投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

来週(12/2~6)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3200~2万3800円! こう着が続く日経平均株価 よりも、上値抵抗線を突破したマザーズ指数に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/2~6)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月2日〜6日)の日経平均株価は、ひきつづき底堅さが見られる中で、次第に年末に向けての株価上昇、いわゆる「年末高」への意識が高まる展開が期待されます。トランプ大統領が「香港人権・民主主義法」に署名したことに対して中国は厳重に抗議したものの、中国は国内景気の下支えに向けて米国との貿易合意を望んでいるとも伝えられており、米中貿易交渉の進展期待は引き続き株価の下支えとなるでしょう。また、為替市場での円安基調も株価の下支え要因として意識されます。

【12月の株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】 利回り3.5%超の“金券”銘柄や定番のビール大手3社、 外食優待のすかいらーくなど、人気の優待株を紹介! - 株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年12月の株主優待のおすすめ銘柄の最新の優待情報を更新! 3月、9月に次いで株主優待を実施する企業が多い12月。なかでも定番と言えるのが、キリンホールディングス(2503)をはじめとするビール大手3社や、すかいらーくホールディングス(3197)、日本マクドナルドホールディングス(2702)などの外食系銘柄だ。また、配当+株主優待利回りが3%台後半を超える、高利回りの「QUOカード」優待銘柄も充実している。さらに、今期からの新設銘柄も複数ある。利回りも確認しながら、お気に入りの株主優待銘柄を見つけよう!

来週(11/25~29)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2900~2万3500円! 底堅い値動きが続くなか、 感謝祭明けから始まる「クリスマス商戦」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/25~11/29)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月25日〜29日)の日経平均株価も米中通商協議を巡る観測報道に振らされやすい状況が続くと思われるので、警戒が必要です。しかし、今週の急落後の急回復を見ると、短期筋のショートカバーのみではなく、これまでの弱気なセンチメントに対する巻き戻しが継続していると思われます。つまり、大きく調整する局面においては買い戻したいという思惑が、依然として強いと思われます。

来週(11/18~22)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万35000円! 決算への過剰反応の修正や 足元で下落している「中小型株」の見直しに期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/18~22)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月18日~22日)の日経平均株価は、2万3000円を下値支持線とした底堅い相場展開が意識されそうです。ただし、米中貿易交渉の行方に神経質になっているほか、香港デモの影響が金融市場へ影響を与える可能性が警戒されており、これらに関する報道には敏感に反応しやすいでしょう。

来週(11/11~15)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 底堅い動きで押し目買いの 意欲も強く、物色対象は大型株⇒中小型株にシフトか - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11月11日~15日)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月11日~15日)の日経平均株価も底堅い展開が予想されます。現在、日経平均株価は強いリバウンド基調が継続しており、短期的には過熱警戒感が意識されています。しかし、先高期待が高まる中で新規買いのポジションが積み上がっているわけではなく、これまでの弱気のセンチメントによる巻き戻しの流れが中心であると考えられますので、押し目での買い意欲は強いでしょう。

来週(11/5~8)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500~2万3000円! 決算発表がピークを迎えて “模様眺めムード”が強まることで相場は膠着状態に! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/5〜8)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月5日〜8日)の日経平均株価は、値動きの少ない相場展開が見込まれます。来週・再来週には決算発表がピークを迎えるので、決算内容を見極めたいとする“模様眺めムード”が強まると思われます。決算を手掛かりとした個別の物色が中心になると考えられますが、出来高が膨らみづらい状況が続いていることもあり、決算を手掛かりとしても一部の人気銘柄に資金が集中しやすいでしょう。

3大メガバンク株は“配当狙いの長期投資”なら「買い」! 3行とも配当利回り4.5%超、PBRは0.4倍台と割安、 9年以上も減配していないので、安定配当は継続可能! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回り4.5%超の「3大メガバンク」株は“買い”か!? 「三菱UFJFG(8306)」「三井住友FG(8316)」「みずほFG(8411)」の3大メガバンクは高配当で、PBR0.4倍台と割安だが、はたして今は“買い時”なのかどうかをアナリストが判定! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、人気銘柄や金融商品の買い時を探る特集「気になる銘柄&商品……今から買って大丈夫?」を掲載。人気で株価が上がりすぎている銘柄、あるいは叩き売られて安くなりすぎている銘柄などを対象に、アナリストがわかりやすく判定。今回は3大メガバンクの判定結果を紹介!

