Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 米中首脳会談

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


G20での米中首脳会談により、ファーウェイへの輸出 規制が解除! 株価が不調だった5G関連銘柄の中でも 「ザイリンクス」と「クアルコム」の上昇に期待! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:G20で行われたトランプ習近平会談で、ファーウェイへの輸出規制が解除! その影響を米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週、大阪で開催されたG20においてトランプ習近平会談が行われ、「対話を再開しよう!」ということが確認されました。また米国側は、3250億ドル相当の中国からの輸入品に対し10%の関税を課す、いわゆる第3ラウンドの関税の適用を当面見合わせると発表しました。さらに、最も重要な点として、ファーウェイに対して現在課している輸出規制を緩和することが発表されました。トランプ政権は、2つの方法でファーウェイを排除してきました。ひとつはファーウェイ製品をアメリカの通信会社が購入することを大統領令で禁止するという方法です。

来週(7/1~5)の日経平均株価の予想レンジは、2万 1100~2万1700円! G20の米中首脳会談の結果が 「協議継続」程度でも、日本株にはプラス材料に! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(7/1~5)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週の日経平均株価は、G20大阪サミット(主要20カ国・地域首脳会議)の開催を週末に控えて、こう着感の強い相場展開となりました。週半ばには、早期利下げ期待が後退したことを受けた米株安の流れから下落する局面も見られましたが、日経平均株価は25日移動平均線が位置する2万1000円での底堅さが意識されています。

来週(6/24~28)の日経平均株価の予想レンジは 2万1100~2万1600円! 来週のG20大阪サミット で実施される「米中首脳会談」の行方に注目しよう - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(6月24〜28日)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(6月24〜28日)の日経平均株価は不透明要因が多いですが、下がりづらく、リバウンド基調が継続すると見ています。まず注目したいのは、週末から開催されるG20大阪サミットでしょう。トランプ大統領が米中首脳会談を開催する意向を示していることもあり、協議継続といった程度ですが、それでも米中関係が改善される期待感から下を売りに行く動きにはなりづらいでしょう。中国と米国の交渉チームは、米中首脳会談の準備のため、6月25日にも大阪で会合を開く見通しと伝えられており、協議進展期待が高まることになりそうです。

日経平均株価は「ダブル・トップ」を形成し、中期の 下落トレンドを継続中! 「税還付狙い」の損切りの 増加で、年末に向けては売り圧力の強い状態が続く! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、11月8日に2万2583.43円を、12月3日に2万2698.79円を付けて、チャート的に「ダブル・トップ」を形成したものの、それは「ダマシ」となり、現在は既に25日移動平均線を割り込み、再び「弱気相場」入りしました。ただし、これは短期の話です。中期の下落トレンドは継続中との認識です。このため、短期的な戻りがあっても、それは単なる「アヤ戻し」となる可能性が高いでしょう。そして、「アヤ戻し」の限界は26週移動平均線付近です。なお、日経平均株価が12月3日まで7連騰し、2万2698.79円を付けた主因は、1日の米中首脳会談で、米国が年明けに予定していた中国製品への追加関税引き上げなどを90日間猶予すると決めたことでした。

日経平均は、依然として26週移動平均線が抵抗線に! ソフトバンクやレオス・キャピタルワークスなど、 12月のIPOラッシュを呼び水にした資金流入に期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の日本株市場を大胆分析! 日米株式共に冴えない動きが続いています。現時点での最大の理由は、米中首脳会談の行方が不透明だからです。11月30日~12月1日にアルゼンチンで開かれるG20首脳会議に合わせて、トランプ大統領と習近平国家主席が会談する予定です。ここで、貿易戦争が「いったん休戦」なら好感され相場は急上昇、しかし、「物別れ」なら嫌気され急落する可能性がある以上、リスク回避的な多くの投資家は株式を買うことを躊躇するのは当然です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.