投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は「ダブル・トップ」を形成し、中期の 下落トレンドを継続中! 「税還付狙い」の損切りの 増加で、年末に向けては売り圧力の強い状態が続く! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、11月8日に2万2583.43円を、12月3日に2万2698.79円を付けて、チャート的に「ダブル・トップ」を形成したものの、それは「ダマシ」となり、現在は既に25日移動平均線を割り込み、再び「弱気相場」入りしました。ただし、これは短期の話です。中期の下落トレンドは継続中との認識です。このため、短期的な戻りがあっても、それは単なる「アヤ戻し」となる可能性が高いでしょう。そして、「アヤ戻し」の限界は26週移動平均線付近です。なお、日経平均株価が12月3日まで7連騰し、2万2698.79円を付けた主因は、1日の米中首脳会談で、米国が年明けに予定していた中国製品への追加関税引き上げなどを90日間猶予すると決めたことでした。

日経平均株価は、25日移動平均線を割り込まない限り 「弱気相場」入りしない! 値動き&需給&チャート の良好な銘柄に入れ替えて、師走相場を乗り切ろう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は「ネックライン(22583.43円)±500円程度の『もみあい』で、25日移動平均線(3日現在21937.10円)を割り込まない限り、『弱気相場』入りしない。」になりそうです。日経平均株価は、「米国長期金利の低下」「米中貿易戦争の一時休戦」、そして「原油安の一服」が要因で上振れ余地が出ているように感じますが、現時点において足元の上昇は、中期下落相場の中での短期的な「あや戻し(下落基調の相場で、一時的に少し値を上げること)」と認識しています。

日経平均株価は、26週移動平均線を上値抵抗線とする 「もみあい」の相場に! 当面は順張り戦略を控え、 強い銘柄の「押し目買い」「噴き値売り」で稼ごう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は、10月26日の2万0971.93円が1番底、11月8日の2万2583.43円がネックライン、そして、11月21日の2万1243.38円が2番底になりそうです。現時点においては、2万1000円台前半では、「クジラ」と呼ばれる約160兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の買いが見込めるため、その水準では底堅さが発揮されています。ですが、26週移動平均線を今後、安定的に上回ることは、余程の環境改善がないと厳しいとの見方は不変です。つまり、中長期スタンスで腰を据えて日本株を買う気にはなれない状況と認識しています。

日経平均は、依然として26週移動平均線が抵抗線に! ソフトバンクやレオス・キャピタルワークスなど、 12月のIPOラッシュを呼び水にした資金流入に期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の日本株市場を大胆分析! 日米株式共に冴えない動きが続いています。現時点での最大の理由は、米中首脳会談の行方が不透明だからです。11月30日~12月1日にアルゼンチンで開かれるG20首脳会議に合わせて、トランプ大統領と習近平国家主席が会談する予定です。ここで、貿易戦争が「いったん休戦」なら好感され相場は急上昇、しかし、「物別れ」なら嫌気され急落する可能性がある以上、リスク回避的な多くの投資家は株式を買うことを躊躇するのは当然です。

日経平均株価は3〜6カ月程度「26週移動平均線」が 抵抗線に! 下げ相場では「なる早」で損切りし、 「バイ・アンド・アホールド」は絶対に避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の資本市場を大胆分析! 非常に難易度の高い相場になった。これが今の相場に対する率直な印象です。なぜなら、11月8日までの日経平均株価は落ち着きを取りもどしましたが、その後、戻りが一服し、再び、調整色を強めているからです。11月8日まで日経平均株価が戻った主因は、米国株式市場が強い動きとなったためです。11月6日投開票の米中間選挙は、市場の事前予想通り、与党共和党が上院の過半数を維持した一方、下院は民主党が過半数をとりました。上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」になったことで、トランプ政権と民主党が手を組み、インフラ投資拡大につながるとの期待が高まりました。その結果、7日のNYダウが前日比545.29ドル高の2万6180.30ドルと、大幅に3日続伸し、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えたのです。

