投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ブリヂストン(5108)、連続増配は“9期”でストップも 利回り4%超を維持、配当額は過去10年で「10倍」に! 2020年12月期の配当は「160円」で、“非減配”は継続 - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブリヂストンの増配は9期でストップが確定するも、配当利回りは4%超を維持! ブリヂストン(5108)は2020年12月期の配当予想を前期比で「横ばい」となる「1株あたり160円」と発表。2019年12月期の配当も2018年12月期と同額の「1株あたり160円」だったので、連続増配記録は“9期”でストップ! しかし、「減配」予想ではないため2010年12月期から続く「非減配」は継続される見通しで、配当利回りは4.09%と高水準を維持。ブリヂストンの配当方針は「当該期の業績、財政状態に加え、中期的な利益見通し、投資計画、キャッシュ・フロー等を総合的に勘案して、連結配当性向20%~40%を目安に、安定した配当を継続的に実施する」というもの。(ブリヂストン、コード:5108、市場:東証1部、名証1部、福岡)

5期連続増配で配当利回り2.5%のキリンホールディン グス、10期連続増配で配当利回り3.1%のシノケング ループなど、「増配&減配」を開示した117銘柄を紹介 - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「5期連続」で増配予想のキリンホールディングス、過去3期で配当2倍予想の国際石油開発帝石など、最新の「増配・減配」銘柄ニュース!(2月10日~2月14日発表分) 増配や減配、記念配の実施など「配当」の変更に関する開示は株価を大きく動かす重要ニュース! そんな「配当」の変更情報&最新利回りを一覧にまとめて、わかりやすく紹介! 気になる「増配・減配」ニュースをいち早くチェックしよう!

キリンホールディングス(2503)、増配を発表して、 配当利回り2.56%にアップ!「5期連続増配」に加え、 1949年の上場以来ずっと続く「非減配」期間を更新へ! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:キリンホールディングス(2503)は2020年12月期の「増配」を発表して、配当利回りは2.56%、配当+優待利回りは2.96%に上昇!キリンホールディングスの2020年3月期の配当は、2019年3月期の「1株あたり64円」から「1円」の増配となる「1株あたり65円」となる見通し。実現すれば”5期連続増配”となる。キリンホールディングスの年間配当額は、株主還元強化が始まる直前の2006年12月期と比べると、2020年12月期までの14年間で3.8倍にまで成長。また、キリンホールディングスは「上場以来、減配なし」を継続している「安定配当株」でもある。(キリンホールディングス、コード:2503、市場:東証1部,名証1部,札幌,福岡)

ユニ・チャーム(8113)、「増配」予想を発表して、 “19期連続増配”の見通しに! 2020年12月期の配当は 前期比「4円」の増配で「1株あたり32円」の見込み! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ユニ・チャーム(8113)は、2020年12月期の配当(予想)を発表し、前期比「4円」の増配で「19期連続増配」の見通しとなった。ユニ・チャームの2020年12月期の配当予想は「1株あたり32円」で、2019年12月期の「1株あたり28円」より「4円」の増配となる見込み。ユニ・チャームの年間配当額は2003年3月期から2020年12月期までの19期で、「1株あたり2.2円」から「1株あたり32円」まで、約15倍に増額することになる。配当利回りは0.85%と低め。ユニ・チャームは配当政策として「配当の安定的かつ継続的な増額」を掲げている。(ユニ・チャーム、コード:8113、市場:東証1部)

スター精密(7718)、「増配」予想を発表して、配当 利回り4.34%にアップ! 実現すれば“10期連続増配” となる2020年12月期の配当額は「1株あたり60円」に - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スター精密(7718)は、2020年12月期の配当予想を発表した。「10期連続増配」となる見通しで配当利回りは4.34%に! スター精密の2020年12月期の配当は、2019年12月期の「1株あたり56円」より「4円」の増配となる「1株あたり60円」の予想。これが予想通り実現すれば「10期連続増配」となる。スター精密は有価証券報告書において、株主還元の基本方針を「自己株式の取得を含む連結総還元性向50%以上を基準にDOE(連結株主資本配当率)を勘案しながら実施していくこと」としている。(スター精密、コード:7718、市場:東証1部)

