Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 自然災害ガイドライン

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、 住宅ローンだけが残ったらどうする?【第3回】 災害の規模が大きいほど、後から支援策が出る! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:被災後、地震保険や義援金などの現金が入ると、残っているローンを返してしまいたくなるのが人情。だが、「個人債務者の私的整理に関するガイドライン(個人版ガイドライン)」の運用で見えてきた被災ローンへの対応方法は、被災直後は難しいかもしれないが、重要なのは「焦って返済しない」ことだった。(ジャーナリスト・木野龍逸)

大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、 住宅ローンだけが残ったらどうする?【第2回】 申し込んでも、債務免除できたのはわずか4分の1! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東日本大震災の被災者には、住宅ローンの減免制度「個人版ガイドライン」があり、返済が困難になれば、債務免除を受けられる可能性がある。ただ、実際に利用できたのは申込者の4分の1に過ぎなかった。なぜなのか。今回は、個人版ガイドラインの運用で見えてきた被災ローンへの対応方法を考えてみたい。震災に備えるには、実は普段からの備えが必要で、税金滞納やローン返済の延滞は避けるべきだということが分かってきた。

震災で、住宅ローンだけが残ったらどうなる?【第1回】 返済が苦しければ、私的整理ガイドラインで減免を - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:全半壊約40万戸の被害をもたらした東日本大震災。当然、その中には住宅ローンを所有している人も多く、そこで問題になるのが、被災者の抱えるローン(被災ローン)だ。震災で住宅ローンはどうなるのか、そもそも震災に備えるにはどうすればいいのか…。東日本大震災の被災地での現地取材もまじえて、被災しても住宅ローンで人生を台無しにしないためのポイントを紹介していきたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.