Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 移動平均線

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は、米中貿易摩擦の激化により下降局面 に突入! 5日移動平均線を下回っている間は、相場 の反発に備えて「狙いたい銘柄リスト」の作成を! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の行方など、最新の株式市場をアナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米中貿易摩擦が激化しています。「米国が中国製品への追加関税を引き上げ、この対抗策として、中国が米国製品に報復関税を課す」という報復合戦になっています。両国は対話の窓口は閉ざしていませんが、5月9~10日の米中閣僚級協議は、最終合意に達することができず、事実上の物別れに終わりました。そして、次回日程は明示されていません。なお、市場では、6月28~29日に大阪で開かれるG20にあわせて首脳会談が実現することへの期待が燻っています。ですが、現時点では、その実現は不透明です。

日経平均株価は、当面、25日移動平均線と200日 移動平均線の間を推移。難易度の高い小型株は避け、 「好業績の大型株」をスイングトレードで売買しよう - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、最新の日本市場を分析! 日経平均株価は非常に強い動きです。それにしても、想定を超えて強いのは日本株ではなく、米国株です。意外だったのは、2月15日のNYダウが前日比443.86ドル高の25883.25ドルと大幅に反発し、昨年11月9日以来ほぼ3カ月ぶりの高値で取引を終えたことです。2月18日の日経平均株価の終値は2万1281.85円と、25日移動平均線(18日現在2万0726.39円)を、大幅に、且つ、安定して上回って推移しています。また、75日移動平均線(同2万1153.03円)も上抜きました。

日経平均株価は2万円~2万1000円のレンジ相場に! 「サンバイオ暴落」の影響を考え、今は短期スタンス の個人投資家の関与率が低い「大型株」を狙おう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株式市場を分析! 堅調な米国株式市場に加え、外国為替市場でのドル高・円安を受け、日経平均株価は底堅い動きを続けています。ただし、上値も重いため、上にも下にも放れることがない、「トレンドレス」・「保ち合い相場」となっています。一方、国内では、3月決算の主力企業の第3四半期決算が本格化しています。ですが、中国経済の減速などで、通期業績予想を下方修正する企業が相次いでおり、業績の先行きに対する警戒感が強まっています。それにしても、サンバイオ(4592)は酷かったですね。

日経平均株価は、方向感のない「もち合い相場」に! 上値は重いものの、25日移動平均線を下回らない限り 短期的には「買い方優位」の底堅い値動きに期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、日本株式市場をするどく分析! 国内要因は大きな変化はない中、米国発の材料を受けて日経平均株価は上下しています。ただし、上にも下にも放れることがない、「トレンドレス」「保ち合い相場」になっています。本株に関して、多くの投資家が、「上値を買う必要はない。上値は、むしろ売りたい。しかし、下値を売り叩いてまで現金化を急ぐ必要はない。逆に、押し目は拾いたい」と考えているからでしょう。日本株の上値が重い需給要因は、やはり、海外投資家の日本株売りが継続しているからです。1月第3週(15~18日)の投資部門別株式売買動向では、海外投資家は10週連続で売り越しました。

日経平均は一旦落ち着いたものの、25日移動平均線を 下回っている間は調整が続く。「パウエル・プット」 の出現で米国株は好調だが、日本株への影響は限定的 - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場を鋭く分析! 年明けの日経平均株価は、1万8948.58円を付けた昨年12月26日からはそれなりに回復し、落ち着いた動きなっています。この最大の理由は、米国株式場が戻り相場に入ったことです。例えば、NYダウは1月10日まで5日続伸し、昨年12月14日以来ほぼ1カ月ぶりに終値で2万4000ドルを回復しました。この強い米国株の主因は大きく2つあります。一つ目は、米中貿易摩擦への懸念が後退したことです。そして、もう一つが、FRBの金融政策に柔軟性がみられたことです。つまり、「パウエル・プット」の出現です。

