投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


実家の相続で活用すべき「小規模宅地等の特例」を解説! 気をつけたい"3つの落とし穴"と、売却時の注意点は? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相続税において、亡くなった人が実家として使っていた宅地等については「小規模宅地等の特例」という優遇制度があり、本来の評価額の5分の1(2割)の負担ですむ。しかし、「小規模宅地等の特例」には気をつけたい「3つの落とし穴」があり、相続したその実家を売却するにあたっても、いくつか注意点がある。うっかりしていると、不要な税金を支払わなければならないことになるので、注意したい。

「空き家」になった実家を、上手に売却する方法とは? 一戸建ては"空き家の譲渡所得の3000万円特別控除"や 自治体が補助してくれる"解体助成金"を活用しよう! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:自分や配偶者の実家が「空き家」になっている人、また今後、「空き家」になることが予想される人も多いのではないだろうか。空き家になった実家の上手な売却法について考えてみる。

「生産緑地」は、維持するべき? 売却するべき? "相続税の納税猶予"を受けているか否かが分かれ目 - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「生産緑地」の指定が2022年から順次、30年の期限を迎える。新たにできる「特別生産緑地」として10年ごとの延長を選ぶのか、フリーハンドを得て宅地への転用、有効活用、売却などを考えるべきか難しい判断を迫られる。生産緑地のメリットは、農地以外への転用が禁止される一方で、相続税の支払いを猶予してくれること。指定を外されて生産緑地でなくなると、支払いが猶予されていた相続税だけでなく、猶予された期間に応じて所定の割合を乗じた税金(利子税)を上乗せして支払わなければならなくなるから大変なことになる。

"不動産の売却でかかる税金"を、安くする方法とは? 自宅、賃貸物件、相続した空き家…売却する不動産で 異なる控除などの節税方法や、税金の計算式を紹介! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却したときにかかるおカネで大きいのは、やはり税金だろう。売却するまでの所有期間や売却の条件によって、使える節税の方法はさまざま。売ってから後悔しないためにも、基礎知識は押さえておこう。

「タワマン節税」は富裕層の強力な相続税対策としてまだ使える!? 使い方の注意点は? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相続税評価額が低くなるタワーマンションの特徴を生かした相続税の節税策「タワマン節税」。国は評価額を変えて、この節税策を封じ込めようと必死だが、それでもまだ使い勝手はある。ただし、税務署から否認されないよう、購入と売却のタイミングには注意が必要だ。

2018年度の税制改正で、増税になるのはどんな人? 給与所得控除の縮小で「年収850万円超」の会社員の 負担が増加し、出国税や森林環境税も新設・徴収へ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:平成30年度税制改正で、増税になってしまうのはどんな人?ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを毎号2本紹介している。今回はその中から、最近方針が固まった「平成30年度税制改正」に関する記事をピックアップ。税制は毎年少しずつ改正されているが、平成30年度(2018年)は個人の負担増が目立つ内容に。私たちの家計にもダイレクトに影響する可能性があるため、見逃すことはできない。ここでは具体的な増税の内容を取り上げるので、自分の負担が増えそうかどうか、一度きちんと確認してみてほしい。

タワーマンション(超高層マンション)のデメリットは? 地震や子供の足音など、購入前に知っておくべき注意点 - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:タワーマンション(超高層マンション)が人気だ。人気の理由は、その眺めの良さや、充実した共用施設、周辺エリアでのシンボル性、さらには相続税対策といった様々なメリットが挙げられる。売れ行きが好調なため、デベロッパー各社はタワーマンションをどんどん供給し、2017年以降、10万戸以上が販売される見込みだ。ただし、タワーマンションは一般的なマンションとは構造的に異なる部分があるため、注意すべきポイントがいくつかある。住んでから「あれ?」と後悔することのないよう、事前に知っておきたい注意点を紹介しよう。

相続税対策の住宅建設でトラブルになる事例も急増! 基礎控除の引き下げで「都内の一戸建て」を所有する 中間層にも「相続税」対策が必要な時代が到来か - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相続対策をするはずが、巨額の借金を抱える羽目に!? 昨今、富裕層に対する「課税強化」の動きが相次いでいる。あの手この手で繰り出される節税策を封じようと、国税庁は躍起だ。今、何が起きているのか。対抗手段は何か。現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の特集「『富裕層』の実例に学ぶ節税対策(秘)6カ条」では、タイトルどおり富裕層の実例とともに、課税強化の現状を取材している。ここでは、「多額の資産を保有しているが、その大半が不動産」だという人の例をピックアップ。また、中間層にも関係がある増税の実態にもふれる。すでに増税の現状を知りたい人は必見だ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.