投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は、FRBや日銀の金融緩和により堅調 に推移! 好業績で信用倍率の低い大型株のほか、 「ディー・エヌ・エー」などのゲーム株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。ECB、FRB、日銀といった主要中銀が金融緩和を強化、または超絶金融緩和が維持していることが主因です。ECBは、9月12日に中銀預金金利をマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げると同時に、量的緩和を11月に再開すると決めました。また、FRBは17~18日のFOMCで、政策金利を0.25%引き下げ、7月に続く利下げに踏み切りました。そして、日銀は18~19日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和政策の現状維持を決めました。

FRBが追加利下げ 7月に続き

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は、政策金利を0.25%引き下げ、年1.75~2.00%にすることを決めた。米中貿易摩擦や世界経済の減速を受けて不確実性が強まっていると判断。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6336968
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/09/19 06:26:36 投稿番号: 40150

日経平均株価の上値余地は最大で2万4448円! 物色 の流れが変わったことで、今後は「グロース」より 「バリュー」、「小型株」より「大型株が」狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 先週末(9月13日)の日経平均株価は、9日続伸、前日比228.68円高の2万1988.29円と、終値ベースでは4月26日以来4カ月半ぶりの高値となり、令和入り後の最高値を付けました。米中貿易協議の進展期待、米国での新たな景気刺激策の浮上、そして、ECB(欧州中央銀行)による金融緩和強化策実施など、外部環境の改善が日経平均株価上昇の背景です。まず、米中貿易協議に関しては、トランプ米大統領が9月12日、「暫定合意をたぶん検討している」とホワイトハウスで記者団に述べたそうです。

日経平均株価が上抜けしたことで「2万2363円」が 当面の戻り限界に! ただし、ECBによる量的緩和 政策の再開が決まると、さらなる上昇も期待できる! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 私は、従来から、「8月6日の2万110.76円~8月2日と5日とで空けた窓(2万941.83円~2万960.09円)」で形成されるレンジを放れたら、約1000円程度のブレが発生するとみていましたので、今後の日経平均株価については2万2000円付近までの上昇が見込めると、現時点では考えています。ただし、10月から消費増税実施を考慮すると、上値も限定的で、この2万2362.92円が当面の戻り限界との見方は変更しません。

来週(8/26~30)の日経平均株価の予想レンジは、 2万400~2万900円! 米国の9月の追加利下げ期待や 米中貿易摩擦の進展など、変動激しい外部要因に注意 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(8/26~30)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(8/19~23)の日経平均株価は上昇となりました。一方、来週(8/26~30)の日経平均株価は、外部要因の影響を受けやすい相場展開になりそうです。まずは、ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の講演内容を受けた米国市場の反応にも注目です。

予防的な米利下げ リスクなお

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:FRBが景気減速リスクに先手を打つ予防的利下げに踏み切ったことで、新興国を含む各国で金融緩和の動きが広がりそうという。同時利下げによる世界経済の下支えが期待されるが、米中貿易摩擦などなどリスクもある。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6331989
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/08/01 23:20:29 投稿番号: 39368

日経平均株価が堅調な一方、マザーズ指数は低迷中! 決算ギャンブルは避けて、期初計画に対する進捗率や 米国株との連動性などを意識して優良銘柄を選ぼう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 7月1日以降、29日までの20営業日のうち、東証1部の売買代金が活況の目安となる2兆円を上回ったのは、1日の2.2兆円、18日の2.1兆円のわずか2日だけでした。残念なことに、東京株式市場には一足早く夏が到来し、「夏枯れ相場」が既に始まっています。7月30~31日の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。このFOMC後に公表される声明文やパウエルFRB議長の会見を見極めたいとのムードが、目先は継続する見通しです。

