投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」は少額で投資が始められ、いつでも 引き出せる、若年層&投資初心者にピッタリの制度! 時間を味方にして、長期の積立で資産運用を始めよう - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:20代・30代の「つみたてNISA」活用術を解説!「つみたてNISA」は少額から始めることができ、手間がかからず商品も選びやすいなど、投資のハードルが非常に低くなっています。20代・30代に限らず、資金に余裕のない人や投資初心者が投資をスタートするのに最適な制度です。そのメリットや、投資すべき商品をわかりやすく解説します。

住宅ローン借り換えで注意したい「担保不足」とは? 物件価値の下落などにより、審査で落ちるケースも - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ここ最近、日銀の政策修正によって大手銀行が軒並み当初固定金利を上げたため、「いよいよ金利が上がるのでは?」というムードに包まれています。借り換えを検討している人にとっても、気になるところですよね。そこで今回、借り換えの際に担保不足など審査で注意すべきポイントを解説します。

「つみたてNISA」で準備していいのは「教育資金」、 ダメなのは「住宅資金」! 何かとお金が必要な30代・ 40代の「つみたてNISA」の上手な活用方法を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:30代や40代が「つみたてNISA」を上手に活用する方法を解説! 30代から40代にかけては、教育資金や住宅取得資金など、何かとお金が必要な時期になります。「つみたてNISA」はそれらの資金を準備するために活用できますが、注意すべき点もあります。30代や40代の人たちが「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちらを優先すべきか、30代や40代で「つみたてNISA」で運用する人たちはどのような商品を買うべきかも、併せて解説します。

不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で、 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で査定を依頼すると、不動産会社からしつこく営業されたり、いい加減な価格査定をされたりするのではないか、と不安を感じている人も多いはず。そこで、本編集部記者が実際にマンションナビを使って、自分の住んでいるマンションを査定してもらう覆面取材を行った。マンションナビの対応だけでなく、紹介してくれた不動産会社の対応、査定の内容などもレポートする。

2018年7月の日銀政策修正で金利は底を打つ! 住宅ローン借り換えの最後のチャンスで、 おすすめの変動金利、長期固定金利は何か? - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月31日に日銀が公開した金融政策の修正により、「いったい、いつまで下がるのか?」と言われていた住宅ローンの金利の底が見えたのではないかと思っています。そこで千日なりの、変動金利、長期固定金利を予想して、「最後の借り換えチャンス」と言える今、何に借り換えればいいかを検討しましょう。

イエイ(一括査定サイト)の信頼性は? 掲載不動産会社、運営会社、対応する不動産の種類、強み、弱みなどを徹底調査! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「イエイ」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中でも10年以上のサービス歴を持ち、幅広い物件種類の対応した一括査定を提供しているのが「イエイ」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査するとともに、ライバルサイトとの違いも比較してみた。

イエウール(一括査定サイト)の信頼性は? 掲載不動産会社、運営会社、対応する不動産の種類、強み、弱みなどを徹底調査! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「イエウール」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中で2014年スタートの比較的新しいサイトながら、掲載する不動産会社数が1400社以上の一括査定を提供しているのが「イエウール」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査するとともに、ライバルサイトとの違いも比較してみた。

自営業者が優先すべきは「つみたてNISA」「iDeCo」 「国民年金基金」のうちのどの制度!? 年金が手薄な 自営業者&専業主婦の「つみたてNISA」活用法を解説 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:専業主婦・主夫や自営業者の「つみたてNISA」活用法を解説! 自身の定期収入がなく、「iDeCo」の節税メリットが薄い専業主婦・主夫にとって、「つみたてNISA」にはどんなメリットがあるでしょうか。また、年金が手薄な自営業者が老後不安を解消するには「国民年金基金」「小規模企業共済」などの各種制度と「つみたてNISA」のどちらが有効でしょうか。“会社員以外”の人たちの「つみたてNISA」活用法を解説します。

マンションナビ(一括査定サイト)の信頼性は? 掲載不動産会社、強み、弱みなどを徹底調査! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「マンションナビ」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中でも中古分譲マンションの売却に特化した一括査定を提供しているのが「マンションナビ」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査するとともに、ライバルサイトと比較してみた。

「つみたてNISA」は50代半ば以降の人が老後資金を 作る最適な制度!「iDeCo」との比較や商品の選び方 など、50~70代の「つみたてNISA」活用術を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」は50代半ば以降の人の老後資金作りに最適! 50代後半から投資を始める場合、積み立て可能な期間や手数料の面から、「iDeCo」より「つみたてNISA」がおすすめです。インフレリスクに備え、さらに60代、70代で老後資金を長持ちさせるための投資にも「つみたてNISA」が向いています。投資する商品の選び方やリスク管理の方法など、50代半ばからの「つみたてNISA」活用術を解説します。

不動産一括査定サイトの「HOME4U」で、 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイトの「HOME4U(ホームフォーユー)」で査定を依頼すると、不動産会社からしつこく営業を受けたり、価格査定がいい加減なものだったりするのではないかと、不安を感じている人も多いはず。そこで、本編集部記者が実際にHOME4Uを使って、自分の住んでいるマンションを査定してもらうという覆面取材を行った。紹介してくれた不動産会社の対応、査定の内容などもレポートする。

