投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


衆議院総選挙の与党圧勝観測から、日経平均株価は 21年ぶりの高値水準に! そろそろ訪れる調整局面は 「深押し」リスクも少なく、絶好の買いチャンスか! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に相変わらず非常に強い相場が続いています。10月16日の米国株式市場で、NYダウは続伸、前週末比85.24ドル高の2万2956.96ドルと、3日ぶりに過去最高値を更新しました。ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しました。10月16日の日経平均株価は10日続伸し、前週末比100.38円高の2万1255.56円でした。これは1996年11月27日以来、約21年ぶりの高値水準です。衆院選で与党の優勢が伝わり、政権の安定期待を背景に、外国人投資家が積極的に日本株を買っている結果です。

カリフォルニア北部の大規模山火事により急落した パシフィック・ガス&エレクトリックは、今が買い? 世間の「悪者探し」の標的になり投げ売り状態に! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カリフォルニア北部で大規模な山火事が続いています。山火事が発生している場所は、アメリカ屈指のワインの産地として有名なソノマ郡、ナパ郡です。今回の山火事では、これまでに死者31名、行方不明数百人が出たほか、7万7千ヘクタールが焼失し、3500戸の住宅・商店が全焼しました。同地域に電力を供給しているパシフィック・ガス&エレクトリックの電線が強風で切れ、そのスパークが枯草に燃え移ったのが原因では、という観測が出ています。パシフィック・ガス&エレクトリック(ティッカーシンボル:PCG)はサンフランシスコを中心とした、北カリフォルニアに電力やガスを提供している公益事業会社です。

衆議院解散総選挙の結果により日経平均株価が崩れる 可能性は低い!? 月末の東京モーターショーまでは、 「コネクテッドカー」など次世代自動車関連を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米株式市場共に相変わらず強い動きが続いています。5日までNYダウは7日続伸し、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しています。また日本では、10月6日の日経平均株価は5日続伸し、終値は2万0690.71円と連日で年初来高値を更新しました。10月の米雇用統計では、米南部のハリケーン被害で飲食店や小売店が休業した影響で、非農業部門の雇用者数は前月比で3.3万人減少しました。減少するのは2010年9月以来7年ぶりのことです。しかし10月以降については、災害復旧需要で雇用者数が増加に転じる可能性が高いでしょう。このため、9月の雇用者数減少は気にする必要はないと考えます。

貨物鉄道会社CSXは、株価の悪化要因になっていた 運行スケジュールの大幅な乱れがようやく解消! 10月17日の決算発表までが、買いのチャンスか!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:CSX(ティッカーシンボル:CSX)のルーツは、1827年に創業された由緒あるボルチモア&オハイオ(B&O)鉄道にさかのぼります。その後、数回の合併を繰り返し、現在のCSXが出来上がりました。今日、同社はフロリダ州ジャクソンビルに本社を置いており、ミシシッピ川以東の23州で事業展開しています。保有期間者数4400台、貨車数6万5000台、コンテナ数1万8000本、ルートの総延長は2万1000マイルです。同社は、米国屈指の炭田のあるアパラチア山脈周辺の鉄道網が充実しているため、取扱貨物に占める石炭比率が高いです。

株価チャートで「株価の方向性」を見極める方法は? チャート上の高値と高値、安値と安値を直線で結ぶと 見えてくる「トレンドライン」の見方や使い方を紹介 - 株初心者向け!株式投資のはじめ方

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「株価チャートの形」の見方の基本のキを解説! 株価のトレンドや株を売買するタイミングを掴むのに重要なのが、「株価チャートの形」を見極めることです。難しそうに思えますが、典型的なチャートの形を覚えておけば、適切な株の売買タイミングを見極めやすくなります。そこで今回は、株価チャートを使って株価の方向性を判断する方法と、株価チャートの形のなかでもよく見かける「ボックス相場」の見方と、このときに適切な株を売買するタイミングについて解説します。

政治も企業も「改名」でイメージをリセットできる!? 社名をガラッと変えて株価が67%も大幅アップした ライクキッズネクストなど、社名変更の効果を検証! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:上半期に入る前、3月末の日経平均株価は1万8909円でした。そこから4月に安値1万8355円を付けたあとは、怒涛のリバウンド。上半期最終日である9月29日(金)の終値は2万0356円ですので、上半期はほぼ2000円も上がったわけですね。発射台の高い下半期、「ここから誰が買うの?」的な素朴な疑問はあるものの、下半期相場はまずまずのスタートになっています。週初10月2日(月)の日経平均株価は2万0400円台、さらに翌3日(水)には2万0600円台を付け、年初来高値を大きく更新しました。

日経平均株価が2万500円を約2年1ヵ月ぶりに突破! 経済指標が日米共に良好で、強い相場感が続きそうな 今注目すべきテーマは「電気自動車」「仮想通貨」! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米株式市場共に非常に強い値動きが続いています。10月2日の日経平均株価は、前週末比44.50円高の2万400.78円と、9月25日以来、1週間ぶりに終値ベースで年初来高値を更新しました。そして、3日前場の日経平均株価は続伸し、ザラ場中としては2015年8月19日以来、約2年1ヵ月ぶりに心理的節目の2万500円を上回りました。このような好環境下で、市場の関心が高まっているテーマは「電気自動車(EV)」と「仮想通貨」の2つです。

