投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」で老後資金を賢く作る方法とは? 長期で資産を増やすための商品選び&運用のコツと、 自営業・会社員それぞれにおすすめの活用法を紹介! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」を活用して老後資金を賢く作る方法を紹介! 「つみたてNISA」には、20年という長い非課税投資期間があり、老後資金作りに役立てられる制度です。では、どのように活用すれば、賢く積み立てることができるのでしょうか?「つみたてNISA」を始めるのにおすすめな自営業者や会社員、50代半ば以降の人向けに、商品選びと運用のコツを紹介します。

iDeCoの掛け金を「投資信託」で運用して、15年間で 資産45%増!「元本確保型」を選ばず、攻めの運用で 大きく増やす秘訣は「株価急落時」も継続すること! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)で、「投資信託」だけを長期で運用して、資産を増やしている人の事例を紹介!iDeCoは、掛金の残額が所得金額から控除される節税メリットがあるお得な制度。定期預金や保険といった「元本確保型」の商品と「投資信託」に投資できるが、「元本確保型」だと超低金利の現状では掛金以上の額に資産を増やすことはできない。そこで注目したいのが、元本割れのリスクはあるものの利回りも期待できる「投資信託」を上手に活用した運用だ。今回は、「投資信託」100%で運用して、資産を増やしている人の事例を3つ紹介しよう!

つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を 騰落率ランキングですべて紹介! 信託報酬の安さや 取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるアクティブ型投資信託15本を紹介!「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみ。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「株式型(国内・世界・米国・欧州)」と「バランス型」の投資信託にわけ、すべての商品を「過去5年の騰落率の大きい順」にランキングして紹介! それぞれの商品の信託報酬や運用内容、取り扱いのある金融機関をチェックして、購入する商品を厳選使用!

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年12月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2017年12月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2017年11月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の 中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や 取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるインデックス型投資信託117本を一覧で紹介!(2017年12月18
日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品となっている「インデックス型投資信託」117本を取り扱う金融機関や過去の騰落率を一覧で紹介していこう!

つみたてNISA(積立NISA)対象商品を一覧で紹介! インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託、 ETFの取り扱い金融機関や信託報酬、騰落率に注目! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で取り扱われる対象商品135本を一覧で紹介!(2017年12月18日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品を、過去の騰落率や商品の特徴も交えながら、一覧で紹介していこう!

40代から「iDeCo」を使って老後資金を増やす方法! 「iDeCo」以外の資産も考慮して、節税メリットと 期待リターンを計算する効率的な運用戦略を伝授! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:40代の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の攻略法を解説!「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、掛金が全額所得控除になるだけでなく、運用益が非課税になるなど、節税メリットが大きく、老後の資産形成にお得な制度です。40代については、「これからiDeCo口座を開設する人」と「すでにiDeCo口座を保有している人」がそれぞれ一定数いらっしゃるかと思います。そこで今回は、その2つのパターンを想定して「40代のiDeCo攻略法」と「iDeCoでの資産のポートフォリオ」を考えていきます。

【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】 「取扱商品の本数」を比較して選ぶ! 投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」の取扱商品数が多い、おすすめの金融機関を紹介! 「つみたてNISA」の対象商品は、金融庁が示した一定の要件を満たす「投資信託」と「ETF(上場株式投資信託)」のみ。これらの商品の取扱本数は、金融機関によってまちまち。「つみたてNISA」口座を開設した金融機関で、自分が買いたいと思っていた商品を取り扱っていないこともあるので、注意が必要だ。「つみたてNISA」は最初の金融機関の選びが重要になるため、「取扱商品数」の多い金融機関にも着目しながら、慎重に「つみたてNISA」口座を開く金融機関を選ぼう!

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ! iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関を紹介 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の手数料が安いおすすめ金融機関を紹介! iDeCoは、自分で毎月掛け金を積み立て自分で運用して老後資金を作る、いわば“自分年金”。掛金の全額が所得金額から控除されるという節税メリットもあり、とてもお得な制度だ。ただし、金融機関によっては毎月の口座管理料やiDeCo加入時などに手数料がかかるため、最初の金融機関選びは慎重に行いたい。そこで、ザイ・オンラインがおすすめする、iDeCo口座の「手数料(口座管理料)が0円」または「手数料が安い」金融機関を紹介! iDeCo口座をつくる金融機関を選ぶ際は、常に口座管理料が0円、一定の残高以上は口座管理料が0円、キャンペーンで一定期間0円というところに注目するようにしよう!

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「運用商品の本数」を比較して選ぶ! 投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の「運用商品の本数」が充実しているおすすめ金融機関を紹介!iDeCoの運用商品は、大きくわけて2種類。1つは定期預金や年金保険の「元本確保型」。もう1つは、元本割れのリスクはあるが、運用次第で資産を大きく増やすこともできる「投資信託」だ。iDeCoの金融機関を選ぶ際は、「信託報酬」の低い投資信託が充実しているか、あるいは自分の買いたい投資信託がラインナップにあるかにも着目するようにしよう!今回は、iDeCoの「運用商品の本数」が充実しているおすすめ金融機関をピックアップして紹介。本数以外にもおすすめポイントを紹介しているので、そちらも参考にして自分にあったiDeCo口座の金融機関を見つけよう!

