投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


【5月の株主優待の内容&利回りを調査(2020年版)】 地域特産品で人気の東武住販や高利回りのハニーズ、 QUOカード優待のタマホームなど注目銘柄が勢揃い! - 株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年5月のおすすめの株主優待を紹介! 5月の株主優待は30銘柄超と少なめだが、地域特産品が人気の東武住販(3297)や、最近注目の「プレミアム優待倶楽部」の株主優待を実施しているライク(2462)、高利回りな「QUOカード」優待銘柄のタマホーム(1419)など、少数精鋭の魅力的な銘柄が揃っている。また、100円ショップのキャンドゥ(2698)など、今回から株主優待を一部変更・拡充した銘柄も複数ある。まずは最新情報をしっかりチェックして、欲しい優待銘柄を見極めよう!

来週(4/27~5/1)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9000~1万9800円! GWを控えて底堅い値動き となる見通しだが、連休前に「意外高」となる可能性も - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/27〜5/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は4月29日が祝日で休場となるほか、実質的に、ゴールデンウイークに突入します。東京都が企業に対して、4月25日から5月9日までの12日間を連続休暇にするよう促していることもあり、商いは膨らみづらいと考えられます。多くの投資家は積極的にポジションを取ることを避けると思われるので、結果的に売りを仕掛けてくる流れにもなりづらく、底堅い値動きになるでしょう。ただし、ゴールデンウイーク中に、新型コロナウイルスの感染拡大がピークアウトするとの思惑から、先回り的な買いが集まり、相場が予想以上に高くなる「意外高」となる可能性も意識しておきましょう。

“コロナ・ショック”でも株価の下落率が小さく、回復力 も強かった「安定配当株」とは? 守りに強く、配当利 回りも高い情報通信セクターの「日本電信電話」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“コロナ・ショック”でも株価の下落率が小さかった「安定配当株」とは? 業種別に値動きを比較して検証! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載しているので、銘柄選びの参考になるはずだ。今回は特集の中から、業種別に見た「コロナ・ショック」時の株価の“下落率”と、その後の“回復力”を示す一覧表を抜粋! 相場が急落している中で「高配当株」を狙うときは、減配したり、赤字転落から無配になったりするリスクをはらんだ銘柄は、極力避けたい。業種別の値動きの推移を見れば、安定感のある業種やテーマが見えてくるので、ぜひチェックを!

「連続増配株」の株価は“コロナ・ショック”でどう動いた のか? 30年連続増配の花王、21年連続増配の小林製 薬など、歴史的暴落でも強かった連続増配株を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:花王(4452)や小林製薬(4967)など、「連続増配株」5銘柄の「コロナ・ショック」時の株価の“下落率”や“回復力”を調査! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載している。今回は特集の中から、投資家からの注目度が高い「連続増配株」の株価の“下落率”や“回復力”にスポットを当てたコラムを抜粋! 銘柄選びの参考にしてほしい。

株価下落に強い「高配当株」の3銘柄を紹介! 外出自 粛でも影響を受けにくいセブン&アイHD、リーマン・ ショック後も増収だったセンコーグループなどに注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アナリストが注目する「高配当株」は、セブン&アイ・ホールディングス(3382)とセンコーグループホールディングス(9069)、ライト工業(1926)の3銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載しているので、銘柄選びに役立つはずだ。今回は特集の中から、底値が堅い「高配当株」ランキングに入った銘柄のうち、アナリストなどの相場のプロが「特に有望」と太鼓判を押す銘柄を抜粋してお届け! ダイヤモンド・ザイ6月号の誌面では15銘柄紹介しているが、ここではそのうちの3銘柄を取り上げる!

ダイヤモンド・ザイ6月号は急落に強い【高配当株】を 大特集! コロナ・ショックから反発必至の株主優待株、 人気投資信託の急落防御力など、今必見の記事を満載 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月21日発売のダイヤモンド・ザイ6月号は、「【大特集】全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 「底値が堅く今がチャンスの株主優待株」など、この時期に読みたい特集が満載です! 株式市場は「コロナ・ショック」の影響から、先行きが読みづらい状況が続いています。巻頭特集は「大暴落を見抜いた人に聞いた! ここからの投資戦略!」。ひふみ投信の藤野英人さんらが今度の投資戦略を詳しく解説! 大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面になっても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を厳選! ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出しました! そのほか、特集「底値が堅く今がチャンスの株主優待株」では、株主優待名人・桐谷広人さんが「コロナ・ショック」後の1カ月間に買った67銘柄を独占公開! さらに「人気投資信託TOP50の急落防御力」など、ダイヤモンド・ザイでしか読めない注目記事が盛りだくさんです!

