投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「iDeCo」加入者が60歳前に死亡したら、口座の資産 はどうなる? 「死亡一時金」「障害給付」として受け 取るために“裁定請求”する方法や必要な準備を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」に加入中の人が死亡したら、運用していたお金はどうなるの?「iDeCo」は原則60歳まで引き出せないが例外もある。今回は、加入者が死亡した場合、障害が残ってしまった場合に「iDeCo」はどうなるかを解説。手続き次第で誰の手にお金が渡るか変わることも!? 最低10年は運用を継続しなければならないルールがなくなるケースも紹介!

「維持費が高い別荘」や「境界でもめてる土地」など、 もらったら困る不動産を相続したときの対処法とは? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相続では、亡くなった人が所有していた資産(遺産)が相続人などに引き継がれる。普通は臨時収入のようなもので、ありがたくもらうケースが多いだろう。しかし、中には貸地や遠方の実家・別荘などコストばかりかかる、「売れない」「売りにくい」不動産が含まれることもある。こうした不動産を相続した場合、どうすればいいのかを整理してみる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.