投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ファンダメンタルズ指標 主要な指標とその説明(英語表記つき)

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:ファンダメンタルズ指標をまとめます。海外株式への投資を想定し、英語表記・日本語表記を併記します。

上場企業7割強が増益 9月中間

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:2017年9月中間決算について、時事通信社の集計によると、上場企業の7割強が増益を確保。鉄鋼や化学など素材産業の業績が改善し、大手商社はそろって大幅増益を達成した。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 決算発表
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6260702
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/11/10 19:36:28 投稿番号: 28513

カルト的な人気となった「スクエア」が、11月8日に 注目の決算を発表! クレジットカード決済を扱う フィンテック企業が、この1年で急成長した理由とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スクエア(ティッカーシンボル:SQ)は、ツイッターの共同創業者のひとり、ジャック・ドーシーが2009年に立ち上げた企業です。スクエアは、いわゆるフィンテック企業に分類されます。当初はスマホやタブレットでクレジットカードの情報を読み取るための小さくて四角い、読み取り装置を作っていました。スクエアが2015年11月に新規株式公開(IPO)されたとき、大企業のひしめく決済システムの業界への参入ということで、懐疑的な投資家が多く、初値レンジ11~13ドルを大幅に下回る9ドルで値決めされました。そして、上場後もしばらく鳴かず飛ばずの状況が続きました。

アマゾン、アルファベット(グーグル)、インテル、 マイクロソフトが、こぞって好決算を発表して高騰! 米国の株高は、これら好業績なハイテク株のおかげ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週10月27日(金)、ナスダック総合株価指数が+2.2%急伸しました。これは去年の大統領選挙投票日前日の11月7日以来の上げ幅です。上げの中心は大型ハイテク株でした。ナスダックが急伸した理由は、木曜日に発表されたアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)、アルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)、マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)、インテル(ティッカーシンボル:INTC)の決算が、どれも予想を上回ったことによります。今回の決算発表シーズンでは、これまでにS&P500指数採用銘柄のうち55%が決算発表を終えています。そのうち、普段より多い76%の企業が、事前予想より高いEPSを発表しました。

ゼネラル・エレクトリック(GE)は、業績悪化で 減配リスクが顕在化! 「凡ミス」による利益半減が 原因なので、来年早々に復活する可能性は高い!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週発表されたゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)の決算は、「ハッ!」と息を呑むほど悪い内容でした。特に営業キャッシュフローが配当を払い出すのに必要な金額を下回っていたため、減配リスクが顕在化しました。ゼネラル・エレクトリックの営業キャッシュフローが悪化した理由は二つあります。まず、発電タービン部門から上がってくる営業キャッシュフローが、たいへん貧弱でした。次に、ゼネラル・エレクトリックは金融サービス事業であるGEキャピタルを処分しましたが、そのGEキャピタルからゼネラル・エレクトリックに対して支払われるべき配当が、今回は見送られました。

衆議院総選挙の与党圧勝観測から、日経平均株価は 21年ぶりの高値水準に! そろそろ訪れる調整局面は 「深押し」リスクも少なく、絶好の買いチャンスか! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に相変わらず非常に強い相場が続いています。10月16日の米国株式市場で、NYダウは続伸、前週末比85.24ドル高の2万2956.96ドルと、3日ぶりに過去最高値を更新しました。ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しました。10月16日の日経平均株価は10日続伸し、前週末比100.38円高の2万1255.56円でした。これは1996年11月27日以来、約21年ぶりの高値水準です。衆院選で与党の優勢が伝わり、政権の安定期待を背景に、外国人投資家が積極的に日本株を買っている結果です。

200万円⇒1億5000万円まで増やした投資術を公開! 「株主優待目当て」で上がる株価を利用した売買や、 第1四半期や中間決算の「進捗率」に注目して稼げ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:元手の200万円を1億5000万円まで増やした個人投資家は、どんな基準で銘柄を選んでいるのか⁉発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「普通の会社員や主婦が成功した株で億を作るマル秘ワザ!」で、8人の個人投資家にそれぞれの勝ちワザを聞いている。彼らは元々はごく普通の会社員や主婦だが、仕事や家事の合間にコツコツ投資の研究をし、大成功をつかみ取っているのだ。今回は、そんな8人の中の一人である、個人投資家・Bコミさんの記事を抜粋して紹介。Bコミさんは、ディーラーやファンドマネージャーを経験し、幅広い投資テクニックで、20年の間に200万円の資金を1億5000万円まで増やした。ここでは、Bコミさんの売買タイミングの決め方や、注目銘柄を紹介するので、投資の参考にしてみてほしい。

