投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


米国株が好調で、S&P500は過去最高値を更新間近! 積極的にリスクを取って「JPモルガン・チェース」 「アップル」など金融株やハイテク株で勝負しよう! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週10月18日(金)のニューヨーク株式は、ジョンソン&ジョンソン(ティッカーシンボル:JNJ)のベビー・パウダーが一部リコールされたというニュースと、ボーイング(ティッカーシンボル:BA)が新型機737MAXの欠陥に関して連邦航空局に誤解を招く説明をしたというニュースのダブルパンチで急落しました。しかし、S&P500指数は2,986.20で、今年7月26日につけた過去最高値である3027.98から-1.4%の水準に肉薄しており、最高値更新の夢が消えたわけではありません。このところ動きがいいセクターとしては、半導体などのハイテク株を挙げることが出来ます。加えて、先週発表されたメガバンクの決算が総じて良かったことを受け、金融株も堅調です。

来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2000~2万3000円! 当面は2万2500円付近で 値固めをしつつ、さらなる「上値追い」の可能性も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 米中通商問題については、まだ第1段階であり、中国側は詳細を詰めるためのさらなる協議を今月末にも持ちたい意向を示すなど、問題が解決した訳ではありませんが、これまでの過度な警戒感は和らいでいます。そんな中、来週(10月21日〜25日)の日経平均株価は、年初来高値を更新したことにより、いったんは達成感が意識され、2万2500円での値固めの動きとなりそうです。

2020年3月期の中間決算で「業績上振れ」が期待できて 株価が上がりそうな銘柄を発掘! 第1四半期の進捗率 が高かった「カプコン」や「コメリ」などが狙い目! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「業績上振れが期待される銘柄」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。10月10日から始まり、その動向が注目されていた米中閣僚級協議ですが、トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相はホワイトハウスで会談した後、「非常に重要な第1段階の合意に達した」と述べ、通商協議で部分合意したと表明しました。いったんは米中貿易戦争が深刻化する事態がひとまず回避されたことで、市場の関心は、今週から本格化する米国の決算発表シーズンに移るでしょう。国内でも、10月下旬から決算発表が本格化します。

来週(10/15~18)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1400~2万2200円! 米国による「対中追加関税」 が延期されれば、日経平均株価のさらなる上昇も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/15~18)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月15日~18日)の日経平均株価ですが、まずは米中の閣僚級協議で部分的な合意がみられるかが重要視されるでしょう。もし、10月15日からの対中追加関税の延期が示されるようだと、リバウンド基調が強まることが期待できます。

【茨城県境町】ふるさと納税の返礼品ランキング! 「ふるさと納税」の受入件数が全国17位の境町で、 もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「茨城県境町」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「境町」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!

日米貿易協定 小売り外食歓迎

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日米が署名した貿易協定が発効すれば、米国産牛肉や、ワインなどの輸入関税が下がり、消費者には恩恵となる。小売りや外食業界などは歓迎し、米国による追加関税を回避できた自動車業界からも安堵(あんど)の声。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日米貿易協定、最終合意し署名
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6338912
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/10/09 08:02:56 投稿番号: 40460

日経平均株価は、当面2万930〜2万2256円の間を 推移! 10月10日からの米中貿易協議で合意に至れば 「外需株」が、不調に終われば「内需株」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国は、貿易問題を巡る中国との閣僚級協議を10月10〜11日にワシントンで開きます。これは足元の株式市場にとっては、最大の関心事であり、最重要イベントです。このため、7日の東証1部の売買代金は1兆5251億円と、9月3日以来、約1カ月ぶりの低水準でした。多くの投資家が、この協議を前に様子見を決め込み、積極的な売買を手控えた結果です。なお、この日は、「中国の当局者が、トランプ米大統領が求める幅広い通商協定に合意することに一段と消極的な姿勢を示している」との報道が警戒材料になりました。

【宮崎県都城市】ふるさと納税の返礼品ランキング! 「ふるさと納税」の受入件数が全国2位の都城市で、 もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「宮崎県都城市」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「都城市」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!

