投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「ふるさと納税」でもらえる「商品券」の人気ランキ ングを発表!2019年1月に「ふるなび」に掲載されて いる「金券」の返礼品で、もっとも人気なのはコレ! - ふるさと納税特産品ランキング

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年の「ふるさと納税」を活用するなら、返礼品の見直しが完全に終わる2019年6月1日よりも前に申し込むのがおすすめ! 返礼品の還元率が高い今のうちに「ふるさと納税」に申し込むなら、みんなに人気の返礼品ランキングを参考にしよう! ふるさと納税サイト「ふるなび」で発表されている「特典・ギフト(商品券)の人気返礼品ランキング」を参考にして、2019年の「ふるさと納税」をフル活用しよう! さらに、「ふるなび」からクレジットカードで寄付すると、寄付金額の1%分の「Amazonギフト券」がもらえてお得!

アメリカのもっとも著名なリベラル知識人が唱える 「テクノロジーのスーパーノバ」時代に対する答えがバカげている [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アメリカのリベラル派の代表的な論客であるフリードマンは、トランプ大統領を生み出した背景に雇用環境の急速な変化があるとして、いつものような精力的な取材によってその現状と処方箋を探っていく。その結果、どのような結論に至ったのかを今回は見てみたい。

日経平均は一旦落ち着いたものの、25日移動平均線を 下回っている間は調整が続く。「パウエル・プット」 の出現で米国株は好調だが、日本株への影響は限定的 - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場を鋭く分析! 年明けの日経平均株価は、1万8948.58円を付けた昨年12月26日からはそれなりに回復し、落ち着いた動きなっています。この最大の理由は、米国株式場が戻り相場に入ったことです。例えば、NYダウは1月10日まで5日続伸し、昨年12月14日以来ほぼ1カ月ぶりに終値で2万4000ドルを回復しました。この強い米国株の主因は大きく2つあります。一つ目は、米中貿易摩擦への懸念が後退したことです。そして、もう一つが、FRBの金融政策に柔軟性がみられたことです。つまり、「パウエル・プット」の出現です。

いよいよ米国株の「決算発表シーズン」がスタート! NY市場は「二番底」を模索する展開になるものの、 市中金利が低下したことで「底抜け」は回避できる!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アメリカ在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、最新の米国株式市場の状況を解説! 米国では、今週から2018年第4四半期の決算発表シーズンが始まります。木曜日に決算発表をするアトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)は、ソフトウェア・エンジニアたちが好んで使うコラボ・アプリの会社ですが、これまでずっと良い決算を出し続けてきました。今回もそれが続くかどうかに注目したいと思います。さて、過去1年を振り返ると、S&P500のコンセンサスEPSはずっと上昇してきたのですが、ここへきて逆にコンセンサスは下がり始めています。

アメリカで先行する社会の分断が「1周遅れ」でいずれ日本にやってくる 2019年はそれが明らかになる年 [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:毎年、備忘録を兼ねて「今年はどんな年になるのだろうか?」を書いている。当たるも八卦、当たらぬも八卦だが、昨年の予想を読み返してみると、株価が若干下落したものの、幸いなことに大きく外れたものはないようだ。

「ふるさと納税」の返礼品の人気ランキングを発表! 2019年1月に「ふるなび」に掲載している返礼品の 中から、「総合人気ランキング」のベスト10を公開! - ふるさと納税特産品ランキング

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年の「ふるさと納税」を活用するなら、返礼品の見直しが完全に終わる2019年6月1日よりも前に申し込むのがおすすめ! 返礼品の還元率が高い今のうちに「ふるさと納税」に申し込むなら、みんなに人気の返礼品ランキングを参考にしよう! ふるさと納税サイト「ふるなび」で発表されている「総合人気ランキング(月間)」を参考にして、2019年の「ふるさと納税」をフル活用しよう! さらに、「ふるなび」からクレジットカードで寄付すると、寄付金額の1%分の「Amazonギフト券」がもらえてお得!