国際石油開発帝石(1605)、「増配」予想を発表して、 配当利回りは3.42%に! 過去3期で配当は2倍になる 見込みで、2020年12月期は「1株あたり36円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:国際石油開発帝石(1605)が、2020年12月期の配当予想を発表して、”3期連続増配”の見通しで配当利回りは3.42%に! 国際石油開発帝石の2020年12月期の配当は、2019年12月期の「1株あたり30円」より「6円」の増配となる「1株あたり36円」の予想に。これが予想通りに行われれば3期連続の増配となる上、わずか3期で年間配当額が倍増することになる。国際石油開発帝石は「中期経営計画 2018-2022」の還元方針において、2018年度から2022年度までの中期経営計画期間中、以下の3点を基本方針として掲げている。1. 安定的な配当 2. 配当性向30%以上 3. 業績成長に応じた段階的な株主還元の強化(国際石油開発帝石、コード:1605、市場:東証1部)

キーコーヒー、株主優待の配布基準変更&創業100周 年の記念配当の実施を発表! 200株以上~300株未満 の株主に2000円相当の自社商品詰め合わせを贈呈へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:キーコーヒー(2594)が、株主優待の配布基準を変更することを、2020年1月31日に発表した。この株主優待の配布基準の変更は、2020年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。キーコーヒーは、毎年3月末時点と9月末時点の株主を対象に株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上300株未満を保有する株主に、自社製品詰合せ(1000円相当)を贈呈。300株以上1000株未満を保有する株主に、自社製品詰合せ(3000円相当)を贈呈。1000株以上を保有する株主に、自社製品詰合せ(5000円相当)を贈呈」というものだった。今後は、新たに「200株以上300株未満」の優待区分が追加され、「100株以上200株未満を保有する株主に、自社製品詰合せ(1000円相当)を贈呈。200株以上300株未満を保有する株主に、自社製品詰合せ(2000円相当)を贈呈。300株以上1000株未満を保有する株主に、自社製品詰合せ(3000円相当)を贈呈。1000株以上を保有する株主に、自社製品詰合せ(5000円相当)を贈呈」に変更される。(キーコーヒー、コード:2594、市場:東証1部)

ニチアス(5393)、今期2度目の「増配」を発表して、 利回り2.82%にアップ! 年間配当額は前期比「8円」 増配の「76円」となり、“12期連続増配”の見通しに! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ニチアス(5393)が、2020年3月期の「増配」を発表して、配当利回りは2.82%に上昇!ニチアスの2020年3月期の配当は2019年3月期の「1株あたり68円」より「8円」の増配となる「1株あたり76円」の予想に。2020年3月期の増配発表は今回で2度目。ニチアスは2009年3月期より増配を続けており、2020年3月期の増配が予想通りであれば「12期連続増配」となる。ニチアスは今回の増配の理由を「2020年3月期の業績が概ね予定どおりに推移していることや財務状況等を総合的に勘案し、より一層の株主のみなさまへの利益還元を図るため」としている。(ニチアス、コード:5393、市場:東証1部)

4期連続増配で利回り4.85%のタマホーム(1419)、 17期連続増配のパン・パシフィック・インターナショナ ル(7532)など「増配&減配」を開示した94銘柄を紹介 - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「17期連続」で増配予想のドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルHD、「11期連続」で増配予想の大塚商会など、最新の「増配・減配」銘柄ニュース!(2月3日~2月7日発表分) 増配や減配、記念配の実施など「配当」の変更に関する開示は株価を大きく動かす重要ニュース! そんな「配当」の変更情報&最新利回りを一覧にまとめて、わかりやすく紹介! 気になる「増配・減配」ニュースをいち早くチェックしよう!