日経平均は「25日移動平均線」が強力な抵抗線に! 通期の企業業績が「3年連続の減益」に転じた場合、 株式相場はしばらくの間、下落基調を辿る! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ようやく、波乱の10月相場が終わりました。それにしても、この10月は、プロのヘッジファンドも大ヤラレしたようです。ヘッジファンドは、「FANG株(ファング:フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社のアルファベットの4社)」に集中投資していたことが裏目に出て、10月の運用成績はマイナス5.8%と、2008年のリーマンショックのあった2008年9月のマイナス8.6%、翌10月のマイナス10%以来の悪化幅でした。ただし、足元の日米株式市場は落ち着きを取り戻しています。日経平均株価は10月30日に前日比307.49円高、31日に463.17円高と、2日間で終値ベース770.66円(3.6%)上昇し、目先の底入れを鮮明にしました。

日経平均株価は2万円の大台割れの可能性も! 今後は アップルやアマゾンのような「グロース株」が凋落し 低PER・低PBRの「バリュー株」人気が復活する!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、最新の日本株の動向を分析! アマゾン株は節目の1兆ドルを突破した後は、下落基調が強まっています。フェイスブック(FB)、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス(NFLX)、グーグル運営会社のアルファベット(GOOG)など「FANG」銘柄が軒並み大幅に下落し、10月24日のナスダック総合株価指数の下落率は4.4%と、今年最大の下落となりました。このような状況を踏まえると、「FANG」に代表されるグロース企業の株価は、歴史的な天井を既に打った可能性があります。米国で発生している物色傾向の変化は、日本でも起こりつつあるように感じます。10月29日の日経ジャスダック平均株価と東証マザーズ指数は、ともに連日で年初来安値を更新しました。当面の日経平均株価に関しては、米中間選挙の結果が判明するまでは調整局面が続くでしょう。10月24日と25日とで空けた窓(2万1703.21円~2万1911.42円)埋めが上値メドです。一方、下値メドは年初来安値の2万0347.49円です。

株価が暴落したとき、個人投資家が買っているのは この銘柄! 信用買い残から見えてくる個人投資家の 動向と「マザーズ市場が盛り上がらない原因」とは? - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:岡村友哉氏が、市場の需給などを元に、株式市場の裏側で起こっている現象を解説。マザーズ市場などの新興株が上がらないと、個人の投資マインドは上向かないと言われています。10月26日に東証マザーズ指数は900ポイントを割り込み、年初来安値を連日更新。すでに年初から3割程度下げています。それでもまだまだ底が見えず、埒が明きません。「マザーズが上がってくれさえしたら……」。そう考えている個人投資家も多いかもしれませんが、はたして本当にそうなのでしょうか? マザーズで信用取引をするタイプの個人投資家が、今は過去に比べてはるかに少なくなっています。つまり東証マザーズ指数を、個人投資家全体の体感温度を測るモノサシにするのは誤りなのです。一体なぜなのでしょうか? それは、個人投資家の大勢が買いに動くタイミングで、どの銘柄を買っているか調べてみると見えてきます。

株式投資に「損切り」は必要なのか? 悪材料が出た 場合の「損切り」の必要性や増配の継続性を判断する 方法など、ネガティブなニュースへの対処法を検証! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「損切り」の必要性を検証! 億トレーダーの個人投資家・立川一(はじめ)さんが、自ら実践する「増配株投資」において、「損切り」をすべきかどうかを検証! 実際に2018年3月に「損切り」したプロトコーポレーション(4298)を例にとって、保有株に悪いニュース、ネガティブな情報が出た場合に対処する方法を考えます!

日経平均株価は米中間選挙が終わるまで調整局面に! 今は無理して相場を張る時期ではないが、それでも 売買したいなら、年初来高値などの強い銘柄を! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株の状況と今後取るべき戦略をズバリ解説! 日経平均株価は下落基調を強めています。そもそも、ここ最近、25日移動平均線(10月22日現在2万3382.36円)を下回って推移しているため、地合いは非常に悪いのです。今回の相場急落のきっかけは、米長期金利の急上昇でした。これが、米国株の急落と外国為替市場でのドル安・円高を引き起こしたのです。このような状況下、トランプ米大統領は、10月22日、中間所得層向けに10%の減税を検討していると表明しました。11月6日の中間選挙の直前となる11月初めごろに発表される可能性があるようです。正直これは選挙対策の単なるアドバルーンの可能性が高いとは思います。しかし、一応、米債券の売り材料でもあります。

