投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


年収不足で住宅ローンが借りられない時の裏技! 「親子リレーローン」の上手な活用法とは? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「親子リレーローン」とは、通常、個人や夫婦で借りる住宅ローンを、親子で借りるというものだ。フラット35だけではなく、民間の銀行でも親子リレーローンを取扱っている。「二世帯住宅のローンを親子で支払う」という使い方だけではなく、「年収不足で住宅ローンが借りられないので、親の年収を計算上だけでも合算したい」という場合にも使える。それも親の年収をフルに加算できるので非北に使い勝手がいいので、検討したいところだ。

銀行が調べても、ばれない借金がある?! 住宅ローンの元審査担当が明かす、真の「調査力」 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際には、必ず「他に借金はありませんか」と聞かれる。そこで、銀行相手に”黙秘権”は通用するのか、また嘘をついても大丈夫なのか、住宅ローンの審査基準に詳しい、イエールの窪田光洋社長に聞いてみた。銀行は、個人信用情報をベースに審査しており、そこに記載されている情報を中心に審査していることが分かった。

年収1000万円でも住宅ローン審査に落ちる? 住宅ローンの審査基準を作った元銀行マンが、 知られていない「5つの新常識」を解説! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り入れで大きなハードルとなるのが、住宅ローンの審査だ。「収入も自己資金もたっぷりあるのに、なぜか審査に落ちた…」といった声がある一方で、その逆もある。この謎を解くには、銀行が設定している審査基準や、その考え方を知る必要がある。そこで、住宅ローン審査の専門家の話をもとに、住宅ローン審査の新常識について、クイズ形式で解説していこう。

住宅ローンを変動金利で借りた人の「誤解」とは? 「変動金利だからゼロ金利の恩恵がある」は間違い! 借り換えで、300万円以上、もうかるケースも - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを「変動金利」で借りている人の多くは、「借り換えの必要がない」と考えている。しかし、それは大間違いだ。実は、過去に借りた人のほとんどが「高い変動金利のまま」になっている。試算してみると、借り換えによって300万円以上もお得になるケースもある。低金利が続いている今のうちに、借り換えを急ぐべきだろう。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

[SBIマネープラザの住宅ローンの金利・手数料は?] 窓口相談でも、ネット銀行並みの低金利を実現! さらに8疾病保障が無料という充実の保障体制 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:金融グループであるSBIグループの企業で、「家計と暮らしに関するあらゆる相談に店舗で対応する」というコンセプトで、2012年にスタート。住宅ローンや銀行預金をはじめ、証券から保険まで多種多様な金融商品を扱う。全国に17店舗を展開しており、そのうち住宅ローンを取り扱っているのは7店舗。住宅ローンについては、住信SBIネット銀行の「MR.住宅ローンREAL」、アルヒの「ARUHIフラット35」を販売している。

住宅ローンのオーバーローンは違法! 銀行から一括返済を請求されるリスクがあり、 諸費用を借りられるローンを活用すべき - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:一部のハウスメーカーは、住宅を販売する際に、「自由に使える一定のお金が欲しければ、住宅ローンを水増しして借りませんか」とすすめる営業を行っている。このような住宅ローンの借り方は「オーバーローン」と呼ばれる手法で、絶対にやってはいけない。最近は、住宅購入や住宅ローンを借りる際に必要な諸費用を借りられる住宅ローンが登場しているので、あえてリスクをとる必要はない。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

「フラット35」を主要8銀行で徹底比較! 新規借入は、アルヒのスーパーフラットに注目 借り換えは、金利が横並びなので手数料で選ぼう - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35を取り扱う銀行は、地方銀行や信用金庫などを含めると全国に1000社以上あり、どの銀行で借りればいいか迷う人も多いだろう。そこで、ザイ・オンライン編集部では、窓口となる銀行を主要8銀行に絞り、フラット35のお得な選び方を調べた。すると、新規借入ならば、金利が低いアルヒのスーパーフラットに注目しよう。一方で、借り換えの場合は、フラット35の金利は多くの銀行がほぼ横並びなので、手数料が安い銀行を選ぶのがいいだろう。

住宅ローンの借り換えにライターが挑戦!【第4回】 馴染みはないが、手数料が安い金融機関を発見! 最終的に実際にライターが選んだ銀行とは? - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)が、4社目にアプローチしたのが「優良住宅ローン」だ。平成17年の設立で、まだ歴史も浅いが、「フラット35」に特化した金融機関で、業界トップクラスという、金利と手数料の低さが特徴だ。優良住宅ローンの審査、対応がどうなっているのか、レポートしよう。借り換えの結末やいかに!?