千葉銀行(8331)、増配を発表して配当利回り2.8%、 配当+優待利回り3.3%に! 20期以上も“非減配”を 続ける安定配当株で、配当額は過去17年で3.6倍に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:千葉銀行(8331)が、2020年3月期の「増配」を発表して、配当利回りは2.88%に上昇! 千葉銀行の2020年3月期の配当は、2019年3月期の「1株あたり16円」より「2円」の増配となる「1株あたり18円」の予想に。前期比12.5%の増配となる。千葉銀行はコンスタントに年間配当額を伸ばしてきており、2007年3月期の「1株あたり9円」から13年間で2倍の年間配当額に到達する見通しとなった。また、増配の発表と同時に株主優待制度の変更も発表された。金融クーポンの贈呈が終了となり、新たに「継続保有期間1年以上」が必須条件となった。変更の適用は2021年3月末基準以降。(千葉銀行、コード:8331、市場:東証1部)

JT(日本たばこ産業)、連続増配は「16期」でストップも 配当利回りは6.59%を維持! 2020年12月期の配当は 「1株あたり154円」の予想で、前期比“横ばい”予想に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:JT(2914)が開示した2020年12月期の配当予想は前期比「横ばい」で、連続増配記録が“16期”でストップ! 2020年2月6日にJTが発表した2020年12月期の配当予想は前期と同額の「1株あたり154円」で、16期続いた連続増配記録はストップする見込み。連続増配を続けてきたJTは連結配当性向が高い水準にあるものの、経営計画2020によると「当期利益には不確実性が残るものの、1株当たり配当⾦は安定性を重視し154円を予定」したとのこと。配当利回りは6.59%。業績予想で営業利益や当期利益が前期比でマイナスとなることや、連続増配がストップしたことを嫌気してか、夜間取引(PTS取引)では株価が下落している。(JT、コード:2914、市場:東証1部)

“新型コロナウイルス”収束後に株式市場で注目される のは「高配当株」だ! 「ソフトバンク」「あおぞら 銀行」など、高配当&好業績のおすすめ銘柄を紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「高配当銘柄」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大のグローバル経済への影響を見極める段階は変わらずとはいえども、金融市場が冷静に戻り、国の経済全体の動きを示す統計などマクロ面に再び焦点が向かうような状況にも備えておく必要があるでしょう。市場が正常化してくるにつれ、決算発表が一巡した後には次のイベントに関心が集まりやすいと考えられます。その際は3月末を意識した「高配当銘柄」への関心が改めて高まってくるでしょう。

AGC(5201)、増配予想の発表により「4期連続増配」、 配当利回り3.48%に! 2020年12月期の配当は前期比 「10円」の増配となる見通しで「1株あたり130円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:AGC(5201)が、2020年12月期の配当予想を発表して、「4期連続増配」の見通しで配当利回り3.89%に! AGCの2020年12月期の配当は、2019年12月期の「1株あたり120円」より「10円」の増配となる「1株あたり130円」の予想に。これが予想通りに行われれば4期連続の増配となる。なお、AGCは配当政策で「現在の1株当たり年間配当額以上の継続を基本」としている。(AGC、コード:5201、市場:東証1部)

花王(4452)、増配を発表して「31期連続増配」予想! 2020年12月期の配当予想は前期比「10円」の増配で 「1株あたり140円」となり、配当利回り1.59%に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:花王(4452)が、2020年12月期の配当予想を発表して、前期比「10円」の増配で「31期連続増配」の見通しになり、日本株最長の「連続増配記録」を更新へ! 花王の2020年12月期の配当予想は「1株あたり140円」で、2019年12月期の「1株あたり130円」より「10円」の増配になることが発表された。だったが、業績予想の上方修正に伴って「15円」の増配を発表。これにより、配当利回りは1.59%にアップすることになる。(花王、コード:4452、市場:東証1部)

“21期”連続増配の小林製薬(4967)、“18期”連続増配 のKDDI(9433)、“10期”連続増配のイエローハット (9882)など「増配&減配」を開示した61銘柄を紹介! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「21期連続」で増配予想の小林製薬、「18期連続」で増配予想のKDDIなど、最新の「増配・減配」銘柄ニュース!(1月27日~1月31日発表分) 増配や減配、記念配の実施など「配当」の変更に関する開示は株価を大きく動かす重要ニュース! そんな「配当」の変更情報&最新利回りを一覧にまとめて、わかりやすく紹介! 気になる「増配・減配」ニュースをいち早くチェックしよう!

