投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(9/9〜13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万700~2万1500円! 米中貿易問題や香港デモなど 外部環境の不安が減少して、一段上のレンジに移行! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(9/9〜13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(9/9〜13)の日経平均株価は、底堅い展開が見込まれます。米中協議再開については、結果的に、9月に行う予定だったものが10月に先送りされた格好です。また、香港におけるデモは改正案撤回後も継続すると伝えられており、混乱は長引く見通しです。その為、楽観視はできない状況ではありますが、センチメントが弱気に傾く中で、今回、外部環境の不安要因が改善したことにより日経平均株価は2万100〜2万700円のもち合いレンジを突破しました。

国際空港が占拠された直後の香港で 100万人規模のデモを裏で操る「組織者」の噂を聞いた 【橘玲の世界投資見聞録】 - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:国際空港がデモ隊に占拠されて空の便が大混乱となった4日後の8月18日から21日まで、3泊4日で香港を訪れた。私はジャーナリストではないのでデモの渦中に飛び込んで取材するのが目的ではなく、香港の友人と久しぶりに広東料理でも食べながら飲もうと約束して航空券を予約したら、たまたまこの時期になってしまった。前日までは香港便が飛ぶかどうかわからなかったが、空港の混乱は収束したようなので予定通り出かけることにした。

香港混乱 ハブ空港機能に打撃

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:「逃亡犯条例」改正問題を巡る若者らの抗議活動の影響で香港国際空港が混乱。12、13両日で979便が欠航。ハブ空港としても人気のある香港乗り継ぎのメリットや現在の問題点などについて解説。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 香港の「逃亡犯条例」を巡る問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6333336
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/08/14 21:13:53 投稿番号: 39571

日経平均株価は、1ドル=109円35銭を超えた円安に ならない限り上昇は難しい! 依然として個人投資家 に元気がないので、買うなら好業績の大型株中心で! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 引き続き、8月相場は冴えない動きになっています。このような調整相場になっている主因は、やはり米中貿易戦争の激化です。ちなみに、トランプ米大統領は8月9日、「中国と合意する準備ができていない」として、9月上旬に開く予定の貿易協議を中止する可能性を示唆しました。また、政府調達を13日から禁じるほか、米国製品の販売を事実上禁じる措置を取っているファーウェイに関しては、中国と貿易問題で合意するまで制裁を続ける考えを示しており、米中の対立が再び激化しつつあります。

世界一物価が高い“都市”の香港は、シンガポールより 物価が高い!? 不動産バブルの現状やグレーターベイ エリア構想の進捗など、香港の最新事情をリポート! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界一物価が高い“都市”となった「香港」の最新事情をレポート! シンガポール在住のファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんが、シンガポールと距離的に近く、共通点も多い都市・香港の最新情報をお届け! 香港はご存じのとおり中国本土とは距離を置く特別行政区だが、近年はグレーターベイエリア構想などの影響で、本土との距離が近づきつつある。一方、物価が高く富裕層が集まる都市でもあり、消費は旺盛だ。今回は、花輪さんの目に映った香港の今を切り取って紹介する。

中国株投資の注目テーマは「健康」「キッチン用品」 「ベイエリア開発」の3つ! 急成長した中国で今から 儲かる業種と、銀河娯楽集団など注目銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国株の注目テーマは「IT」や「イノベーション」以外にも!3つのキーワードで抽出したプロの選ぶ注目の3銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集内から「買いの中国株を見つける 3つのキーワードで銘柄選別」をピックアップ。今の中国がわかるキーワードの解説とともに、関連銘柄をそれぞれ1つずつ紹介するので、投資の参考にしてみてほしい。

「テンセント(騰訊控股)」の株を、今から買っても 儲かるのか? 主力事業「WeChat(微信)」の強み、 成長性など、時価総額が世界8位の巨大IT企業を分析! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「テンセント(騰訊控股・00700)」って、どんな会社? 中国株を代表する大型株(香港メインボード)「テンセント」の事業内容や、アナリストによる今後の展望の分析を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集冒頭の「中国株の現状分析」を抜粋。「相場が下がっているうちに投資してみたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

「中国株」は株価が低迷している今こそ"買い時"か!? アリババやテンセントの登場で、米国に次ぐIT大国に 変貌を遂げている中国経済の今を、アナリストが解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「アリババ」と「テンセント」といった中国の企業が、いまや世界の時価総額ランキングでトップ10に入るほどの急成長を遂げている。しかし、米国との貿易摩擦問題などもあって、中国の株式市場は低迷中だ。はたして今、中国株は“買い”なのか!?  発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集冒頭の「中国株の現状分析」を抜粋。「相場が下がっているうちに投資してみたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

香港で購入できる金融商品の魅力とは? 外国債券が 充実している香港の金融機関なら、長期的な資産形成 や老後の定期的な収入の確保も可能になって魅力的! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:香港の金融機関「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB、ニッポンウエルスリミテッド、ア・リストリクテッドライセンスバンク)」のセミナーでFP・花輪陽子さんが実感した、香港の金融商品の魅力とは? シンガポール在住のFP・花輪陽子さんが、シンガポールから香港に遠征し、現地の金融機関NWBのセミナーに参加。今回はそのNWBのセミナーで知った、日本人にとっても魅力的な香港の金融商品についてレポート。日本と違い、当局が厳しく管理している香港の金融商品のラインナップや、老後に向けて保有を検討したい外国債券の魅力なども紹介する!

シンガポールや香港など、海外の金融機関に口座を 開設して投資するメリットとは? 日本で取り扱って いない高利回りの債券など、海外投資の魅力を紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールや香港などの海外の金融機関でしか投資できない金融商品の魅力と、日本から海外の金融商品に投資する方法を紹介! 資産の大半を現金・預金で持っている人が多い日本と違い、海外では株や債券などをポートフォリオに組み込むことが一般的。富裕層も、高利回りの社債などで運用するケースが多いというが、彼らの投資対象には日本から投資できない場合も多い。そこで今回は、シンガポール在住のFP・花輪陽子さんに、海外の金融商品の魅力と、日本在住でも海外の金融商品に投資できる方法を解説してもらった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.