投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


東証1部&2部の「大型株」で、アナリストが“買い”と 診断した2銘柄を公開! 米中貿易摩擦への懸念が過剰 な「コマツ」、業績予想が保守的な「ソニー」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の値動きがさえない今こそ、有望な「大型株」の仕込み時! 東証1部&2部に上場する「大型株」の中で、アナリストが“買い”と太鼓判を押す「コマツ」「ソニー」の2銘柄に注目しよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。特集内では、「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」などのカテゴリー別に注目銘柄を取り上げている。ここでは「大型株」のカテゴリーから、アナリストが「買い」と投資予想する2銘柄を紹介しよう!

「信用売り」の買い戻しによる“踏み上げ”で株価上昇 が期待できる29銘柄を紹介! 昨年末の株価急落から 半年が経過して期日を迎える「売り残」の解消を狙え - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月25日の安値から6カ月が経過する来週に向けて、「踏み上げ」が起こる銘柄が出てくることが期待できます。そうした信用取引による需給状況に注目したスクリーニングを、アナリストの村瀬智一さんが解説! 株が安値をつけると、さらなる下落を予想した投資家による信用売りが積み上がりやすくなりますが、その後株価が持ち直すと、それらの信用売り残は買い戻しのタイミングを失って“塩漬け状態”のまま持ち続けられます。そうした大量の信用売り残は、6カ月の信用期限を目前にして、一気に処分(買い戻し)されることが予想できます。

ティラド、プレミアム優待倶楽部の株主優待を廃止! 優待利回り2.7%がゼロになり、“自社株買い”を同時に 発表したものの、株価は夜間取引で8.6%超も下落! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ティラド(7236)が株主優待を廃止すると、2019年6月18日に発表した。ティラドの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を1年以上継続保有する株主に、保有株数に応じて『プレミアム優待倶楽部』のポイントを贈呈」というものだった。ティラドの株主優待は、2019年3月末から2020年3月末まで、1年以上継続保有した株主への贈呈を最後に、廃止となる。(ティラド、コード:7236、市場:東証1部)

投資初心者も買いやすい「5万円株」から、企業の実力 や成長性が株価に反映されていない“お宝株”を探せ! 割安で上昇余地が大きい「5万円株」の魅力を解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:少ない資金で投資でき、投資初心者にも買いやすい「5万円株」の中から、優良企業なのに割安で、株価が大きく上がりやすい“お宝株”を見つけよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では、特集「株主優待や高配当から大化け期待の値上がりまで いま買いの5万円株」を掲載! 5万円台以下で買える株を”5万円株”とし、その魅力を解説するほか、「株主優待が魅力的」「配当利回りが高い」「値上がり益が期待できる」という3つのテーマで、注目すべき5万円株をピックアップしている。今回はこの特集から、「気軽に投資できて儲けやすい! 5万円株が買いな3つの理由」の記事を紹介。誌面では「買いの理由」を3つ挙げているが、ここではその中の1つを抜粋するので、銘柄選びの参考にしてほしい!

来週(5/27~31)の日経平均株価の予想レンジは、 2万750~2万1450円! リスク回避の意識が高まり、 低位材料株の短期売買に資金が集中しやすい環境に! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(5/27〜5/30)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介!今週の日経平均株価は下落しました。米グーグルなど、米政府のファーウェイ排除方針を順守する動きが相次ぐ中、米中関係のさらなる悪化懸念からハイテク株を中心に売り優勢の相場展開になりました。来週も引き続き不透明感の強い相場展開となり、日経平均株価は「直近安値」と「戻り高値」に挟まれた2万0750~2万1450円のレンジでの推移が続きそうです。

「自社株買い」を発表し、株価が上昇しそうな銘柄を 探せ! 「コーポレートガバナンス・コード」改定で GWの10連休明けに「自社株買い」の発表が相次ぐ!? - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資アナリスト・村瀬智一さんが、最新の投資テーマと関連銘柄をずばり解説! 今回は「自社株買い」に焦点をおいて銘柄選びを行いました。自社株買いを発表した企業の株価は、これを評価材料として資金が流入し、高いパフォーマンスにつながる傾向にあります。自社株買いが増えている最近の流れを考えると、このGW開けの決算発表のタイミングで、いくつかの企業が自社株取得の発表してくる可能性がありそうです。それでは、3月期決算企業の中で、自社株買いの実施が予想される銘柄を探りたいと思います。

上新電機(8173)、株主優待を変更して、配当+優待 利回りが4.5%にアップ! 100株保有で自社店舗で使 える「株主ご優待券」が年7200円分もらえることに! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:上新電機(8173)が、株主優待を変更することを2019年3月19日に発表した。この変更は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。上新電機の株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「3月末時点で100株以上を保有する株主に、保有株数と保有期間に応じた枚数の『株主買い物券』(200円分)を贈呈。9月末時点で100株以上を保有する株主に、『株主買い物券』(200円分)を25枚贈呈」というものだった。今後は3月末時点で贈呈される「株主買い物券」の枚数が変更される。(上新電機、コード:8173、市場:東証1部)