米国株の中で「株価10倍」が期待できるのは「ピンタ レスト」と「ビヨンド・ミート」の2銘柄! 事業内容が ユニークで、他社にはない強みを持つ銘柄が狙い目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株の中で、次の「10倍株」が狙えるのは「ピンタレスト(PINS)」と「ビヨンド・ミート(BYND)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる! この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、米国株に投資したい人は必見だ。今回は別冊付録の中から、将来の「10倍株」になる可能性を秘めている米国株2銘柄を抜粋! 他社にはない強みを持っていて、事業の急成長&株価の急上昇が期待できる銘柄をピックアップしている。今回紹介する2銘柄も、ユニークな事業内容が注目されている企業なので、ぜひチェックしてほしい!

「ツイッター」は“東京オリンピック”と“大統領選挙” の関連銘柄! 悪質ユーザーの排除で業績改善を果た した「ツイッター」に、来年さらなる成長の可能性が - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:業績改善が著しい「ツイッター」について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! ツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)は、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)と並んでSNSの草分け的存在ですが、業績面では大きく水をあけられており投資家からも見放されていました。しかし、最近は収益性改善に向けた地道な努力が実を結んで、見違えるほど良い銘柄になりつつあります。お行儀の悪いユーザーを放置していました。フェイスブックと違い匿名でアカウントを開設できる手軽さも手伝って、荒らし放題の状態となっており、広告主が安心して出稿できるような環境とは言えませんでした。

米国株の中で“連続増配が10年以上”で、業績も好調な 「高配当株」2銘柄を紹介! 連続増配57年目の「コカ・コ ーラ」、連続増配13年目の「デーク・エナジー」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株の高配当株のうち、「安定した収益を出している大企業」で、「10年以上も連続増配中」の2大条件を満たす注目株は「コカ・コーラ(KO)」と「デューク・エナジー(DUK)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる! この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、日本株だけでなく米国株にも投資したい人は必見だ。今回は別冊付録の中から、「高配当株」と位置付けられる米国株で、特に注目の2銘柄を抜粋! 株主還元に積極的な銘柄の多い米国株市場には、10年以上増配を続けている銘柄も多い。今回紹介する2銘柄も連続増配中で、なおかつ業績も安定しているので、長期で配当収入を狙っていきたい人は、ぜひチェックしてほしい。

来週(10/7~11)の日経平均株価の予想レンジは、 2万800~2万2200円! 米中閣僚協議の行方や「安 川電機」「ファーストリテイリング」の決算に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/7~11)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月7〜11日)の日経平均株価は、波乱含みの相場展開を意識しておく必要がありそうです。国慶節明けとなる中国市場の動向が注目されるほか、何よりも10月10日から開催される米中閣僚会議の行方に市場の関心が集まるでしょう。今回の米中閣僚会議では暫定的な合意にとどまり、米中摩擦は長期化するとの見方が大勢です。

日経平均株価は、2万1223〜2万2256円のレンジ 相場に! 一方、マザーズ指数が不調なので、当面 は「好業績の大型株」や「金融セクター」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 0月1日に発表された9月の日銀短観では、米中貿易摩擦の長期化や海外経済の減速の影響を受け、大企業・製造業のDI(業況判断指数)は前回から2ポイント悪化のプラス5でした。これは3四半期連続の悪化で、2013年6月調査のプラス4以来、6年3カ月ぶりの低水準でした。なお、10月1日の日経平均株価上昇の主因は、米中問題への警戒ムードが後退したためです。具体的には、「米国市場に上場している中国企業の上場廃止を米政権が検討している」との9月27日の報道を、米財務省報道官が否定しました。

小型成長株が軒並み急落している今こそ、好決算企業 の絶好の買い場に! ズームやクラウドストライク、 ロク、オクタなど「今買うべき銘柄」はこれだ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:IPOしたばかりの注目の若手銘柄について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! このところ小型急成長株の株価下落がキツイです。投資家のセンチメントが暗転した一因は、ウーバー(ティッカーシンボル:UBER)、リフト(ティッカーシンボル:LYFT)、スマイルダイレクトクラブ(ティッカーシンボル:SDC)、ペロトン・インタラクティブ(ティッカーシンボル:PTON)などの前評判の高い新規公開(IPO)株が次々に急落したことによります。ウィーワークの親会社、ウィー・カンパニーのIPOが需要不足で延期されたことも響きました。

