投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(7/16~19)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1550~2万1950円! マイクロソフトやIBM、 ネットフリックスなど、人気米国株の決算にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(7/6~19)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(7/8~12)の日経平均株価も、相変わらず値動きの少ない相場展開が続きました。先週末に発表された米雇用統計が予想を上回ったことから、早期利下げ期待が後退して米国株が下落となる中、週明けの日本株市場も売りが先行しました。しかし、日経平均株価は、一時2万1500円を若干割り込む局面も見られましたが、その後は週を通じて2万1500円での底堅さが意識されました。

参議院選挙における自民党の「公約」の関連銘柄は? 「防災・減災、国土強靱化」分野の銘柄なら、政策の 後押しに加え、海外情勢の影響を受けにくいのが魅力 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「防災・減災、国土強靱化」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。来たる7月21日、参議院選挙の投開票が行われます。7月4日の公示後、最初の週末に各メディアが一斉に実施した全国情勢調査によると、自民・公明の与党で改選議席の半数を超える見通しと伝えられています。選挙戦の中盤から終盤にかけて情勢が変化する可能性はあるものの、与党勝利を意識した上での政策期待が次第に高まってくることが考えられます。そこで今回は、自民党の参院選公約から投資テーマを探してみました。

日経平均は、日米貿易協議、米中貿易戦争、消費増税 などの悪材料により、上値が重い状況に! 需給面で シコリがなく、高成長が期待できるIPO銘柄が人気に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 売り買いともに手掛かり材料が乏しいため、東京株式市場は様子見ムードが強まっています。5月27日は米市場や英市場が休場で、海外投資家の動きが鈍かったこともあり、東証1部の売買代金は2014年12月以来、およそ4年5カ月ぶりの薄い商いでした。5月27日の日米首脳会談では、日米貿易交渉で早期の成果実現に向けて議論加速で一致し、トランプ米大統領は「8月に発表」と表明しました。ただし、西村康稔官房副長官は記者会見で、8月の合意で一致したのかと聞かれ、「全くない」と否定したそうです。

日経平均株価は、米中貿易戦争激化と消費増税により 上がり難い相場に! 今の状況で狙うべきは「RPA」 「5G」などのテーマ性を持つ非製造業の好業績銘柄 - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日本株式市場の状況をアナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 企業業績の低迷を背景に、日経平均株価などの株価指数の上値はバリュエーション面から重そうです。日経新聞社の集計では、上場企業の2020年3月期の純利益は、前期比1.4%減と、2019年3月期に続いて2期連続での最終減益となる見通しです。日本国内においては、少子高齢化にともなう労働生産人口の減少、人材不足が問題になっています。このため、小売りなど非製造業では、業務効率化、省力化投資が求められています。その結果、ロボティクス、協働ロボット、人口知能(AI)、IoT、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、「5G」、ドローン、自動運転など、業務効率化・省力化を実現するためのテーマ性を有する非製造業の銘柄群が今後の物色の柱になるでしょう。

参院選により注目を集める「農業分野のIT化」関連株を 解説! 自民党が公約にする予定で、米中貿易戦争の 影響を受けにくい内需株としても株価上昇の期待大! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:夏の参院選に向けた自民党の公約から「農業IT関連銘柄」をピックアップ! 具体的な25銘柄も紹介。自民党は5月13日、夏の参院選に向けた公約作成委員会の会合を党本部で開き、公約の柱に据える主要テーマについて協議したと報じられています。報道によると、農業分野でIT(情報技術)化を進めることなどを掲げ、人口減が深刻な地方での生産性向上などを実現して経済の底上げにつなげるとのことです。そこで今回は、国策として中長期的に注目される可能性がある「農業IT関連」に着目しました。

2019年、株式市場で注目される「改元・選挙・消費税 の増税」の3つのトピックを解説! 増税による消費の 落ち込みも対策&織り込み済みで、株価にはプラス!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年度の日本株に影響を与える「改元」「選挙」「消費税の増税」という3つのトピックをまとめて紹介! 2012年末からアベノミクス相場が始まり、長く株価は好調が続いたが、2018年の日本株市場は大荒れ。2019年も先行きを見通しづらい状況が継続中だ。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ6月号では、巻頭特集「日本株新予測&反撃の最強株95」で、ストラテジストやエコノミストといった”相場の目利き”が、2019年度の日本株市場の動向をどのように見ているか取材。そのほか、日本や米国、中国の政策やトピックなど、これからの日本株市場に影響を与えそうなポイントもまとめている。今回は、国内の政策や主要トピックで、株価に影響しそうなポイントをピックアップするので、頭に入れておこう!

