投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」で月末・月初に積み立てると不利に なる!? 積立投資を実行する「積立日」の選び方や、 「毎月」「毎週」「毎日」など頻度の決め方を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」での積立は、「毎月」「毎週」「毎日」などのうち、どのくらいの頻度で行うのがベストでしょうか。また、積立日はどの日を設定すると安く買えるでしょうか。意外に知らない「つみたてNISA」の「積立頻度」と「積立日」について解説します。

「iDeCo」で運用指図をしないと掛金はどうなる!? 銀行の窓口販売解禁、指定運用方法の預金→投信への シフトなど、iDeCo加入時に注意すべき変更点とは? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の制度に関して、2つのニュースが話題となっています。「iDeCoが銀行の窓口でも販売される」「iDeCo、投資信託販売にシフト」というものです。ただ報道には誤解を招いている部分もあり、また加入を考えている人など個人が注意すべき点もあります。そこで今回は、この2つのニュースの意味と注意点について、解説したいと思います。

「つみたてNISA」で「ETF」を買うメリットは? 「ネット証券」VS「対面証券」VS「銀行」で比較した 取扱商品の違いと金融機関の選び方も詳しく解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 「つみたてNISA」をこれから始めようという場合に、どの金融機関で口座を開けばいいのか悩む人も多いと思います。そこで今回は、金融機関による取扱商品の違いを見たうえで、投資初心者、投資経験者ごとに、どこを選べばいいかを解説しましょう。さらに、現在3本のみ対象となっているETFを、「つみたてNISA」で買う意味があるのかについても、詳しく説明します。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年4月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年4月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年4月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

「つみたてNISA」で人気の投資信託ランキング! 【2018年4月】SBI証券「つみたてNISA」口座での 積立金額&積立件数が多い投資信託ランキング公開! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で、みんなが積み立てている投資信託をランキングで発表! 投資初心者が「つみたてNISA」で積み立て投資するなら、「みんなは、どの投資信託またはETFを積み立てているか?」ということも参考にするのがおすすめ。そこで今回は、SBI証券が発表している「つみたてNISA」の「月間積立設定金額」と「月間積立設定件数」のそれぞれのランキングを発表! それぞれの商品を比較して、「つみたてNISA」で投資する際の参考にしよう!

「iDeCo」を始めるベストなタイミングは「今」だ! 口座管理料が無料で、コストが安い投資信託を揃えた 金融機関の登場で、「iDeCo」加入者は100万人へ! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」は今こそ始めるべき理由を、FPの山崎俊輔さんが解説! 2017年1月に「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の加入対象が拡大され、原則、20~60歳までの現役世代は誰でも「iDeCo」に加入できるようになりました。それから、あっという間に1年3ヵ月が過ぎ、加入者が2.5倍以上に増加しています。こうした「iDeCo」の盛り上がりに寄与したのは、金融機関各社の取り組みのおかげでもあります。

「つみたてNISA」でのポートフォリオの組み方と リスク管理の考え方を投資初心者にもやさしく解説! バランス型投信など分散投資できる商品の選び方は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」でのポートフォリオの組み方とリスク管理の考え方を解説! 投資をする際には、一点集中投資より分散投資のほうがリスクを抑えられると言われます。では、「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」を利用する際には、どの商品を選んで、どのような割合で保有し、どのようにリスクを管理すればいいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」を利用する際におさえておきたい、ポートフォリオ(金融商品の組み合わせ方や資産配分)の考え方と気を付けたいポイントについて説明します。

【松井証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 信託報酬が最安クラスの投資信託を11本ラインアップ - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年3月30日から「iDeCo」の取り扱いを開始! 松井証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)なら、運営管理手数料(口座管理料)が残高を問わず誰でも無料! 信託報酬が0.1296%の「三菱UFJ国内債券インデックスファンド」をはじめ、コストを抑えた投資信託11本と定期預金1本を厳選しており、投資初心者でも始めやすいラインアップになっている。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年3月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年3月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年3月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

「つみたてNISA」VS「iDeCo」の最終結論とは? iDeCoの「掛金が全額所得控除」の利点に捉われず、 将来の「不確定要素の多さ」にも注意して決めよう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちらを優先すべきか、徹底解説!「つみたてNISA」と「iDeCo」については、「どちらのほうがいいか」「どちらを優先すべきか」といった議論がよく起きます。そこで今回は、「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちらを優先すべきかについて、どちらにするか迷ってしまう2つの要因を考慮しながら、お話ししたいと思います。

iDeCoに加入している人が転職・退職した際に必要な 手続きをわかりやすく解説! 企業型確定拠出年金の 加入者がスムーズにiDeCoに移換する方法も紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」や「企業型確定拠出年金」の加入者が転職・退職したときに必要な手続きを、わかりやすく解説!4月は、転職や退職の多いシーズンです。転職や退職時には、さまざまな手続きが必要です。あなたがもし、「企業型確定拠出年金」や「iDeCo」に加入していた場合は、転職や退職時にやらなければならない手続きが1つ増えます。それが「確定拠出年金の口座の引き継ぎ作業」です。そこで今回は「企業型DC」と「iDeCo」、それぞれに加入していた人が転職や退職する際にどのような手続きが必要になるのか、ポイントを解説したいと思います。

「つみたてNISA」で人気の投資信託ランキング! 【2018年3月】SBI証券「つみたてNISA」口座での 積立金額&積立件数が多い投資信託ランキング公開! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で、みんなが積み立てている投資信託をランキングで発表! 投資初心者が「つみたてNISA」で積み立て投資するなら、「みんなは、どの投資信託またはETFを積み立てているか?」ということも参考にするのがおすすめ。そこで今回は、SBI証券が発表している「つみたてNISA」の「月間積立設定金額」と「月間積立設定件数」のそれぞれのランキングを発表! それぞれの商品を比較して、「つみたてNISA」で投資する際の参考にしよう!

