投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


自営業者が優先すべきは「つみたてNISA」「iDeCo」 「国民年金基金」のうちのどの制度!? 年金が手薄な 自営業者&専業主婦の「つみたてNISA」活用法を解説 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:専業主婦・主夫や自営業者の「つみたてNISA」活用法を解説! 自身の定期収入がなく、「iDeCo」の節税メリットが薄い専業主婦・主夫にとって、「つみたてNISA」にはどんなメリットがあるでしょうか。また、年金が手薄な自営業者が老後不安を解消するには「国民年金基金」「小規模企業共済」などの各種制度と「つみたてNISA」のどちらが有効でしょうか。“会社員以外”の人たちの「つみたてNISA」活用法を解説します。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年7月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年7月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年7月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「トータルリターン(1年)ランキング」を紹介!

iDeCoで積み立てた資産は「年金」より「一時金」で 受け取るのが得!「確定拠出年金」で手数料や税金が お得になる「受け取り方法=出口戦略」をFPが解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」のお得な受け取り方法を解説! iDeCo(個人型確定拠出年金)、および企業型確定拠出年金は、積み立てた資金の受け取り方の自由度が高く、自分で選べるのが特徴です。では、どのような形で受け取るのが有利でしょうか。税制面や手数料の面から見てお得な、確定拠出年金の受け取り方法を解説します。

「確定拠出年金」の50代からのベストな運用方針は? 年金の受け取り開始時期、積立期間が終了する時期を 見据えて、リスク低減や利益確定を視野に入れよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「確定拠出年金」による運用のお悩みをプロが解決! 50代になったら「運用方針は見直す」or「特に見直しは不要」、どっちが正解⁉ 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号では、「あなたの年金運用をプロが診断 確定拠出年金のお悩み相談室」を特集。2017年から個人型確定拠出年金(iDeCo)が拡充され、企業型確定拠出年金(DC)を導入する企業も増加。必然的に、自分で年金運用をする人が増えているが、それと同時にさまざまなお悩みを抱える人も急増。そこで、特集では合計10人の年金運用に関するお悩み相談と、プロのアドバイスを公開している。今回はその中の一例を紹介。年金運用をしている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

「確定拠出年金」の運用で含み益が出たら、利益確定 すべき? 含み益の金額や相場環境ではなく、自分の 資産配分を最適化するために利益確定を検討しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「確定拠出年金」による運用のお悩みをプロが解決! 投資信託の地道な積み立てで含み益が出たら「利益確定」or「定年までそのままほったらかし」、どっちが正解⁉発売中のダイヤモンド・ザイ9月号では、「あなたの年金運用をプロが診断 確定拠出年金のお悩み相談室」を特集。2017年から個人型確定拠出年金(iDeCo)が拡充され、企業型確定拠出年金(DC)を導入する企業も増加。必然的に、自分で年金運用をする人が増えているが、それと同時にさまざまなお悩みを抱える人も急増。そこで、特集では合計10人の年金運用に関するお悩み相談と、プロのアドバイスを公開している。今回はその中の一例を紹介。年金運用をしている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年6月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年6月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年6月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「トータルリターン(1年)ランキング」を紹介!

「積み立て」による貯蓄や投資のメリットを、改めて 基礎から解説! 積み立てできる金融商品の種類と、 実際に積み立てを始めるときの注意点を復習しよう! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「積み立て」で貯蓄や投資ができる金融商品の種類や、積み立てのメリット、注意点をファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが解説! 従来から「積み立て」ができる金融商品はたくさんあったが、ここ数年、「つみたてNISA」や「iDeCo」など、有利に積み立てができる制度が登場し、積み立て投資をしやすい環境が整ってきた。いまや「資産運用するなら積み立てが当たり前」という風潮だが、はたして実際はどうなのか? 積み立てに興味を持つ初心者に向けて、その魅力をわかりやすく説明する。

iDeCoでは「バランス型投信」に任せて“ほったらかし 投資”が正解! メンテ不要&低コストの「バランス型 投信」を賢く選ぶ4つの条件とおすすめの商品を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の投資は「バランス型」の投信1本を長期保有する「ほったらかし投資」が得策! しかしそのためには、“いいバランス型投信”をしっかり選ぶ必要があります。バランス型投信の正しい選び方と、おすすめの商品および取扱金融機関を紹介します。

「iDeCo」で運用指図をしないと掛金はどうなる!? 銀行の窓口販売解禁、指定運用方法の預金→投信への シフトなど、iDeCo加入時に注意すべき変更点とは? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の制度に関して、2つのニュースが話題となっています。「iDeCoが銀行の窓口でも販売される」「iDeCo、投資信託販売にシフト」というものです。ただ報道には誤解を招いている部分もあり、また加入を考えている人など個人が注意すべき点もあります。そこで今回は、この2つのニュースの意味と注意点について、解説したいと思います。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年4月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年4月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年4月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

SBI証券のiDeCo口座で買うべき投信19本を大公開! "手数料が0円"のSBI証券iDeCo個人型年金プランから 信託報酬が低い&好成績のおすすめ投資信託を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoの金融機関の正しい選び方と、SBI証券のiDeCo口座で注目の投資信託19本を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の特集「iDeCoの正しい使い方」では、老後資金をつくると税金が返ってくる超お得な制度、iDeCoのメリットや活用方法を詳しく解説している。今回はその中の「管理手数料が0円の金融機関ベスト8」から、SBI証券のiDeCo口座で買うべき投資信託を紹介しよう!

