投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


過去最高値を更新したS&P500指数は、まだ上昇を 続けるのか!? 米国株の現状を解説しつつ、今注目の 「SaaS」「サブスクリプション」の関連銘柄を紹介 - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:S&P500指数が過去最高値を更新した米国株式市場について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週、アメリカの代表的な株価指数であるS&P500指数は、週間ベースで+2.2%上昇し、過去最高値を更新した後、2950.46で引けました。この先、2つのシナリオが考えられます。ひとつは、この水準でしばらく揉んだ後、“一段高”するシナリオです。一方で、現在の水準は過去3回どうしても超えられなかった水準ですから、今回も跳ね返され相場は反落するシナリオもあり得ます。つまり、上昇と下落、どちらのシナリオも等しく起こり得るというわけです。

フェイスブックがつくる仮想通貨「リブラ(libra)」 の全貌が明らかに! リブラの将来性やメリットから イーベイやウーバーなどの参加企業まで徹底解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フェイスブック(Facebook)が新たにつくる仮想通貨「リブラ(libra)について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! リブラ(libra)とは、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)を中心とする企業グループが推進している仮想通貨プロジェクトです。リブラの参加企業は、は以下の通りです。この仮想通貨は、ステーブルコイン、つまりドルなどの現在世界に流通している通貨バスケットに1:1でリンクされるものと予想されます。実際に通貨バスケットの中身がどうなるかは、現時点では判然としていません。詳細は6月18日(火)にホワイトペーパー(概要書)が出るので、そこで明らかにされると思います。サービス開始は来年になると思われます。

ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型 成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき 3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場で注目すべき小型成長株の決算発表を、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説し、「買い」か「売り」をズバリ判別! 今回取り上げるのは、ドキュサイン(DOCU)、ドーモ(DOMO)、ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)、リフト(LYFT)、モンゴDB(MDB)、オクタ(OKTA)、ピンタレスト(PINS)、プルーラルサイト(PS)、シルクロード(SILK)、アトラシアン(TEAM) 、トレードデスク(TTD)、トゥイリオ(TWLO)、ウーバー(UBER)、ズーム(ZM )、ズィースケーラー(ZS)の15銘柄。

注目のITセキュリティ企業「クラウドストライク」が ナスダックにIPO(新規上場)! 競合の「ズィース ケーラー」も堅調なので、人気化する可能性は高い! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:近くIPOするITセキュリティ企業のクラウドストライクを、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! クラウドストライク(ティッカーシンボル:CRWD)は、近くナスダックに新規株式公開(IPO)を予定しているセキュリティ・クラウド(Security Cloud)企業です。本コラムで紹介することが多いズィースケーラー(ティッカーシンボル:ZS)のライバル企業です。クラウドストライクは、クラウドソーシング(crowdsourcing)の手法をネットワーク・セキュリティに援用しています。すなわち沢山の顧客企業のうち誰かが攻撃された場合、その侵入者の情報をAWS上に構築した「クラウドストライク・ファルコン」というプラットフォームを経由し、他の全顧客と共有して集団で防衛します。

脳梗塞を防ぐ画期的な手術TCARを編み出した「シルク ロード・メディカル」に注目! 潜在的なニーズが 大きいうえ、米中貿易摩擦の影響を受けないのも魅力 - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:脳梗塞(のうこうそく)を防ぐ頚動脈疾患(けいどうみゃくしっかん)手術“TCAR”を編み出した医療機器メーカー、シルクロード・メディカルを、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! シルクロード・メディカルのデバイスを使ったTCARだと、従来の手術のように全身麻酔をする必要がなく、部分麻酔でオッケーです。また、手術時間が大幅に短縮できるうえに、手術後数時間で退院し、自分でクルマを運転して帰宅することができます。従来の手術では、回復まで一週間くらい病院に入院しなければいけなかったのとは大違いです。