ゆうちょ銀行(7182)の株は「今は買っちゃダメ」? ROE2.4%と収益性が低く、新たな収益源にも期待薄 で、アナリストは「当分、株価は上がらない」と判定! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ゆうちょ銀行(7182)」の株価は上がるのか? 2019年8月に947円の上場来安値を記録して、上場直後の2015年11月の高値(1823円)から約半値まで株価が下落した「ゆうちょ銀行」に対するアナリストの評価は? 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、人気銘柄や金融商品の買い時を探る特集「気になる銘柄&商品……今から買って大丈夫?」を掲載。人気で価格が上がりすぎている、あるいは叩き売られて安くなりすぎている株などを対象に、アナリストが「今買ってOK!」「今買っちゃダメ!」「時期を見て買え!」などと、わかりやすく判定している。今回はその中から、ゆうちょ銀行の判定結果を紹介!

オリエンタルランド(4661)は買い時か? 株価が5年で 3倍、PER80倍で割高圏のオリエンタルランドだが、 アナリストの評価が「長期で見れば買い」の理由とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:オリエンタルランド(4661)の株は今買ってもいい⁉ それとも、やめるべき⁉ アナリストの診断結果を発表! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、人気銘柄や金融商品の買い時を探る特集「気になる銘柄&商品……今から買って大丈夫?」を掲載。人気で株価が上がりすぎている銘柄、あるいは叩き売られて株価が安くなりすぎている銘柄などを対象に、アナリストが「今買ってOK!」「今買っちゃダメ!」「時期を見て買え!」などと、わかりやすく診断している。今回はその中から、大人気株の筆頭であるオリエンタルランドの診断結果を抜粋!

【11月の株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】 高利回りで人気のヴィレッジヴァンガードや、「QUO カード」がもらえるタマホームなどお得な優待が充実! - 株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年11月の株主優待の内容と最新情報を更新! 株主優待+配当利回り10%超のヴィレッジヴァンガード(2796)や、7%近くあるサムティ(3244)など、定番の高利回り株主優待銘柄を詳しく紹介! また、タマホーム(1419)やファーストコーポレーション(1430)など、「QUOカード」がもらえて配当+株主優待利回りが高い金券系の株主優待銘柄の一覧も掲載! 2019年11月に株主優待を実施する定番&人気&注目の銘柄を見逃すな!

株主優待を「廃止・改悪」する銘柄を見極める“3つの 特徴”に注意!「株主優待の新設直後・優待品がQUOカ ード・業績悪化に伴う減配や無配」の3点には要警戒! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大人気の「株主優待株」だが、株主優待が廃止・改悪されるリスクは避けたいところ。そこで「株主優待」を廃止・改悪しやすい銘柄の見極め方を伝授! 株主優待を実施する企業は増えてきているが、一方で株主優待を廃止、改悪した銘柄も過去3年で153銘柄もある。 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は「ずーっともらえる【株主優待】130」! 今回はその中から、過去3年間に廃止・改悪した153銘柄を徹底分析してわかった「株主優待の廃止・改悪を避けるための3つの注意点」を紹介する!

投資額5万円以下の「少額で買えるおすすめ株主優待株」 ベスト3を紹介!「おこめ券」がもらえて、配当+優待 利回りが5.6%超のタカラレーベンなどがランクイン! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:桐谷さんなどの株主優待の達人が選んだ“注目の株主優待株”のうち、「少額で買える株主優待株」のランキングをベスト3まで発表! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は「ずーっともらえる【株主優待】130」! 廃止・改悪のリスクが低く、長期保有しやすい株主優待株を紹介するほか、株主優待名人の桐谷さんや、株主優待ブロガーとして人気の個人投資家、さらにザイ編集部がおすすめする株主優待株も紹介している。今回はその中から、桐谷さんなどがおすすめする株主優待株のうち、「少額で買える株主優待株」のランキングに入った上位3銘柄ピックアップ!