「つみたてNISA」口座開設の手順をやさしく解説! 投資未経験者や従来のNISAから移行する人など、 人によって異なる口座開設までの流れとポイントは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」口座の金融機関での開設までの手順をわかりやすく解説!「つみたてNISA」を利用して投資信託・ETFの積立を行うには、「つみたてNISA」の取り扱い金融機関で専用口座を開設する必要があります。口座開設は決して難しい手続きではありませんが、投資初心者はその前の「総合口座開設」の段階で戸惑うことがあるかもしれません。また、すでに従来の「NISA」を利用している人は、移行手続きで注意すべきポイントがあります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の商品の選び方! 初心者は「元本確保型」に固執しすぎず、節税効果を 生かして「投資信託」で運用して掛金を増やそう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)での、投資商品の選び方を解説!iDeCoでは、元本確保型の投資信託や保険、そして投資信託を積み立てることができる。投資初心者にとって投資信託はなかなか手を出しにくいところもあるが、せっかくなら老後資金を増やすためにiDeCoの運用益が非課税になるメリットを活かして投資信託を運用するのがおすすめだ。そこで今回は、ダイヤモンド・ザイ12月号の別冊付録に掲載した「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)で老後貧乏から脱出せよ」の中から、投資初心者に知ってほしいiDeCoでの上手な投資商品の選び方について解説しよう!

「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 手数料、取扱商品の数、引き落とし方法で比較した 投資初心者と経験者で異なる選び方のポイントとは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を投資初心者、経験者に分けて解説!2018年1月の開始が目前に迫って来た「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」。利用するには、「つみたてNISA」を扱っている金融機関で専用口座を開設する必要があります。開設できるのは一人一口座のみ。では、どのような基準で「つみたてNISA」の口座を開く金融機関を選べばよいのでしょうか? 今回は、上手な口座選びのポイントについてお話しします。

30代は「iDeCo」を始めるのにベストなタイミング! 20年以上の時間を味方にして、掛金は月1万円以上、 100%投資信託に投資して運用利回りアップを狙おう - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoを30代で始めるメリットを解説!iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、毎月の掛金が全額所得控除になるうえ、運用益が非課税になるなど、節税メリットが大きい老後の資産形成にお得な制度です。30代は、「iDeCo」をスタートする最もよいタイミングだと私は考えています。30代の場合、多くの人が仕事とプライベートの両面で大きな変化を迎えるタイミングです。特に「30代後半」は自分の今後の人生を意識し、コントロールしていく時期です。30代を終える前にはぜひとも「iDeCo」をスタートしておきたいものです。では、30代で「iDeCo」をはじめると、40代で始めるよりどれくらいお得なのか、解説していきます。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年11月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCoの人気商品(投資信託)の2017年11月のランキングを紹介! iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年11月:SBI証券)を紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2017年11月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

「つみたてNISA」と従来の「NISA」、迷ったときは どちらを選ぶべき? 併用できない2つのNISAの違い と適切な「つみたてNISA」への移行のタイミングは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」と従来の「NISA」は、基本的に併用はできません。となると、気になるのはどっちの制度を選んだほうがよいのか、ということでしょう。今回は、「つみたてNISA(積立NISA)」と従来の「NISA」の違いを改めて見ていくとともに、それぞれの制度に向いているのはどんな人か、また従来の「NISA」から「つみたてNISA」に移行する場合の注意点や手続きについてお話したいと思います。

iDeCoで「株式型」以外の投信にも分散投資している 人の資産構成比と運用方針を紹介!「債券型」投信と 「元本保証型」でリスクを抑えている実例を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(個人型確定拠出年金)でやや積極運用をして、利益を出している人の資産構成比や運用方針を公開!iDeCoで運用するとき、「株だけを運用する投資信託は値動きが大きくて怖い!」という人は多いだろう。そんなときは、値動きを抑えるため、債券などの低リスク投信を組み合わせて投資するのがおすすめだ。債券は低金利で上昇は見込めないが、相場下落時にクッションになってくれる。そこで今回は、ダイヤモンド・ザイ9月号に掲載した「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」の中から、iDeCoを活用して投資信託をやや積極運用をしている、読者2人の活用術を抜粋して紹介しよう。

20代で「iDeCo」を始めるメリット・デメリットは? 会社員なら10年で最大55万円超が節税できるほか、 30年以上の時間を味方にすれば運用益も期待できる! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoを20代で始めるメリット・デメリットを解説!iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、毎月の金が全額「所得控除」できたり、運用益が非課税になったりするなど、大きな節税メリットを得られる、老後資金づくりに有用な制度です。ただし、60歳まで原則的に掛金を引き出すことができないという制限があるため、60歳まで30年以上の期間がある20代なら悩むところかもしれません。しかし、その長い期間を活かせる20代だからこそのiDeCoでのメリットがあります。

つみたてNISAに向いている人、向いていない人は? 「iDeCo」より「つみたてNISA」を活用すべき人と、 「つみたてNISA」を絶対に使ってはいけない人とは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」を利用したほうがいい人、「つみたてNISA」より従来のNISAやiDeCoを利用したほうがいい人を解説!「つみたてNISA」は、年間40万円までの積立投資による運用益がすべて非課税になる、新しいタイプのNISA(少額投資非課税制度)です。いよいよ「つみたてNISA」がスタートする2018年1月が近づいてきて、「つみたてNISA」を利用すべきかどうか、悩んでいる人は少なくないでしょう。ただ、「つみたてNISA」にまったく向いていないという人はあまりいません。では、どんな人であれば、より「つみたてNISA」のメリットを享受できるのでしょうか?

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年10月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCoの人気商品(投資信託)の2017年10月のランキングを紹介! iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年10月:SBI証券)を紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2017年9月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.