米国のファーウェイに対する輸出規制により、「5G 関連銘柄」にも暗雲が! ルメンタムやクアルコム など、株価急落リスクが発生した銘柄には要注意! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国のファーウェイへの輸出規制の影響を,米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが解説! 先週5月15日、米国商務省は中国のファーウェイ・テクノロジーズ(Huawei Technologies:華為技術)に対する輸出規制を発表しました。これは、アメリカが中国のハイテク企業に対し「鉄のカーテン」を下ろそうとするような行為です。アメリカの半導体メーカーならびにデザイン・ソフトウェア企業は、年間100億ドルにものぼる部品やサービスをファーウェイに対し納入しています。ファーウェイと商売している92社の部品サプライヤーのうち、33社はアメリカ企業です。つまりファーウェイは、中核部品の少なからぬ部分をアメリカに依存しているのです。

「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗! “ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、 業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:注目を集めたウーバーのIPOと競合のリフトの業績について、米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが鋭く分析! 先週金曜日(5月10日)、ウーバー(ティッカーシンボル:UBER)がニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)されました。値決めは45ドルで行われたものの、上場初値は42ドルと、いきなり公募価格割れで取引が開始されました。期待とは裏腹に、「ふがいない!」としか形容のしようがないデビューだったのです。ウーバーのIPOに人気が出なかった理由として、ライバルのリフト(ティッカーシンボル:LYFT)が、上場初日、寄付いた直後から一本調子に株価を下げたことを指摘する向きがあります。

GW明けの日経平均は、トランプ大統領のツイートなど 外部要因の悪化により下落! 今は軟調な大型株より 先物売買の影響を受け難い「小型材料株」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:GW中における世界の株式市場の状況と、今後の日本市場の行方をアナリストの藤井英敏さんがズバリ解説! ゴールデンウィーク10連休中の外部環境は、途中までは良好でしたが、最終段階で「暗転」してしまいました。5月3日までのシカゴ日経平均先物高の主因は、やはり米国株高でした。米国株高の背景は、5月3日発表の4月雇用統計が好感された結果です。しかしながら、トランプ大統領が5月5日正午過ぎに突然投稿したツイートが、事態を急変させました。「中国との貿易交渉は継続しているが、遅すぎる」、「現在10%の関税をかけている2000億ドル分の製品の関税は10日金曜日に25%に引き上げる」と呟きました。

成長に陰りの見えるGAFAの次は、ビジネス・ソフト ウェア株が来る!「オクタ」「ドーモ」など、今後の 成長が期待できるビジネス・ソフトウェア株を紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが、米国株式市場の最新情報を解説! 現在の米国株式を取り巻く市場環境は、ドットコム・ブームの真っ只中だった1998年頃と酷似しています。景気拡大局面がしばらく続くとしても、成長のけん引役は自ずと主役交代してきています。具体的には、長い間ブームを引っ張ってきたGAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)の成長にはさすがに陰りが見えてきています。考えてみれば、GAFAはいずれも主に消費者を相手にした商売です。つまり、消費者向けインターネット・サービスは、もうかなり浸透し尽くしたと言えるのです。

「ピンタレスト」と「ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ」がIPO(新規上場)! リーバイスやリフト に続く注目ベンチャー企業のIPOは成功するのか!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住の広瀬隆雄さんが、米国市場やグローバルマーケットの最新トピックスを紹介! 米国ではIPO(新規上場)ラッシュが続いています。過去に本コラムで紹介したリーバイ・ストラウス(ティッカーシンボル:LEVI)、リフト(ティッカーシンボル:LYFT)、ジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JMIA)に加え、今週はピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)とズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ティッカーシンボル:ZM)がデビューします。ピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)は、旅行や家の改装、結婚式、ファッション、料理など、自分の興味分野のアイデアや情報を画像で整理するサービスです。

日経平均株価は当面レンジ相場だが、米国株の値動き によっては「上値ブレイク」も! GW前に買うなら、 新興株や小型材料株より東証1部の大型株がおすすめ - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、日本市場を今を分析! 米国株式市場が強い動きを続けています。この影響で、足元の日経平均株価も堅調に推移しています。米国株が堅調に推移している主因は、前週末4月5日に発表された3月の米雇用統計が良好だったからです。 このように外部環境は良好ですが、前回当コラムで指摘したように、今年のゴールデンウィークは、4月27日(土)~5月6日(月)の10連休となります。一般的な証券会社では、国内株式や投資信託については、連休中は取引できません。このため、一部の証券会社では、連休中の海外市場の急変や国内でのイベント発生リスクを注意喚起しています。

アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・ テクノロジーズ」がNYにIPO! 「アフリカ大陸の アリババ」と呼ばれるIT企業の新規上場に注目せよ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住の人気アナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場の最新トピックを解説! アフリカ大陸でeコマースならびにマイクロペイメント(少額決済)・サービスを展開しているジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JIMA)が、近々、ニューヨーク証券取引所にIPO(新規上場)します。値決め日は流動的ですが、おそらく今週中かと思われます。ジュミア・テクノロジーズのビジネス・モデルは、中国のアリババにそっくりです。アリババがやっているように、eコマースのマーケットプレースを運営していますし、独自のロジスティックス網を構築しています。アリババのアリペイに相当する「ジュミア・ペイ」という決済システムも展開しています。

4月に入って海外投資家が「買い越し」に転じれば、 日経平均株価の強力な追い風に! ただし、GW中は リスク回避のため、ポジションを持つの避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、最新の日本市場をするどく分析! 米中株式市場が非常に強い動きとなっています。4月1日の上海総合指数は、前週末比79.6030ポイント(2.57%)高の3170.3610ポイントと、節目の3100ポイント台を回復し、昨年2月22日以来およそ10カ月半ぶりの高値となりました。また、1日のNYダウは3日続伸、前週末比329.74ドル(1.3%)高の2万6258.42ドルと昨年10月上旬以来、ほぼ半年ぶりの高値で取引を終えています。米中両国の景気指標が改善傾向を示したことで、市場では世界経済の減速懸念が大幅に後退しています。このため、世界的に、景気敏感株を中心に幅広い銘柄に買いが入っています。

日経平均株価は3月に入り、昨年末からの上昇がピーク アウト! ルネサスエレクトロニクスなど半導体株や 景気敏感株は、今後も上値での"売り圧力"が継続する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は2019年3月4日に21860.39円でピークアウトして、11日には一時20938.00円まで下落する場面がありました。日経平均株価のピークアウトした主因は大きくは2つ、「米国株の下落」と「国内景気不安の強まり」です。足元でNYダウが目先の底入れしたことは、日本株への追い風ですが、国内景気はセクター別ではルネサスエレクトロニクスの工場操業停止をきっかけに、半導体・電子部品といったハイテク株のみならず、機械など景気敏感株に関しては、上値での売り圧力が強い状況が継続することが危惧されます。日経平均株価は、現時点では、11日の20938.00円~4日の21860.39円のレンジ相場がメインシナリオです。そして、3月のSQ値(特別清算数値)21348.40円が、「強気」「弱気」の分水嶺です。このため、今後、SQ値を再び下回るようなら下方向を警戒するべきです。逆に、上回っている限り、基本的に「リスクオン」でオッケーでしょう。

日経平均株価は2万円~2万1000円のレンジ相場に! 「サンバイオ暴落」の影響を考え、今は短期スタンス の個人投資家の関与率が低い「大型株」を狙おう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株式市場を分析! 堅調な米国株式市場に加え、外国為替市場でのドル高・円安を受け、日経平均株価は底堅い動きを続けています。ただし、上値も重いため、上にも下にも放れることがない、「トレンドレス」・「保ち合い相場」となっています。一方、国内では、3月決算の主力企業の第3四半期決算が本格化しています。ですが、中国経済の減速などで、通期業績予想を下方修正する企業が相次いでおり、業績の先行きに対する警戒感が強まっています。それにしても、サンバイオ(4592)は酷かったですね。