日経平均株価は下値を固めて「戻り」を試す局面に! 今後3カ月ほど継続する「ボックス相場」の期間は、 押し目を丁寧に拾う「仕込みの時期」と考えよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株式市場を分析! 2019年の大発会の日経平均株価は、大納会比▲452.81円安でしたが、翌営業日の1月7日は前日比477.01円高と、あっさりと回復しました。相変わらずボラタイルな動きで不安定な相場が継続しています。それでも、年末時に比べると下値は固まりつつあるというのが率直な印象です。現時点においては、昨年12月26日の1万8948.58円が「1番底」になった可能性が高く、現在は戻りを試す局面に入っていると認識しています。

官民ファンド騒動で分かった 政治家やお役人の選民意識と「身分制社会」 [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:鳴り物入りで始まった国内最大の官民ファンド、産業革新投資機構(JIC)が経済産業省と対立し、社長や民間出身取締役全員が辞任するという異常事態になりました。報酬や運用方針について経産省官房長と文書を交わしたにもかかわらず、高額報酬への批判が高まると一転して報酬案を白紙撤回し、運営に国の関与を強めようとしたことが混乱の原因とされています。

ドル安と米中貿易戦争により「ベトナム株」に投資家 の注目が! 中国の代替としてベトナムが見直される 理由と、その成長に投資できるオススメETFを紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場を分析! 先週、アップルの利益警告をきっかけにドルが急落する局面がありました。1月中旬から、米国では2018年第4四半期の決算発表シーズンに入ってゆきますが、アップル同様、これから悪い決算を発表する企業が相次ぐことが予想されます。一方、米中貿易戦争のもうひとつの当事者である中国も経済の減速が著しいです。また中国で生産された商品がアメリカへ輸出される場合、それは関税の対象となるリスクが高まっていますので、世界のメーカーは中国からそれ以外の地域への生産拠点のリロケーションを考え始めています。このような状況は、投資先としてベトナム株が見直される好機だと思います。

「ふるさと納税」の返礼品の人気ランキングを発表! 2018年12月に「ふるなび」に掲載している返礼品の 中から、「総合人気ランキング」のベスト10を公開! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ふるさと納税」を年末に駆け込みで申し込むなら、みんなに人気の返礼品ランキングを参考にするのがおすすめ! ふるさと納税サイト「ふるなび」で発表されている「総合人気ランキング(月間)」を参考にして、2018年の「ふるさと納税」をフル活用しよう! さらに、「ふるなび」では、クレジットカードで寄付すると、寄付金額の2~11%分の「Amazonギフト券」がもらえる、お得なキャンペーンを実施中!

ふるさと納税で人気のお米ランキング(2018年12月) 北海道の「ななつぼし」や無洗米の「あきたこまち」 など、「ふるなび」で人気のお米ベスト10を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ふるさと納税」を年末に駆け込みで申し込むなら、みんなに人気の返礼品ランキングを参考にするのがおすすめ! ふるさと納税サイト「ふるなび」で発表されている「お米の人気返礼品ランキング」を参考にして、2018年の「ふるさと納税」をフル活用しよう! さらに、「ふるなび」では、クレジットカードで寄付すると、寄付金額の2~11%分の「Amazonギフト券」がもらえる、お得なキャンペーンを実施中!

「ふるさと納税」でもらえる「商品券」の還元率ラン キングを発表! 年末の駆け込み寄付には、時期を気に せず申し込めて、高還元率でお得な「金券」を狙え! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2018年12月29日時点】まだ間に合う! 今からでも「ふるさと納税」でもらえる、おすすめの「金券・商品券」の返礼品をランキング形式でまとめて紹介! 年末に駆け込みで寄付するなら、「Amazonギフト券」「HISギフトカード」「Vプリカ」「JCBギフトカード」など、高還元率で使い勝手もいい「金券・商品券」の返礼品がおすすめ! さらに、ふるさと納税サイト「ふるなび」なら、2018年12月31日まで、返礼品とは別に寄付金額の2~11%分の「Amazonギフト券」がもらえるキャンペーンを実施中!

インフラファンドが抱える「出力制御」「自然災害」 「売電価格の低下」という“3つのリスク”を解説! 投資対象としてのインフラファンドに未来はあるか? - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:インフラファンドの“3つのリスク”である「出力制御」「自然災害」「売電価格の低下」の問題点と影響をわかりやすく解説! 個人投資家・立川一(はじめ)さんが、「増配株」とともに投資している「インフラファンド」が抱えるリスクと実際に「インフラファンド」に与える影響を分析!「インフラファンド」は投資対象として有望なのか?

