投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


北朝鮮の核実験強行はほぼ確実にある! 米軍が軍事行動に出たら日本株はどうなる - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月25日は朝鮮人民軍創建の日「建軍節」です。北朝鮮が6度目の核実験を行うのではないか――緊迫の度合いが高まっています。核実験は一度準備を始めると簡単には止められないため「どこかで北は核実験を強行する」と、世界の政治経済に精通した金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が報じています。その場合、米国はどう出るのか、日本にはどんな被害が及ぶのか、そしてマーケットはどう動くのか!?

東芝(6502)よ、なぜそれほどに死に急ぐ!? 「地獄の扉」は開かれた、生還する唯一の策は… - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:かつて日本を代表する電機メーカーであった東芝が、いよいよ市場から退場を迫られそうになっています。大企業であることと日米原子力協定の存在ゆえさまざまな特別扱いを受けてきましたが、現経営陣の予想を上回る無能ぶりのため自滅の道を突き進んでいます。すでに尽きかけている命運ですが、存続のためにできることがあるとすれば……。

今、北朝鮮有事があれば為替・株が危ない! 4.15金正恩の行動を最大限に警戒せよ - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米中首脳会談が終わりました。そして習近平が傍にいるその時に、トランプはシリア攻撃を命令しました。両国の駆け引き、米政権の裏事情、中国指導部内の抗争、ロシアとのパワーバランス、中東におけるプレゼンス、韓国大統領選の動向、そして日本の置かれた状況…etc.今、世界は緊迫の中で動いています。刻一刻と変化する国際情勢を見逃してはなりません。

米国がついに北朝鮮攻撃に踏み切る!? 「金正恩斬首作戦」決行のXデーに備えよ - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮情勢の緊迫度が臨界点に――ついに米国が北朝鮮攻撃に踏み切ろうとしています。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」ではここのところかなりの紙面を割いて解説しているテーマですが、投資家にとっては緊急事態であるため今回の連載では「闇株新聞プレミアム」で報じられたポイントのみを簡潔にお伝えします。マスコミ報道は一向に伝えませんが、事実を整理し自分の頭で考えれば自ずと取るべき行動が見えてくるはずです。

TASAKI(7968)がMBOで上場廃止へ 黒幕ファンドがもくろむ企業転売のスキーム - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月24日、真珠養殖とジュエリー販売のTASAKI(東証1部:7968)がMBO(マネジメントバイアウト=経営陣が参加する買収)を実施すると発表しました。「海外進出に伴う一時的な業績や財務基盤の悪化が想定され、上場を廃止して経営の自由度を高めるため」と報道されていますが、金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」は最新号で「過去の経緯から額面通りにには受け止められない」とその背景を解説しています。

今年は本当にバブルになるのか!? 世界経済史3大バブルから検証! - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』は昨年末から「2017年はバブル元年である」と書き続けています。ただし、現在の株価が高値圏にあるので“弾けることを警戒せよ”と言うのではまったくない。むしろ「まだまだここから得られる恩恵が多いと考えるべき」としています。今回の本連載は、「闇株新聞」が過去のバブルを読み解くことで今後のバブルについて考察します。

わずか1兆円で日本経済は大打撃を受ける! 某国に狙われるとヤバイ上場企業とは? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:もし某国が「日本にダメージを与えるため上場企業の1社を買い占めて支配する」ことを画策したら、どこが狙われるでしょうか。先週、政治・経済のプロも愛読する刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」で、こんな“お題”が出されました。日本には技術力を誇る世界企業が幾つもありますが、競合による代替がきかず、某国にすれば少ない資金(ヒント:1兆円もあれば十分)で最大のダメージが発生する企業です。

投資の神様バフェットはなぜ、 時価総額世界一のアップルに投資したのか? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資の神様ウォーレン・バフェットが率いる投資持ち株会社バークシャー・ハサウェイが今年1月、アップル株式を7000万株以上買い増していたことがわかりました。これで総保有株数は1億3300万株となり第5位の株主に躍り出ました。なぜ今、バフェットはアップル株を大量保有するに至ったのか。世界の政治・経済に精通し、金融のプロも愛読している刺激的なメールマガジン「闇株新聞プレミアム」が分析します。

金正恩殺害を米トランプ大統領が本気で画策!? テレビが報じない緊迫の北朝鮮情勢とは? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株は相変わらずの絶好調、史上最高値の更新が続いています。政治経済のプロが愛読する刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』はかねてより、現在の相場を「典型的なバブル初期」と分析しています。投資家にとっては幸せな状況ですが、世界を大混乱に陥れかねない危険な兆候も…。北朝鮮の暴走に業を煮やした米国が、遂に金正恩襲撃計画を実行する可能性が高まったというのです。大マスコミの情報では決してわからない「切迫した状況」を闇株新聞が伝えます。

虎の子の半導体事業を売りに出した東芝が、 それでも株式市場の勝ち組である理由 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:問題続出の東芝(6502)が2月14日、決算発表を1カ月延期すると発表しました。政治経済に精通し独自の視点から解説する刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、不可解な三本立てIRを出した2015年5月8日から継続的に「東芝の闇」に切り込んできました。日本を代表する電機メーカーであるはずの東芝はどこへ向かおうとしているのか? そして、闇を知り尽くした闇株新聞が「それでも東芝は株式市場の勝ち組である」と言い切る理由とは!?

