Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 米中間選挙

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は3〜6カ月程度「26週移動平均線」が 抵抗線に! 下げ相場では「なる早」で損切りし、 「バイ・アンド・アホールド」は絶対に避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の資本市場を大胆分析! 非常に難易度の高い相場になった。これが今の相場に対する率直な印象です。なぜなら、11月8日までの日経平均株価は落ち着きを取りもどしましたが、その後、戻りが一服し、再び、調整色を強めているからです。11月8日まで日経平均株価が戻った主因は、米国株式市場が強い動きとなったためです。11月6日投開票の米中間選挙は、市場の事前予想通り、与党共和党が上院の過半数を維持した一方、下院は民主党が過半数をとりました。上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」になったことで、トランプ政権と民主党が手を組み、インフラ投資拡大につながるとの期待が高まりました。その結果、7日のNYダウが前日比545.29ドル高の2万6180.30ドルと、大幅に3日続伸し、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えたのです。

トランプ大統領の「インフラストラクチャー法案」が 来春いよいよ動き出す!? 法案が現実化により 値上がりが期待できる要注目の関連銘柄5社を紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄氏が、米国株式市場の注目ポイントを解説! アメリカの老朽化したインフラストラクチャーを何とかしたい!というのはトランプ大統領の懸案のひとつです。11月6日に実施された米国中間選挙では、民主党が下院を、共和党が上院を支配しました。つまり「ねじれ構造」になったわけです。その場合、殆どの法案は下院の民主党が阻止すると思われますので、なにも決まらない状態になると思います。ただ数少ない例外として、インフラストラクチャー法案は、あんがいスンナリと通過する可能性があるのです。その理由は、インフラストラクチャーの刷新は民主党の公約でもあるからです。

米中間選挙の結果の「ねじれ状態」を市場関係者は 好感!? 「中間選挙後は景気敏感セクターを買え!」 というアノマリーは、今年も成り立つのか! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年11月6日(日本時間7日)に実施された米国の中間選挙の結果を受け、米国在住でザイ・オンラインでも連載中のアナリスト・広瀬隆雄さんが緊急寄稿! 11月6日に実施された米中間選挙の結果は、大方の予想通り、下院を民主党が、上院を共和党が支配しました。ノー・サプライズなので市場は大きく動かないはずです。投資家のフォーカスは2年後の大統領選挙へと移ってゆきます。株式にとっては支援的な環境が出来上がったと言えます。

米中間選挙は株式市場にマイナスの影響は与えない! 選挙後、相場が荒れるようならFRBが利上げを ストップするので、今は積極的に買い向かうのが吉! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:広瀬隆雄氏が、米中間選挙を控えた米国株式市場を解説! 米国株式市場は、神経質な動きが続いています。先週の米国株式市場はS&P500指数が-3.9%、ダウ工業株価平均指数が-3%、ナスダック総合指数が-3.8%でした。今回の急落は、10月に入ってから起こりました。一体、何が引き金になったのでしょうか? その原因は、市中金利の上昇に求めることが出来ると思います。10月に入ると、米国10年債利回りがスルスルと上昇し始め、10月5日には利回りが3.23%をつけました。これで、市場参加者の戦意がすっかり萎えてしまったのです。

日経平均株価は米中間選挙が終わるまで調整局面に! 今は無理して相場を張る時期ではないが、それでも 売買したいなら、年初来高値などの強い銘柄を! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株の状況と今後取るべき戦略をズバリ解説! 日経平均株価は下落基調を強めています。そもそも、ここ最近、25日移動平均線(10月22日現在2万3382.36円)を下回って推移しているため、地合いは非常に悪いのです。今回の相場急落のきっかけは、米長期金利の急上昇でした。これが、米国株の急落と外国為替市場でのドル安・円高を引き起こしたのです。このような状況下、トランプ米大統領は、10月22日、中間所得層向けに10%の減税を検討していると表明しました。11月6日の中間選挙の直前となる11月初めごろに発表される可能性があるようです。正直これは選挙対策の単なるアドバルーンの可能性が高いとは思います。しかし、一応、米債券の売り材料でもあります。

日経平均株価の2018年後半~2019年の動きを予測! 11月の米・中間選挙前に株価は下落、選挙後に一時的 に上昇するも、2019年は先行き不透明感で再び軟調に - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の2018年後半の見通しを、専門家が予測!8月21日発売のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から、「2018年後半の日経平均株価の予測」についての記事を抜粋して紹介しよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.