FOMCでの“利下げ”で値上がりが期待できるゴールド (金)に注目! 来るべき金融緩和局面に備えて金に 投資するには「SPDRゴールドシェア」がおすすめ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:利下げ局面に入っていく米国市場について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 7月31日(水)の連邦公開市場委員会(FOMC)では、0.25%の利下げが予想されています。これは、2015年12月以降3年半続いた利上げ局面が終了し、いよいよ金融緩和に入ってゆくことを意味します。ところで、利下げ局面ではゴールドが買われやすいと言われています。ゴールドには利子がつかないため、普通の状況では債券や預金に比べて不利だと考えられています。しかし、利下げ局面では、それらゴールド以外の投資先の利回りが低下するので、相対的に見てゴールドの魅力がUPするというわけです。

「10倍株」の発掘&売買で注意すべき“3つの心得”を 伝授! 景気が後退期に突入しても株価が10倍になる 銘柄の特徴と失敗しない投資術をアナリストが解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「10倍株」に投資する際に注意すべき“3つの心得”をアナリストが解説!「10倍株」の発掘方法、売買タイミングの見極め方を投資のプロが伝授! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の大特集は、「成長の秘密と底値の拾い方を図解! 10倍株の見つけ方」を掲載! 一時的な急騰ではなく、じっくり大きく成長していきそうな有望株を、アナリストに54銘柄厳選してもらっている。今回は、この特集の中から「失敗しない”10倍株の発掘”の3つの心得」を公開する! 今国内は景気の「過熱期」もしくは「後退期」に入り始めた時期にあり、必ずしも「10倍株」が発掘しやすい時期ではないが、この”3つの心得”をもとに探すことができるという。ぜひ、銘柄選びの参考にしてほしい!

米利下げで円高?見えぬ決め手

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利下げを視野に入れる方針を示唆。「米利下げなら円高」というパターンは繰り返されるのか、決め手は見えていない。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6327450
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/06/20 18:02:12 投稿番号: 38730

FRB 年内の利下げを示唆

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米連邦準備制度理事会(FRB)は、政策金利を0.25~0.5%に据え置くことを決定。声明文では米経済の先行きに不確実性が増しているとして「適切に行動する」と明記し、年内にも利下げに踏み切る可能性を示唆。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6327367
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/06/20 06:56:31 投稿番号: 38719

日経平均は1万9816~2万1000円のボックス相場に! 今は内需株を中心に売買し、外部環境改善の兆しが 見えたら、リバウンド狙いで外需株へ移行しよう!  - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や日本市場について、アナリストの藤井英敏さんが解説! 東京株式市場の地合いが悪い状況が継続しています。6月3日の日経平均株価は4日続落し、前週末比190.31円安の2万410.88円と、終値ベースで2月8日の2万333.17円以来、ほぼ4カ月ぶりの安値に沈みました。トランプ米大統領が5月5日に中国への制裁関税引き上げをツイッターで突然表明して以降、米中貿易戦争が激化しています。これに加え、不法移民流入へのメキシコの対策が不十分だとして、6月10日よりメキシコからのすべての輸入品に5%の関税を課すと、5月30日になって、こちらも突然、トランプ政権が発表しました

市場に白旗 FRB利上げ停止へ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は30日、利上げを停止する可能性を示唆した。景気減速リスクを懸念した金融市場の動揺が誤算となり、市場に白旗を揚げた格好。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6312288
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/02/01 07:37:33 投稿番号: 36243

FRB 年内の利上げ見送り示唆

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米連邦準備制度理事会(FRB)は2019年中に2回見込んでいた利上げについて、19年内には実施しない可能性を示唆。世界的な景気減速を懸念していた市場は安心感でダウは大幅続伸。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6312161
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/01/31 07:56:25 投稿番号: 36212

