投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


香港で購入できる金融商品の魅力とは? 外国債券が 充実している香港の金融機関なら、長期的な資産形成 や老後の定期的な収入の確保も可能になって魅力的! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:香港の金融機関「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB、ニッポンウエルスリミテッド、ア・リストリクテッドライセンスバンク)」のセミナーでFP・花輪陽子さんが実感した、香港の金融商品の魅力とは? シンガポール在住のFP・花輪陽子さんが、シンガポールから香港に遠征し、現地の金融機関NWBのセミナーに参加。今回はそのNWBのセミナーで知った、日本人にとっても魅力的な香港の金融商品についてレポート。日本と違い、当局が厳しく管理している香港の金融商品のラインナップや、老後に向けて保有を検討したい外国債券の魅力なども紹介する!

シンガポールや香港など、海外の金融機関に口座を 開設して投資するメリットとは? 日本で取り扱って いない高利回りの債券など、海外投資の魅力を紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールや香港などの海外の金融機関でしか投資できない金融商品の魅力と、日本から海外の金融商品に投資する方法を紹介! 資産の大半を現金・預金で持っている人が多い日本と違い、海外では株や債券などをポートフォリオに組み込むことが一般的。富裕層も、高利回りの社債などで運用するケースが多いというが、彼らの投資対象には日本から投資できない場合も多い。そこで今回は、シンガポール在住のFP・花輪陽子さんに、海外の金融商品の魅力と、日本在住でも海外の金融商品に投資できる方法を解説してもらった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.