任天堂やソニ―、日立、ドコモなど、人気の20銘柄の 第1四半期の決算をズバリ判定! 滑り出し好調で、 今期、上方修正が濃厚な「儲かる銘柄」を狙おう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期の決算発表を分析! 日立製作所やソニーなど人気の株20銘柄は「買い」か?8月21日(月)発売のダイヤモンド・ザイ10月号「第1四半期速報! 上方修正必死の好スタート株13」特集では、第1四半期決算での「好調な滑り出し」から中間決算での上方修正が狙える株の見つけ方と、「買い」の13銘柄を紹介している。今回はその中から、企業の第1四半期の業績の傾向と、日立製作所やソニーなど人気の20銘柄の第1四半期の通信簿をピックアップ!

今年のマザーズ市場は、暴落してもすぐに反発する? 東証マザーズ指数先物を使った「売りヘッジ」が、 大幅安のマザーズ市場を回復させるエネルギーに! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東証マザーズ指数がこのところ冴えません。6月27日のザラバ高値1204.80ポイントが今のところ指数のピーク。7月末までは1150ポイント辺りを維持していたのですが、8月に入った途端、今年最大の下落率「3.95%安」を記録。そして週初14日(月)に、安値で1053ポイントまで下げました。とはいえ、今年の東証マザーズ指数は上昇しています。年初からで見れば、8月14日時点で13.23%上昇。日経平均株価の2.21%、TOPIXの5.30%をアウトパフォームしているため、好調な市場といえます。

米国の老舗百貨店「メーシーズ」の決算発表に注目! アマゾンに押されて低迷中だが、ネット戦略の強化と コア顧客拡大に成功すれば、業績挽回は十分に可能! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:メーシーズ(ティカーシンボル:M)は米国を代表する老舗百貨店です。毎年、アメリカ人の2人に1人がメーシーズでショッピングします。しかし、同社は近年、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)から激しい攻勢に晒されており、顧客を奪われています。このように苦戦を強いられているメーシーズですが、同社の業績は再起不能なほど悪化していません。次に、2016年の投下資本利益率(ROIC)は18.5%で、百貨店のグループの中では最高でした。

トランザクション(7818)、株主優待の情報を開示! 100株(最低投資金額11万7000円)以上の保有で、 年2回デザイン雑貨やヘルスケア用品などがもらえる! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランザクションが、2017年8月末時点の株主に対して実施する株主優待の情報を開示した。トランザクションの株主優待は、8月、2月の年2回実施されており、内容は「100株(1株)以上保有する株主を対象に、保有株数に応じて自社製品を贈呈」となっている。贈呈される自社製品は毎回少しずつ変更されているが、2017年8月期の優待内容はマスクやポータブルシェーバー、折り畳みバッグなど、多彩なラインアップとなっている。(トランザクション、コード:7818、市場:東証1部)

バフェットのコア銘柄である「ウェルズファーゴ」に 「架空口座スキャンダル」から立ち直る兆しが? 割安のまま放置された大手銀行株に買い場到来か! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:(ティッカーシンボル:WFC)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く大手銀行ですが、今、買い場が到来していると考えられます。ウォーレン・バフェットは、「アメリカを代表するブランド」に投資することを好みます。そんなわけで、バフェットの投資会社バークシャー・ハサウェイは、ウェルズファーゴの発行済み株式数の9.6%に相当する4.8億株を保有し、筆頭株主となっています。ウェルズファーゴは、昔から生産性が高いことで知られてきました。行員に厳しいノルマを課し、成績の悪い行員は下から順番に解雇されます。

ペプシコーラで有名な飲料企業「ペプシコ」のは、 安定した業績が評価されながらも配当性向は低め? 今週スタートする米国の決算発表シーズンに要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国では、いよいよ今週から2017年第2四半期の決算発表シーズンに突入します。そのトップバッターは7月11日(火)の寄付き前に決算発表が予定されている、ペプシコ(ティッカーシンボル:PEP)です。コンセンサス予想は、EPSが1ドル40セント、売上高が155.8億ドルです。ペプシコは、1919年に創業された清涼飲料会社です。同社はコカコーラ(ティッカーシンボル:KO)の良きライバルで、北米の清涼飲料市場のマーケットシェアではペプシコがコカコーラを上回っています。