ロシアへの投資に今こそ注目すべき理由とは? 2014年からの原油価格急落と経済制裁による輸出減で 苦境に追い込まれていたロシア経済に回復の兆し! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、ロシアに投資妙味があると見ています。今から3年前の2014年夏頃から、ロシア経済は大ピンチに見舞われました。その理由としては主に、2014年夏以降、原油価格が急落したことウクライナ危機の際、ロシアがクリミアに侵攻、ロシアの領土としたことで、欧州連合(EU)、アメリカ合衆国などから経済制裁が発表され、輸出が減少したことが挙げられます。そうした危機的な状況から立ち直りつつあるロシアには、今はまだ多くの投資家の関心が向いていません。そんな今が相場から見てもチャンスと言えるロシアに投資するなら、ETF(上場型投信)ではヴァンエック・ベクトル・ロシアETF(ティッカーシンボル:RSX)が挙げられます。

衆議院の解散総選挙で注目される「幼児教育関連」と 北朝鮮リスクによる「軍事・防衛関連」が人気に! 新興・小型株が伸び悩む中、要注目の11銘柄とは? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ロシアのラブロフ外相は、9月22日に、米国と北朝鮮間の非難の応酬を「幼稚園児のけんか」と表現し、「誰も止められない幼稚園児同士のけんかのように感情的な方法ではなく、理性的な方法」を追求するとしました。しかしながら、9月23日、トランプ大統領は、金正恩朝鮮労働党委員長を再び「小さなロケットマン」と呼んで揶揄し、「彼らは長くないだろう」とツイッターで呟きました。9月25日、北朝鮮の李容浩外相は、「トランプ氏は宣戦布告をした」とした。このけんかに対して、株式市場は、一時ほど動揺しなくはなっています。

半導体製造の巨大企業、タイワン・セミコンダクター ・マニュファクチャリングは、技術力も業績も抜群! 社会のデジタル化が業績の追い風となる有望企業! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリング(ティッカーシンボル:TSM)は1987年に台湾で創業した世界有数の半導体ファウンドリです。半導体業界では分業が進んでいます。すなわち、回路の設計に特化したデザイン企業と、それらの企業が持ち込むデザインに従って実際に半導体を製造するファウンドリに分かれているのです。半導体デザインは資本集約的(=参入するにあたり沢山の先行投資資金を必要とすること)ではありませんが、半導体ファウンドリのビジネスは資本集約的です。言い換えれば、半導体ファウンドリのビジネスは、敷居が高く、おいそれと始める事ができないのです。

「つみたてNISA」と「iDeCo」は、投資の常識を 大きく変える! 金融庁の思惑は「個別株の短期売買」 から「インデックスによる長期分散投資」への転換か - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年から「iDeCo」が始まりました。そして、2018年からは「つみたてNISA」が始まります。この2つの投資制度は、日本における「投資」に対するイメージを一新させる可能性を持った制度です。日本において投資というと、「安く買って高く売る」「儲かる銘柄を見つけないといけない」というものが主。しかし、iDeCoやつみたてNISAは、このような「値上がりする株を見つけ出す投資」とは全く異なる「長期分散投資」と相性がいい制度になっており、投資の常識を「短期売買から長期」「銘柄厳選から分散」へと変えてしまうかもしれません。

2万円を回復した日経平均は、需給が大幅に改善! 9月中は、日本郵政のPO(公募・売出)を絶対に 成功させたい政府が買い支える「官製相場」が続く!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:市場の北朝鮮リスクへの感応度が下がるにつれ、米長期金利上昇、米国株高が実現し、足元の日経平均株価も強い動きを続けています。そしてついに、9月19日前場には、2万円大台を回復しました。ザラ場中での2万円台回復は8月8日以来およそ1カ月ぶりのことです。日経平均株価の大幅高の主体たる背景は、米国は北朝鮮との軍事衝突を、想定外のことが起こらない限り、選択しないという安心感が広がっているからでしょう。このような状況下、東京株式市場での投資家の関心は欧米の金利動向と円の対主要通貨へのレートの変化へ移っています。

中国の「アリババ・グループ」の決算発表を解説! 世界の株式市場でも存在感を増す中国最大級の ネット企業が、今もっとも注力する成長分野とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今年は、新興国株式市場が先進国株式市場をアウトパフォームしています。その中でも、ひときわ存在感を増しているのが中国のネット企業です。そこで今日は、中国のネット企業の中でも最大級のアリババ・グループに焦点を当てたいと思います。アリババ・グループ(ティッカーシンボル:BABA)は、ネット上で物品を売りたい人と買いたい人を引き合わせるマーケットプレース「タオバオ」、世界のブランド企業がオンライン・ストアを開店するためのフラットフォーム「Tモール」、オンライン卸売りの「1688.com」に加え、物流ソリューションやクラウド・コンピューティングなどのサービスも展開しています。

