投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(2/25~28)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 引き続き「テレワーク」や 「アニメ」関連銘柄、「高配当株」を要チェック! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/25〜28)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月25日〜28日)の日経平均株価は、2万3000〜2万4000円レベルでの「レンジ相場」が続きそうです。引き続き新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めの進展が注目されます。また、2月22日〜23日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、新型肺炎を巡る成長リスクが議論さるので、財政支援など各国の姿勢が注目されそうです。

足元でスランプに陥る「インド株」だが、長期的には 買い! GDPやインフレ率などのインド経済の魅力と インドに投資できる「おすすめETF」を解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! インドは、ビジネス・フレンドリーなことで知られるモディ首相の下、今年9月に法人税率を35%から25%へ引き下げるなど、近年、相次いで経済改革を打ち出し、主要国としては世界で最も高いGDP成長率を誇ってきました。しかし、このところのインド経済はスランプに陥っています。その理由は、シャドーバンキングの問題の表面化やそれによる取り付け騒ぎの発生、ムーディーズによるダウングレードなど、問題が相次いだことです。短期に見たときのインド経済の見通しは厳しいです。とりわけ、国有銀行が抱えたままになっている不健全なローンをほぐすのには時間がかかると思います。

停滞する米国株を尻目に「インド株」が絶好調! GDP3年連続7%超の伸びを見せるインド好調の理由と インド株に投資できるおすすめETFも紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最近、インド株が絶好調です。インドに投資する代表的なETFであるウィズダムツリー・インド株収益ファンド(ティッカーシンボル:EPI)は年初来21%の上昇率となっています。これは、バブルなのでしょうか?現在のインド株の人気は、しっかりとした経済の基礎的要件(ファンダメンタルズ)に裏打ちされた、実力相応の評価だと思います。では、インドの実力が高まっている理由を分析していきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.