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン インフラファンド 出力制御 売電価格 自然災害 カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 投資証券_(9284) 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 投資証券_(9283) いちごグリーンインフラ投資法人 投資証券_(9282) タカラレーベン・インフラ投資法人 投資証券_(9281) 東京インフラ・エネルギー投資法人 投資証券(9285) 株価 銘柄 相場 市況 分析 予想 FX fx 為替 外為 外国為替 外国為替証拠金取引 投資信託 投信 ファンド fund 分配金 ETF インデックス 不動産投資 海外株 チャート 比較 手数料 初心者 ザイ ZAi ZAi_online ZAi ZAI zai zai ZAI
参考URL: http://diamond.jp/articles/-/189511
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/12/28 12:35:00 投稿番号: 35624

ふるさと納税で人気の家電ランキング(2018年12月) 「ふるなび」掲載の返礼品の中から、みんなが選んだ コストパフォーマンス最強の「電化製品」はコレだ! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ふるさと納税」を年末に駆け込みで申し込むなら、みんなに人気の返礼品ランキングを参考にするのがおすすめ! ふるさと納税サイト「ふるなび」で発表されている「家電(電化製品)の人気返礼品ランキング」を参考にして、2018年の「ふるさと納税」をフル活用しよう! さらに、「ふるなび」では、クレジットカードで寄付すると、寄付金額の2~11%分の「Amazonギフト券」がもらえる、お得なキャンペーンを実施中!

外国人労働者問題で日本が勘違いしている 大きな問題とは? [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フィリピンの有料老人ホームを取材したことがあります。現地で成功した日本人実業家が、旧米海軍の将校宿舎の一部を改築して日本人向けの24時間介護の施設をつくったのですが、実際には海を渡る決心ができる高齢者は多くなく、日本語を話すフィリピン人介護士を養成して日本の老人介護施設に派遣する事業に変えたという話でした。

日経平均株価は「底割れ」したものの、1カ月以内に 短期的な「バーゲンハンティング」のチャンス到来! ただし、26週移動平均線が「戻り限界」と考えよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが今の株式市場をズバリ解説! 日米株式市場は、残念ながら、危惧していた展開になっています。日経平均株価は、それまでの1番底だった10月26日の2万0971.93円を、12月19日に一時2万0880.73円を付けて「底割れ」しました。その後は「釣瓶落とし」となりました。この主因は、米国株式相場がナイアガラ状態に陥り、外国為替市場でもドル安・円高が進行し、VIX指数(恐怖指数)が急騰し市場のボラティリティーが上昇したためです。この結果、投資家がリスク資産である株式を売って、米国債や円など安全資産を買う動きが加速しています。

トランプ大統領が「利上げ継続」を表明したパウエル FRB議長の罷免を検討! もし実行に移されたら、 「中央銀行の独立性が脅かされた」と株価急落へ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界と日本の株式市場を徹底分析!長年、外国株式関連業務に携わり、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい、米国カリフォルニア州在住の広瀬隆雄さんが毎週アメリカの株式市場を通して世界と日本の株式市場を分析します。

【ふるさと納税】「みかん」がもらえる自治体ランキング(2018年度版) 人気の果物「みかん」がもらえる自治体を比較して、 コストパフォーマンス最強のおすすめ自治体を発表! - ふるさと納税特産品ランキング

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年度の「ふるさと納税」の特産品として「みかん」がもらえる、お得な自治体のランキングを発表! ブランドみかんを大量にもらえる自治体はココだ! 各自治体が誇る甘い「みかん」がもらえる自治体をザイ・オンライン編集部が徹底調査し、お得度に応じてランキング。「ふるさと納税」のお礼として「みかん」を送ってくれるコストパフォーマンスに優れた、還元率が高い自治体を発表!

「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、 GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を 使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:GMOクリック証券が、2018年8月より「一般信用売りサービス(一般信用取引の売建)」を開始した。一般信用取引の売建をもっとも活用できるのは、クロス取引による「株主優待のタダ取り手法」だろう。「株主優待のタダ取り手法」は、株式投資では避けられない株価の値下がりリスクを排除しながら、商品券や優待券、カタログギフトといった魅力的な株主優待を手に入れられるお得なトレード手法だ。このトレードを成功させるために、売買コストの安いGMOクリック証券は非常に有力な証券会社と言える。今回は、そんな「株主優待のタダ取り手法」のやり方を初心者にもわかるように丁寧に説明しつつ、そこでGMOクリック証券をどのように活用するのかを解説していこう。

シリコンバレーの最先端の働き方 Netflixの「ドリームチーム」を作る人事戦略とは? [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マリオン・マクガバンは『ギグ・エコノミー襲来 新しい市場・人材・ビジネスモデル』(CCCメディアハウス)で、アメリカでフリーエージェント化の大きな潮流が起きていることを報告した。テクノロジーの急速な進歩によって、プロジェクト単位の仕事とインディペンデント・ワーカーを結ぶプラットフォームが雨後の筍のように誕生し、専門的な知識と経験をもつコンサルタントからウーバーのドライバーまで、「会社に所属しない働き方」が急速に広がっているのだ。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.