Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 節税メリット

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


3つの「NISA」と「iDeCo」の違いやメリットを解説! 資産形成には税制優遇が受けられる「NISA・つみたて NISA・ジュニアNISA」と「iDeCo」を活用しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「NISA」や「iDeCo」の仕組みやメリットを解説! 資産形成で1億円を目指すなら、節税効果のある「NISA」や「iDeCo」を活用しよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の大特集は「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」。人生で必要なお金の内訳や、上手にお金を貯めるためのルールを紹介するほか、投資に抵抗感がある人にもわかりやすく、株や投資信託の運用効果を解説している。また、株や投資信託で資産を大幅に増やした個人投資家のワザも紹介しているので、初心者も投資経験者も必見だ! 今回はこの特集から、資産形成に役立つ制度「iDeCo」と「NISA」について解説した記事を抜粋。資産形成の基本は、”出費を減らし、収入を増やす”こと。出ていくお金のうち、税金は「iDeCo」や「NISA」を活用することで大幅に減らせる。ここでは、そんな「iDeCo」「NISA」の仕組みやメリットについて解説するので、これまで活用できていなかった人は、参考にしてほしい!

「つみたてNISA」による資産の増え方や節税効果を シミュレーションした! 毎月1万円でも、投資先に よって利益は100万円超、節税額は40万円超の差に! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の効果を徹底検証! 20年間積み立て投資を行うと、実際に資産はどれくらい増えるのか、投資対象によって資産の増え方はどう違うのか。さらに節税額や、信託報酬による違いをシミュレーション。「つみたてNISA」でのベストな投資法を解説します。

iDeCoの掛金を「確定申告」「年末調整」で取り戻す 方法を解説!自営業者は確定申告が必須、給料から 天引きされない会社員は年末調整か確定申告しよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の税制優遇の仕組みをつかって、掛金の一部を「確定申告」「年末調整」で取り戻す方法を解説!「iDeCo」は掛金の全額が所得控除の対象になる、節税メリットの大きい制度です。しかし、きちんと「年末調整」や「確定申告」をしなければ、その税制優遇も受けることができません!そこで今回は、税制優遇を受けるための「年末調整」や「確定申告」の方法を、会社員や公務員、自営業者の場合にわけて紹介します。

40代から「iDeCo」を使って老後資金を増やす方法! 「iDeCo」以外の資産も考慮して、節税メリットと 期待リターンを計算する効率的な運用戦略を伝授! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:40代の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の攻略法を解説!「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、掛金が全額所得控除になるだけでなく、運用益が非課税になるなど、節税メリットが大きく、老後の資産形成にお得な制度です。40代については、「これからiDeCo口座を開設する人」と「すでにiDeCo口座を保有している人」がそれぞれ一定数いらっしゃるかと思います。そこで今回は、その2つのパターンを想定して「40代のiDeCo攻略法」と「iDeCoでの資産のポートフォリオ」を考えていきます。

「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も 優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ! 60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」と「NISA」「つみたてNISA」のなかで、最も節税メリットがあってお得な制度を紹介! 「iDeCo」と「NISA」のどちらを優先するかは悩ましい問題です。どちらにもユニークな特徴があり、どちらにも若干の使いにくさがあるからです。さらにややこしいのは、2018年1月からスタートする「つみたてNISA」がその選択肢に加わることです。そこで今回は、「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」のどれを優先するのが最も有利になるか、また併用するならどのような考え方で活用するべきか、注意点も合わせて解説したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.