投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万~2万2000円! 米国の渡航規制が警戒される中、 「アゼアス」「東京ドーム」などの決算内容に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月9日〜13日)の株式市場も不安定な状況が続きそうです。各国の中央銀行による協調姿勢は評価できますが、米国でカリフォルニア州が非常事態宣言を発動させるなど、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する各国の混乱により、積極的な売買は手控えられます。米国による日本からの渡航規制の動きも警戒されています。中国に次いで、米国でも日本に対する規制措置が取られるようだと、産業の依存度の高さから考えても日本経済への影響は計り知れないでしょう。

来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

決済システムの「スクエア」は、第二の「アマゾン」 になる可能性を秘めた有望株! 小規模店舗の効率化 支援のほか、融資事業拡大で“金融”の常識を変える!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第二の「アマゾン」に成長する可能性を秘めた「米国株」を探せ! 世界を変える技術を持ち、株価の大幅上昇が期待できるアメリカのイチオシ「IT(情報通信技術)」銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号は、米国株の特集記事「世界を変える米国株ネクスト10」を掲載! 米中貿易摩擦などの影響で、日米の株式市場で先行き不透明感が強まっている今こそ、革新的な技術やビジネスで長期的に高成長する企業を狙いたい。そこで今回の特集では、今のマーケットで注目すべきテーマと、それに関連する優れた技術を持った「米国株」を紹介。いずれも、世界中に計り知れない影響を与えている銘柄ばかりで、長期保有していれば、第二の「アマゾン」のような株価上昇が期待できるかも!? 今回は特集内から、注目テーマの一つである「IT」分野から1銘柄をピックアップする。革新的な技術を持つ米国株に投資して、資産を大きく増やしたい人はぜひ参考にしてほしい!

日経平均株価は3月に入り、昨年末からの上昇がピーク アウト! ルネサスエレクトロニクスなど半導体株や 景気敏感株は、今後も上値での"売り圧力"が継続する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は2019年3月4日に21860.39円でピークアウトして、11日には一時20938.00円まで下落する場面がありました。日経平均株価のピークアウトした主因は大きくは2つ、「米国株の下落」と「国内景気不安の強まり」です。足元でNYダウが目先の底入れしたことは、日本株への追い風ですが、国内景気はセクター別ではルネサスエレクトロニクスの工場操業停止をきっかけに、半導体・電子部品といったハイテク株のみならず、機械など景気敏感株に関しては、上値での売り圧力が強い状況が継続することが危惧されます。日経平均株価は、現時点では、11日の20938.00円~4日の21860.39円のレンジ相場がメインシナリオです。そして、3月のSQ値(特別清算数値)21348.40円が、「強気」「弱気」の分水嶺です。このため、今後、SQ値を再び下回るようなら下方向を警戒するべきです。逆に、上回っている限り、基本的に「リスクオン」でオッケーでしょう。

今週IPOする「ライベント」は、EV(電気自動車)に 欠かせない高品質リチウムの生産におけるリーダー的 企業! EVの成長ストーリーを買いたい人は要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:去年世界では120万台のEV(電気自動車)が販売されました。10年後の2027年にはその16.3倍の年間1960万台、そして2040年には50.2倍の年間6020万台ものEVが販売されると見込まれています。EVはバッテリーを必要とします。そして、バッテリーには沢山のリチウムが必要になります。のようなことからリチウムの市場は、2017年から2027年までに年率+15.3%で成長し、現在の4倍になると見込まれています。ハイ・パフォーマンス・リチウムを生産できる企業は、ライベント(ティッカーシンボル:LTHM)、アルベマール(ティッカーシンボル:ALB)、SQM(ティッカーシンボル:SQM)の3社のみです。

3月後半までの1カ月間は「リスク回避」を徹底せよ! 「円高」「決算対策売り」「持ち合い解消売り」など しばらくは日本市場の需給は良くない状況が続く!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の世界の株式市場では、世界的な景気回復というポジティブ材料と、景気回復が顕著だから世界的に金利が上昇するというネガティブ材料が綱引きしている感じです。1月29日の10年物の米国債利回りが、2014年4月下旬以来、3年9カ月ぶりの水準である2.72%まで一時上昇しました。また、黒田日銀総裁が1月26日のダボス会議で「ようやく2%の物価目標に近づきつつあると思う」と述べたことを受け、日銀の金融緩和政策の正常化が想定よりも早まるとの見方が強まっています。米国と日欧との早期の金利差縮小観測を受け、外国為替市場では、ドルが対ユーロ、対円で売られ易くなっています。

「第4次安倍内閣相場」の上昇第1幕は、11月9日の 高値でいったん終了! だが短期的な調整局面なので 日経平均はいったん底入れしたあと、再び上昇へ!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:11月9日の日経平均株価は、一時2万3382.15円を付けた後、2万2522.83円まで一気に急落、そして急激に戻すなど、乱高下しました。日中値幅は859.32円です。この乱高下は、リスクパリティ・ファンドからの先物・現物売りが加速した結果とみられています。リスクパリティとは、ポートフォリオに占める債券、株式などの各資産のリスクの割合をおおむね均等に配分させることにより、資産全体のリスクを低減させようとする運用手法のことです。11月9日の日経平均VIの始値は17.65、高値は24.22、終値は21.25で、取引時間中に「20」を大きく超えました。これが、リスクパリティ・ファンドが売りを出す要因となりました


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.