日経平均株価は「底割れ」したものの、1カ月以内に 短期的な「バーゲンハンティング」のチャンス到来! ただし、26週移動平均線が「戻り限界」と考えよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが今の株式市場をズバリ解説! 日米株式市場は、残念ながら、危惧していた展開になっています。日経平均株価は、それまでの1番底だった10月26日の2万0971.93円を、12月19日に一時2万0880.73円を付けて「底割れ」しました。その後は「釣瓶落とし」となりました。この主因は、米国株式相場がナイアガラ状態に陥り、外国為替市場でもドル安・円高が進行し、VIX指数(恐怖指数)が急騰し市場のボラティリティーが上昇したためです。この結果、投資家がリスク資産である株式を売って、米国債や円など安全資産を買う動きが加速しています。

トランプ大統領が「利上げ継続」を表明したパウエル FRB議長の罷免を検討! もし実行に移されたら、 「中央銀行の独立性が脅かされた」と株価急落へ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界と日本の株式市場を徹底分析!長年、外国株式関連業務に携わり、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい、米国カリフォルニア州在住の広瀬隆雄さんが毎週アメリカの株式市場を通して世界と日本の株式市場を分析します。

今週開催される連邦公開市場委員会(FOMC)は 過去3年で最も重要! FFレートの利上げ局面が 終わった場合、米国経済にとって重要な転換点に! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現地在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場をズバリ分析! 今週12月18日、19日の2日間に渡り、今年最後のFOMC(連邦公開市場委員会)が開催されます。アメリカの政策金利は、フェデラルファンズ・レート(略してFFレート)と呼ばれます。今回のミーティングで、フェデラルファンズ・レートは0.25%引き上げられ、2.5%になると予想されています。この利上げ自体は、織り込み済みだと思います。今回のFOMCでは声明文の表現がどのように変化するか、に市場関係者の注目が集まっています。言い換えれば、「今回の利上げをもって、一旦、利上げの手を止める」ということを何とかして投資家に伝達しなければいけないのです。

トランプ・習近平会談では90日の「休戦」が発表され 最悪の事態を回避! 米国株の上昇トレンドラインは 堅持されているので、慎重に投資を再開してもOK! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場をわかりやすく解説! 12月1日、アルゼンチンのブエノスアイレスでのG20後に実施されたトランプ習近平会談では、アメリカが関税率を引き上げることを90日延期、その間、話し合いを続けることで合意しました。これは、交渉の決裂という最悪シナリオが回避できたことを意味します。すでに米国株式市場はトランプ習近平会談の成功を織り込むカタチで上昇してきたので、この良いニュースがマーケットに与える影響は限定的だと思います。ただ、1)今回のトランプ習近平会談の成果はアメリカでは必ずしも手放しに歓迎されていないということ、2)経済の先行きには陰りが見えていること、という2つの理由で、“かんかんの強気”になるのではなく、一歩一歩踏みしめながらゆっくり対応する必要を感じます。

米FRB、12月の利上げ示唆

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米連邦準備制度理事会(FRB)は8日の連邦公開市場委員会で、政策金利を年2.0~2.25%に据え置くことを決めた。来月の会合で今年4回目となる追加利上げを決める公算が大きい。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 米連邦準備制度理事会(FRB)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6302764
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/11/09 05:03:22 投稿番号: 34619

米中間選挙は株式市場にマイナスの影響は与えない! 選挙後、相場が荒れるようならFRBが利上げを ストップするので、今は積極的に買い向かうのが吉! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:広瀬隆雄氏が、米中間選挙を控えた米国株式市場を解説! 米国株式市場は、神経質な動きが続いています。先週の米国株式市場はS&P500指数が-3.9%、ダウ工業株価平均指数が-3%、ナスダック総合指数が-3.8%でした。今回の急落は、10月に入ってから起こりました。一体、何が引き金になったのでしょうか? その原因は、市中金利の上昇に求めることが出来ると思います。10月に入ると、米国10年債利回りがスルスルと上昇し始め、10月5日には利回りが3.23%をつけました。これで、市場参加者の戦意がすっかり萎えてしまったのです。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.