投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


住宅ローンを1回でも滞納すると、 金利が跳ね上がるのは本当? 滞納後の銀行の対応と対策をプロが解説 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを滞納すると、それが1回であっても、金利が跳ね上がる可能性があることをご存知でしょうか。滞納した場合、最終的には競売にかけられて住めなくなってしまいます。そこで、ローンを滞納してしまった場合の銀行の対応と、その対策を紹介しましょう。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんによれば、返済危機に陥ったときに何よりも大切なのは、「いち早く手を打つ」ことだと言います。

フラット35が手数料も融資可能になったので、必要な自己資金がいくら減少したかを試算! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、ブロガーの千日太郎です。2018年4月から、全期間固定住宅ローン「フラット35」では仲介手数料や融資手数料、司法書士報酬などが融資対象になりました。これにより、わずかな自己資金でも住宅ローンを借りられるようになったことをご存知ですか。4000万円の不動産を購入するケースで必要な自己資金を試算したところ、200万円以上も減った計算になり、ハードルは相当低くなったと言えるでしょう。

低金利の住宅ローン「スーパーフラット8」なら、 年収480万円でも5000万円の不動産が購入可能?! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンのフラット35のなかでも低金利で売っているアルヒの「スーパーフラット」ですが、頭金が2割以上必要な「スーパーフラット8」だと、年収480万円でも500万円の不動産が購入可能です。そのカラクリを説明するとともに、10月に投入したばかりの頭金が1割以上必要な「スーパーフラット9」の活用方法もあわせて検討してみましょう。

フラット35を借りたい人は必見! 商品選びで失敗しない、得する5カ条を一挙公開! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「フラット35」の借り入れを検討している人は必見の、商品選びで失敗しない「フラット35で得する5カ条」を一挙公開しよう! 長期固定型住宅ローンの借り入れの際、まず候補に挙がるのがフラット35だろう。しかし、フラット35について正しい知識がないと痛い目を見てしまうことがある。この5カ条を参考にして上手に住宅ローンを借りてほしい。

頭金ゼロでもフラット35を最低金利で借りる裏技! 新生銀行の住宅ローンをつなぎ融資で活用しよう 7月中なら、キャンペーンで10万円もお得! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新規借入でフラット35を借りるとき、10%の頭金が必要であるため、、「10%の頭金がない…」と、やむなくフラット35を諦めている人に朗報です。保証料ゼロ、7月31日申し込みまでの期間限定で、融資手数料ゼロの新生銀行を利用すれば、融資時点の頭金がゼロ円でも、わずかな追加コストでフラット35を最低金利で借りることができるという裏技を紹介します。

ブロガー千日がおすすめの「フラット35」は? 実力派4銀行をガチで徹底比較! 初めて家を買う人も、お得な住宅ローンを見つけよう - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。今日は、フラット35(新規借入)の最低金利を出している4銀行・金融機関(アルヒ、楽天銀行、住信SBIネット銀行、優良住宅ローン)を比較して、どこがトータル支払額でもっとも安くなるのか、ランキングで紹介したいと思います。

低金利の今はマイホームを買う絶好のタイミング? 不動産の本当の「買いどき」や正しい住宅ローンの 組み方を、元不動産会社勤務のFPが伝授! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今は本当に不動産の買いどき? 元不動産会社勤務のFPが解説! 普通に考えれば、金利が低水準なら住宅ローンを有利な条件で組めるため、今こそ不動産の買いどきと思われる。一方で、都心部では不動産価格が上昇しているとのウワサも。となると、今本当に不動産を買ってもいいのか、迷いが生じるかもしれない。そこで、自身も不動産投資の経験があり、以前は不動産会社で営業職に就いていたというFPの風呂内亜矢さんに、今の不動産市場をどう見るか。また、不動産を買う際に何を注意すべきか聞いてみた。

住宅ローンは今や「頭金なし」で借りられる! 諸費用まで借りられるオーバーローンが可能で、 不動産仲介手数料、引越費用までOKの銀行も! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際、「頭金なし」でも借りられる金融機関が増えている。中には、借り入れの際に必要な手数料、登記費用だけでなく引越代といった諸費用まで貸してくれる、「オーバーローン」が可能な金融機関まで登場しており、手持ち資金がなくても住宅ローンを借りやすい時代になっている。

フラット35なら、アルヒが他銀行より低金利! 頭金2割の優良顧客に絞って超低金利を実現 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:長期固定金利型住宅ローン「フラット35」で、住宅ローン専門機関・アルヒ(ARUHI、旧SBIモーゲージ)がより低金利で借りられる商品を発売し、人気を集めている。アルヒが出したフラット35の新商品は、民間の銀行よりも審査が緩めで比較的借りやすいうえに、金利も業界最低水準となっていて、大変魅力だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.