日経平均株価は、堅調な米国株式市場の影響で大幅に リバウンド! 3月まで続く「保ち合い相場」の間に 上手に仕込めるかどうかが、今後の成績を左右する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の日本市場を分析! 昨年12月26日の1万8948.58円を底値にして、日経平均株価は大幅にリバウンドしています。この主因は、米国株式場が堅調さを取り戻していることです。この強い米国株の主因は大きく3つあります。一つ目は、米中貿易摩擦への懸念が一段と後退したことです。二つ目は、FRBの金融政策に柔軟性がみられ、「パウエル・プット」が出現していることです。そして三つ目は、中国政策当局が景気テコ入れに本気になっていることです。ただし、需給面では、海外投資家の日本株の現物売りが依然として止まっていません。1月第2週(7~11日)の投資部門別株式売買動向では、海外投資家は9週連続で売り越しました。

日経平均は一旦落ち着いたものの、25日移動平均線を 下回っている間は調整が続く。「パウエル・プット」 の出現で米国株は好調だが、日本株への影響は限定的 - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場を鋭く分析! 年明けの日経平均株価は、1万8948.58円を付けた昨年12月26日からはそれなりに回復し、落ち着いた動きなっています。この最大の理由は、米国株式場が戻り相場に入ったことです。例えば、NYダウは1月10日まで5日続伸し、昨年12月14日以来ほぼ1カ月ぶりに終値で2万4000ドルを回復しました。この強い米国株の主因は大きく2つあります。一つ目は、米中貿易摩擦への懸念が後退したことです。そして、もう一つが、FRBの金融政策に柔軟性がみられたことです。つまり、「パウエル・プット」の出現です。

NYダウは2019年に2万6500ドル超で最高値更新か!? 2019年春に調整局面はあるも、インフラ投資の拡大や 利上げ終了で年後半に"企業業績は回復"とプロは予想 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NYダウ(ダウ工業株価平均指数)の2019年の見通しを専門家が予想! NYダウ採用銘柄で「買い」の4銘柄も併せて紹介! 12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、年末年始の恒例企画「2019年『株』大予測&儲け方」を大特集! 投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を掲載している。今回はその中の「米国株の2019年の要点は?」から「2019年のNYダウ予想」についての記事を抜粋して紹介しよう!

崖っぷちに立つ米国市場は、10年間続いた長期上昇 トレンドが終了する危機に! 主要3指数が直近安値を 割り込んだときは、素直にポートフォリオを見直そう - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場を現地在住のアナリスト・広瀬隆雄さんがズバリ解説! 米国株式市場は、テクニカル的に見て大変重要な局面にさしかかっています。ダウ工業株価平均指数は先週-4.5%の24,338.95で引けましたが、10月29日のザラバ安値24,100を切ると、落勢が強まることが懸念されます。同様に、S&P500指数は先週-4.6%の2,633.08で引けましたが、10月29日のザラバ安値2,603.54を切ると、とても悪いカタチになります。さらに、ナスダック総合指数は先週-4.9%の6,969.25で引けましたが、11月20日のザラバ安値6,830.76を下に切ると、チャートのカタチが絶望的に悪くなります。確率としては、3指数がこれらの水準を死守出来る確率の方が高いと思います。もしそうなら、ここで慌てて売れば、相場の大底で持ち株を投げ出すヘタクソなトレードになってしまいます。

日経平均株価は3〜6カ月程度「26週移動平均線」が 抵抗線に! 下げ相場では「なる早」で損切りし、 「バイ・アンド・アホールド」は絶対に避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の資本市場を大胆分析! 非常に難易度の高い相場になった。これが今の相場に対する率直な印象です。なぜなら、11月8日までの日経平均株価は落ち着きを取りもどしましたが、その後、戻りが一服し、再び、調整色を強めているからです。11月8日まで日経平均株価が戻った主因は、米国株式市場が強い動きとなったためです。11月6日投開票の米中間選挙は、市場の事前予想通り、与党共和党が上院の過半数を維持した一方、下院は民主党が過半数をとりました。上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」になったことで、トランプ政権と民主党が手を組み、インフラ投資拡大につながるとの期待が高まりました。その結果、7日のNYダウが前日比545.29ドル高の2万6180.30ドルと、大幅に3日続伸し、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えたのです。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.