日経平均株価は3〜6カ月程度「26週移動平均線」が 抵抗線に! 下げ相場では「なる早」で損切りし、 「バイ・アンド・アホールド」は絶対に避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の資本市場を大胆分析! 非常に難易度の高い相場になった。これが今の相場に対する率直な印象です。なぜなら、11月8日までの日経平均株価は落ち着きを取りもどしましたが、その後、戻りが一服し、再び、調整色を強めているからです。11月8日まで日経平均株価が戻った主因は、米国株式市場が強い動きとなったためです。11月6日投開票の米中間選挙は、市場の事前予想通り、与党共和党が上院の過半数を維持した一方、下院は民主党が過半数をとりました。上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」になったことで、トランプ政権と民主党が手を組み、インフラ投資拡大につながるとの期待が高まりました。その結果、7日のNYダウが前日比545.29ドル高の2万6180.30ドルと、大幅に3日続伸し、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えたのです。

トランプ大統領の「インフラストラクチャー法案」が 来春いよいよ動き出す!? 法案が現実化により 値上がりが期待できる要注目の関連銘柄5社を紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄氏が、米国株式市場の注目ポイントを解説! アメリカの老朽化したインフラストラクチャーを何とかしたい!というのはトランプ大統領の懸案のひとつです。11月6日に実施された米国中間選挙では、民主党が下院を、共和党が上院を支配しました。つまり「ねじれ構造」になったわけです。その場合、殆どの法案は下院の民主党が阻止すると思われますので、なにも決まらない状態になると思います。ただ数少ない例外として、インフラストラクチャー法案は、あんがいスンナリと通過する可能性があるのです。その理由は、インフラストラクチャーの刷新は民主党の公約でもあるからです。

米中間選挙の結果の「ねじれ状態」を市場関係者は 好感!? 「中間選挙後は景気敏感セクターを買え!」 というアノマリーは、今年も成り立つのか! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年11月6日(日本時間7日)に実施された米国の中間選挙の結果を受け、米国在住でザイ・オンラインでも連載中のアナリスト・広瀬隆雄さんが緊急寄稿! 11月6日に実施された米中間選挙の結果は、大方の予想通り、下院を民主党が、上院を共和党が支配しました。ノー・サプライズなので市場は大きく動かないはずです。投資家のフォーカスは2年後の大統領選挙へと移ってゆきます。株式にとっては支援的な環境が出来上がったと言えます。

米中間選挙は株式市場にマイナスの影響は与えない! 選挙後、相場が荒れるようならFRBが利上げを ストップするので、今は積極的に買い向かうのが吉! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:広瀬隆雄氏が、米中間選挙を控えた米国株式市場を解説! 米国株式市場は、神経質な動きが続いています。先週の米国株式市場はS&P500指数が-3.9%、ダウ工業株価平均指数が-3%、ナスダック総合指数が-3.8%でした。今回の急落は、10月に入ってから起こりました。一体、何が引き金になったのでしょうか? その原因は、市中金利の上昇に求めることが出来ると思います。10月に入ると、米国10年債利回りがスルスルと上昇し始め、10月5日には利回りが3.23%をつけました。これで、市場参加者の戦意がすっかり萎えてしまったのです。

日経平均株価は米中間選挙が終わるまで調整局面に! 今は無理して相場を張る時期ではないが、それでも 売買したいなら、年初来高値などの強い銘柄を! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株の状況と今後取るべき戦略をズバリ解説! 日経平均株価は下落基調を強めています。そもそも、ここ最近、25日移動平均線(10月22日現在2万3382.36円)を下回って推移しているため、地合いは非常に悪いのです。今回の相場急落のきっかけは、米長期金利の急上昇でした。これが、米国株の急落と外国為替市場でのドル安・円高を引き起こしたのです。このような状況下、トランプ米大統領は、10月22日、中間所得層向けに10%の減税を検討していると表明しました。11月6日の中間選挙の直前となる11月初めごろに発表される可能性があるようです。正直これは選挙対策の単なるアドバルーンの可能性が高いとは思います。しかし、一応、米債券の売り材料でもあります。

米国株への投資が今こそおすすめな"7つの理由"とは? 10年で39%増のGDP成長率や20%増の個人消費、 AI&IoT分野の高い技術力など米国株は世界最強だ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「米国株」を、いま買うべき”7つの理由”を解説!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の別冊付録「人気の米国株100銘柄 激辛診断」では、絶好の買い場到来の米国株を大特集!「米国株に今こそ投資すべき理由」から「米国株の買い方ガイド」、人気100銘柄の「ランキング」や「激辛診断」まで詳しく紹介している。今回はその中から「米国株をいま買うべき7つの理由」をピックアップ!

