投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


“ひきこもり”の子と親の「サバイバルプラン」とは? 働けない子と高齢の親、家族の共倒れを防ぐために 今すぐやるべきは「資産の整理と社会制度の活用」! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ひきこもりの子どもの将来を守るには、親の資産や社会制度を活用して「サバイバル・プラン」を作成することが重要! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ10月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ10月号に掲載中のテーマは「親とひきこもりの子のサバイバル・プランとは?」。昨今、中高年のひきこもりが増加。適応障害などの精神疾患を抱えていて、今後も働くことが難しい人も少なくない。親としては、子どもが将来暮らしていけるのか、お金の問題が気がかりだろう。絶望して追い詰められてしまう人も多いというが、ファイナンシャル・プランナーで「働けない子どものお金を考える会」代表の畠中雅子さんは、悲観するだけでなく「サバイバル・プラン」を早い段階から考えておくことが重要だと話す。そこで今回は、ひきこもり問題との向き合い方をマンガでわかりやすく解説する!

日本は60代ひきこもりの「内なる移民問題」に今後悩まされることになる 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:川崎市で51歳の無職の男が登校途中の小学生を襲った事件のあとに、元農水事務次官の父親が自宅で44歳の長男を刺殺しました。長男は中学の頃から家庭内暴力があり、いったんは自宅を出たもののうまくいかず、自ら「帰りたい」と電話して戻ってきたばかりだったとのことです。

ひきこもりは「怒り」と「恐怖」が表裏一体となって身動きができなくなり 社会的にも性愛的にも排除された状態 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:神奈川県川崎市で51歳の男が、スクールバスを待つ小学生らを刃物で襲い、19人を殺傷したあと自殺するという衝撃的な事件が起こりました。

もはや手遅れだが、日本が若年失業率対策をしてこなかったことが 40代、50代のひきこもりの大量発生や「8050問題」を引き起こしている 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先進国のなかでもヨーロッパの一部の国は若年失業率がきわめて高い。15~24歳の失業率ではスペイン53.2%、イタリア35.2%、フランス23.8%など驚くような数字が並んでいる(2012年)。若者の4~2人に1人が職のない状態で、どうやって社会が成り立っているのか、私はずっと不思議だった。読者のなかにも、同じ疑問を抱いているひとがいるだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.