Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 米国10年債利回り

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は「底割れ」したものの、1カ月以内に 短期的な「バーゲンハンティング」のチャンス到来! ただし、26週移動平均線が「戻り限界」と考えよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが今の株式市場をズバリ解説! 日米株式市場は、残念ながら、危惧していた展開になっています。日経平均株価は、それまでの1番底だった10月26日の2万0971.93円を、12月19日に一時2万0880.73円を付けて「底割れ」しました。その後は「釣瓶落とし」となりました。この主因は、米国株式相場がナイアガラ状態に陥り、外国為替市場でもドル安・円高が進行し、VIX指数(恐怖指数)が急騰し市場のボラティリティーが上昇したためです。この結果、投資家がリスク資産である株式を売って、米国債や円など安全資産を買う動きが加速しています。

米国株式市場が急落するも、要因となった長期金利の 上昇はひと段落! 今週の押し目買いの好機には、 ドル高の影響が少ない小型化ハイテク株に妙味が! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:急落した米国市場の行方を広瀬隆雄さんがズバリ解説! 先週、米国株式市場が急落しました。金曜日にはバーゲン・ハンティングの買いが入ったものの、週間ベースでのパフォーマンスはS&P500指数が-4.1%、ダウ工業株価平均指数が-4.2%、ナスダック総合指数が-3.7%でした。株式市場が下落した理由は、このところ米国の長期金利がスルスルと上昇していたことによります。長期金利が上昇した理由は、原油価格の上昇とアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)が最低賃金を15ドルに引き上げると発表したことが賃金インフレに対する懸念を煽ったことによります。

米国株の「決算発表シーズン」が今週から開幕! 金利環境がよく、資金が米国に流れ込んでいる今、 来週以降のテクノロジー株や石油株の決算に期待! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今週から、2018年第2四半期の決算発表シーズンについて、徹底解説! 今週の主な企業の決算発表日とコンセンサス予想は、以下の通りです。今週から始まる第2四半期決算発表シーズンは、やや精彩に欠くスタートにならざるをえないと思います。しかし来週以降、決算シーズンは尻上がりに好調になると見ています。その理由はテクノロジー株や石油株の決算発表が始まるからです。今年のS&P500指数のEPSは、160.99ドルがコンセンサスとなっています。来年は176.91ドルです。向こう12カ月のEPS予想に基づいた現在のS&P500の株価収益率(PER)は、16.2倍です。これは過去5年間の平均値とピッタリ一致しています。つまりアメリカ株は、適正なバリュエーションだということです。

第1四半期決算発表が絶好調ゆえに、ウォール街は 「ハイ・ウォーターマーク」にピリピリ!? 実際は 割高ではない米国株だが、アップルの決算は要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週のキャタピラーの決算発表の際、「ハイ・ウォーターマーク」という言葉が物議を醸しだしました。いま、アメリカの企業業績はすこぶる良いし、株式市場全体のバリュエーションも適正です。しかし、長期金利が上昇している折、市場参加者は「業績のピークが来るのではないか?」とピリピリしています。全体としては未だ心配には及びませんが、図体の大きいアップルがちゃんとした決算を出すことが出来るかどうかに注目です。

次回のFOMCでは「0.25%の利上げ」を予想! 長期金利が年末には3.5%前後まで上がりそうだが、 「業績相場」の局面では金利の逆風は当たり前! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週の米国株式市場は、貿易戦争激化の懸念などから週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-1.5%、S&P500指数が-1.2%、ナスダック総合指数が-1%でした。今週のハイライトは、3月20日、21日の2日に渡って開催される連邦公開市場委員会(FOMC)です。そこでは、米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(FFレート)の0.25%の引上げが発表されると予想されています。12月19日の時点でのFFレートの確率は、下のチャートのようになっています。中心値は「2.25%」で、確率は38.4%になっています。現在のFFレートは1.5%ですから毎回0.25%刻みで利上げが行われるとして2.25%に届くためには3回の利上げが必要です。つまり市場参加者は、今年の利上げ回数を3回と予想しているのです。

米国市場は下落するも、カギを握る200日移動平均線 は死守! 反騰し、上値を追える条件が整った今、 狙うべきは決算発表で好業績を示したあの銘柄! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週の米国株式市場は、2月に入ってからの軟調な地合いを引き継ぎ、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-5.2%、S&P500指数が-5.17%、ナスダック総合指数が-5.15%と続落しました。S&P500指数は一時高値から-10%を記録し、いわゆる「調整局面」が成立したことになります。S&P500指数の200日移動平均線は、2539.26にあります。トレーダー達は、S&P500指数がこの水準を死守できるかどうかに注目していました。先週金曜日、S&P500指数はこの水準めがけて急落、そこから急反発しました。結局、大引けは下ヒゲで終了しています。つまり、テクニカル的には、今週から上値を追ってゆける条件が整ったのです。

日経平均株価が大暴落は「短期的な需給の崩れ」! 「日本経済の腰折れ」が原因ではないので、 底入れすれば需給が改善し「V字回復」が実現する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2月6日前場の日経平均株価は、前日比1194.21円(5.26%)安の2万1487.87円と、大幅に3日続落しました。今週に入り、1786.66円(7.68%)もの急落となっています。私自身、前回の当コラムで指摘したように、当面は「決算対策売り」+「持ち合い解消売り」で、東京株式市場の需給は良くない状況が続くことを覚悟はしていました。しかしながら、米国株の想定以上の急落を受け、危惧していたことが、想定以上の値幅を伴った規模で実現してしまった。これが今の悲惨な相場状況に対する第一印象です。2月5日のNYダウは、大幅に3日続落、前週末比1175.21ドル安の2万4345.75ドルと、下げ幅は史上最大となり、NYダウの全構成銘柄が下げました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.