投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


今や「住み替え」する人の常識は、「買い先行」! フラット35の融資基準変更で、ダブルローンが借りやすくなったので、まずは住み替え先を探そう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住まいの「住み替え」を考える際、問題となるのは資金面です。新たに銀行から住宅ローンを借りる場合、「売り先行」か、「買い先行」で、悩む人は多いでしょう。ただし、フラット35の融資基準変更があったため、今や「買い先行」がおすすめといっても問題ない状況となりました。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんに、借り方のポイントやおすすめの商品をアドバイスしてもらいました。

東京の年収700万円台世帯は住宅ローン破綻必至!? 「背伸び消費」で、貯金はわずか月2万円弱! 変動金利が1.5%上昇しただけで、家計は火の車 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、変動金利は0.5%を切る史上空前の超低金利状態です。しかし、変動金利は銀行が金利を引き上げることのできる商品。ひとたび金利上昇局面となれば、毎月返済額がアップし、余裕のない家庭は住宅ローン破綻をしかねません。今回調べてみたところ、特に東京都では平均的ともいえる年収700万円台世帯に「破綻予備群」が多く潜んでいることがわかりました。

住宅ローンを1回でも滞納すると、 金利が跳ね上がるのは本当? 滞納後の銀行の対応と対策をプロが解説 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを滞納すると、それが1回であっても、金利が跳ね上がる可能性があることをご存知でしょうか。滞納した場合、最終的には競売にかけられて住めなくなってしまいます。そこで、ローンを滞納してしまった場合の銀行の対応と、その対策を紹介しましょう。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんによれば、返済危機に陥ったときに何よりも大切なのは、「いち早く手を打つ」ことだと言います。

住宅建築中に死亡したら、つなぎ融資はどうなる? 無保障期間は「短期団信」でリスクを回避しよう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:注文住宅を建てるのに「つなぎ融資」を使った場合、借り入れ中に借り手が死亡したり、高度障害になったりしたらどうなるのでしょうか? 住宅ローンを組むとき、多くの人が団体信用生命保険(団信)に加入しますが、つなぎ融資の借り入れ中にも、実は「短期団信」という保険が存在します。つなぎ融資のリスク対策を、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

「土地代金」「注文住宅の工事代金」はどう借りる? 住宅ローンの「分割融資」「つなぎ融資」を完全解説 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新規に土地を購入して注文住宅を建てる場合、土地代金や工事の着手金などは「分割融資(土地先行融資)」「つなぎ融資」で借りることができます。ただし、仕組みが複雑なため、不動産会社や銀行の言うなりに借りて、メリットを十分に享受できていないケースも散見します。そこで借り方のポイントを、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

共働き夫婦が住宅ローンを借りるなら、 「連帯保証」を選んでいけないのはなぜ? 連帯債務、連帯保証、ペアローンを徹底比較! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:共働き夫婦で住宅ローンを借りるケースが増加しています。特に配偶者であれば、正社員でなく、パートやアルバイトであっても、収入合算も認めているところがほとんどです。契約形態は、「連帯債務」、「連帯保証」、「ペアローン」の3つがありますが、住宅ローン減税や、団体信用生命保険に加入する上で、制約もあります。

住宅ローン特約で、不動産の売買契約を白紙にできなかったら、どうする? ローン特約のトラブルを回避する5カ条を紹介! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買のときに付ける「ローン特約」についての理解の浅さから、不動産会社との揉め事に発展したり、より良い条件の住宅ローンを逃したりしてしまうケースがあります。そこで、「ローン特約に関わるトラブルを回避するための5カ条」を紹介しましょう。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

住宅ローン借り換えで、「融資額を減額」された時の正しい対処法とは? - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「借り換え」は「新規」の申し込みより、担保の評価が厳しめです。審査に通っても、いろいろな理由から減額提示を受けることは珍しくありません。そんなとき、なんとか満額借り換えられる対処法はないのか。その方法やポイントについて、住宅ローンアドバイザーの淡河(おごう)範明さんにアドバイスしてもらいました。

リフォーム費用を借りるなら、 住宅ローンに一本化するのが断然おトク! 対応する銀行と、手続き方法を詳細に解説 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中古住宅の購入や住宅ローンの借り換えのタイミングで、リフォームも済ませてしまいたいという人は少なくないと思います。そこで、「リフォーム費用のトクする借り方」について、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

年収不足で、住宅ローンを借り換えできない?! 収入合算、返済期間延長の裏技を使おう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「収入が大幅に減少していまい、住宅ローンの返済が厳しい」。そんな時こそ、毎月の住宅ローン支払額を圧縮できる「借り換え」が役に立ちますが、実際には年収不足に陥って借り換えできないこともあります。そこで、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、借り換え時の審査に不安を覚える人のために、「収入合算」と「返済期間延長」という方法を紹介します。