住宅ローンは変動金利、固定金利のどちらがいい? 借入額4000万円でシミュレーションすると、 変動金利の支払い増加リスクは最大900万円以上! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:初めて住宅ローンを借りるという人にとって大きな問題となるのが、「金利タイプを変動金利にするか、固定金利(全期間固定も含む)にするか」という選択です。今回のシミュレーションでは固定金利を選んだ場合に回避できる金利上昇リスクを保険料として目に見える金額にしたことで、変動金利がどれだけのリスクを背負っているのかを目に見えるようにしてみました。

iDeCoでは「バランス型投信」に任せて“ほったらかし 投資”が正解! メンテ不要&低コストの「バランス型 投信」を賢く選ぶ4つの条件とおすすめの商品を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の投資は「バランス型」の投信1本を長期保有する「ほったらかし投資」が得策! しかしそのためには、“いいバランス型投信”をしっかり選ぶ必要があります。バランス型投信の正しい選び方と、おすすめの商品および取扱金融機関を紹介します。

家の査定価格は、なぜ不動産会社によって違う? 成約事例の選び方から、営業マンの能力を見抜こう - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:複数の不動産会社にマンションや家の売却を依頼すると、提示される査定価格にばらつきがあることも。実はそれ、査定の参考にする「成約事例」の違いによるものが大きいのです。成約事例をどうやって決めているかを知れば、その不動産会社や営業マンの力量を測ることができます。この記事では、不動産流通推進センターが公開している査定マニュアルをもとに成約事例と査定対象の物件に点数をつけて、価格を割り出す流れを解説しています。

消費税の増税前に、駆け込みで家を購入すべき? 増税額と、補助金の恩恵額を比較して、 マイホームの買い時をシミュレーションした! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年10月の消費増税(8%から10%へ)はほぼ確実な状況となってきた中で気になるのが、いつマイホームを購入するかという問題です。増税はマイナス要因ですが、一方で増税対策の補助金なども予定されています。プラス要素とマイナス要素を比べて、いつ住宅を購入し、住宅ローンを借りるべきかを検討しましょう。この記事では「すまい給付金」の拡充なども勘案したシミュレーションを元に消費増税の影響を解説します。

住宅ローンの変動金利が上昇したら、いくら繰上返済すべきか、借入金額別に診断! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:銀行間で住宅ローンの変動金利の獲得競争が激化しています。競争によって金利が下がるのはいいのですが、変動金利のネックとなるのは、銀行が金利を引き上げる権利を持っているということ。そこで今回は、金利上昇リスクを計算し、いくら繰上返済すればそのリスクを相殺できるかを計算してみました。金利が2.775%まで上がると仮定した標準シナリオと、金利4%を想定したリスクシナリオを用意したので、住宅ローンの借り入れや借り換えの参考にしてください。

「つみたてNISA」で月末・月初に積み立てると不利に なる!? 積立投資を実行する「積立日」の選び方や、 「毎月」「毎週」「毎日」など頻度の決め方を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」での積立は、「毎月」「毎週」「毎日」などのうち、どのくらいの頻度で行うのがベストでしょうか。また、積立日はどの日を設定すると安く買えるでしょうか。意外に知らない「つみたてNISA」の「積立頻度」と「積立日」について解説します。

フラット35が手数料も融資可能になったので、必要な自己資金がいくら減少したかを試算! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、ブロガーの千日太郎です。2018年4月から、全期間固定住宅ローン「フラット35」では仲介手数料や融資手数料、司法書士報酬などが融資対象になりました。これにより、わずかな自己資金でも住宅ローンを借りられるようになったことをご存知ですか。4000万円の不動産を購入するケースで必要な自己資金を試算したところ、200万円以上も減った計算になり、ハードルは相当低くなったと言えるでしょう。

【2018年版】おすすめの住宅ローンの組み方は? 3つの金利タイプで審査を通しておけば、 金利の大きな変動があっても安心! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年、おすすめの住宅ローンの組み方を考えてみたいと思います。今年は金利が大きく変動する可能性がありそうなので、金利タイプを一つに絞ってしまうのではなく、金利の決まり方が異なる複数の金利タイプで審査を通しておくことが重要です。特に、「フラット35」「変動金利」「申込時点と実行時点で低い方の金利を適用する住宅ローン」3つの金利タイプをカバーしておけば、それなりのリスクヘッジができるのではないでしょうか。

住宅ローンの融資実行までに突発的に金利が上昇しても、「一部の地銀」なら心配なし! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月に米朝首脳会談が開催されるというニュースが飛び込んできましたが、住宅ローンの金利にはどんな影響を与えるのでしょうか。この2018年に家を買って住宅ローンを組む人にとって、ここ最近の朝鮮半島をめぐる地政学リスクはネックであるだけに、今後の展開と金融市場に与える影響と、住宅ローン金利の動向を占ってみましょう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.