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「定期預金の金利」を比較して選ぶ! 定期預金で運用したい人におすすめなiDeCo金融機関 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の「定期預金」を、金利の高い順にランキング形式で紹介!iDeCoは、掛金の全額が所得控除の対象になるなど、その節税効果だけで実質利回り15%~30%が得られるとてもお得な制度。そのため、iDeCoでは投資信託を運用しなくても、定期預金などの「元本確保型商品」だけに掛金を拠出するだけで十分、と考えている人も少なくないはずだ。そこで今回は、iDeCoで掛金を拠出できる「定期預金」を、金利の高い順にランキング形式で紹介! iDeCoの掛金を「定期預金」に拠出したいという人は、iDeCo口座を開く金融機関を選ぶときに、取り扱っている「定期預金」の金利にも着目するようにしよう。

つみたてNISAでおすすめの「バランス型投信」を 紹介! 分散投資が目的のバランス型投信を選ぶなら 国内外の株式と債券に投資する「4指数」で十分! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」でおすすめの「バランス型投資信託」と「アクティブ型投資信託」を紹介!「つみたてNISA」(積立型の少額投資非課税制度)を利用すると、最長20年間にわたって運用益が非課税で資産を形成できます。商品は途中で変更も可能ですが、「積立」という特性上、頻繁に変えることは望ましくありません。となると、最初の商品選びが重要です。では、具体的にはどんな商品を選ぶとよいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」の対象商品になっている「バランス型投資信託」と「アクティブ型投資信託」について見ていきましょう。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年2月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年2月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年2月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】 お得なキャンペーンを実施中の証券会社から選ぶ! つみたてNISAで得する、おすすめ証券会社はココ! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」取扱証券会社が実施している、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介!「つみたてNISA(積立NISA)」口座を開設するなら、各証券会社のキャンペーン情報もチェックしておこう。なぜなら、「つみたてNISA」口座を開設するだけでお金がもらえる場合があるからだ。もちろん、取り扱っている投資商品の豊富さなども大事だが、どうせならもっとお得に「つみたてNISA」口座を開設したいところ。そこで、今回は、各証券会社が実施している「つみたてNISA」のキャンペーン情報を総まとめ! 各証券会社のキャンペーンも参考にして、お得に「つみたてNISA」口座を開設しよう!

50代から「iDeCo」を始めるメリットと注意点は? すでに「iDeCo」に加入している50代はいつ利益確定 すべきか、60歳で後悔しないための運用戦略も解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:50代の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」活用術を解説!「iDeCo」は老後の資産形成にお得な制度ですが、50代から「iDeCo」に新規加入してもメリットは十分あるのでしょうか? また、すでに「iDeCo」に加入済みの場合、50代ではどう「iDeCo」を使って資産運用すればいいのでしょうか? 今回は、50代の方が直面するこれらの疑問にお答えしながら、「50代のiDeCo活用術」を考えていきます。

つみたてNISAでおすすめの「インデックス型投信」を 紹介!TOPIXや日経平均株価などの「指数の違い」や 「コスト」に着目した商品の選び方をやさしく解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」(積立型の少額投資非課税制度)を利用すると、最長20年間にわたって運用益が非課税で資産を形成できます。商品は途中で変更も可能ですが、「積立」という特性上、頻繁に変えることは望ましくありません。となると、最初の商品選びが重要です。では、具体的にはどんな商品を選ぶとよいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」で扱っている商品の大半を占める「インデックス型投資信託」について見ていきましょう。

【松井証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託を76本も用意! ロボアドバイザーが投資初心者の資産設計をサポート - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:松井証券の「つみたてNISA(積立NISA)」のおすすめポイントを紹介!松井証券の「つみたてNISA」は、厳選された商品のラインナップが70本以上!原則100円から投資信託を購入できるので、投資初心者でも始めやすい。また、松井証券の投資信託ロボアドバイザー「投信工房」が利用可能で、一人ひとりに合った投資信託の組み合わせを提案してもらえて便利!

「つみたてNISA」で積み立てられる投資信託とETFが “積立&長期投資向き”な理由とは?金融庁が課した “一定の条件”と、対象となった商品の概要を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」(積立型の少額投資非課税制度)では、一定の条件をクリアして金融庁に届け出た投資信託とETF(上場投資信託)だけが投資対象となっています。では、「一定の条件」とはどういったもので、その結果、対象商品となったのはどんな投資信託とETFなのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」で購入できる商品の概要とそれらの商品が選ばれた背景を改めて説明します。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.