2019年・春の「おすすめのテーマ株」21銘柄を紹介! 3大テーマの「元号変更&大型連休」「自社株買いでの 還元強化」「海外で稼ぐディフェンシブ株」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・春に注目の3つの「投資テーマ」に関連する銘柄の中から、投資のプロが「買い」「強気」と評価する21銘柄をピックアップ! 話題性だけでなく、業績にも貢献するテーマ株で、中長期的な株価上昇を狙おう!発売中のダイヤモンド・ザイ5月号では、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500激辛診断 」の2019年春版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、さまざまな視点からプロが厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。今回はその中から、今マーケットで注目されている3つの投資テーマに関連する銘柄の中で、プロが「買い」「強気」と評価した”おすすめ銘柄”を、7銘柄ずつ(計21銘柄)紹介しよう!

GWの前に「逆日歩銘柄の買い戻し」による株価上昇が 期待できる銘柄はこれだ!「信用買い残」などの需給 要因を想定したスクリーニングでお宝株を発掘しよう - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:私は、株式相場とは基本的に需給要因を中心に変動するものとみています。今回は、そういった需給要因にもとづいた銘柄発掘術を紹介しましょう。相場に大きな影響を与える需給要因は、季節によって発生するものもあります。例えば、個人投資家も数多く参加する「配当・優待狙い」の投資です。この信用取引に関して注目しておきたいのが、10連休となる今年のゴールデンウィークです。今年の4月23日に空売りすると3営業日後の4月26日に受け渡しとなりますが、翌日4月24日に買い戻しをしても受け渡しはゴールデンウィーク後の5月7日となり、実に11日分の逆日歩が発生します。つまり、受渡日がゴールデンウィークを挟むと、10日分の逆日歩を余計に払う必要があるのです。

アダストリア、株主優待の変更で、配当+優待利回り 3.9~4.9%に! 自社ファッションブランドの店舗で 使える優待券を一部増額、長期保有優遇制度も導入! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気アパレルブランド「ローリーズファーム」「グローバルワーク」などを展開するアダストリア(2685)が、株主優待の配布基準を変更することを2019年1月28日に発表した。この変更は、2020年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。アダストリアの株主優待は、毎年2月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株式数に応じた額面の、アダストリアグループ各店で使える『株主優待券』を贈呈」というものだった。今後も「株主優待券」が贈呈される点に変わりはないが、配布基準が変更になる。(アダストリア、コード:2685、市場:東証1部)

いまからマンションを買うなら“新築”よりも“中古”を 狙え! 東京五輪後も新築マンション価格が下がらない 理由と、マンション購入時の注意点をマンガで解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を買う前に必ず知っておきたい「注意点」を、マンガでわかりやすく解説! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ3月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ3月号に掲載中のテーマは「『暴落説』も漂う中、2019年の不動産市場はどうなる? 新築住宅の高騰でマイホームが遠のく日」。マンガでは、マンションブロガー”のらえもん”さんによる、不動産市場の現状分析と将来予測、不動産購入の注意点などを紹介! マイホームの購入や不動産投資を検討中の人は、参考にしてみてほしい。

【2017年1〜6月】IPO(新規上場)スケジュール 「ほぼ日」から一風堂やスシローの運営会社まで、 2017年上半期に上場したIPO銘柄を総まとめ! - IPOスケジュール一覧[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年にIPO(新規上場)したのは全90銘柄。そのうち上半期(1月〜6月)に上場した「ほぼ日」や一風堂の運営会社「力の源ホールディングス」、「スシローグローバルホールディングス」などを含めた39銘柄のスケジュールと基本情報をリストアップ。上場日や申込期間(ブックビルディング期間)などのスケジュールから、公開価格、主幹事証券会社、さらには初値と初値騰落率まで、IPO株の基本的な情報を網羅している。投資情報サービス会社・フィスコによる「市場注目度」も参考にしてほしい。

【2017年7〜12月】IPO(新規上場)スケジュール 「SGホールディングス」や「マネーフォワード」 など、2017年下半期に上場したIPO銘柄を総まとめ! - IPOスケジュール一覧[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年にIPO(新規上場)したのは全90銘柄。そのうち下半期(7月〜12月)に上場した「SGホールディングス(佐川急便)」や「マネーフォワード」「トレードワークス」などを含めた51銘柄のスケジュールと基本情報をリストアップ。上場日や申込期間(ブックビルディング期間)などのスケジュールから、公開価格、主幹事証券会社、さらには初値と初値騰落率まで、IPO株の基本的な情報を網羅している。投資情報サービス会社・フィスコによる「市場注目度」も参考にしてほしい。

