投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


じぶん銀行が住宅ローンの無料団信を拡充! 追加した「全疾病保障(180日以上入院)」は、 他社よりカバー範囲が広く、保障が充実! - 住宅ローンおすすめ比較[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:業界トップクラスの超低金利と手厚い保障内容の住宅ローンで知られる「じぶん銀行」。三菱UFJ銀行と「au」を運営するKDDIが共同で立ち上げたネット銀行だけに、高い信頼性と低金利に加えて、充実した保障内容を用意している。今回、新たに「金利上乗せなし(無料)」で、「全疾病保障(入院継続180日以上で残高0円)」の保障を追加した。では、実際にはどのくらいお得なのか、ザイ・オンラインが検証してみた。

疾病保障の団信が無料の住宅ローンはどう選ぶ? 「30代前半なら全疾病保障団信が最適」など、 年齢ごとのリスクに適した保障の選び方 - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの無料の団体信用生命(団信)に、「疾病保障」を上乗せするという動きが活発化しています。今回は、主な無料の団信の紹介と、年齢ごとのリスクに適合した最適な保障は何かを考えたいと思います。

働けないリスクに備えるベストな保険をチャートで チェック!「疾病保障付き団体信用保険」に入れる、 おすすめの住宅ローンと、借り換え時の注意点は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:あなたが病気やケガなどで長期間働けなくなったときに、助けてくれるベストな保険はどれか、チャートでチェック!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の特集「”働けない”を助ける保険!」では、一家の大黒柱の「死亡」や「入院」時以上に、大きなリスクと言われている「長期の自宅療養」で家計が窮地に陥るケースを回避するために知っておきたい制度や、役立つ保険、ケース別にどんな備えが必要か、専門家のアドバイスを掲載している。今回は、その中から「働けなくなるリスク」に自分で備えるとき、どんな保険を選ぶべきかがわかるチャートを紹介! また、最近注目されている「疾病保障付き団信」に、借り換えで加入するときの注意点や、オススメの銀行も挙げているので、参考にしてみてほしい。

借りている住宅ローンの金利引き下げに成功! 「過去最低」の変動金利相場を追い風にしよう - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:変動金利で最低金利を争っている、りそな銀行と住信SBIネット銀行を比較した、前回の続きです。すでに、両銀行の仮審査はクリアしており、そのまま借り換えてもいいのですが、今回は現在借りている銀行と金利交渉してみました。結果、変動金利を0.2%引き下げることに成功しました。銀行とどんなやり取りをしたか、銀行が行内でどんな判断をしているかを、つまびらかにしていきましょう。

住宅ローン「変動金利」は低下傾向! 借り換えるなら、どの銀行がお得? りそな銀行、住信SBIネット銀行を徹底比較 - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、千日です。最近、住宅ローンの金利動向に変化の兆しです。そこで、変動金利でも最低金利である、「りそな銀行」、「住信SBIネット銀行」への借り換えにメリットがあるのかどうか、どんな人がメリットあるのかを調べました。

[SBIマネープラザの住宅ローンの金利・手数料は?] 窓口相談でも、ネット銀行並みの低金利を実現! さらに8疾病保障が無料という充実の保障体制 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:金融グループであるSBIグループの企業で、「家計と暮らしに関するあらゆる相談に店舗で対応する」というコンセプトで、2012年にスタート。住宅ローンや銀行預金をはじめ、証券から保険まで多種多様な金融商品を扱う。全国に17店舗を展開しており、そのうち住宅ローンを取り扱っているのは7店舗。住宅ローンについては、住信SBIネット銀行の「MR.住宅ローンREAL」、アルヒの「ARUHIフラット35」を販売している。

[住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利・固定金利ともに低い金利水準! 保証料や繰上返済だけでなく、8疾病保障も無料 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行の銀行代理業者として「ネット専用住宅ローン」の契約締結を行っている。ネット銀行の強みを生かし、変動金利や35年固定金利は業界トップクラスの低金利を実現している。加えて、8疾病保障を無料で付帯しているのも魅力的だ。

[三井住友銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 地震への保障プランなど、商品ラインナップが充実! 毎月の決済日まで待たなくても繰上返済できてお得 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三井住友銀行は3大メガバンクのひとつ。ネット銀行のような低金利は望めないが、地震などの災害で自宅が全壊した場合、住宅ローン残高の50%が免除されるといった独自の保証が充実している。ライフスタイル、ライフステージに合わせたさまざまな保障やサービスが用意されており、大手銀行としての信頼性は高い。

[みずほ銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] ネット専用ローンはネット銀行並みの低金利! 「8大疾病補償」は月払いで安く、中途解約も可能 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:みずほ銀行は日本を代表するメガバンクとしての高い信頼性があり、豊富な経験・ノウハウを持つ専任の担当者とじっくり相談しながら住宅ローンの手続きができる。その一方で、来店せずに手続きができる低金利のネット専用ローンも扱っている。ライフイベントに応じて、返済額を見直すことができるほか、ローンに付帯できる保険も充実している。また、住宅ローン利用者には、ATMの時間外手数料無料、「多目的ローン」の金利が0.1%低金利になるなど、独自のサービスも提供している。