日経平均が暴落し「下落トレンド・ハイボラ相場」が 発生中! 相場暴落時こそ「攻めの姿勢」を忘れず、 値動き良好な「強い銘柄」に入れ替えていこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが日本市場の状況を分析し、投資戦略を解説! 日経平均株価は、10月2日の2万4448.07円でピークアウトし、15日には2万2261.92円まで下落しました。下落幅は2186.15円、下落率は8.94%に達しました。10月2日の2万4448.07円までの上昇トレンドの起点は9月7日の2万2172.90円でした。つまり、それまでの上昇幅をほぼ全て帳消しにしました。10月に入っての下落のきっかけは、米長期金利の急上昇を背景とした米国株の急落と、外国為替市場でのドル安・円高の進行でした。

日経平均株価は、当面力強い上昇トレンドを継続! ボリンジャーバンドのプラス1σを割り込むまでは、 信用取引も活用しつつ、積極的に買っていこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今後の日本株の行方をズバリ解説! 9月第3週(18~21日)、海外投資家は日本株を現物も先物も買い越していました。テクニカル的に、当面の日経平均株価に関しては、25日移動平均ベースのボリンジャーバンドプラス1σとプラス3σの間での「バンドウォーク」から、バンド自体の拡大に伴い、プラス1σ~プラス2σとの間への「バンドウォーク」に移行する見通しです。また、現状の1ドル=114円アラウンドの円安が続けば、主要企業の今期業績の上方修正ラッシュが期待できそうです。そして、この良好な企業業績見通しが、バリュエーション面で日本株を力強くサポートするでしょう。

自民党総裁選で安倍首相3選となり、日本株にとって 追い風が吹く状況に! 日経平均がボックス相場を 上放れした今、積極的に相場に参加していこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今の日本市場を分析! ニューヨークで開かれる日米の閣僚級の貿易協議(FFR)が、当初予定されていた9月24日夕方(米現地時間)から25日朝に延期になりました。報道によれば、米側が求める自動車の追加関税の凍結確約を前提に、日本側は2国間の関税協議入りを視野に入れているそうです。一方、国内では、大方の予想通り、9月20日投開票の自民党の総裁選で、安倍晋三首相が3選を果たしました。任期は2021年9月までの3年間です。このため、「アベノミクス」が最長3年続くことが確定しました。様々な好材料を受け、日経平均株価はこれまでの概ね2万2000円~2万3000円のボックス相場を上放れし、2万4000円付近まで短期間で急騰しました。

日経平均は「トリプル」ボトム」、マザーズ指数は 「ゴールデン・クロス」を形成! 相場が上向いて きたこそポートフォリオを改善する絶好チャンス! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今後の日本株の行方を解説! トランプ政権は、9月17日、中国による知的財産権侵害に対抗した制裁関税の第3弾を同月24日に発動すると発表しました。確かに、このこと自体は相場にとって悪材料なのですが、既に事前報道で相場に織り込み済みの面もあり、短期的な相場への影響は限定的でしょう。なお、9月20日投開票の自民党総裁選に関しては、各種報道によれば、安倍晋三首相が議員票で約80%を固めたとされ、選挙戦を終始優位に進めているようです。こうなると、「アベノミクス」は継続が濃厚です。

「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金 &資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の 優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「配当金」の使い方次第で、積立投資や長期投資の成績は大きく変わる! 配当金が毎年増加する「増配株」を狙って投資することで、億トレーダーとなった個人投資家・立川一さんが、配当金を効率的に活用する方法を伝授! 配当金は貯金に回すよりも、再投資に回して「複利効果」を高めることで、「増配株投資」による年間の配当金&資産の増え方は加速し、夢の「配当金生活」が現実化する期間を大幅に短縮できる!

