投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


安心老後のために「100歳までのおかねの設計図」を つくろう! 超低金利や年金の目減りにも対応できる “おかねの働かせ方”を「老後のおかねの教科書」が伝授 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:定年退職後、「2000万円が必要」って本当なの? 令和時代に老後を迎える50~60代の“老後資金”の不安は、『一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った 老後のおかねの教科書』で解消しましょう! 老後資金「2000万円」問題が波紋を呼んだのは記憶に新しいところ。自分の老後のことが急に不安になった50~60代も多いのではないでしょうか。日本人の寿命が延びて、「人生100年時代」が現実になりつつあるというのに、給料は思うように増えず、退職金も減る傾向にあります。しかも銀行預金の超低金利は続きそうで、物価が上がれば年金も目減りしてしまいます。「人生100年時代」は、貯金や年金以外に、多少のリスクをとっても「おかね」を増やすことを考えなければいけません。絶賛発売中の書籍『一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った 老後のおかねの教科書』では、「人生100年時代」を生き抜くために知っておきたい、限りある資金の活用術を紹介しています。今回の記事では、自分が100歳を迎えるまでの大まかな“おかねの設計図”を考えてみます!

人生100年時代の“老後資金の不安”の解決方法とは? 少ない退職金や年金に期待せず、上手に「おかね」に 働いてもらう方法を『老後のおかねの教科書』が伝授 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:給料や退職金は少なく、銀行預金の金利は低下、物価が上がれば年金も目減りする……という、令和時代に老後を迎える50~60代の「老後資金」の不安は、『一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った 老後のおかねの教科書』で解決しよう! 平成の30年間で定年後の「おかね」に関する常識は大きく変わりました。日本人の寿命は延び「人生100年時代」が現実になりつつあるというのに、給料は思うように増えず、退職金も減る傾向にあります。多少のリスクをとっても、「おかね」を増やすことを考えなくてはいけないのが、「令和の老後世代」に共通した課題ではないでしょうか。発売中の『一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った 老後のおかねの教科書』では、「人生100年時代」を生き抜くために知っておきたい、限りある資金の活用術を紹介しています。今回は『老後のおかねの教科書』の冒頭部分を抜粋して、平成初期に老後を迎えた人と、これから令和初期に老後を迎える50~60代の経済状況や社会環境を比較します!

「令和」時代の60代に、悪夢の「人生100年時代」が 到来!? 物価上昇で年金は目減りし、預貯金は低金利 の今こそ必要な「新しいお金との付き合い方」とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:平成はじめの60歳と、令和はじめの60歳を比較! 平成初期に定年を迎えた人は「逃げ切り世代」と呼ばれるが、令和の時代の50~60代はどこがどう違うのか⁉ 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の別冊付録「はたらくおかねの教科書」では、「人生100年時代」を生き抜くために知っておきたい、限りある資金の活用術を紹介している。今回は別冊冒頭を抜粋し、今後老後を迎える私たちを取り巻く環境について、平成初期と比較して解説! 平成の30年間で、私たちを取り巻く環境は大きく変わっており、老後資金についての常識も変化した。ここでは、老後資金についてどんな問題意識を持っておくべきか明らかにするので、少しでも老後に不安を持つ人はチェックを!

「老後資金」として必要な金額や準備方法を、日本と 海外で比較! 個人年金保険などが充実している香港、 シンガポールと違い、日本では自力での運用が必要! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:香港やシンガポールの人々が抱える「老後資金問題」とは? 日本では、少子高齢化に伴う年金問題の影響で「老後資金」に不安を抱く人が多いのが現状。しかし、香港やシンガポールの場合は「そもそも公的保障が薄いので、老後資金作りは多くの人にとって重要な課題」と話すのは、シンガポール在住のファイナンシャル・プランナー花輪陽子さん。そこで、今回は香港やシンガポールでは老後資金がいくらくらいかかるのか、また現地の人々がどのようにして老後のために資産形成をしているのかを紹介。香港やシンガポールの人々の「老後資金」対策はもちろん、将来的に老後を海外で過ごしてみたいと考えている人はアジア諸国で老後に必要な資金の目安も参考になるはず!

日本の公的年金は世界的に見ても低評価で、持続性に 不安あり! 日本の公的年金の改善策や香港やシンガ ポールで利用されている「年金保険」の内容も紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールや香港の「年金」事情をシンガポール在住のファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんが解説! 世界の主要国の「公的年金制度」を評価するランキングで、日本やシンガポールはどう評価されているのか? 日本と比較するとシンガポールや香港の社会保障は決して手厚いわけではないが、その分、民間の個人年金保険などが充実しており、私的年金を自分で準備するのが一般的とのこと。では、実際に香港やシンガポールで人気があるのはどんな年金保険なのかも教えてもらった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.