Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 為替レート

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


株が最大7%引きで、しかも1株から買える! LINE証券の株のタイムセールに参戦してみた - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:LINEの証券会社が「株のタイムセール」!? / スマホで1株から、数百円で株が買える / 最短で口座開設申込み翌日から取引可能 / LINE Payから瞬時に入金可能! / 最大7%割引で株が買える「タイムセール」 / 第1回目の5銘柄は驚きの大型株ばかり! / タイムセール開始! 30分足らずで売切れの銘柄も / 約定したら、いきなり2190円の含み益…

日経平均株価が週足で「デッドクロス」を形成! 7〜9月まで調整が長引くリスクが高まった今は、 「高値を更新中」「信用需給が良好」の銘柄を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相変わらず、日米株式市場共に冴えない相場が続いています。4月2日の日経平均株価は、前週末比65.72円安の21388.58円と、3日ぶりに反落しました。小幅安でしたが、引け味は非常に悪かったです。なぜなら、一時2万1597.47円まで買われたのに、大引けにかけ失速し安値引けだったからです。確かに、日経平均株価は、3月26日の2万0347.49円を目先底にして、4月2日に2万1597.47円まで戻る場面がありました。しかしながら、その高値を付けた2日に、対面営業の証券マンや投資顧問の知り合いなど市場関係者にヒアリングしてみたところ、「個人信用客や投資顧問の客のうち積極的に売買する人はほぼ全員、満身創痍で余力無く、手の内もマインドもボロボロ」だということでした。

投資のプロが選ぶ、儲かるテーマ株15銘柄を紹介! 「半導体」「仮想通貨&AI」「想定為替レート」の 重要テーマから中長期的な上昇が狙える有望株は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資のプロが「買い」「強気」と評価する「3大注目テーマ」の有望株を、ドーンと15銘柄紹介!日経平均株価は再び2万円を突破したが、そうしたなかで今後も儲かる株を見つけるためには、話題性だけでなく業績に貢献している重要なテーマから銘柄を選ぶことが大切だ。そこで今回は、現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気株500の激辛診断」特集のなかから、プロが挙げてくれた注目テーマの有望株を15銘柄紹介しよう!

儲かる株が見つかる「3つのランキング」を紹介! 人気500銘柄から「利益が伸びる株」や「高配当株」 「3万円以下で買える株」の上位5銘柄を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気の500銘柄を徹底分析して、儲かる株が見つかる「3つのランキング」のベスト5を紹介!ダイヤモンド・ザイ5月号の特集「人気の株500激辛診断」では、人気株500銘柄を「来期の営業利益の伸び率が高い株」「配当利回りが高い株」「理論株価に比べて割安な株」など、注目すべき5つの視点でランキングを作成して掲載している。今回は特集記事から、3つのランキングをピックアップして、各ランキングのベスト5を紹介! 株初心者や少額投資家必見の3万円以下で買える株や2018年3月期の増益率が高い株、上値も狙える高配当株に注目だ!

円安で株価上昇が期待できる輸出&外需株ベスト40! 想定レートが110円以下、しかも本業の業績も好調で 業績の上ブレが見込める、プロも注目の3銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:円安が進むほど増益になり、株価上昇も期待できる「円安増益株」ベスト10を大公開! 海外売上高の比率が年々上がり続けている日本企業だが、業績予想を出す際に、想定為替レートを保守的(円高寄り)に設定する企業はとても多い。つまり、これらの企業では実際の為替レートが想定レートよりも円安になれば、予想より大きく上ブレた業績になる可能性が高いのだ。そこで今回は、円安が進むほど増益になりやすい「円安増益株」ベスト10を公開! さらに、投資のプロがおすすめする狙い目の銘柄を3つ紹介しよう!

個人投資家が11月末まで様子見すべき理由とは? 日本株の懸念材料は「想定と実際の為替レート」、 欧米製造業の景気回復は日本株にとってプラスだ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:10月3日に発表された日銀短観では企業の景気がよくないことが明らかになりました。最大の懸念は想定為替レートと足元の実際の為替レートとの差です。事業計画の前提となっている2016年度下期の想定為替レート(大企業・製造業)は1ドル=107.42円と足元の1ドル=101円アラウンドの実際の為替水準に比べると依然として大幅な円安水準を想定しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.