日経平均株価は3〜6カ月程度「26週移動平均線」が 抵抗線に! 下げ相場では「なる早」で損切りし、 「バイ・アンド・アホールド」は絶対に避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の資本市場を大胆分析! 非常に難易度の高い相場になった。これが今の相場に対する率直な印象です。なぜなら、11月8日までの日経平均株価は落ち着きを取りもどしましたが、その後、戻りが一服し、再び、調整色を強めているからです。11月8日まで日経平均株価が戻った主因は、米国株式市場が強い動きとなったためです。11月6日投開票の米中間選挙は、市場の事前予想通り、与党共和党が上院の過半数を維持した一方、下院は民主党が過半数をとりました。上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」になったことで、トランプ政権と民主党が手を組み、インフラ投資拡大につながるとの期待が高まりました。その結果、7日のNYダウが前日比545.29ドル高の2万6180.30ドルと、大幅に3日続伸し、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えたのです。

株を底値で買い、天井で売るために、株価チャートの “出来高”に注目しよう! 株価チャートの基礎知識と 出来高から相場の底値&天井を見極める方法を伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「出来高」「ローソク足」「移動平均線」など、株価チャートの仕組みや、「出来高」の見方、使い方を株初心者向けに解説!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の別冊付録は、人気15銘柄の診断も掲載した「株価チャートがスラスラわかる本」! ローソク足、移動平均線、出来高で構成される基本のチャートで、日本株を代表する人気15銘柄を分析し、買い時や目標株価を算出している。今回は、その中から「株価チャートの仕組み」や「出来高の使い方」についての記事を抜粋して紹介しよう!

ユニクロやGUを展開する「ファーストリテイリング」 の株価をチャートで分析! 月足レベルではいまだに 上昇トレンドは継続中も、11月の値動きに要注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ユニクロ」でおなじみ、「ファーストリテイリング(9983)」の株価をチャートで分析! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の別冊付録は、人気15銘柄の診断も掲載した「株価チャートがスラスラわかる本」! ローソク足、移動平均線、出来高で構成される基本のチャートで、日本株を代表する人気15銘柄を分析し、買い時や目標株価を算出している。今回は、その中から「ファーストリテイリング(9983)」のチャート分析を抜粋。プロの分析によって導き出された、「ファーストリテイリング」の買い場とは?

日経平均が暴落し「下落トレンド・ハイボラ相場」が 発生中! 相場暴落時こそ「攻めの姿勢」を忘れず、 値動き良好な「強い銘柄」に入れ替えていこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが日本市場の状況を分析し、投資戦略を解説! 日経平均株価は、10月2日の2万4448.07円でピークアウトし、15日には2万2261.92円まで下落しました。下落幅は2186.15円、下落率は8.94%に達しました。10月2日の2万4448.07円までの上昇トレンドの起点は9月7日の2万2172.90円でした。つまり、それまでの上昇幅をほぼ全て帳消しにしました。10月に入っての下落のきっかけは、米長期金利の急上昇を背景とした米国株の急落と、外国為替市場でのドル安・円高の進行でした。

日経平均株価は、トルコショックや米中関係が上値を 圧迫も、企業業績の好調で下値は堅い!? 難しい相場の 今は、25日移動平均線を下回った銘柄の売却が良策! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トルコショック」を受け、GDPに対する対外債務比率が高く、経常収支が赤字の新興国の通貨安懸念が燻り続けています。また、関税の引き上げ競争を行い、対米関係が悪化している中国の先行き、景気悪化も同様に懸念されています。このような状況を受け、リスク回避型の投資家が、安全資産の「米国債」や「日本円」を買うため、外国為替市場でドル安・円高となり、これが日本株の上値圧迫要因として機能しています。ただし、日経平均株価やTOPIXといった株価指数に関しては、下値は堅いとみています。大型株とは逆に、機関投資家が関与せず、個人投資家の関与率の高い小型株は現在、悲惨な状況です。もし、あなたの保有する銘柄が25日移動平均線を下回っているのなら、それをすぐに売却し、相場環境が好転するまでは現金のままで置いておいて、虎視眈々と再エントリーのタイミングを待つべきだと思います。