多店舗している不動産仲介会社が、「囲い込み」「買い取り」をするのはなぜ? 店舗展開や営業の仕組みからその理由が見えてくる - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:全国展開している大手不動産仲介会社や、地域で多店舗展開している不動産仲介会社は、ブランド力や知名度があることから、「売却を任せてみようかな」と思う方も多いでしょう。しかし、多店舗展開をしているがゆえの弊害もあります。違法な「囲い込み」をしたり、安易に「買い取り」したりするケースも見られるのです。どうして囲い込みや買取に走りがちなのか、その理由を説明いたしましょう。

PLANT、株主優待の獲得には1年以上の保有が必須と なるも、配当+優待利回りは4.79%と高水準を維持! 3年以上保有すれば5.75%と利回りはさらにアップ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:総合ディスカウントストア・スーパーセンター「プラント」を運営するPLANT(7646)が、株主優待を改悪することを2018年12月10日に発表した。この変更は、2019年9月20日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。PLANTの株主優待は、毎年9月20日時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、自社店舗で使える『買い物券』1000円分、もしくは『図書カード』1000円分を贈呈」というものだった。変更後も「買い物券」もしくは「図書カード」が贈呈されることに変わりはないが、株主優待の適用条件として、新たに「1年以上の継続保有」が付け加えられた。(PLANT、コード:7646、市場:東証1部)

今や「住み替え」する人の常識は、「買い先行」! フラット35の融資基準変更で、ダブルローンが借りやすくなったので、まずは住み替え先を探そう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住まいの「住み替え」を考える際、問題となるのは資金面です。新たに銀行から住宅ローンを借りる場合、「売り先行」か、「買い先行」で、悩む人は多いでしょう。ただし、フラット35の融資基準変更があったため、今や「買い先行」がおすすめといっても問題ない状況となりました。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんに、借り方のポイントやおすすめの商品をアドバイスしてもらいました。

ソフトバンクのIPOに「今から間に合う証券会社」を 紹介! 最短で口座開設申し込み翌日には取引できる 大和証券や野村證券、SBI証券でIPOに申し込もう! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフトバンクのIPOの申し込み期限から、証券会社の口座開設にはいつまで申し込めば間に合うのか、さらには購入資金を用意するタイミングなど、ソフトバンクのIPOスケジュールに関する情報をまとめてみた。ソフトバンクは、想定発行価格1500円で計算すると、公開規模が2.64兆円、上場時の時価総額が7.18兆円という超大型IPOだ。【ソフトバンクのIPOに関する分析結果まとめ】PERは割高だが、配当利回り5%は十分魅力的、初値予想は公募価格+10~20%、初値公募割れリスクは低く、仮に公募割れしても大きくは下げにくい、通常のIPOと比較して当選確率が高く、複数当選も十分ありうる。

ソフトバンクのIPO(新規上場)の初値は+10〜20% 上昇する! フィスコのアナリストの初値予想から 上場スケジュール、主幹事証券会社まで詳しく解説! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年12月19日に東京証券取引所への上場が決定したソフトバンク。そのスケジュールや公開価格、取り扱い証券会社など、ソフトバンクのIPOに関する情報をまとめて紹介。さらに、投資情報サービス会社・フィスコでIPO銘柄の分析を行っている小林大純さんによるソフトバンクの業績分析から公開価格の評価、初値予想まで、徹底解説! 上場までのスケジュールから想定発行価格、公開株式数、公開規模、主幹事証券といった、ソフトバンクのIPOに関する基本的な情報は以下の通りだ。

「つみたてNISA」で投資デビューした人が抱きがちな 疑問に回答!「運用商品や金融機関を変更したい!」 「積立投資を中止したい!」などの悩みを一挙解決! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」を始めた人たちが抱えがちな疑問や不安に回答! 運用商品や金融機関に不満がある場合はすぐ変更すべきか、家計が苦しいときに積立投資を中止すべきか続けるべきか、株価が高値圏のうちに利益確定をすべきかなど、「つみたてNISA」を始めた人たちが抱えがちな疑問を、ズバリ解決します。

株価が暴落したとき、個人投資家が買っているのは この銘柄! 信用買い残から見えてくる個人投資家の 動向と「マザーズ市場が盛り上がらない原因」とは? - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:岡村友哉氏が、市場の需給などを元に、株式市場の裏側で起こっている現象を解説。マザーズ市場などの新興株が上がらないと、個人の投資マインドは上向かないと言われています。10月26日に東証マザーズ指数は900ポイントを割り込み、年初来安値を連日更新。すでに年初から3割程度下げています。それでもまだまだ底が見えず、埒が明きません。「マザーズが上がってくれさえしたら……」。そう考えている個人投資家も多いかもしれませんが、はたして本当にそうなのでしょうか? マザーズで信用取引をするタイプの個人投資家が、今は過去に比べてはるかに少なくなっています。つまり東証マザーズ指数を、個人投資家全体の体感温度を測るモノサシにするのは誤りなのです。一体なぜなのでしょうか? それは、個人投資家の大勢が買いに動くタイミングで、どの銘柄を買っているか調べてみると見えてきます。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.