投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


仁義なき「住宅ローン金利引下げ戦争」が勃発! 住信SBIネット銀行が、りそな銀行に対抗して、 緊急引下げによる「変動金利0.428%」を実現 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:仁義なき「住宅ローン金利引下げ戦争」が勃発している。5月8日に住信SBIネット銀行は、異例となる月中での金利引き下げを断行し、変動金利(借り換え)を0.439%から0.4287%に引き下げると発表した。これは、りそな銀行が5月1日に変動金利(借り換え)を引き下げ、トップの座を奪われたことに即座に対抗したものだ。住宅ローンの変動金利は昨年以降、急速に金利が下がっており、現在は0.5%を割り込むのが当たり前という史上最低水準になっている。「金利引下げ戦争」はどこまで加熱するのだろうか。

住宅ローンの変動金利が激戦区に! りそな銀行が0.429%と史上最低金利を発表 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの金利引き下げ競争が激化している。各銀行は「変動金利」をメーンの商品として考えており、金利は0.4%台まで低下。5月1日には、りそな銀行が変動金利(借り換え)を0.429%という史上最低水準まで引き下げた。この競争はいったいどこまで続くのか、また将来、金利を引き上げる可能性はあるのだろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.