ダイヤモンド・ザイ6月号は「最強5万円株で勝つ」! 最安は1万円以下など「儲かる少額株」123銘柄や、 実際に株で儲けた"投資成功者"6人の必勝法を大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月21日(土)発売の『ダイヤモンド・ザイ6月号』の巻頭特集は、「最強5万円株で勝つ」!トランプ政権の動向や円高など、18年度の日本株には不透明感が漂うが、そんな時に頼りになるのが、少額で買える株。意外かもしれないが、5万円株は高配当株や中長期で株価の上昇が狙える株の宝庫なのだ。そこで『ダイヤモンド・ザイ5月号』の巻頭特集「最強5万円株で勝つ」では、実際に儲けた達人の技を紹介しながら、いま買うべき5万円株を紹介する!

「iDeCo」を始めるベストなタイミングは「今」だ! 口座管理料が無料で、コストが安い投資信託を揃えた 金融機関の登場で、「iDeCo」加入者は100万人へ! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」は今こそ始めるべき理由を、FPの山崎俊輔さんが解説! 2017年1月に「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の加入対象が拡大され、原則、20~60歳までの現役世代は誰でも「iDeCo」に加入できるようになりました。それから、あっという間に1年3ヵ月が過ぎ、加入者が2.5倍以上に増加しています。こうした「iDeCo」の盛り上がりに寄与したのは、金融機関各社の取り組みのおかげでもあります。

【松井証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 信託報酬が最安クラスの投資信託を11本ラインアップ - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年3月30日から「iDeCo」の取り扱いを開始! 松井証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)なら、運営管理手数料(口座管理料)が残高を問わず誰でも無料! 信託報酬が0.1296%の「三菱UFJ国内債券インデックスファンド」をはじめ、コストを抑えた投資信託11本と定期預金1本を厳選しており、投資初心者でも始めやすいラインアップになっている。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年3月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年3月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年3月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

「つみたてNISA」VS「iDeCo」の最終結論とは? iDeCoの「掛金が全額所得控除」の利点に捉われず、 将来の「不確定要素の多さ」にも注意して決めよう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちらを優先すべきか、徹底解説!「つみたてNISA」と「iDeCo」については、「どちらのほうがいいか」「どちらを優先すべきか」といった議論がよく起きます。そこで今回は、「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちらを優先すべきかについて、どちらにするか迷ってしまう2つの要因を考慮しながら、お話ししたいと思います。

iDeCoに加入している人が転職・退職した際に必要な 手続きをわかりやすく解説! 企業型確定拠出年金の 加入者がスムーズにiDeCoに移換する方法も紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」や「企業型確定拠出年金」の加入者が転職・退職したときに必要な手続きを、わかりやすく解説!4月は、転職や退職の多いシーズンです。転職や退職時には、さまざまな手続きが必要です。あなたがもし、「企業型確定拠出年金」や「iDeCo」に加入していた場合は、転職や退職時にやらなければならない手続きが1つ増えます。それが「確定拠出年金の口座の引き継ぎ作業」です。そこで今回は「企業型DC」と「iDeCo」、それぞれに加入していた人が転職や退職する際にどのような手続きが必要になるのか、ポイントを解説したいと思います。

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「定期預金の金利」を比較して選ぶ! 定期預金で運用したい人におすすめなiDeCo金融機関 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の「定期預金」を、金利の高い順にランキング形式で紹介!iDeCoは、掛金の全額が所得控除の対象になるなど、その節税効果だけで実質利回り15%~30%が得られるとてもお得な制度。そのため、iDeCoでは投資信託を運用しなくても、定期預金などの「元本確保型商品」だけに掛金を拠出するだけで十分、と考えている人も少なくないはずだ。そこで今回は、iDeCoで掛金を拠出できる「定期預金」を、金利の高い順にランキング形式で紹介! iDeCoの掛金を「定期預金」に拠出したいという人は、iDeCo口座を開く金融機関を選ぶときに、取り扱っている「定期預金」の金利にも着目するようにしよう。

サラリーマンが株式投資する前に準備すべきことは? 投資資金とは別に、当面の生活費やiDeCoなどを 準備して、株式投資による自分年金作りを始めよう! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サラリーマンが株式投資をする前の「下準備」として行うべきことは? 30~40代の現役世代のうちから「増配株投資」で資産運用のノウハウを身につけることで、「退職金で初めて資産運用」するという大きなリスクを回避できる! ただし、株式投資を始めるのと並行して、1~2年分の生活費を貯めて、確定拠出年金への加入や生命保険の見直しなど節約・節税をすることで、「万一の場合」に備えよう!

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2018年2月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2018年2月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2018年2月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.