することができます。iDeCoでの運用は、NISAや財形年金にはないメリット・注意点もあるため、始める前にチェックしておくことが重要です。

「会社の業績」の見方を株初心者にやさしく解説! 「売上」「利益」が順調に伸びているかチェックして 株を買ってもいい「儲かる会社」かどうかを見抜け! - 株初心者向け!株式投資のはじめ方

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株を買うときに役に立つ「会社の業績」の見方をわかりやすく解説!株で儲けるためには“いい会社”の株を買うことが大切です。そんな“いい会社”かどうかを見抜く方法の1つが、「会社の業績」をチェックすること。「会社の業績」を読み解くなんて、なんだか難しそうだし、面倒くさそうだなと思っていませんか? でもコツさえつかめば、「会社の業績」の数字はどんどん読めるようになってきます!そこで今回は“いい会社”かどうかを見抜くための「会社の業績」の見方をわかりやすく解説します!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.