投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


住宅ローン金利の最新動向チェック【2017年4月】 激戦区の10年固定は、りそな銀行が圧倒的優位を堅持 キャンペーン終了の三菱東京UFJ銀行が下位に沈む - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年4月の住宅ローンの金利は、住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説します。

35年固定金利で最もお得な住宅ローンは? アルヒのスーパーフラットVSみずほ銀行 VS地銀代表の伊予銀行 - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの人気ブロガーの千日太郎氏が、住宅ローンについて徹底的に分析します。第3回は、35年固定金利対決として、アルヒのスーパーフラット、みずほ銀行の35年固定、地銀代表として伊予銀行にもご登場願いましょう!

住宅ローン金利の最新動向チェック【2017年3月】 10年固定で金利を上げる銀行が続出するも、 りそな銀行の絶対優位は変わらず - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年3月の住宅ローンの金利は、先月同様、10年固定で大きな動きがありました。トップ3が揃って金利を上げるというもので、先月とは逆の動きです。35年固定も数社が金利を上げました。10年以上の固定金利は今後も上昇傾向が続くのか、注目です。住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説します。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2017年2月】 金利競争の主戦場は変動金利から10年固定へ 三菱東京UFJ銀行が、トップのりそな銀行に肉薄 - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年2月の住宅ローン金利は、10年固定で大きな動きがありました。三菱東京UFJ銀行が借り入れ当初に適用される表面金利を大きく下げてきたのです。これで、金利引き下げ競争の主戦場は変動金利から10年固定に入れ替わりました。住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説します。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2017年1月】 10年固定金利以上の長期金利は上昇基調に! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年1月の住宅ローン金利は、10年固定金利以上の金利が上昇した。引き下げ過ぎた金利の上昇が始まったのか? 住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説する

フラット35なら、アルヒが他銀行より低金利! 頭金2割の優良顧客に絞って超低金利を実現 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:長期固定金利型住宅ローン「フラット35」で、住宅ローン専門機関・アルヒ(ARUHI、旧SBIモーゲージ)がより低金利で借りられる商品を発売し、人気を集めている。アルヒが出したフラット35の新商品は、民間の銀行よりも審査が緩めで比較的借りやすいうえに、金利も業界最低水準となっていて、大変魅力だ。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2016年12月】 35年固定など、長期固定金利の上昇基調が鮮明に! 10年固定は、りそな銀行が金利引き上げも首位堅持 - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年12月の住宅ローン金利は、10年超の長い固定金利が前月に続いて上昇基調となった!住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説。諸費用などを含んだ実質金利を使うので、本当にお得な住宅ローンが分かります。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2016年11月】 35年固定は、みずほ銀行が同率トップに浮上! 変動少ない10年固定は、りそな銀行が不動の1位 - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年11月の住宅ローン金利の最新動向&金利ランキングをチェック! 住宅ローンに詳しい、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが、主要金融機関の住宅ローンの2016年11月の金利動向について、最新情報を語ります。金融機関が提示する表面金利だけでなく、諸費用などを盛り込んだ「実質金利」を比較する視点で、最新&本当の住宅ローン市場の姿を丸裸に!

住宅ローン金利の最新動向チェック【2016年10月】 35年固定は、多くの金融機関が金利を上げる中、 金利を引き下げた三菱UFJ信託銀行がトップに! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年10月の住宅ローン金利の最新動向&金利ランキングをチェック! 住宅ローンに詳しい、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが、主要金融機関の住宅ローンの2016年10月の金利動向について、最新情報を語ります。金融機関が提示する表面金利だけでなく、諸費用などを盛り込んだ「実質金利」を比較する視点で、最新&本当の住宅ローン市場の姿を丸裸に!

住宅ローン金利の最新動向チェック!【2016年9月】 10年固定金利、35年固定金利を中心にやや上昇! 「一時的な調整」か「転換点」なのか、今後に注目 - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年9月の住宅ローン金利の最新動向&金利ランキングをチェック! 住宅ローンに詳しい、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが、主要金融機関の住宅ローンの2016年9月の金利動向について、最新情報を語ります。金融機関が提示する表面金利だけでなく、諸費用などを盛り込んだ「実質金利」を比較する視点で、最新&本当の住宅ローン市場の姿を丸裸に!

【住宅ローン「実質金利」ランキング(変動金利)】 本当に得する住宅ローン新規借入ランキングを発表! 競争が激しく、1%を大きく割り込む低金利! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2016年9月の金利】変動金利の住宅ローンの「実質金利」を比較して「住宅ローン新規借入ランキング(変動金利)」を作成! 広告やウェブサイトに書かれた「表面金利」にダマされるな! 手数料や諸費用などを考慮して、広告などに示される「表面金利」よりも正確な「実質金利」を算出して、本当に得する「住宅ローン新規借入ランキング(変動金利)」が判明! 新規借入でもっとも得する、おすすめの住宅ローン(変動金利)はこれだ!

【住宅ローン「実質金利」ランキング(35年固定)】 本当に得する住宅ローン新規借入ランキングを発表! 35年固定でも低金利の今が新規借入チャンス! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2016年9月の金利】本当に“安い”商品が簡単に分かる、新規借入の人を対象とした、35年固定金利の住宅ローン金利ランキングを作成した。住宅ローンを新規借入れるときに、重要なのは金利の安さだが、多額の諸費用がかかったり、途中で金利が上昇したりする商品もあり、当初の金利だけでは比較が難しい。そこで、すべての金利、諸費用を考慮した「実質金利」を計算し、比較しやすいようにランキングを作成した。あなたに合った最も安い住宅ローンを探そう。

[ARUHIの住宅ローンの金利・手数料は?] 「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続1位! 最高10割まで融資可能、付帯する保険も充実 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アルヒは住宅ローン専門の金融機関で、2015年5月にSBIモーゲージから社名を変更した。住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続で1位。ARUHIフラットα(変動金利)を組み合わせれば10割融資が可能。変動金利も業界最低水準である。

[新生銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 手数料が5.4万円からと安く、家事代行の特典も! ただし、表面金利と実質金利の差が大きいので注意。 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新生銀行の住宅ローンはネットを利用すると、様々な手数料が無料になる。要介護3以上で住宅ローン残高がゼロになったり、家事代行してくれるユニークな住宅ローンも扱う。表面金利は安いが、期間や残高によって金利が上昇する点がデメリットである。新生銀行の住宅ローンを借りるなら、早めの繰上返済を目指そう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.