投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ブリヂストン(5108)、連続増配は“9期”でストップも 利回り4%超を維持、配当額は過去10年で「10倍」に! 2020年12月期の配当は「160円」で、“非減配”は継続 - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブリヂストンの増配は9期でストップが確定するも、配当利回りは4%超を維持! ブリヂストン(5108)は2020年12月期の配当予想を前期比で「横ばい」となる「1株あたり160円」と発表。2019年12月期の配当も2018年12月期と同額の「1株あたり160円」だったので、連続増配記録は“9期”でストップ! しかし、「減配」予想ではないため2010年12月期から続く「非減配」は継続される見通しで、配当利回りは4.09%と高水準を維持。ブリヂストンの配当方針は「当該期の業績、財政状態に加え、中期的な利益見通し、投資計画、キャッシュ・フロー等を総合的に勘案して、連結配当性向20%~40%を目安に、安定した配当を継続的に実施する」というもの。(ブリヂストン、コード:5108、市場:東証1部、名証1部、福岡)

日経平均株価が軟調なときに買いたい「大型株」2銘柄! 業績の上方修正が期待される「アンリツ」、業績を下方 修正もアナリストは“強気”の「ブリヂストン」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の値動きが軟調なときこそ、有望な「大型株」の仕込み時!「大型株」の中で、アナリストが“強気”と診断した「ブリヂストン(5108)」と「アンリツ(6754)」の2銘柄に注目! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・秋版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄+Jリート14銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。さらに、特集内では「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」のカテゴリー別で、注目すべきおすすめ銘柄を取り上げている。今回は「新興株」の中から、注目の2銘柄を紹介しよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.