配当利回りが高くて、増配も期待できる「高配当株」 2銘柄!“累進配当”で減配リスクが低い「三菱商事」、 “10期連続増配”を達成している「オリックス」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回りが高いだけでなく、業績の安定感があって「増配」も期待できる、アナリスト注目の「高配当株」は三菱商事(8058)とオリックス(8591)! ダイヤモンド・ザイ3月号の大特集は、「2020年の【最強日本株】」! 2020年に値上がりしそうな注目株を「5万円株」「高配当株」「10倍株」「株主優待株」「大型安定株」「IPO株」といった部門別に紹介するほか、アナリストなどのプロ25人による日経平均株価の値動き予測や、2020年の注目イベントを考慮した、投資戦略の立て方も取り上げている。今回はこの特集から、配当利回りが4%超の「高配当株」で、業績面でも安定感があり、さらなる増配も期待できる2銘柄を紹介! 配当を重視しながらコツコツ運用したい人は必見だ!

増配で配当利回り3%超の「ヒガシトゥエンティワン」、 横ばいながら4.3%の「日本電気硝子」、3.6%の「ハピ ネット」など“増配&減配”を開示した全13銘柄を紹介 - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最新の「増配・減配」銘柄ニュース!(1月20日~1月24日発表分) 増配や減配、記念配の実施など「配当」の変更に関する開示は株価を大きく動かす重要ニュース! そんな「配当」の変更情報&最新利回りを一覧にまとめて、わかりやすく紹介! 気になる「増配・減配」ニュースをいち早くチェックしよう!

株主優待株や増配株で稼ぐ“コツコツ”投資家4人が投資 成績や保有銘柄を告白! 投資するタイミングのほか、 優待株のメリットや高配当株に潜むリスクなどを解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待や配当に注目して資産1億円以上を築いた“コツコツ”投資家に昨年の成績や保有銘柄を直撃! 優待株に投資するメリットや高配当株に投資するリスクなど、株初心者は必読! 発売中のダイヤモンド・ザイ3月号には、スペシャル企画「2020年の勝ち戦略を語る! 億り人の【新年座談会】」を掲載! 資産1億円を超えるスゴ腕の個人投資家たちに、2019年の投資成績を振り返ってもらったほか、2020年の投資戦略についても、じっくり語り合ってもらっている。今回はその一部を抜粋しよう!

記念配当の実施で6期連続増配となったサーラコーポレ ーション、初配を発表したファーマフーズとサイバー ステップなど「増配&減配」を発表した16銘柄を紹介! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最新の「増配・減配」銘柄ニュース!(1月14日~1月17日発表分) 増配や減配、記念配の実施など「配当」の変更に関する開示は株価を大きく動かす重要ニュース! そんな「配当」の変更情報&最新利回りを一覧にまとめて、わかりやすく紹介! 気になる「増配・減配」ニュースをいち早くチェックしよう!

3期連続増配で利回り3.1%のイワキ(8095)、減配を 発表も5期連続増配継続で利回り3.6%の京進(4735) など、「増配&減配」を開示した“全14銘柄”を紹介! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最新の「増配・減配」銘柄ニュース!(1月6日~1月10日発表分) 増配や減配、記念配の実施など「配当」の変更に関する開示は株価を大きく動かす重要ニュース! そんな「配当」の変更情報&最新利回りを一覧にまとめて、わかりやすく紹介! 気になる「増配・減配」ニュースをいち早くチェックしよう!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.