米中貿易戦争の開幕で日本株が下落するも、すでに 底入れ!? 日経平均株価は当面、2万2000円を中心に 「もみあい」が続くので、小型株を回転売買で狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:7月6日、米中両国は、340億ドル分の輸入に対する追加関税を相互に発動し、米中貿易戦争がついに幕を切りました。ただし、米国の雇用情勢は、米国発の貿易摩擦激化懸念があっても堅調です。このため、よほどのことが起こらない限り、米国株式市場が崩れることもないでしょう。7月5日まで日本株が下落した背景はトランプ米大統領追加の中国向け関税引き上げ⇒中国も関税引き上げで対抗⇒米中貿易摩擦激化⇒中国経済悪化⇒関税の引き上げに限界がある中国の報復策が人民元安誘導⇒中国人民銀行(中央銀行)が突然、人民元の切り下げを発表して世界の市場にショックを引き起こした2015年8月の再来という構図でした。

日経平均株価は海外投資家の買い戻し&地政学リスクの 低下で下値は堅いが、株価上昇のシナリオもなし! ノーポジションでゴールデンウィーク明けに備えよ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。主因は、海外勢の買いが継続して入っていることに加え、朝鮮半島の地政学リスクが低下していることです。ただし、足元の海外勢の買いはあくまでも、短期筋の買い戻しであり、腰が入った中長期資金ではないというのが大方の見方です。それでも、海外勢が日本株を買い越し、朝鮮半島の地政学リスクが低下している状況を踏まえれば、日経平均株価の下値は堅いとみてよいでしょう。ですが、下値は堅いから、上がるということでもありません。

資産を1年で7倍にしたカブ知恵の藤井英敏さんが、 「短期間で資金を大きく増やす鉄則」を伝授! 移動平均線を使った売買のルールや注目テーマも紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:少額資金からでも資産1億円に成り上がるのは夢ではない! カブ知恵の藤井英敏さんが伝授する「成り上がるための鉄則」を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の巻頭特集は「株で資産倍増計画」! 実際に“億超え”の資産を築いた投資家たちは、「億の資産をつくるには資産を爆発的に増やす時期が必要」と、口を揃える。実は、相場に追い風が吹くまさに今こそが、資産倍増の好機なのだ。特集では、今が好機と言える理由や、100万円から1億円を目指す投資手法、さらに、それを実現する2倍株56銘柄を紹介している。今回はその中から、ザイ・オンラインの連載「最下層からの成り上がり投資術!」でもおなじみのカブ知恵・藤井英敏さんによる資産倍増の鉄則を紹介。本誌では4つの鉄則を紹介しているが、ここではそのうちの一つを抜粋してみよう。

日経平均株価は上昇トレンドを形成中で、急落すれば 押し目買いのチャンス! 一方、米ドル/円は上値を 追う展開で、1米ドル=119円台まで急伸の可能性も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年7月~9月の日経平均株価、米ドル/円はどう動く? ダイヤモンド・ザイでは、過去のチャート分析から3ヵ月先を予想する連載を毎月掲載している。今回は7月21日(金)発売のダイヤモンド・ザイ9月号から、日経平均株価と米ドル/円の予想を抜粋。日経平均株価はインベストラスト代表取締役の福永博之さんに、米ドル/円はチャートリーディング代表取締役の井上義教さんに予想してもらった。

ソニーとトヨタ自動車、人気銘柄の今後の見通しは? 株初心者でもわかる「チャート分析」の方法を 人気2銘柄のチャートを使ってプロが徹底解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株のベストな売り時&買い時がわかる「株価チャート」の見方と使い方を、「ソニー」と「トヨタ自動車」を例にわかりやすく解説!一見難しそうな株価チャートも、仕組みを知ればベストな株の売り時&買い時がわかるので、これから株で儲けたい人なら、ぜひおさえたいところ。そこで今回は、「ローソク足」「移動平均線」「出来高」などの具体的な使い方を解説しているダイヤモンド・ザイ7月号の別冊付録「はじめての株価チャート教室」の中から、実際に人気銘柄のチャートを使って、具体的なチャート分析をしている部分を抜粋して紹介。別冊付録では7銘柄の分析を掲載しているが、「ソニー」と「トヨタ自動車」の株価チャートを分析して今後の株価動向を予測しよう!

