投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


銀行がおすすめする固定金利商品に注意! 固定期間の終わった後に、金利が急上昇することも - 住宅ローンの基礎知識[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「住宅ローン」を取り扱う金融機関は、自分たちの儲けが第一です。お得度をアピールする一方で、各商品のしくみをワザとわかりづらくして、誤って高い商品を選ばせるように誘導しています。「うまい話にはワケがある」のは、住宅ローンも同じ。ただし、カラクリを知ってしまえば、回避できるものばかりです。ポイントを押さえて、ぜひ金融機関泣かせのベストな商品を探し当ててください。

住宅ローンの商品選びの簡単ステップ! 「金利タイプ」を決め、諸費用込みの 「トータルコスト」で比較する!! - 住宅ローンの基礎知識[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの金利で「総返済額」は決まりますが、「総支払額」は金利だけでは決まりません。借入時に必要となる融資手数料や保証料などを含めないと、正確な商品比較は行えません。総支払額は「トータルコスト」とも言い、それを利回りに換算した(≒実質金利)は、アメリカでは住宅ローン選びの一般的な指標となっています。ベストな住宅ローンを決めるには、欠かせない考え方です。

住宅ローン手数料は、定率型と定額型どちらがお得? 長期返済なら、手数料は高いが金利は安く、 総支払額が少なくなる「定率型」がおすすめ - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの手数料の支払い方には「定率型」と「定額型」があるが、ザイ・オンラインが調べたところ、借入期間がおおむね13年以上であれば、「定率型」を選んだ方が総支払額が少ない金融機関が多いことが分かった。「定率型」は最初に支払う手数料は高いが金利は安く、「定額型」は手数料は安いが金利は高いため、どちらを選べば良いのか悩ましいと思う人が多いだろうが、借入期間に応じて、お得な手数料を選択しよう。

住宅ローンの借り換えに失敗する人の共通点とは? 住宅ローン審査のネックとなる「割賦払い」を事前に 整理して、低金利の商品への借り換えに挑戦しよう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:年収は777万円あるのに、住宅ローンを借り換えようとしたら融資審査で断られてしまったという相談を、ザイ・オンライン内に誕生した、住宅ローンと家計の悩みを解決する「お金がたまる住宅ローン相談室」が解決します。室長は住宅ローンアドバイザーの「淡河範明(おごう のりあき)さん」です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.