投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価が2018年に「上昇&下落した理由」を 振り返ろう! 米国の金利上昇や米中貿易摩擦戦争が 原因で、日経平均株価は2回も"3000円超"下落した! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年の日経平均株価を左右した「米中貿易摩擦」や「米国の利上げ」などの影響は、2019年も続くのか? 2018年の日経平均株価の上昇イベント、下落イベントをおさらい!12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、年末年始の恒例企画「2019年『株』大予測&儲け方」を大特集! 投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を掲載している。今回はその中の「2019年の日本株を大展望!」から一部記事を抜粋して、「2018年の日経平均株価」について振り返ってみよう!

住宅ローンは変動金利、固定金利のどちらがいい? 借入額4000万円でシミュレーションすると、 変動金利の支払い増加リスクは最大900万円以上! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:初めて住宅ローンを借りるという人にとって大きな問題となるのが、「金利タイプを変動金利にするか、固定金利(全期間固定も含む)にするか」という選択です。今回のシミュレーションでは固定金利を選んだ場合に回避できる金利上昇リスクを保険料として目に見える金額にしたことで、変動金利がどれだけのリスクを背負っているのかを目に見えるようにしてみました。

住宅ローンの変動金利が上昇したら、いくら繰上返済すべきか、借入金額別に診断! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:銀行間で住宅ローンの変動金利の獲得競争が激化しています。競争によって金利が下がるのはいいのですが、変動金利のネックとなるのは、銀行が金利を引き上げる権利を持っているということ。そこで今回は、金利上昇リスクを計算し、いくら繰上返済すればそのリスクを相殺できるかを計算してみました。金利が2.775%まで上がると仮定した標準シナリオと、金利4%を想定したリスクシナリオを用意したので、住宅ローンの借り入れや借り換えの参考にしてください。

住宅ローンの変動金利が上がる時期を 銀行の“懐具合”から大胆予測! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちはブロガーの千日太郎です。今回は、住宅ローンの変動金利が上がる時期を、銀行の“懐具合”から大胆予測してみたいと思います。折しも、衆院選は安倍首相の勝利続投となりましたが、それによって今後の金利動向がどうなるのか気になるところでしょう。ただし、住宅ローン金利は銀行の営業戦略にも左右されますので、そこまで考慮して、変動金利はいつ上昇するのか予想してみました。さらに、2018年に向けて、おすすめの変動金利の住宅ローンを紹介しましょう。

住宅ローンで人気が高い、低金利の変動金利は、 金利が上昇すると、返済額はどのくらい増加する? 返済シミュレーションで、繰上返済の効果を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際、金利の低さから変動金利を選んでいる人は多い。金利が低ければ、借入額を大きくできるというメリットもある。しかし、変動金利は将来金利が上昇した場合、返済額が増えるデメリットもある。そこで、変動金利のメリットを生かしつつ、デメリットをいかに対処すればいいのかを、返済シミュレーションを使って探ってみた。

住宅ローンを比較するなら「実質金利」に注目! 手数料や団信など、すべてのコストを金利に換算した 「実質金利」で、本当にお得な住宅ローンを探そう! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際に支払う手数料や団体信用生命保険料は予想以上に高コストなことがあるので、主なコストを全て内包している「実質金利」を使って、本当にお得な住宅ローンを賢く探し出そう! 多くの人は、借入当初に適用される「表面金利」だけを参考にして住宅ローンを比較しているが、それでは不十分だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.