北朝鮮が再度ミサイルを発射するも、株式市場へは 影響なし。さらに挑発行動がエスカレートしない限り 北朝鮮発の悪材料は「無視」してもOK! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮は9月15日午前6時57分ごろ、再び、中距離弾道ミサイル(IRBM)とみられるミサイル1発を発射しました。ミサイルは、北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2200キロメートルの北太平洋に落下しました。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するのは8月29日に北太平洋に着弾した中距離弾道ミサイル「火星12」以来のことです。結論としては、「ミサイル発射は直近に経験済みなので、市場は慣れた。だから驚かない」ということです。

北朝鮮の2回目のミサイル発射と「ビットコイン」の 関係とは? 中国国内のビットコイン取り締まりは、 国ぐるみでマイニングを進める北朝鮮へも影響が! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:9月15日(金)早朝に北朝鮮が再びミサイルを発射しました。今回のミサイル発射は8月29日のミサイル発射、9月3日の地下核実験に次ぐものです。ミサイルのルートは、前回のときとほぼ一緒でした。しかし前回より今回の方が高度も高かったですし、遠くに飛びました。具体的には、8月28日のミサイルの高度は550キロメートル、今回は770キロメートルです。一方、飛距離は8月28日が2700キロメートルだったのに対し、今回は3700キロメートルでした。気になるのは「なぜ北朝鮮は、ここへきてミサイル発射の頻度を増やしているのか?」ということです。そのひとつの理由は、世界からの経済包囲網がだんだん北朝鮮を苦しめはじめているからだと推察されます。

増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは? 割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを 表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「PER(株価収益率)」とは? 株式投資で配当金生活を目指して「増配株投資」を実践する個人投資家・立川一さんが、投資判断に利用している「指標」を解説!「PER」のほか、「PBR(株価純資産倍率)」や「ROE(自己資本利益率)」「ROA(総資産利益率)」など、株価が割安なのか、割高なのかを判断する「指標」はたくさんあるが、はたして何を、どのように利用すべきなのか。最近、よく使われる「ROE」は、実は個人投資家には不向きな指標だった!?

北朝鮮問題と米国の政治・財政問題が先送りされ、 日経平均とNYダウはそろって大幅に上昇! 当面は 「リスクオンムード」が続くが、過度の先高感はNG! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮が9月9日の建国記念日にミサイル発射などの挑発行為に出なかったことで、週明け11日の日経平均株価は、前週末比270.95円高の19545.77円と大幅反発しました。また、大型ハリケーン「イルマ」の被害が警戒したほど大きくないとの見方も加わり、9月11日のNYダウは大幅続伸、前週末比259.58ドル高の22057.37ドル、ナスダック総合株価指数は大幅に反発し、同72.072ポイント高の6432.264ポイントでした。このように、週明けの日米株式市場は「リスクオン」となっています。前週末までの「北朝鮮リスクへの警戒」、「イルマ被害への警戒」は共に「杞憂」となり、売り方の買い戻しが加速しました。

ビットコイン取引所の閉鎖検討やICO全面禁止など あらゆる仮想通貨に対して、中国政府が規制を強化! 仮想通貨の未来と、日本の取るべきスタンスとは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週金曜日、「中国政府が中国国内のすべてのビットコイン取引所の閉鎖を検討している」という記事が、中国の金融メディア「財新」に掲載されました。このニュースとは別に、9月22には中国政府がICO(イニシャル・コイン・オファリング)、つまり新たな仮想通貨の発行を禁止する決定を下したということを「財新」が報じました。最終的にどういう結論になるかは、これを書いている時点ではわかりませんが、中国政府が仮想通貨に対する規制を強化する方向に傾いている事は明白です。ここで皆さんに理解して頂きたいことは「中国のビットコイン取引所が閉鎖されても、それはビットコインの死を意味しない」という点です。

円急伸 10カ月ぶり107円台

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:東京外国為替市場は8日、北朝鮮が建国記念日に挑発的な行動に出るとの警戒感から、円を買う動きが強まり、円相場は1ドル=107円台後半に急伸。107円台は約10カ月ぶり。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 円相場
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6253365
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/09/08 16:34:05 投稿番号: 25958

北朝鮮の「核実験」強行により日経平均株価は下落! 今の状況では、あえて「火中の栗」を拾うことはせず 200日移動平均線を割り込んで急落するのを待とう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:週明け9月4日の日経平均株価は、前週末比183.22円安の1万9508.25円と、4日ぶりに反落しました。主因は、3日に北朝鮮が核実験を強行したことです。再び、朝鮮半島を巡る地政学リスクが高まり、換金売り圧力が強まりました。現時点では、実際に米朝の軍事衝突リスクは低いとみられているものの、リスク回避的な多くの投資家はブラックスワン(発生確率は低いが、実際に発生したら衝撃の大きい事象)を警戒しています。このため、9月4日の東京株式市場は、リスク回避的なムードが終日強い状況でした。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.