投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」は少額で投資が始められ、いつでも 引き出せる、若年層&投資初心者にピッタリの制度! 時間を味方にして、長期の積立で資産運用を始めよう - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:20代・30代の「つみたてNISA」活用術を解説!「つみたてNISA」は少額から始めることができ、手間がかからず商品も選びやすいなど、投資のハードルが非常に低くなっています。20代・30代に限らず、資金に余裕のない人や投資初心者が投資をスタートするのに最適な制度です。そのメリットや、投資すべき商品をわかりやすく解説します。

「つみたてNISA」で月末・月初に積み立てると不利に なる!? 積立投資を実行する「積立日」の選び方や、 「毎月」「毎週」「毎日」など頻度の決め方を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」での積立は、「毎月」「毎週」「毎日」などのうち、どのくらいの頻度で行うのがベストでしょうか。また、積立日はどの日を設定すると安く買えるでしょうか。意外に知らない「つみたてNISA」の「積立頻度」と「積立日」について解説します。

【2017年最新版】 「ロボアドバイザー」の機能や利用料、特徴を比較! 証券会社のサービスから独立系業者まで紹介 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2017年11月25日時点】証券会社から独立系業者まで、ここ数年で数多くのロボアドバイザーが登場した。今回、代表的なロボアドバイザーのサービス内容や最低投資額、利用料、さらにはおすすめのポイントを比較しやすいようにまとめてみた。ロボアドバイザー選びの参考にして欲しい。紹介するのは、投信工房[松井証券]、ファンドアイ(fund eye)[SMBC日興証券]、アンサー(answer)[マネックス証券]、ファンドミー(FUND ME)[カブドットコム証券]、投信ロボ[岡三オンライン証券]、ロボのぶくん[楽天証券]、SBI-ファンドロボ[SBI証券]、カライス(KALAIS)[東海東京証券]、楽ラップ[楽天証券]、マネラップ(MSV LIFE)[マネックス証券]、THEO(テオ)、WealthNavi(ウェルスナビ)。

「つみたてNISA」と「iDeCo」は、投資の常識を 大きく変える! 金融庁の思惑は「個別株の短期売買」 から「インデックスによる長期分散投資」への転換か - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年から「iDeCo」が始まりました。そして、2018年からは「つみたてNISA」が始まります。この2つの投資制度は、日本における「投資」に対するイメージを一新させる可能性を持った制度です。日本において投資というと、「安く買って高く売る」「儲かる銘柄を見つけないといけない」というものが主。しかし、iDeCoやつみたてNISAは、このような「値上がりする株を見つけ出す投資」とは全く異なる「長期分散投資」と相性がいい制度になっており、投資の常識を「短期売買から長期」「銘柄厳選から分散」へと変えてしまうかもしれません。

AKB48の3人がアクティブ型の投資信託を購入! ~第17回 アクティブ型投資信託の積み立てを開始 &身近なところから有望な個別株を探してみる!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー3人。日本株の値動きは堅調で、日経平均株価は2万円台に突入(取材は2017年6月時点)。そんななか、インデックス型の投資信託のみで運用していた3人のうち、2人が今回から日本株のアクティブ型投資信託の積立を開始!さらに個別株での運用も検討し始め、これまであまり順位が変動しなかった運用バトルに、変化の兆しが出てきた……⁉

たった「100円」から投資信託の積立ができる! 流行のロボ・アドバイザーからノーロード投信まで、 今どきの投信サービスはこんなにも進化している! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資初心者を取り込もうと、NISAやiDeCo以外にも、ネット証券各社が販売する投資信託サービスは昨年から大きく変化している。その変化とは、大きく次の3つ。1)ノーロード&信託報酬の低い投資信託が増加! 2)投資信託の最低購入価格が100円に引き下げられる! 3)「ロボ・アドバイザー」サービスが各社から登場。今回は、こうした投資信託に関する最新サービスを解説していこう。低コストとは、くわしく言うと、「ノーロード(購入手数料無用)」と「低信託報酬」のことだ。

AKB48の3人がアクティブ型投資信託の勉強を開始! ~第16回 日経平均株価より成績優秀なアクティブ型 投資信託の特徴と、銘柄を選ぶ際の注意点とは?~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託など!」「資金を数カ月貯めてから買うのもアリ!」というルールに基づき、投資信託の運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー3人。北朝鮮危機やフランス大統領選への懸念から、4月に入り日経平均は調整していたが、政治リスクの後退で、株価は戻り基調に(※取材は2017年5月時点)。中村麻里子の卒業で3人になったメンバーは、「アクティブ型投信」への投資で成績アップを狙う!

【2017年 最新版】 「インデックスファンド」コスト比較ライキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは? - 投資信託おすすめ比較[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最近、インデックスファンド(インデックス型投資信託)の「信託報酬引き下げ競争」が盛り上がっている。運用コストが下がるのは個人投資家にとって非常にありがたいのだが、「結局、どのインデクスファンドが一番お得なのか」が、よりわかりにくくなってしまった。また、投資信託の運用には、わずかだが売買委託手数料など、その他の「隠れたコスト」も発生している。本当にお得なインデックスファンドを選びたいなら、信託報酬以外のコストも加味した「実質コスト」も比較したい。そこで、超低コスト・インデックスファンドの「信託報酬」と、運用報告書などから計算した「実質コスト」を比較し、ランキングを作成した。

AKB48の4人が「2017年の運用目標」を大公開! ~第12回 2016年の相場を振り返りながら、 2017年にどんな運用をするか、目標を立てよう!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を入れる」などのルールに従い、投資信託の積み立てを中心とした運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー4人。第12回の取材時は、ちょうど2016年の年末。そこで、2016年の運用を振り返りつつ、それぞれが2017年の目標を発表することに。果たして、その目標の内容とは?(1月21日発売のダイヤモンド・ザイ3月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中)

AKB48の4人の成績はトランプ相場で急上昇! ~第11回 ETF(上場投資信託)を使って、 通常の投資信託よりも機動的な売買をしよう!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISAでの投資信託の運用バトルに挑戦中のAKB48メンバー4人。取材時は、ちょうどトランプ相場が始まったタイミング。トランプ氏の米国大統領選の勝利により、日経平均株価はいったん急落。しかし、翌日からは一転して上昇、メンバー4人の利益も大きく増えた。 今回は急落時に機動的に買い増しをするため、4人が日経平均株価に連動するETFの買い方を学ぶ!(12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中)

投資初心者に「投資信託」の積み立てをおすすめする 5つの理由! 自動的に「銘柄&時間の分散」ができ、 まとまった資金がなくても始められる簡単投資術! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:少額から手軽に投資できる「投資信託」のキホンを再確認しよう!ダイヤモンド・ザイ5月号では、投資の初心者に向けて、「貯める&増やす投資入門」という特集を掲載。「投資の鉄則」「原則として元本割れしない安全な商品」「金投資」「増やす投資信託(株式型投資信託)」「分配金を受け取る投資信託」という5つのパートで、目的に合わせたわかりやすい投資対象の選び方を特集している。今回はその中から、少額の元手でじっくり資金を増やしたい人におすすめしたい、「増やす投資信託」のパートを抜粋。投資信託は「積み立て投資」ができるため、「資金がない」「何を買ったらいいかわからない」という人に適している。初心者の人はもちろん、すでに投資信託を買ったことがある人も、ここで改めて投資信託のキホンをおさらいしてみてほしい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.