米国株は、米中貿易戦争による下落局面こそ買い時! 一時的に株価は調整するも、11月の米・中間選挙後は トランプ政権の経済政策で本格的な株価上昇が開始! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株は、2018年11月から本格的な株価の上昇が始まる! 絶好の買い場が到来した、米国株の2018年後半~2019年の株価をプロが予測!9月21日発売のダイヤモンド・ザイ11月号の別冊付録「人気の米国株100銘柄 激辛診断」では、絶好の買い場到来の米国株を大特集!「米国株に今こそ投資すべき理由」から「米国株の買い方ガイド」、人気100銘柄の「ランキング」や「激辛診断」まで詳しく紹介している。今回はその中から「2018年後半~2019年の米国株の株価予測」をピックアップ!

日経平均株価の2018年後半~2019年の動きを予測! 11月の米・中間選挙前に株価は下落、選挙後に一時的 に上昇するも、2019年は先行き不透明感で再び軟調に - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の2018年後半の見通しを、専門家が予測!8月21日発売のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から、「2018年後半の日経平均株価の予測」についての記事を抜粋して紹介しよう!

不倫疑惑の議員の当選を認めないひとと、 「与党が大勝した選挙は認めない」というひと [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:総選挙が終わってから、暗い気分になる話題がつづいています。ひとつは、不倫疑惑によって民進党を離党した女性議員の当選に対して、「無効票が1万票もあるのに834票差で当選したのはおかしい」として、「選挙をやり直せ」という電話が選挙管理委員会に大量にかかっていることです。なかには2時間半も抗議するものもあるとのことで、ここまでくると常軌を逸しています。

衆議院総選挙の与党圧勝観測から、日経平均株価は 21年ぶりの高値水準に! そろそろ訪れる調整局面は 「深押し」リスクも少なく、絶好の買いチャンスか! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に相変わらず非常に強い相場が続いています。10月16日の米国株式市場で、NYダウは続伸、前週末比85.24ドル高の2万2956.96ドルと、3日ぶりに過去最高値を更新しました。ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しました。10月16日の日経平均株価は10日続伸し、前週末比100.38円高の2万1255.56円でした。これは1996年11月27日以来、約21年ぶりの高値水準です。衆院選で与党の優勢が伝わり、政権の安定期待を背景に、外国人投資家が積極的に日本株を買っている結果です。

過去最高の国民の7割が生活に満足している中で 政権交代は起きるのか? [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:安倍首相が臨時国会冒頭での解散を決めたことで、政界は選挙一色になりました。これについては、「森友・加計の疑惑隠しだ」との批判があり、それはたしかにそのとおりなのですが、それが許されないことであれば有権者がそう判断するでしょう。「北朝鮮がミサイル発射を繰り返しているときに政治の空白をつくるな」との意見もあるようですが、そうなると日本の政治を金正恩が決めていい、ということになってしまいます。国会を解散させたくないなら、ミサイルを撃てばいいのですから。

衆議院解散総選挙の結果により日経平均株価が崩れる 可能性は低い!? 月末の東京モーターショーまでは、 「コネクテッドカー」など次世代自動車関連を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米株式市場共に相変わらず強い動きが続いています。5日までNYダウは7日続伸し、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しています。また日本では、10月6日の日経平均株価は5日続伸し、終値は2万0690.71円と連日で年初来高値を更新しました。10月の米雇用統計では、米南部のハリケーン被害で飲食店や小売店が休業した影響で、非農業部門の雇用者数は前月比で3.3万人減少しました。減少するのは2010年9月以来7年ぶりのことです。しかし10月以降については、災害復旧需要で雇用者数が増加に転じる可能性が高いでしょう。このため、9月の雇用者数減少は気にする必要はないと考えます。

【衆議院解散】安倍首相の論点隠しと 「希望の党」合流議員のあさましさ - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:安倍首相は昨日(9月25日)、28日召集の臨時国会冒頭で衆議院を解散すると正式に表明しました。10月10日が公示、22日が投票となります。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』は企業や経済の闇ばかりでなく、政治にも斬り込みます。

衆議院の解散総選挙で注目される「幼児教育関連」と 北朝鮮リスクによる「軍事・防衛関連」が人気に! 新興・小型株が伸び悩む中、要注目の11銘柄とは? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ロシアのラブロフ外相は、9月22日に、米国と北朝鮮間の非難の応酬を「幼稚園児のけんか」と表現し、「誰も止められない幼稚園児同士のけんかのように感情的な方法ではなく、理性的な方法」を追求するとしました。しかしながら、9月23日、トランプ大統領は、金正恩朝鮮労働党委員長を再び「小さなロケットマン」と呼んで揶揄し、「彼らは長くないだろう」とツイッターで呟きました。9月25日、北朝鮮の李容浩外相は、「トランプ氏は宣戦布告をした」とした。このけんかに対して、株式市場は、一時ほど動揺しなくはなっています。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.