投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


楽天証券の「マーケットスピードⅡ」の優れた機能や 使い方、具体的な活用方法などをわかりやすく解説! 進化した注文方法、情報ツールで成績アップを狙え! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券が2018年10月14日にリリースする取引ツール「マーケットスピードⅡ(MARKETSPEEDⅡ)」の新機能や進化したポイント、実践的な使い方などを解説。【進化ポイント1】基本画面の情報量が飛躍的に向上!画面を切り替えることなく、あらゆる情報をチェックできる。【進化ポイント2】ひと目で複数の銘柄の値上がり・値下がり傾向がわかる「ヒートマップ」と「マルチチャート」。【進化ポイント3】他の証券会社では難しい複雑な自動注文が可能に「アルゴ注文」。

「トレードステーション」の多彩な機能や手数料、 おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が 提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トレードステーション」は、マネックス証券から提供されている、アクティブトレーダー向けの高機能トレードツールだ。ツールの利用料は無料のうえ、2017年5月にはトレードステーション専用の売買手数料が全面改定され(最低取引手数料50円)、コスト面でもより使いやすくなった。今回は、筆者が実際にトレードステーションを使ってみた感想を元に、代表的な機能や手数料を、マニュアルには掲載されていない具体的な使い方を交えながら紹介していこう。

【むさし証券のおすすめポイントを解説】 現物株・信用取引とも業界トップクラスの低コスト! 注文機能も強化され、IPO投資では穴場的な証券会社 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:むさし証券は、ここ最近、アグレッシブに手数料引き下げや新サービスの提供を行っている注目の証券会社のひとつ。規模は小さいながら、大手証券にはない魅力を兼ね備えている。そこで今回は、むさし証券の概要と4つのおすすめポイントを解説。むさし証券のおすすめポイントは、(1)売買手数料がトップクラスの安さ、(2)制度信用取引・一般信用取引ともに格安、(3)自動売買機能の使い勝手が大幅にアップ、(4)IPOの取扱実績が多くライバルが少ない。さらに、むさし証券の弱点も解説。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.