株価絶好調のトランプ政権に「危険な兆候」 米政治システムが大混乱に陥る可能性も! - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:就任直後から大統領令に次々署名し、公約を実行に移しているトランプ米大統領。株価も過去最高値の更新が続き、市場もその政策を好感しているように見受けられます。しかし、その足元では閣僚人事を巡る大停滞と「危険な兆候」が……政治経済に精通し独自の視点で解説する刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が、指摘するトランプ政権の火種とは!?

思ったより早く出てきたトランプ大統領の円安批判。 熾烈な通商交渉となりそうな日米首脳会談の行方は? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:就任1カ月、トランプ大統領が選挙中の勢いそのままに飛ばしています。金融・経済政策では日本も名指しされています。今後の通商交渉では様々な攻撃・口撃を仕掛けてくることは必至。このやっかいな大統領に日本はどう対峙すべきか!? 経済のプロも愛読しネタ元にしていると評判の刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が徹底的に掘り下げて考えます。

ソニー(6758)が巨額減損で業績予想を撤回! 苦戦する映画事業を米大手企業に売却か!? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソニー(6758)は1月30日、「映画分野の営業権に関する減損計上のお知らせ」なるIRを発表し、2016年10~12月期に減損損失1121億円を営業損失として計上すると発表しました。2017年3月期の連結業績予想は売り上げ7兆4000億円、営業利益2700億円(うち映画事業は売り上げ9100億円、営業利益290億円)となっていましたが、全て2月2日の2016年10~12月期決算発表時に公表するとして引っ込めてしまいました。ソニーの映画事業はこれからどうなるのでしょう? 日本株や為替、世界経済について、明快かつ独特な視点で切り込む刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が解説します。

不自然なほど手厚く保護される「東芝(6502)」。 命運を握るカギは「日米原子力協定」にあった! - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝(6502)が米原発建設を巡り最大7000億円規模の損失を出す見込みとなりました。経済のプロも愛読する刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では2015年9月から、東芝の闇ついて取り上げてきました。問題がありすぎ焦点が絞りづらいのですが、最大の癌は原発事業にあります。どれだけ悪質な隠蔽をしても絶対に刑事事件化されない背景を探っていくと「日米原子力協定」の存在に辿り着きます。政府、官邸、経済産業省、捜査当局、東証が、不自然なまでに東芝を守るのはこのためだった!

トランプ新政権は日本経済によいことなし 円相場も日本株もしばらく調整になる! - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ新大統領誕生の日が刻々と近づいています。経済や金融のプロが愛読し、ネタ元にしている刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、トランプ氏当選直後からその政策が株価や為替に及ぼす影響を、次々明らかになる事実を基に予想しています。今後の相場の行方はトランプ氏当選前の経済状況やパワーバランス等も踏まえた検討が必要です。今回はトランプ氏の経済政策がもたらす、日本株・日本円への影響について解説しています。

トランプ相場は新大統領就任でどうなる? 2017年はバブル!急落の可能性は!?  - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:いよいよ20日に米国にトランプ新大統領が誕生します。当選直後から世界の金融市場は大きく動いているものの、まだ然るべき水準や位置関係を模索している様子。「現時点では厳密に各相場の方向や予想レンジを決めつけることは控え、柔軟に考えてみることが必要」という刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が、トランプ新政権の経済政策と日本株の行方を考えます。

2017年10大ニュース予想、株価はどうなる 気になるバブルの兆候と崩壊のトリガーは!? - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年も残すところあとわずか、今年も様々なニュースが世界や市場を揺るがしました。政治、経済、金融、企業、あらゆるニュースの裏を読み、独自の視点で解説してきた『闇株新聞プレミアム』では、恒例の「来年の10大ニュース予想」を掲載しています。はたして2017年はどんなことが起こるのか!? 本連載ではその一部をご紹介しましょう。他の評論家やマスコミとは違った角度からの世相の読み方をお楽しみください。

福島原発処理が21兆5000億円に増大!? 東京電力がやっぱりえらいことになっていた - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:福島原発事故の処理費用について、経済産業省が設けた東電委員会は12月9日、当初(2014年1月)示されていた11兆円から21兆5000億円にまで膨らむ見通しであると発表しました。この金額は「中間見積もり」で、最終的にいくらかかるのか、誰がどう負担するのかは相変わらず曖昧なままです。国や東京電力の資金計画は複雑で根拠に乏しく、また状況が明らかにされる機会もほとんどないため、まもなく訳がわからなくなり、そのうちすっかり誤魔化されてしまう恐れがあります。闇に隠そうとする者がいれば、闇を明かそうとする者あり。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が解説します。

ECBが量的緩和を縮小、FRBは利上げを決定。 今年最後の日銀金融政策決定会合で、 株や為替はどう動く? - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2月8日にECBが量的緩和を縮小し、12月14日にはFRBが1年ぶりの利上げを決定しました。12月19~20日には日銀政策決定会合があり、日米欧の年内最後の金融政策が出揃います。米大統領選でのトランプ氏勝利からドル高・株高の強い相場が続いてきましたが、ECBとFRBそして日銀の金融政策を受けてこの流れに変化は起きるでしょうか。プロも愛読する刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が解説します。

日露首脳会談で北方領土は1島も返ってこない!? それでも「トランプ相場」による円安株高で 来年早々の解散・総選挙が見えてきた! - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月15日、山口県長門市で日露首脳が開催されます。プーチン大統領の「引き分け発言」以降、領土等分案や2.5島返還論などが様々に取り沙汰され、莫大な経済援助と引き換えに「最低でも2島は返還される」気配がありましたが、米国次期大統領にトランプが当選したことで事態は一変、「領土はひとかけらも返還されず経済支援だけタダ盗りされそう」な状況であると、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が報じています。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapokのwebサーバー

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.