急落相場でも底値が堅い「高配当株ランキング」ベスト5 を発表! リーマン・ショック直後でも増益達成のKDDI など、収益力や財務基盤が盤石な5銘柄がそろい踏み! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回りが高いだけでなく、相場の急落局面にも強い「底値が堅い【高配当株】ランキング」ベスト5を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を紹介。ひと口に「高配当株」といっても、今は株価が暴落したせいで「高配当株」が急増し、玉石混交の状態になっている。特集では、買っていい「高配当株」と、避けるべき「高配当株」も解説しているので、銘柄選びのヒントになるはずだ。今回は特集の中から、ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出した、「底値が堅い【高配当株】ベスト70」の上位5位までを抜粋! 業績に安定感があり、ある程度安心して保有できる銘柄ばかりなので、ぜひチェックを!

「高配当株」を選ぶときに知っておきたい“新常識”を 解説! コロナ・ショックで急増している「高配当株」 に投資するなら「利回り+α」がある銘柄を選ぼう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」で急増している「高配当株」の中でも、“買っていい銘柄”の見極め方をアナリストが解説! 4月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、今後再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を113銘柄紹介。ひと口に「高配当株」といっても、今は株価が暴落したせいで「高配当株」が急増し、玉石混交の状態になっている。特集では、買っていい「高配当株」と、避けるべき「高配当株」も解説しているので、投資先選びのヒントになるはずだ。今回は特集の中から、急落に強い「高配当株」の選び方を、Q&A方式で紹介した記事を抜粋。アナリストなどの相場のプロが、初心者にもわかりやすく解説しているので、ぜひチェックしてほしい!

来週(4/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9500~2万1500円! 米国の「経済活動再開」の 流れや、アマゾンなどのハイテク株の株価上昇に期待 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/20〜24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 最近の日経平均株価は、値動きの少ない“こう着感”が強い相場展開ながら少しずつに水準を切り上げてきており、来週(4月20日〜24日)の日経平均株価も、その流れが継続する見通しです。米国ではトランプ米大統領が、経済活動再開に向けた連邦政府のガイドラインの概要を発表しました。感染拡大による景気悪化への警戒から、出口戦略へ向けた流れにシフトしてきたと言えます。

来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 1万8500~2万500円! 個人投資家の「押し目買い」 意欲が高まる中、低迷していた「直近IPO銘柄」に注目 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週の株式市場ですが、出来高が大きく膨らむ展開は期待しづらく、先物に絡んだインデックス売買の影響を受けやすい状況が続きそうです。ただ、薄商いの中では、日銀のETF買い入れのインパクトが大きくなりますので、底堅さが意識されやすいでしょう。また、3月以降、多くの企業がIPOを取りやめました。その影響で行き場の失った資金のシフト先として、「直近IPO銘柄」を見直す流れが強まりやすいでしょう。

米国株を買うなら「消費安定株」や「ヘルスケア株」 が狙い目! 「クラフト・ハインツ」など、ロックダウ ンでも業績が落ちない“ディフェンシブ”な銘柄を紹介 - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週金曜日に発表された非農業部門雇用者数は、予想より大幅に悪い-70.1万人でした。失業率も4.4%にジャンプしています。今回の統計は、ロックダウン(外出禁止令)が出る前の3月12日までしか反映されていません。したがって、来月の数字はさらに悪くなることが予想されます。ニューヨークは最初にロックダウンに入った都市であり、感染者数が多く、また商業の中心地であるため、その情勢を全米が息を詰めて見守っています。今後のアメリカ全体の行方を占う「先行指標」になっているわけです。ロックダウンが早期に切り上げられるかどうかを別にしても、もうある程度経済にはダメージが出てしまったと考えることも出来ます。

来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6800~1万8200円! 二番底が警戒される中、 「マスク」「医療設備」「テレワーク」などの物色が継続! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(4月6日〜10日)の日経平均株価についても、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、特に東京都の感染者数が増えていることから、非常事態宣言の発動や、それに続くロックダウンが警戒されています。日経平均株価は、今週の値下がりによって再び下落への警戒感が高まってきていることもあり、二番底を探る動きが意識されるでしょう。一方で、3月半ばに見られたパニック的な乱高下については、その原因のひとつとなっていたAIアルゴリズムによる機械的な売買は一巡したようです。

来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジは、 1万7500~2万500円! “ロックダウン”が実行されて 東京が封鎖されれば、株価は二番底を目指す展開も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月30日〜4月3日)の株式相場については、慎重な見方が大勢のようです。3月27日が3月決算企業の権利付き最終日なので、配当落ち分を先物でカバーする“配当再投資”による需給が、27日から週明けの30日辺りで終了します。期末にともなうGPIFの買いが一部で見られそうですが、今週のような強い押し上げ要因にはなりづらいでしょう。さらに、この週末に感染者が爆発的に増えるようだと、週明けの波乱展開が警戒されます。

【4月の株主優待の内容&利回りを調査(2020年版)】 人気の伊藤園優先株やヤーマン、正栄食品工業、今期 から優待拡充のギフトなど、注目の銘柄を一挙紹介! - 株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年4月の株主優待の中で、配当+株主優待利回りが高い銘柄や、今回から株主優待を新設・拡充する銘柄の最新情報を紹介! 4月の株主優待は、約30銘柄と1年で最も少ない。しかし、普通株と組み合わせれば「優待2個取り」もできる伊藤園優先株式(25935)や、高利回りのヤーマン(6630)、ナッツやチョコをたっぷりもらえる正栄食品工業(8079)など、見逃せない銘柄揃いだ。また、横浜家系ラーメン「町田商店」などを展開するギフト(9279)が、株式分割に伴い、今回から株主優待を実質拡充するといったニュースもある。値動きの荒い相場が続いているので、十分に注意しつつ、株主優待投資を楽しもう!