9月に予定される「日米首脳会談」の結果次第では 日経平均は上昇トレンド回帰へ! マザーズ指数も ゴールデン・クロス実現からのリバウンドに期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが直近の日経平均や株価や東証マザーズなど、日本株の値動きを分析! 9月10日の上海総合指数の終値は前週末比32.8162ポイント安の2669.4845ポイントと、心理的節目の2700ポイントを再び割り込み、8月17日に付けた年初来安値の2668.9660ポイントに接近しています。また、中国の景気減速への懸念が強まって元売りが優勢となり、10日の上海外国為替市場で、人民元の対米ドル相場は大幅に続落しました。現時点においては、上海株や人民元相場の動向に、日経平均株価は過敏に反応せず、鈍感になっています。このため、上海株安・元安は懸念要因ではあるものの、足元では、日経平均株価を強烈に押し下げる材料になっていません。これは、不幸中の幸いです。

日経平均は2万2000〜2万3000円のボックス相場を 継続! マザーズ指数のMACDがゴールデン・クロス 形成なら、「小型材料株への資金流入」が加速する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、2万3000円の分厚い壁に阻まれ続けています。前回指摘したように、ザラ場高値ではなく、終値でネックラインの2万2949.32円を超えた場合、意識されるのは、「押し幅の倍返し」です。具体的には、2万4241.50円が、ターゲットとなります。しかしながら、なかなか終値でネックラインを超えることができません。このレベルでは、高水準の戻り売り、利食い売りが出ることが主因です。また、ここにきて、海外では、米国の対中制裁関税第3弾が近く発動される可能性があることや上海株が軟調なことに加え、国内では、不動産投資を巡る不正融資問題が懸念されているため、相場を取り巻く環境がやや悪化しています。これらも、買い方の手仕舞い売りの要因となっているはずです。

日経平均株価がトレンド転換したことで、年末に向け 猿でも儲かる「猿相場」がやってくる! 今後の 株式市場の値動きを、テクニカル分析で徹底解説! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価や東証マザーズ指数を,テクニカル分析で徹底解説! 日経平均株価については、テクニカル的に、前週末8月24日の値動きで、トレンドは「下(弱気)」から「上(強気)」または「横(中立)」に転換しました。2つの底値に対するネックラインが7月18日の2万2949.32円です。これを終値で上抜けた場合、テクニカル的に、トレンドは「横」の可能性が低下し、ほぼ「上」で確定することになるでしょう。ザラ場高値ではなく、終値でネックラインの2万2949.32円を超えた場合、意識されるのは、「押し幅の倍返し」です。一方、これまで冴えない値動きを続けて、多くの個人投資家のマインドを冷やし続けていた東証マザーズ指数ですが、最近まで割り込んでいた60カ月移動平均線(8月27日現在979.46ポイント)を上回ってきました。

日経平均株価は、トルコショックや米中関係が上値を 圧迫も、企業業績の好調で下値は堅い!? 難しい相場の 今は、25日移動平均線を下回った銘柄の売却が良策! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トルコショック」を受け、GDPに対する対外債務比率が高く、経常収支が赤字の新興国の通貨安懸念が燻り続けています。また、関税の引き上げ競争を行い、対米関係が悪化している中国の先行き、景気悪化も同様に懸念されています。このような状況を受け、リスク回避型の投資家が、安全資産の「米国債」や「日本円」を買うため、外国為替市場でドル安・円高となり、これが日本株の上値圧迫要因として機能しています。ただし、日経平均株価やTOPIXといった株価指数に関しては、下値は堅いとみています。大型株とは逆に、機関投資家が関与せず、個人投資家の関与率の高い小型株は現在、悲惨な状況です。もし、あなたの保有する銘柄が25日移動平均線を下回っているのなら、それをすぐに売却し、相場環境が好転するまでは現金のままで置いておいて、虎視眈々と再エントリーのタイミングを待つべきだと思います。

株式市場は夏枯れ相場で冴えない状態! 大型株は 日経平均の「保ち合い」が終わってから、中小型株は マザーズ指数の「底打ち」を確認してから参戦しよう - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:個人投資家の相場の体感温度を示すとされる東証マザーズ指数ですが、相変わらず、低迷を続け、再び、1000ポイントの攻防となっています。足元では、4-6月期決算発表の後半戦です。マザーズ銘柄など小型株の多くは、後半戦に発表されます。ちなみに、決算発表スケジュールは、8月7日に213件、8日に235件、9日に361件、そして、10日の578件でピークアウトします。一方、主力の大型株ですが、こちらも、トランプ政権の保護主義的な通商政策を巡り、不透明感が強いため、冴えない動きが続いています。波乱要因は、やはり中国です。8月6日の上海総合指数は年初来安値を更新し、15~16年の「人民元ショック」の安値である2655ポイントに接近しています。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.