「移動平均線」の見方を初心者にわかりやすく解説! 移動平均線の向きと、ローソク足との位置関係から 株の売買サインを見つける判断材料として使おう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「移動平均線」の見方や使い方を、株初心者にもわかりやすく解説!株価チャートでローソク足とともに表示されることが多い、チャート上の折れ線グラフ状の「移動平均線」。一見難しそうに見えるが、株価の流れやトレンドの転換点を見つけるのに最適な要素なので、これから株を売買したいなら、ぜひ見方や使い方をおさえておきたい。そこで今回は、ダイヤモンド・ザイ7月号の別冊付録「はじめての株価チャート」から抜粋して、「移動平均線」の見方と使い方を紹介。移動平均線の基礎をおさえて、株をベストのタイミングで売買できるようになろう!

「株価チャート」の見方をわかりやすく解説! 「ローソク足」「移動平均線」「出来高」の3つの要素 をおさえて、株の売り時&買い時を見極めよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株のベスト売り時&買い時がわかる、「株価チャート」の見方をわかりやすく解説!ダイヤモンド・ザイ7月号には、株初心者におすすめの「はじめての株価チャート」が別冊付録としてついている。一見難しそうな株価チャートも仕組みがわかれば、ベストな株の売り時&買い時がわかるので、これから株で儲けたい人なら、ぜひおさえたいところ。そこで今回はダイヤモンド・ザイ7月号から抜粋して、「ローソク足」「移動平均線」「出来高」といった3つの要素を簡単に紹介しながら、「株価チャートの見方」を解説しよう!

大幅に下落した東証マザーズ市場だが、一時的な 調整局面と考えて、売り一巡後のリバウンドを狙え! ただし、13週移動平均線を割ったらすみやかに撤退を - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月21日前場の東証マザーズ指数は、前週末比9.54ポイント(0.92%)高の1044.16ポイントと反発したものの、ここ最近の新興市場は波乱の展開になっています。前回当コラムで指摘したように、5日移動平均線、25日移動平均線を共に終値で下回っている新興市場銘柄を保有し続けると、ケツの毛まで抜かれかねません。だから、そのようなテクニカル悪化状態になった銘柄は決して保有を継続してはいけません。私は強くそう思います。

株初心者が騙されやすい「投資の常識」のウソとは? 「ゴールデンクロスで買ってデッドクロスで売る」、 「節分天井・彼岸底」など、相場の常識・格言を疑え - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ゴールデンクロスで買ってデッドクロスで売れば勝てる!」「『節分天井・彼岸底』で売買すれば100戦100勝!」――。世で言われる投資の常識の中には、実のところウソも少なくない。そんな衝撃的事実を過去の株価分析から説き明かしてくれるのは、『最強の株式投資法』の著書がある加藤浩一さんだ。今回は、現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の「2017年『株』全予測&正しい儲け方」特集のなかから抜粋して、チャートにまつわる「投資の常識”3つのウソ”」を紹介しよう!

52週移動平均線を下回るまでは「超強気」が継続! 「AI」「自動運転」「フィンテック」などテーマ性の ある株が、クリスマス&年末ラリーの主役銘柄に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:10月20日の日経平均株価は5日続伸。4月27日の1万7290.49円以来、約半年ぶり高値となりました。今後の日経平均株価に関しては、これまで強力なレジスタンスラインであった52週移動平均線を超えたので、私は「超強気」です。今後、52週移動平均線)を終値で下回るまでは、売り方の損失覚悟の買戻しや、出遅れた投資家の押し目買いが入るため、「上がり易く、下がり難い状況」が継続する見通しです。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.