日米新協定 農家「追い討ち」

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日米が最終合意した新たな貿易協定について、日本国内の肉牛農家からは危惧(きぐ)する声が上がっている。ある酪農家は、「われわれのような零細の酪農家には、さらに追い討ちをかけることになる」と語る。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日米貿易協定、最終合意し署名
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6337943
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/09/29 09:33:04 投稿番号: 40297

来週(9/30~10/4)の日経平均株価の予想レンジ は、2万1400~2万2200円! 消費増税や幼児教育 の無償化、食品ロス削減法の施行が物色の材料に! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(9/30~10/4)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(9月30日~10月4日)は10月相場入りとなりますが、10月10日~11日に米中の閣僚級の貿易協議がワシントンで開かれる予定なので、これを見極めたいとする模様眺めムードにより引き続き“こう着感”が強まりやすいでしょう。

2019年・秋以降に「日本株で儲ける投資戦略」を紹介! 米中貿易摩擦の影響が少ない「好業績で進捗率が高い 株」や「株価下落の反動が狙える景気敏感株」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年後半に日本株で稼ぐための「2つの投資戦略」を公開! 狙うべきは「好業績&高進捗率の株」や「景気敏感株」で、該当する注目銘柄もピックアップ! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「6つのリスクから読み解く 日本株の新投資戦略」を掲載! 米中貿易摩擦や消費税の増税、英国のEU離脱問題など、先行きが不安になるようなニュースが多い今、どう行動するのがベターなのか、頭を悩ませている人も少なくないはず。そこで、この特集では、いま日本株に投資するうえで注意しておきたい点を「6つのリスク」として整理。さらに、そのリスクを踏まえたうえでの、ストラテジストなどによる「日経平均株価の予測」や、リスクを逆手に取った投資戦略も紹介している。今回は、リスク山積みの相場環境でも負けない投資戦略を紹介! ダイヤモンド・ザイ11月号の誌面では4つ取り上げているが、ここではそのうちの2つを抜粋するので、参考にしてほしい!

2020年・夏までに「日経平均株価」は2万3000~4500 円まで上がる! 日本株に影響を与える「6つのリスク」 と、2020年・夏までの「日経平均株価」の動きを予測! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・秋~2020年・夏の日経平均株価の値動きを予測するとともに、今後の日本株市場に影響を与える「6つのリスク」を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「6つのリスクから読み解く 日本株の新投資戦略」を掲載! 米中貿易摩擦や消費税の増税、英国のEU離脱問題など、先行きが不安になるようなニュースが多い今、どう行動すべきか頭を悩ませている人も少なくないはず。そこで、この特集では、いま日本株に投資するうえで注意しておきたい点を「6つのリスク」として整理。さらに、そのリスクを踏まえたうえでの、ストラテジストなどによる「日経平均株価の予測」や、リスクを逆手に取った投資戦略も紹介している。今回は、2020年・夏までの日経平均株価の見通しと、投資戦略を考えるときに注意しなければならない「6つのリスク」を解説!

米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは? 「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資を して、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「米国株」投資をする際には、「日本株」では直面することがない「為替」と「税金」の問題に要注意! 証券口座に投資資金や受け取った配当金の「米ドル」をそのまま放置していたら、「為替差益」が発生して面倒な「確定申告」が必要になるケースも!「米国株」投資をしながらも、「為替差益」に伴う面倒な「税金」の処理をしなくて済む「裏ワザ」として、「銀行」を上手に活用する法や、ある「投資信託」を有効活用する方法を伝授!

日経平均株価は、FRBや日銀の金融緩和により堅調 に推移! 好業績で信用倍率の低い大型株のほか、 「ディー・エヌ・エー」などのゲーム株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。ECB、FRB、日銀といった主要中銀が金融緩和を強化、または超絶金融緩和が維持していることが主因です。ECBは、9月12日に中銀預金金利をマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げると同時に、量的緩和を11月に再開すると決めました。また、FRBは17~18日のFOMCで、政策金利を0.25%引き下げ、7月に続く利下げに踏み切りました。そして、日銀は18~19日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和政策の現状維持を決めました。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.