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第3回】 フラット35でトップシェアの「アルヒ」は、 変動金利、期間固定の商品も魅力的! - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。第3回は、フラット35の取り扱いでトップシェアを誇るだけでなく、低金利の変動金利ローンも取り扱っている「アルヒ」での借り換えを検討してみる。今回は店舗での相談会に行ってきたので、実際の審査、手続きの様子をレポートする。

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第2回】 「楽天銀行」の変動金利は業界屈指の低金利が魅力 配偶者との連帯債務で年収制限はクリアしたが…… - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三菱東京UFJ銀行からのDMを受け取り、住宅ローンの借り換えの相談に出向いたフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。借り換えで200万円以上のメリットが見込めたが、年収制限にひっかかり、借り換えが難しいことがわかった。そこで、次はネット銀行を代表する「楽天銀行」に問い合わせることにした。

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第1回】 まずは「三菱東京UFJ銀行」で相談してみたら 返済額が約250万円も安くなることが判明するも…… - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えで、審査手続き、対応はどういう形で行われているのか。フリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)が、代表的な銀行、ネット銀行、モーゲージバンクに自分の住宅ローンの借り換えを相談してみた。その結果、フリーランスのような自営業者では、「年収200万円の壁」など、様々なハードルが存在することが明らかになった。

大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、 住宅ローンだけが残ったらどうする?【第4回】 地震保険は、最大でも50%しか保険金は出ない - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:本連載ではここまで、災害が起こった後住宅ローンだけが残ってしまったらどうすべきかを中心に対応方法を考えてきた。だが、災害が起こってしまってから慌てるのでは遅いのが現実。ここからは、転ばぬ先の杖、災害に備えるための防衛手段を見ていきたい。(ジャーナリスト・木野龍逸)

大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、 住宅ローンだけが残ったらどうする?【第3回】 災害の規模が大きいほど、後から支援策が出る! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:被災後、地震保険や義援金などの現金が入ると、残っているローンを返してしまいたくなるのが人情。だが、「個人債務者の私的整理に関するガイドライン(個人版ガイドライン)」の運用で見えてきた被災ローンへの対応方法は、被災直後は難しいかもしれないが、重要なのは「焦って返済しない」ことだった。(ジャーナリスト・木野龍逸)

大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、 住宅ローンだけが残ったらどうする?【第2回】 申し込んでも、債務免除できたのはわずか4分の1! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東日本大震災の被災者には、住宅ローンの減免制度「個人版ガイドライン」があり、返済が困難になれば、債務免除を受けられる可能性がある。ただ、実際に利用できたのは申込者の4分の1に過ぎなかった。なぜなのか。今回は、個人版ガイドラインの運用で見えてきた被災ローンへの対応方法を考えてみたい。震災に備えるには、実は普段からの備えが必要で、税金滞納やローン返済の延滞は避けるべきだということが分かってきた。

震災で、住宅ローンだけが残ったらどうなる?【第1回】 返済が苦しければ、私的整理ガイドラインで減免を - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:全半壊約40万戸の被害をもたらした東日本大震災。当然、その中には住宅ローンを所有している人も多く、そこで問題になるのが、被災者の抱えるローン(被災ローン)だ。震災で住宅ローンはどうなるのか、そもそも震災に備えるにはどうすればいいのか…。東日本大震災の被災地での現地取材もまじえて、被災しても住宅ローンで人生を台無しにしないためのポイントを紹介していきたい。

フラット35と民間の住宅ローン、どちらがお得? 「金利」と「審査の通りやすさ」で徹底比較! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35と民間銀行の住宅ローンは、どっちが本当にお得なのだろうか? 長期固定金利の住宅ローン「フラット35」は、住宅ローンを借りたことがない人でも、一度は耳にしたことがあるほど有名な商品で利用者も多い。一方で、最近は民間銀行の長期固定住宅ローンも充実してきており、必ずしもフラット35の方がお得とは言えなくなってきている。そこで、ザイ・オンライン編集部では、フラット35と民間銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを比較し、「どちらが本当にお得なのか?」「どちらが借りやすいのか?」という疑問に回答してみた。長期固定住宅ローンの借り入れを考えている人は、ぜひ参考にしよう。

[住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利・固定金利ともに低い金利水準! 保証料や繰上返済だけでなく、8疾病保障も無料 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行の銀行代理業者として「ネット専用住宅ローン」の契約締結を行っている。ネット銀行の強みを生かし、変動金利や35年固定金利は業界トップクラスの低金利を実現している。加えて、8疾病保障を無料で付帯しているのも魅力的だ。

「住宅ローンはどの銀行がいいのか」と考える人が 商品選びで損をしてしまう理由とは? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回ザイ・オンラインでは、住宅ローンを借りる人が犯してしまいがちな4つの「間違い」を紹介し、それがなぜ間違っているのか、どうすれば良いのかを一つ一つ丁寧に解説していく。商品選びで損をしてしまわないためにも、ぜひ参考にしてほしい。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.