住宅ローン借り換え手続きで来店不要な銀行は? じぶん銀行なら、紙の契約書すら不要! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローン借り換えの手続きといえば、かつては会社を休んで銀行に行く必要がありましたが、最近は、銀行によっては一度も足を運ばないまま手続きを終えることができます。昼間忙しい人でも、簡単に借り換えができる銀行・金融機関はどこなのでしょうか。住宅ローン借り換えの実務に明るく、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、店舗に行かなくても借り換え手続きができる代表的な銀行を紹介してくれました。

住宅ローンの借り換え手続きに「半年」もかかった!? 時間を短縮するなら、3タイプの銀行に申し込もう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えようと銀行に申し込んだものの、1カ月近くも審査で待たされ、結局NGとなり、また一から手続きのやり直し。こうした問題に直面しないよう、タイプの異なる3つの銀行に同時に申し込むのがおすすめです。書籍「住宅ローンマジック」の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、スピーディで、悔いの残らない借り換え先を選ぶためのアドバイスをくれました。

変動金利は4%まで上昇すると考えて、 住宅ローンの金利タイプを選ぼう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの変動金利を借りる際に、一番気になるのが金利の上昇リスクです。金利が上昇すれば、毎月支払額が上昇し、家計を圧迫します。書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんは、変動金利は4%まで上昇すると考えて、その際に毎月支払額がどのくらいまで増加するのか確認するのがいいとしています。

住宅ローン申し込みで、入力項目は全部埋めるべき? 借り換え手続きでよくある「4つの疑問」とは - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換え手続きは面倒なことがいっぱいです。手続きには、「現在の契約の把握」「住宅ローン選び」「必要な資料の収集」「申し込み・契約手続き」といった4つの山場があり、悩んだり、迷うことも多いでしょう。そこで、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、住宅ローン借り換え手続き中に、困っている人、悩んでいる人の相談に乗ってくれました。

住宅ローンの「条件変更」は簡単に金利が下がるが、 借り換えほどメリットがないことが多いので注意 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:低金利の今、金利下げのもう一つの選択肢としての「条件変更」。「借り換え」と、比べると安い.早い.簡単だけれど、決してベストな選択だとは断定できない。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、チェックすべきポイントを踏まえた対処法を紹介する。

「忙しい」と住宅ローン借り換えを諦めるな! 今や、一度も店舗に出向かずに借り換えも可能 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット上には住宅ローン比較サイトが多数あるけれど、どう活用すればいいのか…。そんな相談が舞い込んできたのは、ザイ・オンライン内に誕生した、住宅ローンの悩みを解決する「住宅ローン相談室」。今回も住宅ローンアドバイザーの淡河範明(おごう のりあき)さんと、助手のリサさんという凸凹コンビが、難問を解決していきます。

乱立する住宅ローン比較サイトを 上手に使うためのノウハウを教えて! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット上には住宅ローン比較サイトが多数あるけれど、どう活用すればいいのか…。そんな相談が舞い込んできたのは、ザイ・オンライン内に誕生した、住宅ローンの悩みを解決する「住宅ローン相談室」。今回も住宅ローンアドバイザーの淡河範明(おごう のりあき)さんと、助手のリサさんという凸凹コンビが、難問を解決していきます。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2016年12月】 35年固定など、長期固定金利の上昇基調が鮮明に! 10年固定は、りそな銀行が金利引き上げも首位堅持 - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年12月の住宅ローン金利は、10年超の長い固定金利が前月に続いて上昇基調となった!住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説。諸費用などを含んだ実質金利を使うので、本当にお得な住宅ローンが分かります。

[優良住宅ローンの住宅ローンの金利・手数料は?] 「フラット35」の専門金融機関で金利も業界最低水準 対応は迅速、フルローンを実現するサービスも用意 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:優良住宅ローンは2005年、住宅金融支援機構の「フラット35」専門の金融機関として誕生した。15年以上の長期ローンしか組めない点がデメリットだが、20年超の固定金利型は業界最低水準の金利で諸費用も安い。長期間固定型の住宅ローンでは有力な選択肢のひとつになるだろう。最終的な契約は店舗に出向く必要があるが、手続きはすべて郵送で行われ、その早さと対応力には定評がある。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2016年11月】 35年固定は、みずほ銀行が同率トップに浮上! 変動少ない10年固定は、りそな銀行が不動の1位 - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年11月の住宅ローン金利の最新動向&金利ランキングをチェック! 住宅ローンに詳しい、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが、主要金融機関の住宅ローンの2016年11月の金利動向について、最新情報を語ります。金融機関が提示する表面金利だけでなく、諸費用などを盛り込んだ「実質金利」を比較する視点で、最新&本当の住宅ローン市場の姿を丸裸に!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.