株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を 紹介! 優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ 優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:桐谷さんなどの株主優待の達人が選んだ“注目の株主優待株”のうち、「株主優待+配当利回り」が高い株のランキングをベスト3まで発表! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は「ずーっともらえる【株主優待】130」! 廃止・改悪のリスクが低く、長期保有しやすい株主優待株を紹介するほか、株主優待名人の桐谷さんや、株主優待ブロガーとして人気の個人投資家、さらにザイ編集部がおすすめする株主優待株も紹介している。今回はその中から、桐谷さんなどがおすすめする株主優待株のうち、「株主優待+配当利回りが高い株」のランキングに入った上位3銘柄をピックアップ!

「10年続く株主優待株」の“3つのメリット”を紹介! 優待株の長期保有は「投資額を回収しやすい・お得度が 上がる・株価が下がりにくい」など、いいこと尽くし! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待品だけでない「株主優待株」の3つメリットを紹介! お金を増やすのには「株主優待株」がぴったり。安心して長期保有ができる「10年続く株主優待株」なら「投資額を回収しやすい」「長期保有優遇制度でお得度アップ」「株価が下がりやすい」などのメリットがある。発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は、「ずーっともらえる【株主優待】130」! 今回は、その中から「ずーっと持てる優待株の3つのイイコト!」を抜粋して公開する。

来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジは 2万2500~2万3000円! 約850社が中間決算を発表 する予定なので、“出遅れ銘柄”を見直す動きに注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月28日~11月1日)は、米国では連邦公開市場委員会(FOMC)、国内では日銀の金融政策決定会合が予定されているので、金融政策に市場の関心が集まるでしょう。FOMCは、10月会合で今年3度目となる0.25ポイントの利下げが予想されています。

「株主優待」投資のメリット・デメリット、銘柄選びの 注意点をベテラン投資家5人が伝授! 投資歴20年前後 の“優待投資の達人”が集結した座談会の内容を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資歴が20年前後に及ぶ“ベテラン優待投資家”の5人が座談会を開催! 5人の達人が語る「株主優待株の魅力」や「銘柄選びのコツ」を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は、「ずーっともらえる【株主優待】130」! 株主優待株メインで投資する個人投資家の座談会や、株主優待の廃止・改悪を避けるための注意点、長期保有向きの株主優待株のランキングなどを紹介している。今回は、その中から個人投資家の座談会を抜粋! 経験に基づくアドバイスや貴重な意見が満載なので、株主優待株が気になる人は参考に!

「10年続く株主優待株」ランキングのベスト3を発表! 長期保有しても安心な優待株1位の「ゴールドウイン」、 2位の「栗田工業」、3位の「マツモトキヨシ」を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:長期的に安定した株主優待が受け取れる「10年続く優待株」ランキングを発表! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、優待品の内容、増配・増益の有無、自己資本比率や時価総額など「7つのチェック項目」を基に採点して、独自の「10年続く優待株」ランキングを作成! 今回はベスト3に輝いた「ゴールドウイン(8111)」「栗田工業(6370)」「マツモトキヨシホールディングス(3088)」の3銘柄を紹介する!

長期投資ができる「10年続く株主優待株」を見極める 方法を伝授!「優待品の内容」や「増配・増益の有無」 「時価総額」を確認して優良な優待株を見つけ出せ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待株を選ぶ新基準「10年続く株主優待株」の発掘方法を紹介! 安心して長期保有できる「株主優待株」を探すなら、ダイヤモンド・ザイが独自に開発した「10年続く株主優待株」のチェック項目&採点基準を活用しよう!

来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2000~2万3000円! 当面は2万2500円付近で 値固めをしつつ、さらなる「上値追い」の可能性も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 米中通商問題については、まだ第1段階であり、中国側は詳細を詰めるためのさらなる協議を今月末にも持ちたい意向を示すなど、問題が解決した訳ではありませんが、これまでの過度な警戒感は和らいでいます。そんな中、来週(10月21日〜25日)の日経平均株価は、年初来高値を更新したことにより、いったんは達成感が意識され、2万2500円での値固めの動きとなりそうです。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.