ダイヤモンド・ザイ8月号は「株で1億円を作る!」 勝ち組投資家の必勝法、「10倍株」の見つけ方や じっくり「大化けが狙える銘柄」を大特集します! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月21日(水)発売の『ダイヤモンド・ザイ8月号』では、「株で1億円を作る!」をテーマに、じっくり大化けが狙える銘柄など、億を作るためのさまざまな方法をご紹介! 会社員や主婦で億を作った、個人投資家たちの必勝法も伝授します!

配当が前年の1.5倍以上に増えた増配銘柄に絞って、 「配当利回りが高い銘柄ランキング」を作成! 「増配+高配当」のおすすめ銘柄ベスト10とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:初の純利益1兆円超えで2016年度決算の話題をさらったソフトバンクをはじめ、増収・増益・増配と好調ぶりが伝えられた3月期企業の決算。この結果をどう評価すればいいか。最新決算へのストラテジストの評価とともに、業績好調の証と言える増配予想をもとにした「増配×高利回り」銘柄ランキングを公開する!

MonotaRO、株主優待の内容を変更!100株で 3000円相当の商品をもらえたが、今後は半年以上の 保有が条件になり、保有期間に応じて内容が豪華に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:MonotaROが株主優待の内容を変更すると発表した。株主優待の変更は2017年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。MonotaROの株主優待は、毎年12月末時点の株主に対して実施されており、従来「100株(1単元)以上保有する株主に、3000円相当の自社プライベートブランド商品を贈呈」という内容だった。今後も100株以上の保有で自社プライベートブランド商品がもらえる点に変更はないが、継続保有期間が半年以上であることも優待を受ける条件となる。さらに、継続保有期間に応じて、贈呈される商品がグレードアップする。(MonotaRO、コード:3064、市場:東証1部)

ZOZOTOWNで買い物するよりスタートトゥディの株 を買え!2018年3月期に2ケタ成長で「過去最高益」 の達成を狙う「本当に強い企業」2銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月決算企業の業績発表が出そろったが、総じて日本企業の2017年3月期は好調だった。もっとも、肝心なのは「その企業の業績が将来どうなるか」で、すでに株式市場は2018年3月期の業績見通しに熱い視線を注いでいる。果たして、これから選ぶべきはどのような銘柄なのか? ダイヤモンド・ザイ7月号では、「最新決算でわかった本当に強い株」を特集。企業側が発表した期初予想とその傾向などを手掛かりに今こそ買いの「本当に強い株」を18銘柄選抜した。今回はそのなかから抜粋して、「高値更新株を発掘する4つのポイント」と「最高益更新株」を2銘柄ピックアップして紹介する。

ダイヤモンド・ザイ7月号は「5万円株」を大特集! 「高配当」「値上がり益」「株主優待」狙いで上がる 儲かりやすくて損しにくい5万円株を61銘柄紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月20日(土)発売の『ダイヤモンド・ザイ7月号』は、儲けやすくて損しにくい「5万円株」を大特集! 高配当や株主優待、さらに大化けも狙える5万円株を61銘柄厳選して紹介します。ゴールデンウィーク明けから日経平均株価は急騰しましたが、米FOMCの利上げや北朝鮮情勢など、先行きに不透明感が漂う中で、2万円目前で足踏み状態が続いています。そこで『ダイヤモンド・ザイ7月号』は、不透明感がある株式市場のなかでも儲けやすく損しにくい少額株に注目した「5万円株」を大特集! 「高配当」「値上がり益」「株主優待」に着目してダイヤモンド・ザイが厳選した、「上がる5万円株」61銘柄は必見です。

PCデポ 過去7年の決算に誤り

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:ピーシーデポコーポレーションは2017年3月期の連結決算と、過去7年間の決算の訂正を発表。業績は低迷、2ケタの減収減益。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 決算発表
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6239917
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/05/16 11:44:16 投稿番号: 21426

東芝売却 米WD差し止め請求

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:東芝のメモリー事業の売却をめぐり、米WDは売却差し止めの仲裁を申し立てた。仲裁判断の内容によっては再建計画の見直しも。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 東芝が決算発表
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6239777
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/05/15 09:12:55 投稿番号: 21360

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.