[三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 2007年から9年連続で取扱残高1位を達成! 独自商品の35年固定型は業界最低水準の金利 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、2007年から9年連続で取扱残高1位。リフォームやセカンドハウスを対象にしたローンなど幅広い商品ラインアップを誇る。特に長期間固定型の住宅ローンに強い。全国主要都市に店舗網を持ち、土日には住宅ローンの相談会を積極的に開いているため、じっくりと腰をすえたローン選びができる。一方、インターネットで住宅ローンの申し込みや相談会の予約、金利タイプ変更手続きができるなど、時代に即した対応にも抜かりはない。

[三井住友信託銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 30年固定金利型の実質金利はトップクラスの低金利! 女性専用や8大疾病など保険の保障内容が充実 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三井住友信託銀行は、2012年4月1日に誕生した大手信託銀行だ。住宅ローンの金利水準は大手銀行より、やや安い設定になっている。万一の場合に備えた保険は、借入金利に金利を上乗せすれば、「8大疾病保障」「入院保障」「奥様のガン保障」などを付けられる。「出産後1年間、0.1%の金利優遇」など女性専用の無料サービスも提供する。

[りそな銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 10年固定のWEB限定商品はトップクラスの低金利! 団信はオプションで病気・けがの7大リスクに対応 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:りそな銀行は大手銀行でありながら、ネット銀行並みの低金利を実現。特にWEB限定借換ローンは業界トップクラスの低金利を提供している。また、団信はオプションで病気・けがの7大リスクに対応した独自の商品を持っている。多彩な商品を揃えているのも特徴で、吟味したい銀行の一つだ。

[楽天銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 業界最低水準の金利と安い諸費用がお得! 「Skype」なら、9時から22時まで相談が可能 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天銀行の住宅ローンは、業界トップクラスの最低金利で人気を集めている。ネット銀行の多くは金利の低さをセールスポイントにしているが、楽天銀行はそれだけでなく、事務手数料も定額で32万4000円と安いことが魅力。諸費用を含めたトータル費用で比較すると、楽天銀行の優位性が際立つ。

[カブドットコム証券の住宅ローンの金利・手数料は?] 三菱東京UFJ銀行の住宅ローンをネット証券ならでは の低金利で提供! 保証料、繰上げ返済も無料に! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブドットコム証券が窓口となって扱う三菱東京UFJ銀行の「ネット専用住宅ローン」。ネット銀行ならではの低金利を実現し、事前審査から契約まで窓口に行く必要もない。返済は三菱東京UFJ銀行の口座から行う。低金利はうれしいがネット銀行には抵抗があるという方におすすめの住宅ローンだ。

[じぶん銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利は業界トップクラスの低金利! がんになると住宅ローンが半減する団信が無料 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行と携帯電話「au」を運営するKDDIが共同出資したネット銀行。申込みから契約までネットで行えるため、平日の昼間に銀行へ出向く時間のない人にとって都合がいい。三菱東京UFJ銀行グループの銀行であり信頼性は高い。ネット銀行に不安を感じる人にはおすすめの住宅ローンである。変動金利が業界最低水準であることに加え、「がん50%保障団信」が無料で付いていること、「返済口座への資金移動」に手数料がかからないことなどが大きな特徴だ。

[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気! 来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソニー銀行の住宅ローンのセールスポイントは業界トップクラスの低金利。ただし、プランによって金利や手数料が異なるため、トータル費用で判断したい。諸費用の安さ、変動金利から固定金利・固定金利から変動金利への変更が柔軟にできるのもメリット。毎月中旬に翌月の金利を発表するため、金利タイプを変更するときに、今月と翌月を比較してからタイミングを選べるのも契約者にとってはうれしい。ネット銀行でありながら、専任のローンアドバイザーが相談から契約まで、きめ細かく対応してくれる。対面での相談も可能で、ソニー銀行の「住宅ローンプラザ」をはじめ、ソニー生命ライフプランナーが希望の場所に出向いてくれるのも、他のネット銀行にはない強みだ。

万が一の時に備える、住宅ローンの「上乗せ団信」は 「みずほ銀行」や「三菱東京UFJ銀行」がおすすめ! 保険料が安く、ローンと別払いで途中解約が可能 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:金融機関による住宅ローン獲得競争が激化する中で、「上乗せ団信」が増えている。しかし、あまりにも種類が多いため、何がいいのか分かりにくいだろう。そこでおすすめなのが、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などが提供する、保険料が低くて、途中解約が可能な「上乗せ団信」だ。

[イオン銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] イオングループでの買い物が5%OFF 8大疾病に2つのガンを追加! 充実した保障内容 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:イオン銀行の住宅ローンはネット銀行並みの低金利で、保証料や一部繰上返済手数料無料など諸費用が安いのが特徴。最大の魅力は5年間、イオン系列店での買い物が5%割引になることだ。このほか、定期預金の金利が優遇されたり、電子マネー(WAON)のプレゼントなどの特典もある。近くにイオンや系列店があるなら魅力的な住宅ローンだろう。

[ARUHIの住宅ローンの金利・手数料は?] 「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続1位! 最高10割まで融資可能、付帯する保険も充実 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アルヒは住宅ローン専門の金融機関で、2015年5月にSBIモーゲージから社名を変更した。住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続で1位。ARUHIフラットα(変動金利)を組み合わせれば10割融資が可能。変動金利も業界最低水準である。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.