3月の「プレミアム優待倶楽部」利回りランキング! 優待+配当利回り7%超のエアトリなど、3月に権利が 確定する「プレミアム優待倶楽部」の13社を徹底比較! - 株主優待情報[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2020年3月版】「プレミアム優待倶楽部」の利回りランキング! 株主優待で「プレミアム優待倶楽部」のポイントがもらえる「3月の株主優待株」13銘柄の株主優待利回りを比較して、おすすめ銘柄を紹介!「プレミアム優待倶楽部」とは、株主優待で付与されたポイントを食品や電化製品、旅行・各種体験など、2000点以上の魅力的な商品と交換できるサービスで、ここ数年で導入する企業が急増中のサービス。ただし、企業ごとに株価や保有株数によるポイント付与条件が異なるので、どの銘柄を保有すればもっともお得なのかがわかりづらい。そこで今回は、3月末に株主優待を実施する「プレミアム優待倶楽部」を導入している13銘柄の利回りを算出してランキングで紹介!

来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 1万5000~1万8500円! 日銀やGPIFのTOPIX買い により、日経平均株価よりTOPIXのほうが強い流れに - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月23日~27日)の日本市場ですが、欧米市場では外出禁止令の広がりが見られており、世界の経済がストップする格好となりますので、景気後退懸念が一段と警戒されやすいところです。一方で、GPIFや日銀のETFによるTOPIX買いが見られており、これによりNT倍率(日経平均株価÷TOPIX)が急低下しています。

来週(3/16~19)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6000~2万円! 波乱相場が続く中、FOMCや日銀 の金融政策決定会合など、日米の金融政策に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/16~19)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月16日~19日)も引き続き波乱の相場展開が警戒される中、17日~18日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)と、19日に開催される日銀の金融政策決定会合に関心が集まるでしょう。FOMCでは、3月3日に0.5ポイントの緊急利下げが実施されましたが、今回のFOMC前後にも1.0ポイントの追加利下げが予想されています。また、日銀の金融政策決定会合では、現在約6兆円としているETFの年間保有残高増のターゲットを引き上げると予想されています。

来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万~2万2000円! 米国の渡航規制が警戒される中、 「アゼアス」「東京ドーム」などの決算内容に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月9日〜13日)の株式市場も不安定な状況が続きそうです。各国の中央銀行による協調姿勢は評価できますが、米国でカリフォルニア州が非常事態宣言を発動させるなど、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する各国の混乱により、積極的な売買は手控えられます。米国による日本からの渡航規制の動きも警戒されています。中国に次いで、米国でも日本に対する規制措置が取られるようだと、産業の依存度の高さから考えても日本経済への影響は計り知れないでしょう。

来週(3/2~6)の日経平均株価の予想レンジは、2万円 ~2万2000円! 新型コロナで「株価急落」が続く中、 米国の“雇用統計”や“スーパーチューズデー”に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/2〜6)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月2日~6日)の日経平均株価も、波乱含みの展開になりそうです。そのカギを握るのは、米国市場の動向でしょう。来週は、米国においてISM製造業景気指数やISM非製造業景気指数、雇用統計などの需要な経済指標の発表が予定されています。さらに、大統領選に向けた「スーパーチューズデー(予備選挙・党員集会)」が開かれる予定です。

【3月の株主優待の内容&利回りを調査(2020年版)】 ANA、KDDI、ヤマダ電機などの定番優待に加えて、 高利回りの「QUOカード」優待&新設する優待も紹介! - 株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年3月の株主優待の最新情報を紹介! 820銘柄を超える株主優待が実施される3月は、誰でも欲しい株主優待銘柄を見つけられる月でもある。ヤマダ電機(9831)やKDDI(9433)、ANAホールディングス(9202)、コロワイドグループのアトム(7412)など定番の人気銘柄に加えて、ブルドックソース(2804)など、今回から株主優待内容を拡充した銘柄も複数ある。また、配当+株主優待利回りが4%超の高利回り「QUOカード」優待株も豊富に揃う。さらに、今回から株主優待を新設した銘柄も見逃せない。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、業績や株価の動向にも気を配りつつ、年に1度の株主優待の「お祭り」をしっかり楽しもう!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.